また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1371696 全員に公開 雪山ハイキング六甲・摩耶・有馬

隠れた氷瀑 水無滝

日程 2018年02月02日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴のち曇り
アクセス
利用交通機関
神鉄六甲駅・唐櫃台駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間10分
休憩
1時間14分
合計
6時間24分
Sスタート地点08:0008:48猪ノ鼻滝10:10仏谷峠10:1310:50水無滝11:2011:50水無山12:1012:20仏谷峠12:4013:30猪ノ鼻滝13:3114:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
帰りに仏谷峠で昼食にした以外は ほぼノンストップです
コース状況/
危険箇所等
仏谷は倒木が多く、水無峠までの深戸谷取付きも倒木が道をふさいでいる
水無滝手前も倒木と崖崩れがあり注意
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 タオル カメラ
備考 膝高の笹を抜ける場面が多いのでロングスパッツがあれば濡れずにすみます

写真

神鉄六甲駅よりのスタートとします
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神鉄六甲駅よりのスタートとします
1
踏切を通過しすぐ左手の商店を左折します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏切を通過しすぐ左手の商店を左折します
東谷橋から しばらく舗装路を上がります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東谷橋から しばらく舗装路を上がります
坂を登りきった突き当りにある石仏です。周辺には西国三十三ヶ寺に所縁のある石仏があり、ここは2番の石仏です
右折して道なりにすすみます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坂を登りきった突き当りにある石仏です。周辺には西国三十三ヶ寺に所縁のある石仏があり、ここは2番の石仏です
右折して道なりにすすみます
しばらく歩くと広い道と交差します。右は上唐櫃山王神社、左は六甲有料道路に通じます。直進して東谷集落へ向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく歩くと広い道と交差します。右は上唐櫃山王神社、左は六甲有料道路に通じます。直進して東谷集落へ向かいます
四番の石仏、菩薩様です。お顔が優しくて付近では一番好きな仏様です。道なりです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四番の石仏、菩薩様です。お顔が優しくて付近では一番好きな仏様です。道なりです
2
集落を抜けるとT字路、左手にすすみます
正面は古寺山です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
集落を抜けるとT字路、左手にすすみます
正面は古寺山です
この先で六甲有料道路と交差します。車に注意して反対側へ横断します。道なりにすすみ、阪神高速からと東ICを北に見て 逢山峡へ入ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先で六甲有料道路と交差します。車に注意して反対側へ横断します。道なりにすすみ、阪神高速からと東ICを北に見て 逢山峡へ入ります
東山橋から南方向、逢山峡の景色です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東山橋から南方向、逢山峡の景色です
1
路傍のお不動さまも凍えそうです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
路傍のお不動さまも凍えそうです
人の足跡に混じって 2本爪の足跡もありました
2018年02月02日 08:47撮影 by NIKON D5000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人の足跡に混じって 2本爪の足跡もありました
1
最初の分岐を左折れし、仏谷へ
広場はキャンプ場跡
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の分岐を左折れし、仏谷へ
広場はキャンプ場跡
1
広場の奥に暗渠を持った石橋があります
橋を渡ってすぐ右手にわかりにくいですが
入口があります
看板裏の赤い矢印方向
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場の奥に暗渠を持った石橋があります
橋を渡ってすぐ右手にわかりにくいですが
入口があります
看板裏の赤い矢印方向
1
取っ掛かりは しばらく笹道です
雪が積もってますが ゴロゴロした石が多いので
足元注意です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取っ掛かりは しばらく笹道です
雪が積もってますが ゴロゴロした石が多いので
足元注意です
1
少し入ったところで アイゼンを着けました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し入ったところで アイゼンを着けました
地面を見ると新しいウサギの足跡です
この先ずっと先導してくれました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地面を見ると新しいウサギの足跡です
この先ずっと先導してくれました
3
仏谷第二砂防ダムの巻道です
トラテープが巻いてあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仏谷第二砂防ダムの巻道です
トラテープが巻いてあります
1
仏谷第二砂防ダム
脇の細い道を気をつけて通り抜けます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仏谷第二砂防ダム
脇の細い道を気をつけて通り抜けます
ようやく明るくなってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく明るくなってきました
深い雨裂に突き当ります
ここはY字の谷になってますが雨裂を渡らずに
すぐ右の谷を詰めていきます。テープが巻いてあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深い雨裂に突き当ります
ここはY字の谷になってますが雨裂を渡らずに
すぐ右の谷を詰めていきます。テープが巻いてあります
1
最期の急坂を登ると 仏谷峠の木製ベンチがあります
ここも だいぶ傷んできましたね
南方向は高尾山の急坂、北は逢ケ山へ、東の谷は
深戸谷(フカンド谷)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最期の急坂を登ると 仏谷峠の木製ベンチがあります
ここも だいぶ傷んできましたね
南方向は高尾山の急坂、北は逢ケ山へ、東の谷は
深戸谷(フカンド谷)
2
笹原のやや左手に深戸谷へ下りるルートがあります
テープの巻かれた杉の北側を抜けます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原のやや左手に深戸谷へ下りるルートがあります
テープの巻かれた杉の北側を抜けます
1
3ヶ所 道をふさぐ倒木がありましたが
どれも樹下をくぐってすすみます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3ヶ所 道をふさぐ倒木がありましたが
どれも樹下をくぐってすすみます
倒木を抜けたところに見たことがあるような
リボンがありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木を抜けたところに見たことがあるような
リボンがありました
2
今 下りてきた道を振り返って撮りました
ここは水無峠へ上がる出合です
以前は写真左の杉に案内札があったと思うのですが?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今 下りてきた道を振り返って撮りました
ここは水無峠へ上がる出合です
以前は写真左の杉に案内札があったと思うのですが?
水無峠への目印です
灌木の混じる杉林を抜けていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水無峠への目印です
灌木の混じる杉林を抜けていきます
1
何基か土留工があります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何基か土留工があります
稜線が見えてきました
水無峠は高尾山と水無山とのコルです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線が見えてきました
水無峠は高尾山と水無山とのコルです
2
対面は水無山を経て鬼ケ島への急登です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対面は水無山を経て鬼ケ島への急登です
あれ?仏谷峠の看板が!ここは水無峠では?
ちょっとわかりません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれ?仏谷峠の看板が!ここは水無峠では?
ちょっとわかりません
1
テープのあるところから杉の植林を下っていきます
雪で踏跡はわかりませんが 雰囲気で進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テープのあるところから杉の植林を下っていきます
雪で踏跡はわかりませんが 雰囲気で進みます
杉林を抜けるとすぐ谷です
右に折れて谷を詰めていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉林を抜けるとすぐ谷です
右に折れて谷を詰めていきます
2
谷を折れてからは雪で隠れた岩場を注意して進みます
5分ほどで倒木と崖崩れのある「最後の関門」です
中央奥に凍った水無滝がのぞいています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷を折れてからは雪で隠れた岩場を注意して進みます
5分ほどで倒木と崖崩れのある「最後の関門」です
中央奥に凍った水無滝がのぞいています
2
先導者の足跡を追って 崖のすそをトラバースするように通過しました。ここの倒木にはイバラが多く 注意していないと痛い目にあいそうです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先導者の足跡を追って 崖のすそをトラバースするように通過しました。ここの倒木にはイバラが多く 注意していないと痛い目にあいそうです
水無滝です。中央が主滝、右側が脇滝その右手に無数の氷柱群があります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水無滝です。中央が主滝、右側が脇滝その右手に無数の氷柱群があります
6
主滝。中央は水が落ちてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主滝。中央は水が落ちてます
4
脇滝の下には氷がいっぱい
透明感ヤバイっす!美味しそう
ロックで一杯やりますか 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
脇滝の下には氷がいっぱい
透明感ヤバイっす!美味しそう
ロックで一杯やりますか 
5
落ち口までの高さは20メートルぐらいでしょうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち口までの高さは20メートルぐらいでしょうか
3
サルノコシカケか 平茸ですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サルノコシカケか 平茸ですね
3
CLも帰ったようなので 僕も帰ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
CLも帰ったようなので 僕も帰ります
帰りも無難に同じコースにしました
写真は水無峠を下りて分岐から仏谷峠を見た景色です
眼前の倒木群を すり抜けていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りも無難に同じコースにしました
写真は水無峠を下りて分岐から仏谷峠を見た景色です
眼前の倒木群を すり抜けていきます
ここでお昼弁当にしました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでお昼弁当にしました
自家製マタタビ酒です。元気が出て”また旅”ができます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自家製マタタビ酒です。元気が出て”また旅”ができます
5
リュックに”お客さん”が乗ってました
どちらまででしょうか?
暖を求めてですか?傷つけないよう背負っておりましたが
途中でいなくなってました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リュックに”お客さん”が乗ってました
どちらまででしょうか?
暖を求めてですか?傷つけないよう背負っておりましたが
途中でいなくなってました
1
昼前から気温が上がり 頭上の枝からポタポタと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼前から気温が上がり 頭上の枝からポタポタと
仏谷を出て正面は逢山峡への主道です
右は逢山峡下山、左へ上がればすぐ小川谷から極楽茶屋跡
そのまま直進すれば裏六甲DW、シュラインロード
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仏谷を出て正面は逢山峡への主道です
右は逢山峡下山、左へ上がればすぐ小川谷から極楽茶屋跡
そのまま直進すれば裏六甲DW、シュラインロード
逢山峡森林線の出口、帰りは右方向 唐櫃台4丁目を抜けて帰ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逢山峡森林線の出口、帰りは右方向 唐櫃台4丁目を抜けて帰ります
六甲唐櫃台公園、地元では”運動公園”です
ここにはトイレがあって使えますよ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六甲唐櫃台公園、地元では”運動公園”です
ここにはトイレがあって使えますよ
からと歩道橋を通り 写真左手のマンションの下を
通過すると朝通った2番の石仏前です
右に折れ舗装路を下ると神鉄六甲駅
ここでゴールです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
からと歩道橋を通り 写真左手のマンションの下を
通過すると朝通った2番の石仏前です
右に折れ舗装路を下ると神鉄六甲駅
ここでゴールです
撮影機材:

感想/記録

普段の水無滝は神々しい雰囲気があり気に入ってます
今日初めて凍った姿を見ましたが 氷瀑も素晴らしいです
隠れ家的な滝なので 訪れる方も少なく
貸し切りで神秘的な氷瀑を満喫してきました

訪問者数:379人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ