また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1379675 全員に公開 雪山ハイキング奥多摩・高尾

雪の三頭山と槇寄山(都民の森Pから)

日程 2018年02月12日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
都民の森に広い無料駐車場があります。

奥多摩周遊道路は、奥多摩側の道が積雪により通行止めで、五日市側からのみアクセス可能になっていました。
道はきれいに除雪されており、ほぼ乾燥状態。凍結しているのもごく一部だけだったので、ノーマルタイヤでも行けそうな感じでした。ロードバイクでヒルクライムしている人もいたくらいですので。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間25分
休憩
54分
合計
5時間19分
S檜原都民の森駐車場09:0909:14森林館09:1509:32鞘口峠09:3510:02見晴し小屋10:0310:24三頭山東峰10:2910:33三頭山10:4010:43御堂峠10:4410:49三頭山(西峰)10:58ムシカリ峠11:05大沢山11:0611:18ハチザス沢ノ頭11:39クメケタワ12:05槇寄山12:1612:38クメケタワ12:3913:14ハチザス沢ノ頭13:3314:06三頭大滝14:0914:23森林館14:2414:28檜原都民の森駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
体感グレーディング:2A
しっかりとしたトレースがあり、迷うような場所や危険なポイントはありません。
ただ、踏み固められた雪がガチガチに凍結しているので、すべり止め(軽アイゼンかチェーンスパイク程度)は必須。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

都民の森の駐車場からスタート。
東京都の観光なんちゃらのアンケートをやっていたので、答えておきました。やっぱり都民としては協力しないとね。
2018年02月12日 09:20撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
都民の森の駐車場からスタート。
東京都の観光なんちゃらのアンケートをやっていたので、答えておきました。やっぱり都民としては協力しないとね。
1
除雪されているのは駐車場付近の舗装路部分だけで、ちょっと進むといきなりの凍結。さっさと軽アイゼンを装着します。
2018年02月12日 09:31撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
除雪されているのは駐車場付近の舗装路部分だけで、ちょっと進むといきなりの凍結。さっさと軽アイゼンを装着します。
氷をザクザクと踏み、鞘口峠に到着。
2018年02月12日 09:45撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷をザクザクと踏み、鞘口峠に到着。
それなりの斜度がある凍った登りだと、「12本爪アイゼンを持ってくればよかったかなー」と思いますね。
2018年02月12日 10:17撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それなりの斜度がある凍った登りだと、「12本爪アイゼンを持ってくればよかったかなー」と思いますね。
1
展望台のある三頭山東峰を経由し、ベンチとテーブルのある中央峰に到着。奥に見える西峰の方が標高ありそうな気がしますが、こっちが高いんですよね。
2018年02月12日 10:43撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台のある三頭山東峰を経由し、ベンチとテーブルのある中央峰に到着。奥に見える西峰の方が標高ありそうな気がしますが、こっちが高いんですよね。
西峰に到着。広くて立派で、こっちの方が主峰っぽい雰囲気。
奥には石尾根が広がっていて、雲取山や鷹ノ巣山がよく見えます。
2018年02月12日 10:56撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西峰に到着。広くて立派で、こっちの方が主峰っぽい雰囲気。
奥には石尾根が広がっていて、雲取山や鷹ノ巣山がよく見えます。
1
富士山は裾しか見えません。というか富士山にかかっているの、雲じゃなくて雪ですよね、多分。
2018年02月12日 10:58撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山は裾しか見えません。というか富士山にかかっているの、雲じゃなくて雪ですよね、多分。
立派な三頭山避難小屋。中を見ようかと思いましたが、先客がいるっぽいのでスルー。
2018年02月12日 11:10撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な三頭山避難小屋。中を見ようかと思いましたが、先客がいるっぽいのでスルー。
1
大沢山を通過。ここも眺望は良いですね。
2018年02月12日 11:16撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沢山を通過。ここも眺望は良いですね。
三頭大滝への分岐。ハチザス沢ノ頭とかいう名前らしいです。
今日はちょっと用事があるので、笹尾根を少し下ってからここまで登ってきます。
2018年02月12日 11:27撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三頭大滝への分岐。ハチザス沢ノ頭とかいう名前らしいです。
今日はちょっと用事があるので、笹尾根を少し下ってからここまで登ってきます。
都民の森のエリアを外れると、急坂が増えて少し足元が悪くなりますが、まぁ普通の山程度。
笹尾根は方角的にそこそこ日当たりが良いので、雪が溶けている場所もあちこちに。そしてこんなミックス(?)の状態で特に岩がある場所だと、土踏まずのみに装着する軽アイゼンが本領発揮。
2018年02月12日 11:33撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
都民の森のエリアを外れると、急坂が増えて少し足元が悪くなりますが、まぁ普通の山程度。
笹尾根は方角的にそこそこ日当たりが良いので、雪が溶けている場所もあちこちに。そしてこんなミックス(?)の状態で特に岩がある場所だと、土踏まずのみに装着する軽アイゼンが本領発揮。
しかし、笹尾根では誰にも会いません。しっかりとしたトレース(凍っている)があるので、結構歩かれていると思うんですけどね。まぁ静かに歩けるので良いのですが。
2018年02月12日 11:55撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、笹尾根では誰にも会いません。しっかりとしたトレース(凍っている)があるので、結構歩かれていると思うんですけどね。まぁ静かに歩けるので良いのですが。
1
本日の最終目的地、槇寄山に到着。これで笹尾根上部の赤線が繋がりました。
2018年02月12日 12:14撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の最終目的地、槇寄山に到着。これで笹尾根上部の赤線が繋がりました。
ここも眺望は良いのですが、富士山は相変わらず見えません。
2018年02月12日 12:14撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも眺望は良いのですが、富士山は相変わらず見えません。
三頭大滝の分岐(ハチザス沢ノ頭)へと戻ります。
下っていたときも思いましたが、結構な急坂なんですけど。
2018年02月12日 13:08撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三頭大滝の分岐(ハチザス沢ノ頭)へと戻ります。
下っていたときも思いましたが、結構な急坂なんですけど。
ハチザス沢ノ頭のベンチで休憩していると、富士山の姿が見えました。なんか光の当たり方がおかしいですけど。あとやっぱり今年は雪が少ない気がするんですけど。
2018年02月12日 13:27撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハチザス沢ノ頭のベンチで休憩していると、富士山の姿が見えました。なんか光の当たり方がおかしいですけど。あとやっぱり今年は雪が少ない気がするんですけど。
1
三頭大滝へ向かって下っていく道は、日光があまり当たらない方角なので、そこそこ雪が残っています。
というか写真の木の根本の部分がとんでもなく凍結していてヤバイ。
2018年02月12日 14:02撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三頭大滝へ向かって下っていく道は、日光があまり当たらない方角なので、そこそこ雪が残っています。
というか写真の木の根本の部分がとんでもなく凍結していてヤバイ。
凍結した三頭大滝。気温が少し高めなので水が流れていますが、表面が凍結した裏側を水が流れるというのはカッコイイ。
2018年02月12日 14:18撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍結した三頭大滝。気温が少し高めなので水が流れていますが、表面が凍結した裏側を水が流れるというのはカッコイイ。
ウッドチップが敷かれた道の途中にある展望台。素晴らしい天気です。
2018年02月12日 14:28撮影 by E-M5MarkII, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウッドチップが敷かれた道の途中にある展望台。素晴らしい天気です。
1

感想/記録
by tris

 色々と忙しい週末を過ごしていたせいでなかなか山に登れなかったのですが、やっぱりたまには登らないとということで雪の三頭山に登ってきました。

 それなりに多くの人が登る山なのでトレースは明瞭ですし、特に危険なところもなく、登山口へのアクセスも楽ということで、冬山入門にも良い山だと思いました。

 トレースの大半が凍結しているというのは、微妙な標高の奥多摩を象徴している感じで面白かったです。
 多分、
  雪が踏まれる→気温が高い日に表面が溶ける→夜に凍る
という流れで、空気を含んだ軽い氷ができているのでしょうか。

 今回の目的のもう1つが、槇寄山まで足を伸ばして、笹尾根上部の赤線を繋げること。これで残すは笹尾根中部の微妙なところだけになりました。
 ……いやまぁ尾根を通しで歩けば良いだけなのですが、あまり公共交通機関を使わずに可能な限り自家用車で回りたいんですよね。
訪問者数:408人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ