また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1387759 全員に公開 雪山ハイキング氷ノ山

氷ノ山〜真っ白で見えない〜

日程 2018年02月24日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れのち曇りのち雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
若桜氷ノ山スキー場のリフトトップから三の丸、氷ノ山、氷ノ山越えコースで周回するつもりで「響きの森」に駐車したが・・・
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
三の丸付近の広い尾根で視界が効かなくなった。こうなると怖い。
その他周辺情報若桜ゆはら温泉「ふれあいの湯」。モンベルカードで200円。心も体も温もった。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

ゲレンデリフトに乗るのは久しぶり。
2018年02月24日 09:57撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデリフトに乗るのは久しぶり。
1
2本乗り継いで三の丸への登山口へ。今のところ青空が見える。
2018年02月24日 10:18撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2本乗り継いで三の丸への登山口へ。今のところ青空が見える。
3
大きな雪山風景だ。
2018年02月24日 10:37撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな雪山風景だ。
3
雪庇に気をつけて。
2018年02月24日 10:39撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇に気をつけて。
6
ここまできつい登りが30分。多くの人が休憩していた場所。
2018年02月24日 10:49撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまできつい登りが30分。多くの人が休憩していた場所。
2
広い雪原を登る。
2018年02月24日 11:03撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い雪原を登る。
3
三の丸山頂が見えてきた。帰り道、このあたりは視界が効かず困った。
2018年02月24日 11:13撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三の丸山頂が見えてきた。帰り道、このあたりは視界が効かず困った。
4
氷ノ山山頂が見えてきた。まだまだ時間がかかりそう。
2018年02月24日 11:23撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷ノ山山頂が見えてきた。まだまだ時間がかかりそう。
5
不完全なモンスターだが、なかなかのもの。
2018年02月24日 11:27撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不完全なモンスターだが、なかなかのもの。
7
氷ノ山山頂避難小屋へ。
2018年02月24日 12:26撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷ノ山山頂避難小屋へ。
5

感想/記録

 雪の氷ノ山。三の丸あたりから風が強くなり、山頂小屋で昼食をとっている間に曇り空に支配され風も強くなった。視界が悪くなってこしき岩越えが見えにくく、三の丸へと戻ることにした。こちらはルート的には危険度は少ないし、道迷いにもなりにくいだろう、と。
 しかし、雪が降って、風が強まり、トレースが消え、視界が効かなくなると、これは恐ろしい。こういうことで「遭難」というのは起きるのだ。三の丸の東屋にたどり着いてほっとする。山スキーヤーがいて、人に会えたことでもほっとする。
 東屋を出たが状況は良くならず、GPSの自分の軌跡とヤマップの電子地図が頼り。周りは見えないが、GPSを忠実に追う。別の山スキーヤーともすれ違い、このルートで間違いないとほっとする。で、なんとかリフトトップにたどり着いた。リフトに乗って帰りたかったが乗せてはもらえず、ゲレンデ左端を歩いておりた。しんどかったが、ルートは安全なので気持ち的には楽だった。
 遭難するかも。山で初めて感じた。無事帰れて良かった。「ふれあいの湯」で体を温めながらそう思った。教訓と戒めの氷ノ山であった。
訪問者数:310人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2017/7/1
投稿数: 0
2018/2/25 15:33
 kenken51さん
こんにちは、
吹雪の氷ノ山、厳しい天候の中お疲れさまでした。遭難の文字がよぎったとのことですが、そんな状況の中でも落ち着いて判断行動するkenkenさんの姿が想像できました。
私も安全第一に山歩きを楽しみたいと思います。
貴重な体験談ありがとうございました!


登録日: 2015/2/14
投稿数: 5
2018/2/25 16:22
 早めに下山を
冬山は怖いよ。GPSでコースがわかっても何があるかわかりません。天気予報に注意して三の丸で即ピストン下山の手もあったはず。無理しないでね。
登録日: 2014/4/26
投稿数: 113
2018/2/25 17:08
 Re: 早めに下山を
ありがとうございます。
三の丸時点では風が強いだけでガスってなかったのでとりあえず山頂まで行ったしだいです。こしき岩越えは警戒しピストン下山にしましたが、それも心細かったです。慎重を期します。
登録日: 2014/4/26
投稿数: 113
2018/2/25 17:24
 Re: kenken51さん
harkoさん、ありがとうございます。
反省点はいくつかあります。スタートはあと1時間以上早くすべきでした。天候観察の待ち時間があれば、もう少しじっくり方策を考えられました。それから、山頂からこしき岩へのルートを曖昧にしていたこと。この二つはなんとかできたことでした。山の天気はわからない。それを実感しました。とにかくGPSが頼り。ガーミンで自分がやってきた軌跡と、tenshinnがとっているヤマップのログを突き合わせてあせらず進みなんとかなりました。反省しきりです。
harkoさんも下山でいろいろあったようですね。ほんと安全第一です。楽しい登山を続けましょうね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ