また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1376250 全員に公開 アルパインクライミング八ヶ岳・蓼科

厳冬期 阿弥陀北西稜

日程 2018年02月07日(水) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
12時間10分
休憩
1時間10分
合計
13時間20分
S八ヶ岳山荘01:4001:40美濃戸口02:40赤岳山荘05:00阿弥陀北西稜取付05:2012:00阿弥陀山頂12:3014:00御小屋山14:2015:00美濃戸口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

鹿児島を19時に出た今回のゲストと合流
1:45 美濃戸口を出発
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿児島を19時に出た今回のゲストと合流
1:45 美濃戸口を出発
2
2:30 赤岳山荘到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2:30 赤岳山荘到着
2
2:45 南沢分岐
雪が積もるとこっちは通りやすくなる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2:45 南沢分岐
雪が積もるとこっちは通りやすくなる。
1
5:00 阿弥陀北西稜取付き。週末入ったトレースあり。だいぶ助かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:00 阿弥陀北西稜取付き。週末入ったトレースあり。だいぶ助かった。
2
6:30 稜線へあとすこし。大したラッセルもなく進んできた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:30 稜線へあとすこし。大したラッセルもなく進んできた。
2
稜線までの100m程、腰ラッセル。
新雪で固まらないが、鹿児島から来たゲストにはナイスボーナスステージ。

ボーナスステージ最高だぜ!(taneku)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線までの100m程、腰ラッセル。
新雪で固まらないが、鹿児島から来たゲストにはナイスボーナスステージ。

ボーナスステージ最高だぜ!(taneku)
2
阿弥陀北西稜は2年ぶりだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀北西稜は2年ぶりだ。
5
稜線に出ると、雲が抜けた。ここからの阿弥陀北西稜はカッコよい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出ると、雲が抜けた。ここからの阿弥陀北西稜はカッコよい。
5
1P~2P この2人ならザイルを出すまでもないが、下は新雪なのでリッジ沿いに進んだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1P~2P この2人ならザイルを出すまでもないが、下は新雪なのでリッジ沿いに進んだ。
2
3P目取付き。 正面から行くにはカムが必要かな。
右へトラバースし、左側にあるペツルのハンガーで支点構築。そこから進めば50mザイル一本で進める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3P目取付き。 正面から行くにはカムが必要かな。
右へトラバースし、左側にあるペツルのハンガーで支点構築。そこから進めば50mザイル一本で進める。
6
阿弥陀北陵の影から太陽が出たり入ったり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀北陵の影から太陽が出たり入ったり。
1
登ってきた尾根。天気が良ければ最高。
現在-23℃ 風は10m程度だがビレイは寒い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた尾根。天気が良ければ最高。
現在-23℃ 風は10m程度だがビレイは寒い。
6
1P目 45m アタック中。
残地を見つけれず超ランナウト。
ま、俺もそうだったが。

グラサンとメガネが凍りついて視界最悪。残置1つも見つけられねーし(taneku)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1P目 45m アタック中。
残地を見つけれず超ランナウト。
ま、俺もそうだったが。

グラサンとメガネが凍りついて視界最悪。残置1つも見つけられねーし(taneku)
3
2P目 30m ただのトラバース。
今回はゲストに美味しいところをお譲りいたす。
接待登山だからね★

最高のおもてなし。美味しくいただきました☆(taneku)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2P目 30m ただのトラバース。
今回はゲストに美味しいところをお譲りいたす。
接待登山だからね★

最高のおもてなし。美味しくいただきました☆(taneku)
4
3P目 最初バイルを打ち込むまでが立ってるが、ホールドもあるので落ち着いて登ればなんてことはない。

ロープが交錯してた。気をつけんとな。ドラツーでなんとかなった(taneku)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3P目 最初バイルを打ち込むまでが立ってるが、ホールドもあるので落ち着いて登ればなんてことはない。

ロープが交錯してた。気をつけんとな。ドラツーでなんとかなった(taneku)
5
セカンドなので思い切っていける。ドラツーでしっかり通過。
前回は1ピンごとにテンション掛けまくりだったが、今回は余裕を持って登れた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セカンドなので思い切っていける。ドラツーでしっかり通過。
前回は1ピンごとにテンション掛けまくりだったが、今回は余裕を持って登れた。
2
終了点から。
今度は簡単と言われる直登ルートも行ってみたい。
ここでザイルをしまう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終了点から。
今度は簡単と言われる直登ルートも行ってみたい。
ここでザイルをしまう。
2
最後、摩利支天への道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後、摩利支天への道。
2
12:00 阿弥陀山頂で記念撮影。
ゆっくり装備を整え休憩し、12:30頃下山開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:00 阿弥陀山頂で記念撮影。
ゆっくり装備を整え休憩し、12:30頃下山開始。
10
今回は美濃戸口に降りるので尾小屋尾根を降りる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は美濃戸口に降りるので尾小屋尾根を降りる。
3
14:00 尾小屋山頂通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:00 尾小屋山頂通過
1
その先を右経降りていく。
15:00美濃戸口へ到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先を右経降りていく。
15:00美濃戸口へ到着。
1

感想/記録

今回は、鹿児島からのゲストを迎え接待登山。
天候的にはベストではなかったが、悪い訳ではなかった。
10時頃からはずっとガスの中だったが視界は悪くない。
気温-23℃。10m以下の風。
ビレイ中は寒いが、雪の状態も良く手間どう事なく進めた。彼とは2回めだがこれくらいスムーズに行ければ十分だろう。
次は大同心北西稜だろうか。

感想/記録
by taneku

今シーズン2度目の八ヶ岳。前回の石尊稜が余裕だったので、思い切って阿弥陀岳北西稜に挑戦。北西稜はラッセル、リッジ、ドラツーの3拍子揃った想像どおりの好ルート。最強寒波の影響で−23℃も体感できて満足。liewさんの計らいで厳しめのピッチを任せてもらい、充実の山行に。計画段階では最終ピッチはアブミの予定だったけど「ドラツーで余裕よ」のお言葉。リードするのに多少不安はあったが、スラブの凹凸や右壁をよく見れば使える所は結構あって、割と楽に登れちゃいました。八ヶ岳周辺では目標にしていたルートだったので厳冬の時期に登れて最高に嬉しかった。次は大同心あたりかなぁ〜。とりあえず九州で鍛えとこ。
訪問者数:1115人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ