また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1389446 全員に公開 雪山ハイキング富士・御坂

三ツ峠山東稜から北口登山道

日程 2018年02月24日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
都留市駅から歩き始め、帰りは宝鉱山からバスで都留市駅へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間37分
休憩
42分
合計
8時間19分
Sスタート地点(都留市駅)07:4808:56つるぎ上バス停09:02土道へ(靴履替)09:1209:50尾根上に出る10:05アンテナ施設10:401102m点10:4811:281312m点12:26大久保山12:351550m圏コブ12:4713:43三ツ峠山東峰13:56御巣鷹山13:59北口登山道分岐15:06初滝15:32北口登山道登り口15:4416:07ゴール地点(宝鉱山バス停)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
三ツ峠山東稜はバリエーションルート。危険個所はないし、登りでは道間違いの心配まずなし。雪は標高900m以上では日当たりが比較的良さそうな尾根道でも多く見られた。1102m点のコブから以降は4本爪アイゼンを着けて歩いた。

北口登山道は北面のため雪べったり。トレースはしっかり。かなり多くの人が歩いているようだ。途中からは凍結もしていた。下りでのスリップという万が一の危険があるので足元を注意して歩いた。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

宝鉱山へのバス路線道を歩く途中で、前方に三ツ峠山を仰ぎ見る。これから登る目的の山が遠くに感じる。あそこまで歩けるのかという思い。
2018年02月24日 08:08撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝鉱山へのバス路線道を歩く途中で、前方に三ツ峠山を仰ぎ見る。これから登る目的の山が遠くに感じる。あそこまで歩けるのかという思い。
1
上大幡バス停付近。この地点から以前登った鶴ケ鳥山。
2018年02月24日 08:47撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上大幡バス停付近。この地点から以前登った鶴ケ鳥山。
つるぎ上バス停。車道歩きもここまで。
2018年02月24日 08:56撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つるぎ上バス停。車道歩きもここまで。
バス停の20m位先に複数のリボンがあった細いコンクリ道へ入った。
2018年02月24日 08:59撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停の20m位先に複数のリボンがあった細いコンクリ道へ入った。
1
すぐに左の唐沢を渡る必要があるので、まだ雪がのこる藪っぽい原を進んだ。
2018年02月24日 09:13撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに左の唐沢を渡る必要があるので、まだ雪がのこる藪っぽい原を進んだ。
唐沢を渡ると歩き易い山道が現れた。バス停の少し手前から容易にこの道に最初から入れたのではないかと思うも確認する労はやめた。
2018年02月24日 09:31撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢を渡ると歩き易い山道が現れた。バス停の少し手前から容易にこの道に最初から入れたのではないかと思うも確認する労はやめた。
巻道をうっかり進みすぎたので途中から尾根へ向かって攀じ登り上がってきた尾根。ここらは雪があまりなかった。
2018年02月24日 09:51撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻道をうっかり進みすぎたので途中から尾根へ向かって攀じ登り上がってきた尾根。ここらは雪があまりなかった。
同。 快適な尾根道で立木に目印も見える。
2018年02月24日 09:51撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同。 快適な尾根道で立木に目印も見える。
アンテナ施設
2018年02月24日 10:05撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アンテナ施設
標高920m圏。いよいよ一面の雪景色。
「(左)229号に至る (右)228号に至る 」の支柱。左に進む。
2018年02月24日 10:10撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高920m圏。いよいよ一面の雪景色。
「(左)229号に至る (右)228号に至る 」の支柱。左に進む。
標高1050m圏付近の尾根。雪は多い。トレースはあった。
2018年02月24日 10:33撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1050m圏付近の尾根。雪は多い。トレースはあった。
1230m圏辺りの露岩帯尾根。
2018年02月24日 11:18撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1230m圏辺りの露岩帯尾根。
大久保山1545.8m点を少し過ぎた付近。
2018年02月24日 13:27撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大久保山1545.8m点を少し過ぎた付近。
三つ峠山東峰のアンテナ施設
2018年02月24日 13:43撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三つ峠山東峰のアンテナ施設
1
東峰から前方に見える塔は御巣鷹山
2018年02月24日 13:43撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東峰から前方に見える塔は御巣鷹山
1
御巣鷹山ピークの直前の北口登山道分岐
2018年02月24日 13:52撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御巣鷹山ピークの直前の北口登山道分岐
1
御巣鷹山のアンテナ施設
2018年02月24日 13:56撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御巣鷹山のアンテナ施設
北口登山道分岐から約8分のところで記録ノートの入った箱
2018年02月24日 14:07撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北口登山道分岐から約8分のところで記録ノートの入った箱
滝が見えるが雪で囲まれて全容がわかりにくい。
2018年02月24日 14:39撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝が見えるが雪で囲まれて全容がわかりにくい。
左端の方に見えるロープと登山道の標識
2018年02月24日 14:59撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左端の方に見えるロープと登山道の標識
アイスクライミングのザイルが垂れていた。
2018年02月24日 15:03撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイスクライミングのザイルが垂れていた。
鉄梯子を降りたと所に初滝の標識板
2018年02月24日 15:06撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄梯子を降りたと所に初滝の標識板
初滝を見ると凍結して水の流れは見えない。先ほど見たザイルの下で二人の男性。アイスクライミングの練習中か?
2018年02月24日 15:06撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初滝を見ると凍結して水の流れは見えない。先ほど見たザイルの下で二人の男性。アイスクライミングの練習中か?
三ツ峠北口登山道の入口
2018年02月24日 15:44撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ峠北口登山道の入口
同アップ
2018年02月24日 15:44撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同アップ
1
ゴールの宝鉱山バス停
2018年02月24日 16:18撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールの宝鉱山バス停
1
撮影機材:

感想/記録

■松浦隆康著「バリエーションハイキング」に掲載のルート。大分前から歩こうと思っていたが、都留市駅前発宝鉱山行きバス時刻が遅いためなかなか実現できないでいた。(山登りは質素にというわけで極力タクシーは利用しないでいる。)
しかし、長い車道歩きでもウオーキングシューズなら苦にならないということを覚えたのでバスに頼らず歩いて行くことにした。

■都留市駅からバス道路をひたすら歩く。東稜への進入口となるつるぎ上バス停まで68分かかった。バス停の少し先に赤いリボンが目印としてついていたのでそこから入った直後に、登山口に履き替えた。リボンを追って藪っぽい雪面の中を横切り唐沢を渡ると幅2m位の山道に合流した。進入はバス停より少し下方から入った方が良かったようだ。
山道は歩きやすく勾配も殆どなくホイホイと歩を進め過ぎて、途中で尾根に向かわねばならないポイントを通り過ぎてしまっていた。気付いた地点から尾根を目指して攀じ登って本来の尾根道に復したが、そのあとは高みを目指すのみで道迷いの心配はなかった。雪は標高900m以上からは尾根道でも多くなった。1102m点で4本爪簡易アイゼンを着けた。

■高度を増すと積雪は20cm以上。直近と思われるトレースもあり、足跡を追うも結構坪足にもなり歩速は落ちるし、疲れもする。急斜面でのさらさら雪で滑りやすい場面もあった。

■北口登山道は雪はたっぷりあったがトレースが十分にあり、道を逸れる心配はないし登山道の標示板を頻繁に見た。下るに従って凍結面も多くなりスリップに注意して下った。危険個所はロープやワイヤーが設置されているので気分的に楽だった。
訪問者数:185人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ