また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1366601 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走御在所・鎌ヶ岳

イブネ (朝明から高昌山経由でピストン)

日程 2018年01月21日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り&小雪。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
朝明渓谷P:約50台、有料、トイレ有り
 駐車場に雪は全く無し。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間3分
休憩
1時間3分
合計
8時間6分
S朝明駐車場08:1709:21根の平峠10:06コクイ谷出合10:1012:00高昌山12:13イブネ北端12:1412:20イブネ13:0013:03イブネ北端13:0513:13高昌山14:25コクイ谷出合14:4115:30根の平峠16:23朝明駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・千草街道
 雪は少なめで堅雪。
 コクイ谷出合を過ぎてから雪が緩んできたのでワカンを使用。
 南斜面のトラバースは、雪が腐っていたので慎重に通過。
・高昌山南西尾根
 尾根上は、中腹まで雪無し。
・イブネ山頂台地は雪少なし。
 東斜面沿いには雪庇の張り出しあり。
その他周辺情報・日帰り温泉は、六石高原ホテルの「あじさいの湯」(600円)。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

【県境稜線】
いい天気。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【県境稜線】
いい天気。
1
【釈迦ヶ岳】
快晴。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【釈迦ヶ岳】
快晴。
【根ノ平峠下】
空が青い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【根ノ平峠下】
空が青い。
【東雨乞岳】
念仏ハゲが白い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【東雨乞岳】
念仏ハゲが白い。
1
【イブネ・クラシ】
クッキリ、スッキリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【イブネ・クラシ】
クッキリ、スッキリ。
2
【ズームアップ】
左が高昌山で中央はイブネ北端。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ズームアップ】
左が高昌山で中央はイブネ北端。
3
【大石】
綿帽子かぶってる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【大石】
綿帽子かぶってる。
【神杉】
目立ち杉。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【神杉】
目立ち杉。
【根開き】
気分は春山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【根開き】
気分は春山。
【コクイ谷出合】
神崎川にコクイ谷が左から合流する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【コクイ谷出合】
神崎川にコクイ谷が左から合流する。
【丸木橋】
皮が剥けた所は滑る。別の所を石飛びした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【丸木橋】
皮が剥けた所は滑る。別の所を石飛びした。
【小峠の空】
いつものように青い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【小峠の空】
いつものように青い。
【高昌の空】
スッキリ爽やか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【高昌の空】
スッキリ爽やか。
【踏み抜きまつり】
雪が緩んできた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【踏み抜きまつり】
雪が緩んできた。
【イブネ】
谷を隔てて平坦な山頂が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【イブネ】
谷を隔てて平坦な山頂が見える。
【ポカポカ】
高昌山途中の休憩適地。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ポカポカ】
高昌山途中の休憩適地。
【鎌ヶ岳】
やあ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【鎌ヶ岳】
やあ!
1
【仙ヶ岳】
猫耳はすぐ分かる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【仙ヶ岳】
猫耳はすぐ分かる。
【イブネ北端】
ゴールが近づいてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【イブネ北端】
ゴールが近づいてきた。
【高昌山】
もう指呼の距離。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【高昌山】
もう指呼の距離。
【御在所岳】
北西尾根が正面に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【御在所岳】
北西尾根が正面に。
【高昌山山頂】
鎌を入れて。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【高昌山山頂】
鎌を入れて。
【クラシ】
まだら衣装で。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【クラシ】
まだら衣装で。
【釈迦ヶ岳】
ほとんどの人はあっちだったようだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【釈迦ヶ岳】
ほとんどの人はあっちだったようだ。
【鈴鹿北部】
御池、藤原、竜が霞んでる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【鈴鹿北部】
御池、藤原、竜が霞んでる。
【雪庇歩き】
イブネ北端から山頂へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【雪庇歩き】
イブネ北端から山頂へ。
1
【銚子】
残念ながら今回もパス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【銚子】
残念ながら今回もパス。
【銚子ヶ口】
黒っぽい峰が目立ってる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【銚子ヶ口】
黒っぽい峰が目立ってる。
【イブネ山頂】
バックには綿向山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【イブネ山頂】
バックには綿向山。
3
【コケの台地】
御在所、鎌が横に広がる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【コケの台地】
御在所、鎌が横に広がる。
【白い台地】
雪の上をウロウロ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【白い台地】
雪の上をウロウロ。
3
【展望レストラン】
今日も貸し切りだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【展望レストラン】
今日も貸し切りだ。
【黒い高昌山】
登ってきたルートを目の前に見て。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【黒い高昌山】
登ってきたルートを目の前に見て。
【雨乞岳】
西から真っ黒な雲が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【雨乞岳】
西から真っ黒な雲が。
1
【レースのカーテン】
御在所岳がフェードアウトしていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【レースのカーテン】
御在所岳がフェードアウトしていく。
【雪庇と雨乞岳】
誰もいないイブネに別れを告げる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【雪庇と雨乞岳】
誰もいないイブネに別れを告げる。
2
【北端へ】
わずかな雪上歩きを楽しむ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【北端へ】
わずかな雪上歩きを楽しむ。
1
【谷間からの御在所】
見えるのは北西尾根か。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【谷間からの御在所】
見えるのは北西尾根か。
【コクイ谷出合で】
神崎川の流れを見ながら休憩する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【コクイ谷出合で】
神崎川の流れを見ながら休憩する。
【きのこ岩】
影絵劇場だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【きのこ岩】
影絵劇場だ。
【根ノ平峠は見返り峠】
いつもここで振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【根ノ平峠は見返り峠】
いつもここで振り返る。
【雲隠れ】
釈迦も帰りは雲の中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【雲隠れ】
釈迦も帰りは雲の中。
【あれっ】
まだ残ってる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【あれっ】
まだ残ってる。

感想/記録

鈴鹿の雪が少なくなってきた。
それならと、千草街道からイブネを目指すことに。
朝は願ってもないピーカン。
雪も固く、これならツボ足で行けそうと勇んで朝明を出発。

雪の上の足跡は、全て昨日までのもの。
根ノ平峠を越えると、その足跡は急に少なくなった。
そのうち、アイゼンの足跡が出てきた。
どうやら先行者がいたようだ。
それもコクイ谷出合まで。
それからは、数日前と思われるスノーシューの跡がひとつ。
気温が上がり踏み抜きが多くなってきたところでワカンを装着。
緩んできた南向きの斜面を慎重にトラバースして行く。
この付近は緊張の連続だ。

高昌山への尾根に取り付くと、尾根筋に雪は無かった。
ワカンを外し、土の上をガムシャラに登っていく。
予定より30分遅れで高昌山に到着。
これでイブネまで到達出来そうと安心する。

イブネの台地は、かなりコケが露出していた。
南側の雪庇を辿り山頂まで散歩。
その後、いつもの展望レストランで食事をする。
いつしか、朝にあんなに晴れていた空には真っ黒な雪雲が。
小雪もパラついてきた。
日向ぼっこどころでは無くなってきた。
こうなったらと、そそくさとイブネを後にする。

千草街道に出ると、杉峠の方からの新しいアイゼン跡が付いていた。
もしかすると、朝の先行者のものかも知れないと思った。
そうなると、七人山から雨乞と周回したことになる。
その健脚に感心しながら、アイゼン跡を追った。

この辺から降り続いた小雪は、根ノ平峠を過ぎても止まなかった。
三重県側に入っても、予想に反して青空はなかった。
それどころか、次第にみぞれっぽくなってきた。
駐車場に着く頃には雨に変わっていた。
結局、帰り道も誰にも会わなかった。

途中では誰にも会わなかったが、イブネの山頂では二人の単独男性と出会った。
僕を含め、三人とも出発は朝明からだった。
途中のルートは三者三様、服装もギア類も三者三様だった。
これだからイブネは面白いと、ニヤッとしてしまった。
 
訪問者数:607人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ