また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1383531 全員に公開 雪山ハイキング甲信越

絶景:風越山(飯田)【南アルプスのジャイアントが勢揃い】

日程 2018年02月18日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴 微風
【気温】登山口:−6℃  展望台昼食時:−3℃  登山口帰着:5℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
飯田IC→飯田市役所→飯田駅前→今宮球場入口→かざこし子供の森公園を
見送り→押洞登山口を見送り→風越山麓公園に駐車。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間43分
休憩
1時間56分
合計
7時間39分
S風越山麓公園07:0207:08風越山押洞登山口07:37石灯篭08:10秋葉様08:1108:25延命水08:37太田(分岐)08:4209:13今庫の泉09:1710:06展望台10:1910:43白山社奥社10:5611:21風越山11:3611:56白山社奥社12:11展望台12:5413:18太田(分岐)13:1913:25虚空蔵山13:4113:48秋葉様13:5314:14石灯篭14:32風越山押洞登山口14:41風越山麓公園G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
表参道〜風越山頂間にはしっかりしたトレースが有りますが、
山頂部ブナ林に入るとトレースはかき消され、深雪のラッセルと
なります。

横手道及び今庫の泉〜展望台間にはトレースが有りません。

【積雪状況】
延命水〜横手道:30〜40cm   今庫の泉〜展望台間:50cm
白山社〜山頂部:60cm
その他周辺情報 嵒越山麓公園」の入口に10台程可能な無料駐車場有り。
 脇には自販機とトイレ有が有ります。
 (現在トイレは冬季使用禁止の為、閉鎖状態です。)
登山届ポストはが見当たらないので、車のフロントに置いていきます。
「かざこし子供の森公園」駐車場は8:30に開門、閉門は18:00。
 (無料開放)
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

風越山麓公園から見る日の出。
2018年02月18日 06:55撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風越山麓公園から見る日の出。
5
凍結した登山道に備えて軽アイゼンを付けよう。
2018年02月18日 07:20撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍結した登山道に備えて軽アイゼンを付けよう。
5
【表参道】
さて、行こうか。
2018年02月18日 07:21撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【表参道】
さて、行こうか。
2
展望地で衣類調整を兼ねて、南アルプスを展望。(白峰三山と塩見岳)
2018年02月18日 07:57撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望地で衣類調整を兼ねて、南アルプスを展望。(白峰三山と塩見岳)
4
秋葉様に到着。
2018年02月18日 08:09撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋葉様に到着。
2
流石に表参道はトレースがバッチリだ。
2018年02月18日 08:13撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流石に表参道はトレースがバッチリだ。
3
昭和天皇御即位の記念林。
2018年02月18日 08:19撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昭和天皇御即位の記念林。
2
延命水も心細いな〜。
2018年02月18日 08:26撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
延命水も心細いな〜。
3
【横手道】
「今庫の泉」へ向かうと、こちらはノートレースだ。
2018年02月18日 08:32撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【横手道】
「今庫の泉」へ向かうと、こちらはノートレースだ。
3
檜の植林と木漏れ日が創り出す縞模様。
2018年02月18日 08:49撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜の植林と木漏れ日が創り出す縞模様。
2
猪ではなさそうか?
2018年02月18日 08:58撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猪ではなさそうか?
2
枝尾根乗越地点を越えると今庫の泉だ。
2018年02月18日 09:05撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枝尾根乗越地点を越えると今庫の泉だ。
2
【今庫の泉】
東屋が見えた。
2018年02月18日 09:10撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【今庫の泉】
東屋が見えた。
3
一息入れよう。
2018年02月18日 09:11撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一息入れよう。
3
雪に埋もれた「山の神分祠」に挨拶。
2018年02月18日 09:12撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪に埋もれた「山の神分祠」に挨拶。
3
地元で「玉水」と呼ばれる名水も凍ってしまったのかな。
2018年02月18日 09:13撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地元で「玉水」と呼ばれる名水も凍ってしまったのかな。
2
さあー、展望台まで枝尾根の急登開始だ。
2018年02月18日 09:22撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあー、展望台まで枝尾根の急登開始だ。
2
【枝尾根】
僅か200mの登りだと、言い聞かせて頑張るが、
2018年02月18日 09:44撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【枝尾根】
僅か200mの登りだと、言い聞かせて頑張るが、
3
辛い・・・。
2018年02月18日 09:57撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
辛い・・・。
3
やっと表参道に合流だ。
2018年02月18日 10:05撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと表参道に合流だ。
3
【主尾根】
展望台から望む恵那山の鼻筋と富士見台。
2018年02月18日 10:09撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【主尾根】
展望台から望む恵那山の鼻筋と富士見台。
7
展望台の楽しみは山頂の後にしよう。
2018年02月18日 10:09撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台の楽しみは山頂の後にしよう。
3
唯一の八ヶ岳展望ポイントにて。
2018年02月18日 10:23撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唯一の八ヶ岳展望ポイントにて。
8
八ヶ岳と鋸岳。
2018年02月18日 10:24撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳と鋸岳。
3
白山社の神域に入ります。
2018年02月18日 10:28撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山社の神域に入ります。
3
六斗石:「南無妙法蓮華経」と彫られた巨岩。
2018年02月18日 10:31撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六斗石:「南無妙法蓮華経」と彫られた巨岩。
3
擬態:龍の横顔は健在だった。
2018年02月18日 10:32撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
擬態:龍の横顔は健在だった。
3
白山社の山門・隋神門(江戸時代の建立物)
2018年02月18日 10:43撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山社の山門・隋神門(江戸時代の建立物)
5
国の重要文化財:白山社・奥社
2018年02月18日 10:45撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国の重要文化財:白山社・奥社
5
小腹がすいたな。
2018年02月18日 10:49撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小腹がすいたな。
3
白山社の鞍部から望む越百山〜仙涯嶺方面。
2018年02月18日 10:58撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山社の鞍部から望む越百山〜仙涯嶺方面。
3
ズームすると、空木岳-赤梛岳-南駒ヶ岳-仙涯嶺辺りかな。
2018年02月18日 10:58撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズームすると、空木岳-赤梛岳-南駒ヶ岳-仙涯嶺辺りかな。
9
北尾根分岐の二体の石仏だ。
2018年02月18日 11:16撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北尾根分岐の二体の石仏だ。
3
【風越山】三角点名:権現山
快晴・微風の山頂に到着。
2018年02月18日 11:20撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【風越山】三角点名:権現山
快晴・微風の山頂に到着。
8
安平路山辺りの稜線かな?
2018年02月18日 11:21撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安平路山辺りの稜線かな?
3
人型スタンプに初挑戦したけど、うまくできたかな?
2018年02月18日 11:23撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人型スタンプに初挑戦したけど、うまくできたかな?
2
穏やかだな〜。
2018年02月18日 11:27撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穏やかだな〜。
3
山頂のブナ林を戻る。
2018年02月18日 11:37撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂のブナ林を戻る。
3
隋神門からの展望。
2018年02月18日 11:55撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隋神門からの展望。
3
鋸岳-仙丈ヶ岳
2018年02月18日 12:06撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳-仙丈ヶ岳
6
【展望台】
さあー、絶景を楽しみながら食事にしよう。
2018年02月18日 12:14撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【展望台】
さあー、絶景を楽しみながら食事にしよう。
5
仙丈ヶ岳-白峰三山
2018年02月18日 12:16撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳-白峰三山
6
塩見岳〜小河内岳〜荒川三山
2018年02月18日 12:16撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳〜小河内岳〜荒川三山
5
盟主:赤石岳〜大沢岳-聖岳-上河内岳
2018年02月18日 12:17撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
盟主:赤石岳〜大沢岳-聖岳-上河内岳
3
光岳〜池口岳
2018年02月18日 12:27撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光岳〜池口岳
4
絶景の広がる展望台
2018年02月18日 12:40撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景の広がる展望台
4
【表参道】
ゆっくり下ろう。
2018年02月18日 12:52撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【表参道】
ゆっくり下ろう。
2
矢立木:飯田市街地の対面にある山、神ノ峰より放った矢がここまで届いたとの伝承に由来。
2018年02月18日 12:56撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
矢立木:飯田市街地の対面にある山、神ノ峰より放った矢がここまで届いたとの伝承に由来。
3
トレースはバッチリ。
2018年02月18日 13:01撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースはバッチリ。
2
「善兵衛休み」から鉄塔の建つ蛇峠山〜大川入山を眺める。
2018年02月18日 13:03撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「善兵衛休み」から鉄塔の建つ蛇峠山〜大川入山を眺める。
4
虚空蔵山までは緩やかな登りだ。
2018年02月18日 13:17撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
虚空蔵山までは緩やかな登りだ。
3
【虚空蔵山】
ズラリと並ぶ南アルプスの絶景。
2018年02月18日 13:28撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【虚空蔵山】
ズラリと並ぶ南アルプスの絶景。
5
双耳峰の池口岳から徐々に高度を下げる南アルプス。
2018年02月18日 13:35撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双耳峰の池口岳から徐々に高度を下げる南アルプス。
4
虚空蔵山のシンボルツリー。
2018年02月18日 13:36撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
虚空蔵山のシンボルツリー。
3
登山口まで下ってもこんな絶景が。(塩見〜烏帽子〜小河内)
2018年02月18日 14:29撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口まで下ってもこんな絶景が。(塩見〜烏帽子〜小河内)
6
風越山麓公園に帰着、下山完了。
2018年02月18日 14:36撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風越山麓公園に帰着、下山完了。
3
撮影機材:

感想/記録

この週末は鈴鹿の天気がはっきりしないが東は良さそうだ。
幸い飯田方面は良さそうなので恒例の南アルプスの展望台へ
向かおう。

比較的雪が少ない地方だが、登山道へ入ると早速雪があった。
凍結した道に備えて軽アイゼンを付けて貉坂の登りに向かう。

早朝の締まった雪を踏んでジグザグに付けられた道で蚕種(こたね)石を
過ぎると間もなく展望地となる。いつものようにここで衣服調整を兼ね
伊奈山地の奥に勢揃いする南アルプスを展望する。
まだ逆光の時間帯なのでシルエットのみだが、展望台に出る頃は
陽も高くなる時間帯だ、きっと絶景に恵まれるだろう。

秋葉様を過ぎると本格的な雪道になるが、しっかり残ったトレースが
延びている。
虚空蔵山の尾根下をトラバースして表参道から横手道に逸れると
途端に踏み跡が消えて、膝下まで埋まる雪にトレースを
刻むことになった。

「今庫の泉」の東屋で小休止の後、展望台へ延びる枝尾根に取付く。
200m一寸の登りだが、結構きつい傾斜だ。何度も脚を止め、深呼吸。
やっと傾斜が緩み、しっかりしたトレースに合流し展望台に上がると
期待通りの絶景だ。雲一つない青空の下に勢揃いしたジャイアント達。
鋸岳から始まり盟主の赤石岳、聖岳、更に双耳峰の池口岳と続く
南アルプスの銀嶺。
一つ一つピークを確認するのは後の楽しみとして、山頂へ向かおう。

古くから信仰の山として栄えてきた歴史を偲びながら「白山社奥宮」を
越えるといよいよブナ林が広がる風越山山頂への登りだ。
トレースがかき消された尾根の深雪をラッセルして山頂に到着すると
三角点もすっかり雪の下に埋まっていた。

氷点下だが風も無く穏やかな山頂だ。展望は乏しい山だが冬枯れの
梢越しに眺められる中央アルプスの支稜線は安平路山辺りだろうか?
のんびりしたい雰囲気だがやっぱり食事は展望台で摂ろう。

樹林の切れ間から中央アルプスの主稜・南駒ヶ岳辺りや八ヶ岳の
姿を眺めながら戻った展望台は相変わらず無人だった。
心おきなく倒木のベンチを独り占めして絶景の昼食タイムにしよう。

眼下に広がる飯田市街地からせり上がる伊那山地の奥にズラリと
並んだ3000mの連峰は、山襞までハッキリ判別できるほどに鮮明だ。
カップ麺をすすりながら北の端から順に一つ一つピークを確認する。
穏やかな日差しを浴びて、まさに至福の時間だ。

お腹もいっぱい、展望も腹いっぱい、表参道はトレースもバッチリ。
さて、のんびり下るか。


訪問者数:422人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/5/27
投稿数: 4654
2018/2/19 20:15
 絶好
onetotaniさん、こんにちは。

この日の伊那谷は絶好の雪山日和
やっぱり日ごろの心がけの違いが、天候にも出ますね
伊那谷には、アルプス展望の山が多くありますが、この風越山は、比較的近場で登る距離も適度にあって、まさにこの時期にはうってつけの山ですね
私は無雪期には何度か登りましたが、積雪期はありません。
こんなジャイアントたちを眺めてみたいです
とても良い雰囲気の山歩きになったようで、とても良かったですね

やっぱり何度も登ってこそのリピート派が、山の醍醐味です
登録日: 2010/12/28
投稿数: 2385
2018/2/19 21:24
 Re: 絶好
totokさん 今晩は。

こちらを選んで正解でした。
思ったより雪も多く、そして展望も最高でした。
アクセスの心配も無く、市街から僅かな距離で雪山を楽しむ。
もうこの時期の風越山詣でも恒例になりました。

晴天を捉えて是非奥様と御一緒に登って、
南アルプスの輝く銀嶺を堪能して下さい。
登録日: 2013/11/11
投稿数: 2584
2018/2/20 9:26
 展望の山
いいですね〜風越山
中ア・南ア主稜線からの眺めが素晴らしいのは言うまでもありませんが、
伊那谷を挟んだ両アルプス前衛の山からの眺めはまた違った良さがありますね。
そしてこのお天気、言うことなしの絶景で羨ましいです

ここは毎年onetotaniさんやtotokさんのレコを拝見し、言葉で”良いですね〜”を連発しておりますが、いまだに未踏のまま・・・ いずれ必ず行ってみます。


今週はこのレコのようなお天気は望めそうにありませんが、一般コースでちょっと深めの雪に突入するべく行き先を検討中です。
登録日: 2010/12/28
投稿数: 2385
2018/2/20 19:15
 Re: 展望の山
teppan2013さん 今晩は。
天気がはっきりしない鈴鹿を避けて、南信州に足を延ばして大正解。
今回もたっぷりの雪と、素晴らしい眺望に恵まれました。

展望台からは南アルプスが一望でき、途中で八ヶ岳、中央アルプスを
展望しながら山頂に向かいます。
伊那の山はどこも展望に恵まれて良いですね。

曇りベースの日が多そうですが寒気は少し緩みそうで、
アクセスに悩むことは無さそうですね。
雪山を堪能できると良いですね。
登録日: 2011/6/29
投稿数: 6121
2018/2/21 7:56
 onetotaniさん、こんにちは。
軽アイゼン投入ですね。使い勝手は
いかがですか?

風越山、展望がよろしい山ですね。
さすが信州の山、前哨の山でも
1600mの高さからの眺めは
とくに冬は映えますね。
登録日: 2010/12/28
投稿数: 2385
2018/2/21 20:02
 Re: onetotaniさん、こんにちは。
komakiさん 今晩は。

伊那谷を挟んだ南アルプスの前衛としてすこぶる展望に優れて、
ほどほどの距離を歩けて、気軽に出掛けられる山として好きな山で、
他のコースも歩いてみたいと思っています。
紅葉の頃も良い雰囲気でした。

アプローチから凍結していたので、軽アイゼンで歩いてみました。
スリップに気を使わず安心して歩けました。
また締まった雪なら短い刃でも靴裏全体で結構な傾斜も登れましたし、
シャーベット状の雪ではすぐ団子になる欠点もわかりました。
登録日: 2013/2/15
投稿数: 20
2018/2/27 8:10
 人型スタンプ
2月25日に風越山行ってきました。
スタンプありましたよ。
一人分^_^
登録日: 2010/12/28
投稿数: 2385
2018/2/27 23:33
 Re: 人型スタンプ
今晩は。
まだ残っていましたか・・。
誰も居ないので初めてやってみましたが、起き上がるのに一苦労でした。
展望はいかがでしたか?

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ