また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1369839 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走奥秩父

金峰山、稜線は暴風。。

日程 2018年01月29日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ。稜線上は昼前後、ガスを伴った南風が強く、歩行もままならぬ程度でした。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
瑞牆山荘近くの県営駐車場を利用。登山数日前に降雪があったはずですが、増富温泉〜瑞牆山荘の間はしっかり除雪してありました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間33分
休憩
43分
合計
8時間16分
S県営無料駐車場06:5307:34富士見平湧水07:51富士見平小屋08:33鷹見岩分岐08:42大日小屋08:4309:14大日岩09:1510:23砂払いノ頭10:2810:42千代の吹上10:4310:52金峰山小屋分岐10:5311:28五丈石11:2911:33金峰山11:5111:54五丈石12:16金峰山小屋分岐12:1712:35千代の吹上12:47砂払いノ頭12:4813:36大日岩13:53大日小屋14:05鷹見岩分岐14:33富士見平小屋14:4614:48富士見平湧水15:09県営無料駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
稜線上の風が強く、ペースを落として進んだため、砂払の頭から頂上まで1時間以上かかってしまいました。
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はありません。コースを通じ、トレースは付いていました。瑞牆山荘から積雪はありましたが、富士見平小屋まではアイゼン無しで大丈夫な感じ。大日小屋から上は急登、氷結もあり前爪あるアイゼンが必要と思います。今回、稜線上ではダブルストックで行きましたが、風が強烈だったのでピッケルを使うべきでした。
その他周辺情報登山後は増富の湯を利用。県外820円。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

大日岩直下の開けた場所から南アルプスがのぞきました。
2018年01月28日 09:06撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岩直下の開けた場所から南アルプスがのぞきました。
白峰三山が良く見えてます。
2018年01月28日 09:06撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白峰三山が良く見えてます。
1
仙丈、甲斐駒も。
2018年01月28日 09:06撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈、甲斐駒も。
農鳥岳、間ノ岳、北岳をアップで。手前の鳳凰山も上部は冠雪してますね。
2018年01月28日 09:06撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農鳥岳、間ノ岳、北岳をアップで。手前の鳳凰山も上部は冠雪してますね。
1
大日岩。デカい。
2018年01月28日 09:18撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岩。デカい。
1
トレースしっかり付いてます。この先から風がゴーゴー鳴りはじめましたが、樹林帯のため、支障はありませんでした。でも寒い。。
2018年01月28日 09:18撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースしっかり付いてます。この先から風がゴーゴー鳴りはじめましたが、樹林帯のため、支障はありませんでした。でも寒い。。
砂払の頭から八ヶ岳を望みます。
2018年01月28日 10:31撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂払の頭から八ヶ岳を望みます。
北信方面。
2018年01月28日 10:31撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北信方面。
真ん中が飯綱高原スキー場だとすると、奥の真っ白な山が妙高山かな?
2018年01月28日 10:31撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中が飯綱高原スキー場だとすると、奥の真っ白な山が妙高山かな?
五丈岩、頂上が見えました。南から吹き上げる風が強烈です。
2018年01月28日 10:34撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五丈岩、頂上が見えました。南から吹き上げる風が強烈です。
2
砂払の頭を振り返ります。八ヶ岳はガスに巻かれたり、現れたり。
2018年01月28日 10:44撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂払の頭を振り返ります。八ヶ岳はガスに巻かれたり、現れたり。
瑞牆山。
2018年01月28日 10:45撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瑞牆山。
1
小川山越しに浅間山、黒斑山が見えます。あちらはガスも無い模様。
2018年01月28日 10:45撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小川山越しに浅間山、黒斑山が見えます。あちらはガスも無い模様。
1
写真では表現できていませんが、この辺りは暴風地帯。。甲府盆地から吹き上げる南風が強く、何か所か耐風姿勢をとりながら、じわじわ進みます。
2018年01月28日 10:46撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真では表現できていませんが、この辺りは暴風地帯。。甲府盆地から吹き上げる南風が強く、何か所か耐風姿勢をとりながら、じわじわ進みます。
1
金峰山登頂!心が折れそうになるくらい今回の稜線は厳しかった。。山頂の岩陰で風をしのぎながらしばしの休憩。
2018年01月28日 11:34撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山登頂!心が折れそうになるくらい今回の稜線は厳しかった。。山頂の岩陰で風をしのぎながらしばしの休憩。
1
八ヶ岳がよく見えます。南側は暴風なうえガスがどんどん上がってくるので、覗きこむ気力も湧かず。。
2018年01月28日 11:35撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳がよく見えます。南側は暴風なうえガスがどんどん上がってくるので、覗きこむ気力も湧かず。。
2
小休憩ののち、下山開始。八ヶ岳方面が見えているのがせめてもの救い。
2018年01月28日 12:10撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小休憩ののち、下山開始。八ヶ岳方面が見えているのがせめてもの救い。
4
麓の雲が取れない。
2018年01月28日 12:10撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓の雲が取れない。
北側を巻いている箇所だけは風もなく、快適。
2018年01月28日 12:19撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側を巻いている箇所だけは風もなく、快適。
この鞍部も強風。。
2018年01月28日 12:19撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この鞍部も強風。。
千代の吹上あたりから金峰山を振り返り、青空待ちをしてみましたが、寒くて断念。
2018年01月28日 12:25撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千代の吹上あたりから金峰山を振り返り、青空待ちをしてみましたが、寒くて断念。
1
もう八ヶ岳もガスに隠れたので、下ります。
2018年01月28日 12:34撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう八ヶ岳もガスに隠れたので、下ります。
無事下山しました。駐車場はこんな感じ。雪が深いのでスタッドレスでもハンドルがとられます。さて、温泉へ向かいましょう。
2018年01月28日 15:23撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山しました。駐車場はこんな感じ。雪が深いのでスタッドレスでもハンドルがとられます。さて、温泉へ向かいましょう。
2

感想/記録

このところの寒気の影響か、どこの山も天気がイマイチ。ヤマテンを参考に奥秩父なら、と出かけて参りました。確かに天気の崩れはありませんでしたが、風が強くて難儀しました。こんな日もありますね。。
訪問者数:680人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ