また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1383932 全員に公開 雪山ハイキング奥多摩・高尾

氷瀑と雪道ハイキング(払沢の滝〜時坂峠〜浅間嶺〜数馬)

日程 2018年02月18日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
JR武蔵五日市駅からは、西東京バス http://www.nisitokyobus.co.jp/
【行きバス】武蔵五日市駅(10:08発)〜払沢の滝入口(10:30着)¥470
【帰りバス】数馬(16:06発)〜武蔵五日市駅(17:00着)¥936
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間45分
休憩
18分
合計
5時間3分
S払沢の滝入口バス停10:3510:49払沢の滝10:5211:03払沢の駐車場11:0411:36時坂路傍施設便所11:42時坂峠11:4713:30浅間嶺展望台13:31浅間尾根休憩所13:3213:37浅間嶺13:55人里峠14:04石宮ノ頭14:0514:25一本松14:2814:41猿石14:4214:48数馬分岐14:4915:17浅間尾根登山口バス停15:1815:27竜神の滝15:2815:37温泉センターバス停15:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
アイゼン脱着を何度もしたけど、あとはコンスタントないいペースでした。
浅間嶺で軽く昼休憩。
コース状況/
危険箇所等
時坂峠〜浅間嶺〜人里峠一本松 は、道が凍結していました。
アイゼン(軽アイゼン・チェーンアイゼンでOK)は必須です。
その他周辺情報数馬の湯 http://spa-kazuma.com/
大人820円
平日 10:00〜19:00
土日祝日 10:00〜20:00
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル
備考 アイゼンは必須(軽アイゼン・チェーンアイゼンでOK)

写真

払沢の滝。
一時期からはだいぶ溶けてしまったみたいだけど、でも見事な氷瀑っぷり。
滝つぼまで凍ってる!
2018年02月18日 10:48撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
払沢の滝。
一時期からはだいぶ溶けてしまったみたいだけど、でも見事な氷瀑っぷり。
滝つぼまで凍ってる!
3
払沢の滝への往復ルートは、一般の方も来られるのでとても整備が行き届いています。
2018年02月18日 10:56撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
払沢の滝への往復ルートは、一般の方も来られるのでとても整備が行き届いています。
払沢の滝までのの往復ルートの中盤にある、忠助淵。
水がとても澄んでいてきれい。
2018年02月18日 10:57撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
払沢の滝までのの往復ルートの中盤にある、忠助淵。
水がとても澄んでいてきれい。
いよいよアイゼン装着!
2018年02月18日 11:15撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよアイゼン装着!
北斜面はまだ雪あるね〜
2018年02月18日 11:31撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北斜面はまだ雪あるね〜
甲州古道。
中世のころはこの道が甲斐へのメインルートだったんだって。
2018年02月18日 12:07撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲州古道。
中世のころはこの道が甲斐へのメインルートだったんだって。
お代官休息処跡。
今は冬季閉鎖中だけど、そば処としても楽しめるそう。
2018年02月18日 12:08撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お代官休息処跡。
今は冬季閉鎖中だけど、そば処としても楽しめるそう。
お代官休息処跡。
いよいよアイゼンが本領発揮する凍結路へ。
2018年02月18日 12:08撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お代官休息処跡。
いよいよアイゼンが本領発揮する凍結路へ。
一見普通に登山靴で行けそうだけど、落ち葉の下はつるつるアイスバーン。
2018年02月18日 12:20撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一見普通に登山靴で行けそうだけど、落ち葉の下はつるつるアイスバーン。
尾根道だから、日当たりによる凍結具合で、アイゼンをつけたり外したり。
2018年02月18日 12:22撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道だから、日当たりによる凍結具合で、アイゼンをつけたり外したり。
アイゼン何度も脱着するから、次第に早く着けられるように。
2018年02月18日 12:23撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼン何度も脱着するから、次第に早く着けられるように。
踏み固まってアイスバーンになるんだな。
2018年02月18日 12:24撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み固まってアイスバーンになるんだな。
浅間嶺。
南側は富士山もきれいに見える。
2018年02月18日 13:06撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間嶺。
南側は富士山もきれいに見える。
1
浅間嶺。
北側も展望が広がる、大岳山や御前山などの山々を一望。
2018年02月18日 13:29撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間嶺。
北側も展望が広がる、大岳山や御前山などの山々を一望。
檜原村北部の雄大な景観が望めます。
2018年02月18日 13:50撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜原村北部の雄大な景観が望めます。
浅間嶺〜人里峠は、樹林帯がなく展望が広がる。
2018年02月18日 13:51撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間嶺〜人里峠は、樹林帯がなく展望が広がる。
一本松。
一面の杉林だけど、かつては松があったのかな。
この石仏は、馬の供養や安全を祈願する「馬頭観音」。
2018年02月18日 14:27撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一本松。
一面の杉林だけど、かつては松があったのかな。
この石仏は、馬の供養や安全を祈願する「馬頭観音」。
サル石。
手形がどこかにあるんだって。
2018年02月18日 14:43撮影 by SOV33, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サル石。
手形がどこかにあるんだって。

感想/記録

払沢の滝が「12年ぶりに氷瀑」になったとのことで、友人にも誘われ行くことに。
数週間前に東京で大雪になった時に、街のアイスバーン歩き用に「軽アイゼン」を買ったので、ちょうどいい!

ルート方向は、払沢の滝→時坂峠→浅間嶺→数馬、だったのですが、会う人は交差する人ばかりだったので、逆ルートを歩かれる方が多いみたいですね。

集合より早めに武蔵五日市駅に着き、バス発まで時間があったので観光案内所でハイキングマップを入手。
そこで初めて、かつては中世の「甲州古道」だったことを知りました!

甲州街道はいまのルートではなく、かつてはこの檜原村〜大菩薩峠のルートだったそうですね。
ルート上に代官休息所や石碑などもあって、歴史も楽しめる登山になります。

まずは払沢の滝ですが、滝ももちろん、滝つぼも一面割れながら凍ってて、氷瀑っぷりがダイナミックでした。

路面状態は、時坂峠〜浅間嶺〜人里峠一本松 は、道が凍結してて、アイゼン(軽アイゼン・チェーンアイゼンでOK)は必須です。

浅間尾根のうち、浅間嶺〜人里峠は、樹林帯がなく展望が広がります。
浅間嶺から富士山もバッチリ見えて、大満足。
檜原村の集落など、雄大な風景が南北に360度楽しめますよ。

浅間尾根は、一定間隔でふもとの道への分岐がいくつかあって、体力に応じて下山すればバスで帰れるし、いろんなアレンジできそうでいいね。

下山の終点は数馬。
数馬の湯の受付の方がおっしゃってたんですが、数馬の地名って、南北朝時代にここを開拓した「中村数馬守」に由来して、いまも中村家は現在の24代目の方が数馬にいらっしゃるんですって。
やっぱ歴史あるんですね。

そして、数馬といえば「こんにゃく」。
小学生の時にここに社会科見学に来て、こんにゃく工場に行ったのが思い出されて、ついついお土産に購入。

今回は、いにしえの甲州古道を通って、氷瀑や雪道で冬山気分も味わえて、富士山も望める快晴・景色バツグンで、週末日帰りで東京の秘境を満喫しました。

アイゼンが必要だけど、初心者でも楽しめるオススメコースですよ。
訪問者数:183人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ