また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1373650 全員に公開 雪山ハイキング奥多摩・高尾

滝子山(寂ショウ尾根・南陵)

日程 2018年02月03日(土) [日帰り]
メンバー
 qwg
天候晴れ、途中ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
桜森林公園に駐車。トイレ等無し。道路脇に数台駐車できる程度
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間31分
休憩
6分
合計
4時間37分
S桜森林公園09:4509:49寂悄荘入口分岐09:5310:10高圧線鉄塔No83笛駒線11:10滝子山南稜12:35滝子山12:3612:51滝子山・三角点峰13:03女坂13:07桧平13:58滝子川14:14高圧線鉄塔No83笛駒線14:19寂悄荘入口分岐14:2014:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
09:44 桜森林公園−−−−−- [ 0:35 〈0:45〉 78%]-
10:19 大鹿林道交差 8分休憩- [ 2:11 〈3:48〉 57%]-
12:38 滝子山 10分休憩−−− [ 0:18 (0:35) 51%]-
13:06 檜平−−−−−−−−- [ 0:41 〈1:04〉 64%]-
13:47 白岩大権現−−−−−- [ 0:23 〈0:26〉 88%]-
14:10 大鹿林道交差−−−−- [ 0:13 〈0:26〉 50%]-
14:23 桜森林公園
※ ( )は山と高原地図のコースタイム。【 】はGoogleマップのタイム。〔 〕はガイドブック等のコースタイム。〈 〉はCTMakeで計算。
歩行時間 4:21 +休憩時間 0:18 =全行程 4:39
標準コースタイム 7:04 、短縮率 65.8% (休憩込み)、 61.6% (休憩のぞく)
沿面距離(GPS): 9.3 km
累積標高差(高度計):+ 1,200 m、- 1,200 m
ルート定数: 28 、体力度: 3 、難易度: C
コース状況/
危険箇所等
●寂ショウ尾根(南陵)
桜森林公園から大鹿川左岸に橋を渡り130m程進むと右手に林道が延びている。
林道終点に「寂梢苑」だったかな?という小屋があるので、左の沢方面へ進む(私は間違ってまっすぐ進んでしまった)。
針葉樹林帯を進むとやがて送電鉄塔がある。鉄塔上部の小ピークを越えていくと林道大鹿線に出会う。10mほど右手に進んだところから寂ショウ尾根(南陵)の登り口となる。積雪でも迷うような個所は無かったので、無雪期はルーファイしやすい尾根だと思う。岩稜帯は、20cm程度の積雪だったため、それほど難度は高くなかったが、トレランシューズでは良く滑ったのでチェーンスパイクを使用した。
浜立山からの尾根と合流してからは、股下〜ひざ下くらいの降雪となり、雪も重くチェーンスパイクに雪が団子状に張り付き歩きにくかった。
●檜平南尾根(滝子沢東尾根)
尾根をダイレクトに下る個所が多いため急坂。解けた雪が5cm程度残っている状態でとても良く滑った。たまらず途中でチェーンスパイクを着けたが、一瞬で団子になり、とても煩わしかった。
P1095m上部1110m圏で尾根が分岐する個所は、左手の尾根(東側)に引き込まれやすい。それ以外はそれほど難しい個所は無かった。テープなどのマーキングは少ない。
小木を根元から10cm程度のところで伐採した跡が終始見られたので、マーキングの代わりに使える。
大鹿林道は、良好ダート。
その他周辺情報いつも思うが大月周辺の国道20号線沿いには良い風呂屋が見あたらない。
結局自宅で済ませた。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

昼ぐらいに回復する予報だったので遅めのスタートにしましたが、もっと早くて良かったかも
2018年02月03日 09:46撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼ぐらいに回復する予報だったので遅めのスタートにしましたが、もっと早くて良かったかも
1
橋を渡って130m程で、右手の林道へ。
もっと先だと思ってて、行きすぎてしまった
2018年02月03日 09:46撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡って130m程で、右手の林道へ。
もっと先だと思ってて、行きすぎてしまった
寂梢苑?(山小屋)で道を見失いましたが、無事復帰
2018年02月03日 10:03撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寂梢苑?(山小屋)で道を見失いましたが、無事復帰
上からは雪が容赦なく落ちてきます。
太陽光でキラキラと綺麗でしたが、頭から浴びたときは毒づいてしまった
2018年02月03日 10:04撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上からは雪が容赦なく落ちてきます。
太陽光でキラキラと綺麗でしたが、頭から浴びたときは毒づいてしまった
大鹿林道で、防寒ズボンを脱いだり、チャーンスパイクを履いたりと。
右手のスロープ状のところを登って行くようです
2018年02月03日 10:28撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大鹿林道で、防寒ズボンを脱いだり、チャーンスパイクを履いたりと。
右手のスロープ状のところを登って行くようです
この標識がなったら分からなかった
2018年02月03日 10:28撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この標識がなったら分からなかった
1
広葉樹林帯となり気持ちいい
2018年02月03日 10:34撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広葉樹林帯となり気持ちいい
2
急すぎず緩すぎない傾斜が続いて歩きやすい。
2018年02月03日 10:34撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急すぎず緩すぎない傾斜が続いて歩きやすい。
2
突然踏み跡と合流
2018年02月03日 10:44撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突然踏み跡と合流
振り向くと、左手の急斜面に踏み跡が続いてました。
人の足跡みたいだったけど、垂れ下がった木の下とかを一定のリズムで歩いている感じだったので、動物か小人でしょうか
足跡はやがて斜面の方へ消えていきました
2018年02月03日 10:44撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り向くと、左手の急斜面に踏み跡が続いてました。
人の足跡みたいだったけど、垂れ下がった木の下とかを一定のリズムで歩いている感じだったので、動物か小人でしょうか
足跡はやがて斜面の方へ消えていきました
1
1270m圏。
鳥獣保護区の赤い看板が見えてきたらいよいよ岩稜帯の始まり
2018年02月03日 11:22撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1270m圏。
鳥獣保護区の赤い看板が見えてきたらいよいよ岩稜帯の始まり
来しり方
2018年02月03日 11:22撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来しり方
この辺からです
2018年02月03日 11:25撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺からです
傾斜は伝わらないと思います
2018年02月03日 11:40撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜は伝わらないと思います
山と高原地図に記述されてる案内板かと思ったら、もっと先だった
2018年02月03日 11:48撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山と高原地図に記述されてる案内板かと思ったら、もっと先だった
登りなら良いけど下りでは使いたくない。
雪がないか、もっと積もって岩が隠れれば歩きやすいけど、中途半端かな。
2018年02月03日 11:48撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りなら良いけど下りでは使いたくない。
雪がないか、もっと積もって岩が隠れれば歩きやすいけど、中途半端かな。
注意看板のところは多少展望あり。
居心地の悪場所でしたが、日だまりだったのでお茶タイム
2018年02月03日 11:48撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
注意看板のところは多少展望あり。
居心地の悪場所でしたが、日だまりだったのでお茶タイム
1
こちらが、道標のある所。
ここからが、雪が深くて一気にペースダウン
2018年02月03日 12:11撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらが、道標のある所。
ここからが、雪が深くて一気にペースダウン
やっとこ滝子山到着。
向こう側から歩いてきた人の踏み跡あり
2018年02月03日 12:35撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとこ滝子山到着。
向こう側から歩いてきた人の踏み跡あり
5
来しり方
2018年02月03日 12:36撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来しり方
富士山は雲の中
2018年02月03日 12:36撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山は雲の中
1
北方面
2018年02月03日 12:36撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北方面
5
東方面
2018年02月03日 12:37撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東方面
3
登ってきた寂ショウ尾根
2018年02月03日 12:37撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた寂ショウ尾根
2
記念撮影
お疲れの御様子
2018年02月03日 12:47撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念撮影
お疲れの御様子
6
檜平。
男坂を下ってきたけど、良く滑った
2018年02月03日 13:06撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜平。
男坂を下ってきたけど、良く滑った
1
あちらへ向かいます。
踏み跡はありませんでした
2018年02月03日 13:06撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちらへ向かいます。
踏み跡はありませんでした
1
数度すっころんだので、怪我しちゃかなわんからチェーンスパイクを履いた
2018年02月03日 13:28撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数度すっころんだので、怪我しちゃかなわんからチェーンスパイクを履いた
大鹿林道出ました
2018年02月03日 13:47撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大鹿林道出ました
右手へ進みます
2018年02月03日 13:47撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手へ進みます
寂ショウ尾根取り付きに戻ってきました
2018年02月03日 14:09撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寂ショウ尾根取り付きに戻ってきました
桜森林公園到着。
久しぶりの雪道はとても疲れた
2018年02月03日 14:22撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜森林公園到着。
久しぶりの雪道はとても疲れた

感想/記録
by qwg

公開するのを忘れてた・・・
訪問者数:674人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 左岸 高原 ルーファイ 道標
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ