また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1383984 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

S-LAB X ALP CARBON GTXを試しに厳冬と晴れの北八ヶ岳(北横岳、縞枯山 ロープウェイは使わず)

日程 2018年02月18日(日) [日帰り]
メンバー
 Ara
, その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
乾いていて駐車場までノーマルタイヤで問題なし
坂が多いので雨が降ったり雪が降ったりした後はスタットレスの方が良いと思う
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪が締まっていて歩きやすい
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 感想に記載

写真

時刻は8時
ゴンドラの始発まで1時間あるからよし君と相談して歩いて登ろうということになった
2018年02月18日 07:58撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時刻は8時
ゴンドラの始発まで1時間あるからよし君と相談して歩いて登ろうということになった
1
踏み後が締まっていたので登りやすかった
それでも1時間半近くかかった
2018年02月18日 09:09撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み後が締まっていたので登りやすかった
それでも1時間半近くかかった
1
ゴンドラ山頂駅に到着
ここからがスタートという気分
2018年02月18日 09:22撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンドラ山頂駅に到着
ここからがスタートという気分
3
今日は快晴の青空の下の白い雪原がとても綺麗
2018年02月18日 09:23撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は快晴の青空の下の白い雪原がとても綺麗
2
よし君も満足しながら歩いていきます
2018年02月18日 09:53撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よし君も満足しながら歩いていきます
2
北横岳ヒュッテが見えてきました
ファンタジー映画みたい
2018年02月18日 10:15撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳ヒュッテが見えてきました
ファンタジー映画みたい
3
北横岳ヒュッテに到着
北横岳を目指します
2018年02月18日 10:17撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳ヒュッテに到着
北横岳を目指します
2
木に十分に雪が積もっていて美しい
2018年02月18日 10:22撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木に十分に雪が積もっていて美しい
3
天気が良くて景色が素晴らしい!
今日来て良かった〜
2018年02月18日 10:37撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気が良くて景色が素晴らしい!
今日来て良かった〜
4
北横岳に到着
けっこう登山者が多い
2018年02月18日 10:47撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳に到着
けっこう登山者が多い
2
360度素晴らしい展望でアルプスの山々、八ヶ岳がくっきり綺麗に観えます
2018年02月18日 10:51撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
360度素晴らしい展望でアルプスの山々、八ヶ岳がくっきり綺麗に観えます
3
次は縞枯山を目指します。
縞枯山の登りは急登です。
2018年02月18日 12:08撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は縞枯山を目指します。
縞枯山の登りは急登です。
2
縞枯山山頂に到着して展望台に行く途中の景色が綺麗な場所でお昼を食べました
山頂おにぎりがとっても上手い!
よし君はスープポットで暖かいご飯を食べていました
2018年02月18日 12:14撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯山山頂に到着して展望台に行く途中の景色が綺麗な場所でお昼を食べました
山頂おにぎりがとっても上手い!
よし君はスープポットで暖かいご飯を食べていました
2
北アルプス方面
槍穂も穂高連峰も綺麗に観えます
2018年02月18日 12:16撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス方面
槍穂も穂高連峰も綺麗に観えます
3
南八ヶ岳方面
2018年02月18日 12:16撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南八ヶ岳方面
2
これが今回のニューGEAR
S-LAB X ALP CARBON GTX
2018年02月18日 13:25撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが今回のニューGEAR
S-LAB X ALP CARBON GTX
3
ロープウェイ山頂駅で下山届を出して下りもロープウェイを使わず歩いて下りました
ほとんどグリセード、シリセードで下る感じ
2018年02月18日 13:26撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ山頂駅で下山届を出して下りもロープウェイを使わず歩いて下りました
ほとんどグリセード、シリセードで下る感じ
2
駐車場に到着
今日は大満足の雪山登山になりました
2018年02月18日 14:00撮影 by F-01J, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に到着
今日は大満足の雪山登山になりました
2

感想/記録
by Ara

快晴の雪山に行きたくなり高気圧に覆われるタイミングを狙って八ヶ岳に雪山登山に行ってきました。

今回はいくつかの山道具のテストを兼ねて厳冬環境での八ヶ岳登山にしました。

結果は天気も雪山の景色も道具のテスト結果も上々で大満足の雪山登山が楽しめました。

【試した道具】‘
Light & Fast雪山登山シューズ
Salomon S−LABシリーズ X ALP CARBON GTX
“たった一つのシューズで不自由なく、快適にシャモニーからモンブランの山頂を往復したい“をコンセプトに開発されたシューズ

最高の?ホムセン雪山アウトグローブ
防寒テムレス

【結果】
X ALP CARBON GTX
■防水力 ◎
湿り雪ではないので評価はしきれないが足が濡れることは全くなかった
ただシューズを洗ってる時にシューズの白いデザインの部分のプロテクションの縫い目から水が漏れていた
サロモンのゴアテックスシューズは浸水するなと以前から思っていたがこれが原因だと思われる
しょうがないから自分でシーム加工するかな
サロモンには命を預けれらなさそう
■防寒力 ○
最強の雪山靴下 フィッツ ヘビー ラグド ブーツとの組合せで氷点下18℃でも問題なし
まあ、シューズに防水とある程度のプロテクションがあれば防寒に関してはソックスを断熱材として使うことである程度対応可能ということかな
■12本歯アイゼンとの組合せ
ゲイターの下はローカットシューズのためアイゼンのベルトの取り回しをゲイターの中のシューズの部分に収めれば問題なし
12本歯を蹴りこまなければならいケースや蹴りこんだ状態で体重を保持しなければならないケースでの適性は今後要テスト
シューズにカーボンプレートが入っていて縦方向には曲がって横方向には曲がらないようになっている。使用したアイゼンはフレックスタイプでシューズのフレックスに依存するというものだったためフレックスする同士でアイゼンのフレックスプレートが曲がる強さに依存するフレックスになった。歩くのは楽だが体重保持の際、シューズには頼れない。
■その他
自分と同じく無雪期のアルプス縦走もトレランシューズを履く人も増えていると思うが、足首の自由が利くこのシューズは魅力的。そのような人には厳冬期の八ヶ岳や残雪期の雪山用には最適なシューズだと思う

防寒テムレス
■防水性 ◎
浸水の心配は全くない様子
■防寒性 ×
この手袋単体での防寒性は低い
厚手のインナーグローブとの併用が必要
そのためサイズは男性でLL以上を買う必要あり

【装備】
■頭・顔
TNFバラクラバ
ヘッドバンド
ゴーグル 曇り止め必須
■トップ
【ドライレイヤー】
フラッドラッシュスキンメッシュNS
【ベースレイヤー】
アークテリクス PHASE SV
【ミッドレイヤー】
パタゴニア R2ジャケット
【アウトレイヤー】
マムート3層ゴアのハードシェル
■手
フリースグローブ、モンベル薄手トレッキンググローブ、防寒テムレスの組合せ
■ボトム
【ベースレイヤー】
  Victoria HEAT−X 薄手
【ミッドレイヤー】
  モンベル インシュレーションパンツ U.L.サーマラップパンツ
【アウトレイヤー】
  モンベル バーサライトパンツ
■足
ゲイター
【ソックス】
  フィッツ ヘビーラグドブーツ
【シューズ】
  Salomon S−LAB X ALP CARBON
【アイゼン】
モンベルカジタックス 12本歯アイゼン
トレランポール
ピッケル(携行したが必要なし)
【ザック】
オスプレイ Manta25
【ザックの中】
保温着(ダウンジャケット)、替えの靴下、食料水、ツェルト、エマージェンシーセット、地図・コンパスなど
【その他】
  GPSウォッチなど

装備の備忘メモ
−15℃、無風、晴れの環境でのメモ
・防寒テムレスは厚手の保温力の高いインナーグローブと組み合わせる必要がある
・ソックスはフィッツが必要
・PHASE SV+R2の組合せは最高で厳冬期の環境でも風がなければハードシェル の前をフルオープンにしいないと暑かった
・モンベルのU.L.サーマラップパンツはとても良く、厳冬期でも寒くないし足の動きを妨げず動かしやすい
今後の確認点としては大量に発汗した時の透湿性が未知数
この点をクリアできればPatagoniaのナオエアシリーズと同様に強力な雪山ウェアになるかも?
・風が強い場合はやっぱりハードシェル が必要(風が強いとシェルの堅牢性が無いと外気温の影響を受けやすい)
・X ALP CARBONにアイゼンを付ける場合はベルトの後ろの部分をシューズの上を通るように低めに取り回す
訪問者数:279人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/10/1
投稿数: 0
2018/2/20 21:38
 お疲れ様でした。
当日は山頂で一人だけ温かいご飯を
食べてしまい申し訳ありませんでした(^^;

とても素晴らしい景色を堪能出来ました。
Ara
登録日: 2009/10/7
投稿数: 1019
2018/2/21 7:48
 Re: お疲れ様でした。
よしくん

山頂で温かいご飯は最高だよね。
気にせず次回以降も楽しんでよ。

山はそれぞれの楽しみやスタイルを追求しないとね!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ