また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1373302 全員に公開 雪山ハイキング奥多摩・高尾

払沢の滝〜浅間嶺

日程 2018年02月04日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
払沢の滝駐車場(朝6時到着)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間42分
休憩
39分
合計
5時間21分
S払沢の滝駐車場06:2606:39払沢の滝07:03払沢の滝駐車場07:28時坂路傍施設便所07:2907:35時坂峠07:3608:49浅間嶺展望台08:5008:56浅間尾根休憩所08:5709:13ムケシノ頭09:33浅間嶺09:54浅間嶺展望台10:2711:20時坂峠11:26時坂路傍施設便所11:2711:45払沢の滝駐車場11:4611:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
12年ぶりに凍結した払沢の滝素晴らしかったです。
朝早く登り始め、浅間嶺展望台についたときはだれもいませんでしたが、引き返して再度展望代についたときにはたくさんの人がいました。浅間嶺は人気の山であることを感じました。
コース状況/
危険箇所等
登山道は雪道となっています。
凍結箇所はほとんどありませんでした。
その他周辺情報払沢の滝が12年ぶりに凍結したとのことで、多くの人がいました。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

払沢の滝(ほっさわのたき)駐車場から払沢の滝を目指しました。駐車場にはトイレもあります。
2018年02月04日 06:27撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
払沢の滝(ほっさわのたき)駐車場から払沢の滝を目指しました。駐車場にはトイレもあります。
1
払沢の滝間での道は雪が多少ありましたが、歩きやすく整備されていました。
2018年02月04日 06:34撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
払沢の滝間での道は雪が多少ありましたが、歩きやすく整備されていました。
東京都で唯一“日本の滝百選の払沢の滝が凍結していました。
2018年02月04日 06:46撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東京都で唯一“日本の滝百選の払沢の滝が凍結していました。
5
払沢の滝全景
2018年02月04日 06:49撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
払沢の滝全景
1
払沢の滝手前には氷のアートも作られていました。
2018年02月04日 06:51撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
払沢の滝手前には氷のアートも作られていました。
払沢の滝駐車場に戻って、浅間嶺を目指します。
スタートから路面が凍結しています。
2018年02月04日 07:04撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
払沢の滝駐車場に戻って、浅間嶺を目指します。
スタートから路面が凍結しています。
林道をしばらく歩くと、浅間嶺登山道入り口。
完全な雪道です。
2018年02月04日 07:07撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道をしばらく歩くと、浅間嶺登山道入り口。
完全な雪道です。
始めのうちは民家の隣を通ったり、林道を歩いたりというコースです。
2018年02月04日 07:13撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
始めのうちは民家の隣を通ったり、林道を歩いたりというコースです。
標高を上げていていくと太陽が見えてきました。
2018年02月04日 07:24撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高を上げていていくと太陽が見えてきました。
1
林道の途中に地図にはないトイレがありました。
水が出る蛇口もあり、凍結していませんでした。
2018年02月04日 07:28撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の途中に地図にはないトイレがありました。
水が出る蛇口もあり、凍結していませんでした。
1
時坂峠を目指して標高を上げていきます。
道中道幅が狭くて注意が必要な箇所もありました。
2018年02月04日 07:31撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時坂峠を目指して標高を上げていきます。
道中道幅が狭くて注意が必要な箇所もありました。
時坂峠
看板を見るとここは昭和始めまで甲州へとつなぐ道として使われていたとのことです。急登がないく歩きやすい登山道に合点がいきました。
2018年02月04日 07:36撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時坂峠
看板を見るとここは昭和始めまで甲州へとつなぐ道として使われていたとのことです。急登がないく歩きやすい登山道に合点がいきました。
林道と登山道の繰り返しを歩いていくと、「峠の茶屋」が見えてきました。江戸時代(1600年代)から営業とのことです。本日(冬季)は営業していません。
2018年02月04日 07:50撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道と登山道の繰り返しを歩いていくと、「峠の茶屋」が見えてきました。江戸時代(1600年代)から営業とのことです。本日(冬季)は営業していません。
1
峠の茶屋から登山道を歩くと御前山の山容が見えてきました。
2018年02月04日 07:51撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠の茶屋から登山道を歩くと御前山の山容が見えてきました。
1
昔の道の名残が伝わる看板を発見
2018年02月04日 07:57撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昔の道の名残が伝わる看板を発見
1
標高が上がると雪質もふかふかになってきました。
登山道はトレースがしっかりとついていて問題ありません。
凍結もしていないので、アイゼンを使うこともありませんでした。
2018年02月04日 08:08撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が上がると雪質もふかふかになってきました。
登山道はトレースがしっかりとついていて問題ありません。
凍結もしていないので、アイゼンを使うこともありませんでした。
今年は寒い上に雪もおおかったので、奥多摩の低山でもしっかりと雪が積もっています。
2018年02月04日 08:16撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年は寒い上に雪もおおかったので、奥多摩の低山でもしっかりと雪が積もっています。
山頂への看板
2018年02月04日 08:28撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂への看板
1
視界が開けてきました。
山頂が先に見えてきます。
2018年02月04日 08:36撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界が開けてきました。
山頂が先に見えてきます。
1
浅間嶺展望台
山頂(903m)ではないことには後から気がつきました。
2018年02月04日 08:44撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間嶺展望台
山頂(903m)ではないことには後から気がつきました。
3
ここの最大の魅力は奥多摩の山々が一望できるところです。
右の大岳山から御前山、一番右に三頭山
間に雲取山もしっかりと見えました。
2018年02月04日 08:46撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの最大の魅力は奥多摩の山々が一望できるところです。
右の大岳山から御前山、一番右に三頭山
間に雲取山もしっかりと見えました。
2
浅間嶺展望台から少し下ると開けた場所に出ます。
ベンチや屋根つきの休憩所、トイレもあります。
2018年02月04日 08:53撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間嶺展望台から少し下ると開けた場所に出ます。
ベンチや屋根つきの休憩所、トイレもあります。
1
歩き足りなかったので、人里峠(へんぼりとうげ)まで足を運びました。
2018年02月04日 08:58撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き足りなかったので、人里峠(へんぼりとうげ)まで足を運びました。
人里峠
石碑がありました。
ここから人里バス停方面へ下ることもできます。
2018年02月04日 09:17撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人里峠
石碑がありました。
ここから人里バス停方面へ下ることもできます。
人里峠〜また浅間嶺へ向けて引き返しました。
2018年02月04日 09:23撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人里峠〜また浅間嶺へ向けて引き返しました。
浅間神社
地図をみるとここが最高標高地点ということでしょうか・・・
2018年02月04日 09:35撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間神社
地図をみるとここが最高標高地点ということでしょうか・・・
再び浅間嶺展望台へ向かいます。
今日は晴天に恵まれました
2018年02月04日 09:39撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び浅間嶺展望台へ向かいます。
今日は晴天に恵まれました
1
浅間嶺展望台でかなり早い昼食
肉まんとシューマイをメスティンで蒸しました。
熱々でおいしかった!
2018年02月04日 10:03撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間嶺展望台でかなり早い昼食
肉まんとシューマイをメスティンで蒸しました。
熱々でおいしかった!
4
下山は来た道を戻りました。
完全な雪山です。
2018年02月04日 10:28撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は来た道を戻りました。
完全な雪山です。
2
御前山が綺麗に見える最後のポイントから1枚
2018年02月04日 10:41撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山が綺麗に見える最後のポイントから1枚
1
峠の茶屋まで来ました。
今度はそばを食べにきてみたいです。
2018年02月04日 11:06撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠の茶屋まで来ました。
今度はそばを食べにきてみたいです。
浅間林道にあるトイレまで戻りました
2018年02月04日 11:25撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間林道にあるトイレまで戻りました
朝が凍結が目立った林道も凍結はなくなっていました。
2018年02月04日 11:31撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝が凍結が目立った林道も凍結はなくなっていました。
撮影機材:

感想/記録

浅間嶺展望台から眺める奥多摩の名峰を見たくて登りました。
期待通りの眺望に感動しました。
これまで登った奥多摩の山々を間近で見ることができました。

浅間嶺は完全な雪山となっていました。
登山客の7割以上がチェーンスパイクやアイゼンをつけて歩いていました。
本日は登山道に目立った凍結箇所はなかったのですが、軽アイゼン以上は必須です。
訪問者数:500人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

軽アイゼン
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ