また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1378282 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

20180211-六甲登山-七曲滝似位滝百間滝白石滝

日程 2018年02月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:阪急電鉄芦屋川駅
復路:有馬温泉阪急パスターミナル
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間13分
休憩
50分
合計
6時間3分
S芦屋川駅08:0008:19高座の滝08:51風吹岩09:01荒地山への分岐09:08ゴルフ場下09:29雨ヶ峠09:41本庄橋跡09:45本庄堰堤北側の分岐10:20一軒茶屋10:29六甲山11:14極楽茶屋跡11:1511:34百間滝似位滝分岐通過11:37迂回路六甲側閉鎖部11:43七曲滝方向分岐-高巻き道危険道分岐11:49七曲滝12:0112:11七曲滝方向分岐12:15迂回路六甲側閉鎖部12:18百間滝似位滝分岐12:24百間滝落ち口12:29百間滝12:3012:34似位滝12:3512:38ゴルジェ有馬側の端12:46ゴルジェ岸壁ロープ場六甲側登りはじめ12:47ゴルジェ岸壁ロープ場有馬側登り終わり12:53白石滝13:1013:13紅葉谷道白石谷分岐13:25炭屋道下13:25炭屋道魚屋道合流13:4314:03有馬側魚屋道登り口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
今日は、魚屋道の登り、最高峰周辺、縦走路に人が少なく、紅葉谷道は、多くの人が登り降りしておられ、七曲滝、百間滝、似位滝には、大勢の人が訪れていました。白石滝にも、三々五々、人が訪れていました。
今日は暖かで天気がよく、氷瀑は一部が融けて流れていましたが、ハイキング日和で、私と同じく、皆さんも滝を巡っておられたのでしょう。
コース状況/
危険箇所等
七曲滝への危険路の方は、切れた鎖に代わって、ザイルを張ってくださっていました。足下が凍ったところに、何人もの方が踏んだ窪みが 3 箇所ほどあり、そこにチェーンスパイク(もしくはアイゼン)の爪先をしっかり噛み込ませて直立姿勢を保ち、そっとザイルを持って支えて、通ることができました。
危険なことに変わりはないです。
その他周辺情報連休の有馬は大混雑。金の湯さん 50 分待ち、銀の湯さん 1 時間待ち、コロッケも酒まんじゅうも大行列。ごんそばさんも 10 組ほどが待っていて、酒市場さんは店外で呑んでいる方もいらっしゃいました。
阪急バスは、到着が 10 分以上の遅延でしたが、各路線とも空いていました。有馬に出入りする道路は、マイカーで混雑していました。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー Tシャツ ズボン 足首丈インナー 靴下 ザック ウエストポーチ 行動食 非常食 飲料 ファーストエイドキット+常備薬 筆記用具 保険証 携帯電話(ガラケー) 時計 タオル ストック カメラ GPS付携帯型情報端末 地図(地形図) 手袋 ソフトシェル 防寒具 短ゲイター コンパス+笛+腰ベルトライト 温度計 チェーンスパイク 着替え一式 (飲料以外約 6 kg)

写真

一軒茶屋さんの上から最高峰への登りは、クランポンなしで道端を歩くこともできましたが、滑るところではチェーンスパイクを使いました。
先客はお一方だけ、三々五々、登ってこられる方がいらっしゃいましたが、連休の昼前にしては、少なかったです。
曇っていますが風は弱く、それほど寒くはありませんでした。
最高峰の下は、雲が低く、大阪平野や紀淡海峡は見通すことができませんでした。
2018年02月11日 10:29撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一軒茶屋さんの上から最高峰への登りは、クランポンなしで道端を歩くこともできましたが、滑るところではチェーンスパイクを使いました。
先客はお一方だけ、三々五々、登ってこられる方がいらっしゃいましたが、連休の昼前にしては、少なかったです。
曇っていますが風は弱く、それほど寒くはありませんでした。
最高峰の下は、雲が低く、大阪平野や紀淡海峡は見通すことができませんでした。
3
極楽茶屋跡の前からの眺め。
2018年02月11日 11:14撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
極楽茶屋跡の前からの眺め。
4
紅葉谷道を下り、迂回路上側から七曲滝の方へ下り、谷に行き当たって左折するところの左手の札。新しいものになっていました。
2018年02月11日 11:43撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉谷道を下り、迂回路上側から七曲滝の方へ下り、谷に行き当たって左折するところの左手の札。新しいものになっていました。
1
危険路の方から蟇滝。滝の前の河原に下りている方もいらっしゃいました。
ここから先が氷、鎖とザイルの危険箇所です。
2018年02月11日 11:45撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危険路の方から蟇滝。滝の前の河原に下りている方もいらっしゃいました。
ここから先が氷、鎖とザイルの危険箇所です。
2
七曲滝へ向かう大勢の人々。この後からも次々と登ってこられ、この谷筋も高巻き道も、行き交う人で混雑、渋滞していました。
2018年02月11日 11:48撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七曲滝へ向かう大勢の人々。この後からも次々と登ってこられ、この谷筋も高巻き道も、行き交う人で混雑、渋滞していました。
1
七曲滝は大きく、私のカメラでは、縦長だと両端が入らない。
2018年02月11日 11:50撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七曲滝は大きく、私のカメラでは、縦長だと両端が入らない。
6
横長にしますと、下が入らないです。
2018年02月11日 11:51撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横長にしますと、下が入らないです。
5
七曲滝から高巻き道で戻って、紅葉谷道を百間滝似位滝への分岐まで登り返して、百間滝の落ち口まで来ました。この右手の河原では、2 組の方々が休憩していらっしゃったので写真は撮れずですが、流れを遡上できそうです。百間小滝に行けるという記録がありました。
2018年02月11日 12:24撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七曲滝から高巻き道で戻って、紅葉谷道を百間滝似位滝への分岐まで登り返して、百間滝の落ち口まで来ました。この右手の河原では、2 組の方々が休憩していらっしゃったので写真は撮れずですが、流れを遡上できそうです。百間小滝に行けるという記録がありました。
2
似位滝。この滝の下でも、多くの方が休憩しておられましたので、滝への接近の仕方を写真に撮ることができませんでした。滝の向かって左手から、危なっかしい斜面にロープがあるところを登るのですが、ロープは使わなくても登り降りすることはできました。
2018年02月11日 12:34撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
似位滝。この滝の下でも、多くの方が休憩しておられましたので、滝への接近の仕方を写真に撮ることができませんでした。滝の向かって左手から、危なっかしい斜面にロープがあるところを登るのですが、ロープは使わなくても登り降りすることはできました。
4
白石滝の方へ、ゴルジェを下ります。最初左岸側で、右岸へ渡ります。
2018年02月11日 12:40撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白石滝の方へ、ゴルジェを下ります。最初左岸側で、右岸へ渡ります。
1
右岸から左岸へ渡り、この先でまた右岸へ渡ります。
2018年02月11日 12:42撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸から左岸へ渡り、この先でまた右岸へ渡ります。
1
右岸側の岩壁のロープ場が見えます。ここで右岸へ渡り、ロープ場の細い斜面を登ります。
2018年02月11日 12:45撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸側の岩壁のロープ場が見えます。ここで右岸へ渡り、ロープ場の細い斜面を登ります。
1
ロープを使わなくても行き来できなくはないですが、使う方が安全です。
2018年02月11日 12:46撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープを使わなくても行き来できなくはないですが、使う方が安全です。
1
ロープ場はすぐに登り終わり、その先の平坦な道の左端に屏風滝と書かれた石標がありました。写真がピンボケです。
2018年02月11日 12:47撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープ場はすぐに登り終わり、その先の平坦な道の左端に屏風滝と書かれた石標がありました。写真がピンボケです。
1
この石標があるところから谷筋を見下ろしますと、低い滝があるようですが、よくわかりませんでした。
2018年02月11日 12:47撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この石標があるところから谷筋を見下ろしますと、低い滝があるようですが、よくわかりませんでした。
1
白石滝の下の河原が見えてきました。
2018年02月11日 12:48撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白石滝の下の河原が見えてきました。
1
少ない雪で作ってみました。昨年はひとりぼっちでおいてきましたので、今年は二人にしました。
また来年の雪の日に会いに来るよ ^^

昨年 20170129-六甲登山-紅葉谷道下山-白石滝
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/photodetail.php?did=1055160&pid=1a0b57c4bf03085c9efebe082af82a3f
このあと、紅葉谷道を下って、この行程では最後に辛い炭屋道を登り、有馬まで下りました。
2018年02月11日 13:04撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少ない雪で作ってみました。昨年はひとりぼっちでおいてきましたので、今年は二人にしました。
また来年の雪の日に会いに来るよ ^^

昨年 20170129-六甲登山-紅葉谷道下山-白石滝
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/photodetail.php?did=1055160&pid=1a0b57c4bf03085c9efebe082af82a3f
このあと、紅葉谷道を下って、この行程では最後に辛い炭屋道を登り、有馬まで下りました。
7
撮影機材:

感想/記録
by toshee

手持ちの温度計で神戸市東灘区の午前 8 時頃の気温は 6 度、風吹岩の上で 4 度、雨ケ峠で 3 度、最高峰も 3 度でした。
前日の高空気象予測計算値では、高度 800 - 1000m の気温はマイナス 1 乃至 2 度、風速 11 乃至 12m/s でしたが、七曲りの登りまではソフトシェルも不要でした。

縦走路は、あちこち、凍っていて、アイスバーン状のところがあり、チェーンスパイクを用いました。チェーンスパイクの方がけっこういらっしゃいました。

紅葉谷道の下りでは、簡易アイゼン、チェーンスパイクの人がけっこういらっしゃったのですが、七曲滝とその周辺では、クランポンを履いている方はほとんどいらっしゃらず、多分、有馬から登ってこられた方は、履いていなかったのでしょう。

水分 2.18 L を含め、約 8 kgの荷物で、スポーツドリンク 900ml、塩クエン酸タブレット 2 ケを消費し、最高峰でコンビニおにぎり 1 ケ、白石滝でコンビニおにぎり 1 ケとバナナ 1 本の行動食を摂りました。

連休の有馬は人が多く、温泉も食べる呑むも、難しく、素通りでバスで帰りました。紅葉谷道と七曲滝その他の滝、有馬は、これまで私が見た中で、最高の人出でした。
訪問者数:267人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ