また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1368714 全員に公開 雪山ハイキング志賀・草津・四阿山・浅間

水ノ塔山、七千尺尾根と東篭ノ登山は撤退

日程 2018年01月27日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴・強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
アサマ2000パークスキー場まで除雪はしてあるが、スタッドレスタイヤ又はタイヤチェーンは必須
http://asama2000.com/
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち33%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間0分
休憩
1時間12分
合計
4時間12分
Sスタート地点11:1411:58高峰温泉13:04水ノ塔山14:1615:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
水ノ塔山へは強風の時は、山頂直下から右の樹林帯に入る巻き道が便利、七千尺尾根は痩せ尾根なので強風時は注意が必要
その他周辺情報冬季入浴 500円
www.takamine-kougen.co.jp/
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 ゲイター マフラー 毛帽子 ザック スノーシュー 昼ご飯 行動食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 筆記用具 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ ゴーグル バラクラバ スコップ

写真

風は強いが晴の土曜日、標高二千辰離僖Ε澄璽好痢爾魑瓩瓩謄好ースノボ者が結構に入っているが、この一角に駐車する。
2018年01月27日 11:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風は強いが晴の土曜日、標高二千辰離僖Ε澄璽好痢爾魑瓩瓩謄好ースノボ者が結構に入っているが、この一角に駐車する。
スキー場は風が少ない場所だが、それでも時々の強風に地吹雪が舞う、野外放送で「強風のためリフトが止まる場合が有ります」と!
2018年01月27日 11:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場は風が少ない場所だが、それでも時々の強風に地吹雪が舞う、野外放送で「強風のためリフトが止まる場合が有ります」と!
スキー場から高峰温泉までスノーキャット(雪上車)が運行されているが、そのトレースに沿って高峰温泉まで進む。
2018年01月27日 11:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場から高峰温泉までスノーキャット(雪上車)が運行されているが、そのトレースに沿って高峰温泉まで進む。
ツララが下がった高峰温泉、無雪季はここまで車で入るとこが出来る。
2018年01月27日 12:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツララが下がった高峰温泉、無雪季はここまで車で入るとこが出来る。
温泉の反対側に登山口が有るので、ここからしばらくは尾根通しの夏道を進む。このルートは無雪季は黄ペンキで、積雪期は赤リボンで案内がしてある。
2018年01月27日 12:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉の反対側に登山口が有るので、ここからしばらくは尾根通しの夏道を進む。このルートは無雪季は黄ペンキで、積雪期は赤リボンで案内がしてある。
八ヶ岳連峰、蓼科山も雲が掛かり風が強そう!
2018年01月27日 12:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳連峰、蓼科山も雲が掛かり風が強そう!
左の東篭ノ登山をクリアしたら下の湯ノ丸高峰林道で帰投する予定を立てたのだが!
2018年01月27日 12:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の東篭ノ登山をクリアしたら下の湯ノ丸高峰林道で帰投する予定を立てたのだが!
右の水ノ塔山から東篭ノ登山に至る七千尺尾根は真っ白、痩せ尾根なので新雪で吹き溜まりが有るとヤバイが!
2018年01月27日 12:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の水ノ塔山から東篭ノ登山に至る七千尺尾根は真っ白、痩せ尾根なので新雪で吹き溜まりが有るとヤバイが!
スノーシュなので山頂直下から右へ、樹林帯の巻き道に入るが、大量降雪が有ったのか先日仲間と開拓したトレースが全部消えている!
2018年01月27日 13:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーシュなので山頂直下から右へ、樹林帯の巻き道に入るが、大量降雪が有ったのか先日仲間と開拓したトレースが全部消えている!
1
ソロラッセルでルートを再工作し群馬側に出たが、表面に見える四阿山は雲の中、かなり荒れていそう!
2018年01月27日 14:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ソロラッセルでルートを再工作し群馬側に出たが、表面に見える四阿山は雲の中、かなり荒れていそう!
ここは樹の右側を楽に巻ける筈なのに、吹き溜まったかスノーシューでも腹まで潜ってしまう!
2018年01月27日 13:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは樹の右側を楽に巻ける筈なのに、吹き溜まったかスノーシューでも腹まで潜ってしまう!
2
裏(群馬側)から山頂に出ました♪
案内標識だけで山頂標識が雪に埋まっている!
2018年01月27日 13:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏(群馬側)から山頂に出ました♪
案内標識だけで山頂標識が雪に埋まっている!
記念撮影♪  低温でか、吐く息でゴーグルが雲って凍結し日向に置いても融けず、やむを得ずサングラスにしたが、露出肌が風に晒され痛い!
2018年01月27日 13:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念撮影♪  低温でか、吐く息でゴーグルが雲って凍結し日向に置いても融けず、やむを得ずサングラスにしたが、露出肌が風に晒され痛い!
寒いので立ったまま昼食休憩後、表面の東篭ノ登山に向かうが、痩せ尾根の吹き溜まりに行く手を阻まれ断念撤退!
2018年01月27日 13:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒いので立ったまま昼食休憩後、表面の東篭ノ登山に向かうが、痩せ尾根の吹き溜まりに行く手を阻まれ断念撤退!
帰路は先行者のトレースを追い林間を沢へ♪
長い尻セードコースだがここを遣る予定を組まなかったのでソリを忘れてしまった!
2018年01月27日 14:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路は先行者のトレースを追い林間を沢へ♪
長い尻セードコースだがここを遣る予定を組まなかったのでソリを忘れてしまった!
無事スノーキャットルートに帰投♪
ソロラッセルと途中撤退で疲労困憊、オツカレ様!
2018年01月27日 15:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事スノーキャットルートに帰投♪
ソロラッセルと途中撤退で疲労困憊、オツカレ様!

感想/記録

昨年末の足指骨折は経過も順調で、昨日は医師から登山OKを頂いたので早速山地図とテンクラ予報を調べるが、高山は何処も気象条件が厳しい!
19日に仲間と冬道ルート開拓をした水ノ塔山が面白そうなので、そこから七千尺尾根〜東篭ノ登山〜湯ノ丸高峰林道周回を計画するが!

折から今冬最強の大寒波で東篭ノ登山上空は−20℃、北西風22mとの事で防寒防風対策と新雪を考慮してスコップを持ち駐車場に着くが寒暖計−12℃で寒い!
高峰温泉から尾根通しの夏道で山頂直下まで進み、右の樹林帯巻き道に入ろうとしたが踏み跡が消え全くルートが無い! ルート開拓に入るがスノーシューで膝まで潜るので今回の寒波はかなり降雪をもたらした様だ!
強風&新雪と格闘してソロラッセルで山頂に到着したので、寒いから立ったまま昼食休憩して七千尺尾根から東篭ノ登山を目指すが、痩せ尾根の始まりで吹き溜まりの雪壁に行く手を阻まれ、呆然として写真も撮らずスゴスゴ撤退、元来た道を引き返す!
帰路途中から尾根を外れ林間の雪原を直降するが、予定をしなかったので尻ソリを持参せず、パンツ尻セードで下山無事帰投したが疲労困憊。

痩せ尾根を攻めるにはアイゼンが必要、林間は沢を間違えると帰るのが困難になるので、初めての方や見通しの悪い日は尾根の夏道を使う事をお薦めします。
訪問者数:212人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/6/11
投稿数: 205
2018/1/28 18:08
 お疲れ様でした🙇
単独でのルート工作、お疲れ様でしたでした❗️

そろそろ我々も、豪雪地帯の雪山に行ってみたいので、とても参考になりました✨

スコップは、どんな状況の時に使用しますか❔

ハードなラッセルはあまり経験が無いので、息子が来週を楽しみにしてます🎵
登録日: 2017/3/8
投稿数: 351
2018/1/28 22:02
 お疲れ様です!
はじめまして!
こんばんは!

来週の日曜日に杣添尾根のラッセルの手伝いをします、セイラです。

こちらの山々は雪も多く、とても寒いですね!静岡は温暖で雪も降りません😭
杣添尾根ではお世話になります!
よろしくお願いします!!
登録日: 2013/9/14
投稿数: 16
2018/1/28 23:43
 Re: お疲れ様でした🙇
オツカレ様です🎵
メジャーなルートは我先にとラッセル希望者がいるので、早出しないと先を越されてしまいますが、新雪の先頭ラッセルは面白いですね🎵 ただ体力を消耗するので、多人数の場合は 5分位で交代しながら速度が落ちないように進むのが一般的では無いでしょうか? 一人ラッセルは休み休み進むのでラチがあきません(笑)❗
ここのようなマイナールートは誰も来ないので飽きる時がありますね(笑)
スコップは写真のような木の雪を落としたり、吹き溜まりを崩したり穴を埋めたり、最悪自分の体が埋まって抜け出せなくなった時に周りの雪を掻いたり、結構便利ですよ🎵
当日は新雪で未踏だったら楽しいですね🎵
登録日: 2013/9/14
投稿数: 16
2018/1/28 23:52
 Re: お疲れ様です!
オツカレ様🎵
雪は年寄り心もなぜか童心に戻してくれるので楽しいですね🎵
無雪季の登山道で転んだら格好悪いが、雪道は転んでも滑っても楽しい、事故にさえならなければ(笑)🎵
当日は深雪で腰まで埋まる位降ると面白いですね🎵 セイラ選手にお会い出来る事を楽しみにしています🎵

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ