また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1378762 全員に公開 アルパインクライミング比良山系

堂満岳中央稜〜第一ルンゼ

日程 2018年02月11日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候曇り雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
イン谷口駐車場
2週間前の大雪の時は比良とぴあ付近から歩き始めることになったが、今回はイン谷口まで車で入ることができた。その結果、時間短縮になり行動中のゆとりになった。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち32%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間16分
休憩
1時間24分
合計
6時間40分
Sスタート地点07:3507:53大山口07:5408:25ルンゼ出合08:4509:00中央稜取付地点09:1511:20中央稜終了地点11:3512:26堂満岳12:4813:40ルンゼ出合13:5014:03大山口14:0414:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◎堂満ルンゼの積雪状況は2週間前に比べると雪面が締まっていてアイゼンで快適に登れる。トレースもあり、先日のラッセルではルンゼ出合いから3時間を要した取付き地点までわずか15分で登ることはできた。
◎中央稜2ピッチ目の出だしのカンテ状の岩を左側のクラックから登るところが非常に嫌らしい。岩の正面側に残地スリングもあったがそちらも雪の状態が微妙と思われるので左側のクラック直上を選択する。
◎P3から一旦下る所も雪の状態が不安定でワンポイントで残地ハーケンがを利用する。
◎右ルートのチムニールートは狭いルンゼの入り口で確保して50mいっぱいロープを伸ばしてチムニーを突破する。入り口付近の凍結した雪面状況、チムニー上部の乗越がポイント。
その他周辺情報温泉はいつもの比良とぴあ。この日も駐車場は満車であった。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

再び中央稜を目指して。
今回はイン谷口少し上の駐車スペースまで車で上がることができました。
ラッキーでした!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び中央稜を目指して。
今回はイン谷口少し上の駐車スペースまで車で上がることができました。
ラッキーでした!
中央稜取付き基部まで登ってきました。今回はラッセルなしでルンゼ出合いから15分程で到着。2週間前は3時間かかっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央稜取付き基部まで登ってきました。今回はラッセルなしでルンゼ出合いから15分程で到着。2週間前は3時間かかっています。
ここからが中央稜の取付きです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからが中央稜の取付きです。
2ピッチ目は雪面上部から岩の左に回り込んできわどいクラックにアイゼンをきかせてP2に出ます。冷や汗が出そうなクラックでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2ピッチ目は雪面上部から岩の左に回り込んできわどいクラックにアイゼンをきかせてP2に出ます。冷や汗が出そうなクラックでした。
P2付近から見るP3で確保するメンバー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P2付近から見るP3で確保するメンバー
P2を越えてくるメンバー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P2を越えてくるメンバー
4ピッチ目のチムニールートは出だしの凍結した部分と上部の乗越がやや難儀するところでした。雪の付き方が悪く、岩ももろいような感じでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4ピッチ目のチムニールートは出だしの凍結した部分と上部の乗越がやや難儀するところでした。雪の付き方が悪く、岩ももろいような感じでした。
チムニーの中間ぐらいを上がってくるメンバー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チムニーの中間ぐらいを上がってくるメンバー
チムニーの上部、足を広げてのこの乗越がポイントでした。
終了点からは雪が締まっていたのでラッセルの苦労も無く山頂に登ることができました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チムニーの上部、足を広げてのこの乗越がポイントでした。
終了点からは雪が締まっていたのでラッセルの苦労も無く山頂に登ることができました。
山頂から第一ルンゼを下降。
短時間で一気に下れるのですが滑落、落雪に注意がいります。
落ちてきた雪の塊も数か所にありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から第一ルンゼを下降。
短時間で一気に下れるのですが滑落、落雪に注意がいります。
落ちてきた雪の塊も数か所にありました。

感想/記録

◎3度目にしてようやく中央稜を踏破することができた。
登ってみてわかったことは昨年の登ったところは中央稜の右側の小さな尾根であることがわかった。その時は途中からチムニールートの右側の広いルンゼを登り詰めて山頂まで達した。そして2週間前は強烈なラッセルを強いられたが中央稜取付き地点をはっきり確認でき、今回は雪の状況も良かったので登ることができた。
2ピッチ目の最初のクラックとチムニーの上部が核心部と思われる。
今回も下降に使った第一ルンゼは最短で下れるところだが、滑落及び上部からの雪の塊の落下に気をつける必要がある。デブリ上になっているところもあった。
訪問者数:413人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ