また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1383304 全員に公開 雪山ハイキング比良山系

武奈ヶ岳 富士山への一歩

日程 2018年02月18日(日) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
電車
湖西線最終電車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
13時間27分
休憩
40分
合計
14時間7分
S比良駅01:3202:06桜のコバ02:11イン谷口02:1202:36大山口02:3703:24青ガレ03:3304:16金糞峠04:1804:21金糞峠西側下の分岐04:28ヨキトウゲ谷入口の分岐04:2905:03上林新道四辻05:0405:56コヤマノ岳05:5706:00パノラマコース分岐06:0106:23武奈ヶ岳06:2506:48細川越07:16釣瓶岳07:2107:50イクワタ峠07:5208:49地蔵山08:5108:55地蔵峠09:0209:34ヨコタニ峠09:3610:05ボボフダ峠10:0612:05蛇谷ヶ峰12:0612:34866m分岐12:3515:26音羽バス停15:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
比良駅
↓アイゼンなし
近江高島駅
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

比良駅プラットホームが白くなれば下界から雪山ハイクのスタートです。
2018年02月18日 00:47撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比良駅プラットホームが白くなれば下界から雪山ハイクのスタートです。
3
今日は蛇谷ヶ峰へ縦走。補助灯なしで新しいヘッドライトも試してみます。
2018年02月18日 01:32撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は蛇谷ヶ峰へ縦走。補助灯なしで新しいヘッドライトも試してみます。
2
珍しくレスキュー比良小屋の室内(右の窓)に灯りがある。
2018年02月18日 02:12撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
珍しくレスキュー比良小屋の室内(右の窓)に灯りがある。
2
新雪はくるぶし程度。ノートレースで歩き心地がとても良い。
2018年02月18日 02:36撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新雪はくるぶし程度。ノートレースで歩き心地がとても良い。
前半最も雪深かったのはやはり金糞峠。
2018年02月18日 04:16撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前半最も雪深かったのはやはり金糞峠。
3
今年はずっとファットな橋。ノートレースも相まって橋渡るだけでテンション上がる。
2018年02月18日 04:23撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年はずっとファットな橋。ノートレースも相まって橋渡るだけでテンション上がる。
2
四辻までじっくり考えながら触感の軽いラッセルを進める。
2018年02月18日 04:43撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四辻までじっくり考えながら触感の軽いラッセルを進める。
ドカ雪時ヨキトウゲ谷を経由すべきか尾根道かの悩みは尽きない。もしかするとトラバース気味が良いのかもしれない。
2018年02月18日 04:47撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドカ雪時ヨキトウゲ谷を経由すべきか尾根道かの悩みは尽きない。もしかするとトラバース気味が良いのかもしれない。
2
山頂の石仏は埋まってしばらく経つがコヤマノ岳の看板は一向に埋まらず、このままでは春になってしまう。
2018年02月18日 05:53撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の石仏は埋まってしばらく経つがコヤマノ岳の看板は一向に埋まらず、このままでは春になってしまう。
2
坊村からのお客さんでしょうか、西南稜に小さな光が見える。
2018年02月18日 06:15撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坊村からのお客さんでしょうか、西南稜に小さな光が見える。
3
武奈ヶ岳山頂気温はマイナス7℃で風は弱い。冷え込んでいるがあまり寒くない。
2018年02月18日 06:22撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武奈ヶ岳山頂気温はマイナス7℃で風は弱い。冷え込んでいるがあまり寒くない。
4
本来であればかんじきやスノーシューの出番であるが表面が凍結しておりツボ足で進む。
2018年02月18日 06:27撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本来であればかんじきやスノーシューの出番であるが表面が凍結しておりツボ足で進む。
3
背後の蓬莱山は雲の中、前方の釣瓶岳も後を追うように雲の中。
2018年02月18日 06:41撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背後の蓬莱山は雲の中、前方の釣瓶岳も後を追うように雲の中。
釣瓶岳から見る富士山はついに過去のものとなり今年は拠点を移します。
2018年02月18日 07:17撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釣瓶岳から見る富士山はついに過去のものとなり今年は拠点を移します。
2
相変わらず雪庇が超ワイド。
2018年02月18日 07:33撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらず雪庇が超ワイド。
1
見た目は柔らかそうであるが非常に強固な雪庇で脚が痛い。
2018年02月18日 07:45撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見た目は柔らかそうであるが非常に強固な雪庇で脚が痛い。
3
足元パリパリのイクワタ峠。
2018年02月18日 07:50撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元パリパリのイクワタ峠。
1
道を外して長細い860ピーク同士のコルから見た蛇谷ヶ峰。バランスが整っている。
2018年02月18日 08:19撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道を外して長細い860ピーク同士のコルから見た蛇谷ヶ峰。バランスが整っている。
1
笹峠辺りまで降下すると雪もフカフカになり脚が幸せ。
2018年02月18日 08:33撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹峠辺りまで降下すると雪もフカフカになり脚が幸せ。
本題の富士山(剣ヶ峰3776m)は蛇谷ヶ峰より地蔵山から見た方が大きいのではないかと提唱します。
2018年02月18日 08:48撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本題の富士山(剣ヶ峰3776m)は蛇谷ヶ峰より地蔵山から見た方が大きいのではないかと提唱します。
3
地蔵峠の複数人トレースは今朝のもの。
2018年02月18日 08:52撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵峠の複数人トレースは今朝のもの。
1
地蔵峠北ピークでは畑の棚田と富士山が同時に見えるかもしれません。
2018年02月18日 09:01撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵峠北ピークでは畑の棚田と富士山が同時に見えるかもしれません。
2
縦走路にはトレースがなく林道沿いのトレースを辿ると途中で踏み跡が交錯している。
2018年02月18日 09:17撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路にはトレースがなく林道沿いのトレースを辿ると途中で踏み跡が交錯している。
目的地が異なるようなのでヨコタニ峠に戻ると先程のトレースが復活。
2018年02月18日 09:34撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目的地が異なるようなのでヨコタニ峠に戻ると先程のトレースが復活。
荒谷峠は強風で雪が飛ばされる。
2018年02月18日 09:53撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒谷峠は強風で雪が飛ばされる。
ボボフダ峠から縦走路を外れ左折、大野方面に進む。
2018年02月18日 10:05撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボボフダ峠から縦走路を外れ左折、大野方面に進む。
左が800ピーク尾根、中央が・816ダイレクト尾根、右が横谷上流。左から蛇谷ヶ峰へ登ってみる。
2018年02月18日 10:13撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が800ピーク尾根、中央が・816ダイレクト尾根、右が横谷上流。左から蛇谷ヶ峰へ登ってみる。
1
あとは高い方へ直登。大回りする為行程が長くなる。
2018年02月18日 10:16撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは高い方へ直登。大回りする為行程が長くなる。
木の左奥、反射塔(天狗の森周辺)から中央の蛇谷ヶ峰区間は見晴らしが良い。
2018年02月18日 11:01撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の左奥、反射塔(天狗の森周辺)から中央の蛇谷ヶ峰区間は見晴らしが良い。
2
このルートで縦走路と違うのは雪庇が多いこと。
2018年02月18日 11:28撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このルートで縦走路と違うのは雪庇が多いこと。
2
反射塔からの武奈ヶ岳方面は840ピークの手前の雪面(左手前)が白くて良い。
2018年02月18日 11:38撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反射塔からの武奈ヶ岳方面は840ピークの手前の雪面(左手前)が白くて良い。
1
蛇谷ヶ峰山頂気温は+6℃で風は弱い。次はもっと真っ白な蛇さんが見たいですね。
2018年02月18日 12:30撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛇谷ヶ峰山頂気温は+6℃で風は弱い。次はもっと真っ白な蛇さんが見たいですね。
1
武奈ヶ岳方面を望遠。P900はお休みです。
2018年02月18日 12:22撮影 by Canon PowerShot SX410 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武奈ヶ岳方面を望遠。P900はお休みです。
3
暖かいといくらでも長居できそうで適当に写真を撮って蛇谷へ向け下山を開始する。
2018年02月18日 12:50撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暖かいといくらでも長居できそうで適当に写真を撮って蛇谷へ向け下山を開始する。
標高が低く踏み抜き始める。・475で左折し植林の尾根を下る。
2018年02月18日 13:16撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が低く踏み抜き始める。・475で左折し植林の尾根を下る。
左手に釜場谷が近づきオーベラ谷の林道に着地。踏み抜きのない快適な林道ハイクに変わる。
2018年02月18日 13:25撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に釜場谷が近づきオーベラ谷の林道に着地。踏み抜きのない快適な林道ハイクに変わる。
タイヤ痕のある冬季通行止め県道295に合流する。
2018年02月18日 13:52撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タイヤ痕のある冬季通行止め県道295に合流する。
飼い犬が蛇谷ヶ峰へ向かっていく。この先ヒトケのない場所、どこ行くの?
2018年02月18日 14:33撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飼い犬が蛇谷ヶ峰へ向かっていく。この先ヒトケのない場所、どこ行くの?
3
近江高島駅に下山し新雪に恵まれた縦走、今日もお疲れちゃんでした。
2018年02月18日 15:45撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近江高島駅に下山し新雪に恵まれた縦走、今日もお疲れちゃんでした。
1
訪問者数:546人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ