また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1372796 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

南八ヶ岳 (結局のところ赤岳のみ)

日程 2018年02月02日(金) 〜 2018年02月03日(土)
メンバー
天候2/2 雪のち曇り  風弱め   (-6℃:行者小屋16時)
2/3 曇のち晴   風やや強め (-10℃:行者小屋5時半) 
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸口 八ヶ岳山荘に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間30分
休憩
1時間0分
合計
8時間30分
S美濃戸口06:4007:40やまのこ村10:40行者小屋11:4013:20地蔵の頭14:10赤岳14:30文三郎尾根分岐15:10行者小屋
2日目
山行
5時間10分
休憩
40分
合計
5時間50分
行者小屋05:4007:10文三郎尾根分岐07:50赤岳08:10文三郎尾根分岐09:00行者小屋09:4010:50美濃戸山荘11:30美濃戸口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全般的に硬い雪面の上に降雪あり、かなり不安定な印象。
主稜線上でも妙な所で吹き溜まり、プチラッセルがちょいちょい必要。
●2/3 地蔵尾根の2600m辺りで雪崩にあった方あり。無事とのこと●
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 アイゼン ピッケル ビーコン スコップ ゾンデ 行動食 水筒(保温性) ガスコンロ一式 ヘルメット ツェルト マット その他テント泊一式

写真

行者小屋に到着。
けっこうバテた
2018年02月02日 10:35撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋に到着。
けっこうバテた
とりあえずテント張って、不要装備をデポ。
2018年02月02日 11:38撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえずテント張って、不要装備をデポ。
平日なのでテント場は当然ガラガラ。
2018年02月02日 11:39撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平日なのでテント場は当然ガラガラ。
地蔵の頭。
なんだかハンガーノック気味で、ラッセルが疲れるなあ。
2018年02月02日 13:15撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵の頭。
なんだかハンガーノック気味で、ラッセルが疲れるなあ。
赤岳天望荘。そのまま通過。今日は何人泊まるのか?
2018年02月02日 13:22撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳天望荘。そのまま通過。今日は何人泊まるのか?
帰宅。
(赤岳山頂の写真は間違えて消去してしまった)
2018年02月02日 15:13撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰宅。
(赤岳山頂の写真は間違えて消去してしまった)
出発。ちょっと遅刻。
いちおう硫黄岳まで廻れる準備をしたが、イマイチやる気が出ない。
2018年02月03日 05:27撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発。ちょっと遅刻。
いちおう硫黄岳まで廻れる準備をしたが、イマイチやる気が出ない。
文三郎道。
昨日と一緒でガスの中。視界はそこそこあるけれど。
2018年02月03日 06:33撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎道。
昨日と一緒でガスの中。視界はそこそこあるけれど。
赤岳山頂。
昨日より少し雪が締まっているが、ちょいちょいラッセルで時間かかる。
何だか積雪が不安定でヤな感じのため、このまま下山する。
2018年02月03日 07:52撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山頂。
昨日より少し雪が締まっているが、ちょいちょいラッセルで時間かかる。
何だか積雪が不安定でヤな感じのため、このまま下山する。
1
主稜の取り付き辺り。
あれれ?たまに少し晴れ間が。
2018年02月03日 08:40撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜の取り付き辺り。
あれれ?たまに少し晴れ間が。
行者小屋。
文三郎道では登りの人に15人ほどすれ違う。さすが土曜日。
泊りでない人も多いのに、みんな早いですね・・・
2018年02月03日 09:01撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋。
文三郎道では登りの人に15人ほどすれ違う。さすが土曜日。
泊りでない人も多いのに、みんな早いですね・・・
テント撤収して帰路に。
凄く晴れてきた・・・
2018年02月03日 09:42撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント撤収して帰路に。
凄く晴れてきた・・・
帰り道。
あー、良い天気。
2018年02月03日 09:47撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道。
あー、良い天気。
大同心かっこ良し。
まあ、またそのうち来るでしょう。
2018年02月03日 10:00撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大同心かっこ良し。
まあ、またそのうち来るでしょう。
美濃戸山荘。
ここまで何人すれ違ったやら。
2018年02月03日 10:49撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘。
ここまで何人すれ違ったやら。
美濃戸口到着。
やっぱり駐車場は満杯。
2018年02月03日 11:29撮影 by SH11C, DoCoMo
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸口到着。
やっぱり駐車場は満杯。

感想/記録

ちょっと久しぶりの冬山なので、過去に何度か行っている八ヶ岳へ。
予定としては、
  2/2 行者小屋テント設営。赤岳往復(地蔵尾根→文三郎道)
  2/3 テントはデポ。赤岳〜横岳〜硫黄岳の一周

2月2日(金)
 カメラを持ってきたが、最初から電池切れ。ガラケーの写真ですみません。
 最近は軽めの荷物ばかりだったので、行者小屋まででけっこうバテる。もうちょっと食糧を積極的に食べておけば良かった。
 テント設営し、地蔵尾根を登る。硬めのベースに積雪あり、たまにクラックが入る状態。トレース上を探って踏めば最大で膝上ラッセル程度。踏み抜くと腿まで埋まる。地蔵の頭の先で3人パーティーとすれ違い(どうもでした)。本日は登山中は他に人には出会わず。
 赤岳頂上山荘直下の雪面が妙にフカフカで微妙。登りで良かったが、明日が心配になる。主稜からのトレースがあったように見えたが、この雪ではさぞかし大変だったろう。
 ガスった赤岳山頂で一服し、早々に下山。文三郎道の下りは特に問題なかったが、雪に隠れた鎖の支柱にスネを強打し5分ほど悶絶する。皆さん気を付けてください。

2月3日(土)
 主稜線を硫黄まで一廻りの予定だったが、この雪では日ノ岳ルンゼと赤岩の頭での雪崩がどうにも心配。単独なのでホントに行方不明になるとシャレにならないので、予想としては赤岳往復かな。とか思いつつ、出発。文三郎道は昨日より少し雪が締まっていたものの、やっぱり安定してない感じ。ガスった赤岳山頂で戻る事とした。
 下山中にどんどん人が上がってくる。その立ち話では地蔵尾根で雪崩たらしいとのこと。後で判ってみるとテント場のお隣さんだった様子。記録をヤマレコにアップされていますが、これはまた恐ろしや・・・。無事でホントに良かったです。
  そのレコはこちら
  https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1372446.html

 テント撤収しているうちに、まんまと晴れ渡って稜線が見えるようになる。まあ、また雪が安定したときに来ようかね。
 
 
訪問者数:380人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ