また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1392387 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲信越

飯士山(無名尾根より)

日程 2018年03月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴!
アクセス
利用交通機関
車・バイク
穴沢河川公園緑地の雪捨場付近の除雪スペース

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間53分
休憩
40分
合計
6時間33分
Sスタート地点06:0208:2881109:48南峰10:08飯士山10:4111:09ゲレンデトップ11:41ゲレンデ末端11:4812:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●コース全般
・登山道も目印もありません
・ワカンはスタートから760と811の鞍部まで。
その後は山頂を経て下山の岩原スキー場の末端までのまでアイゼンを使用。
・ピッケルは尾根への取り付きとアイゼンと同様に鞍部からスキー場の末端まで使用。

●登山口〜811
スタートからしばらくはデブリがたまった穴沢の左岸を進みます。
ほどなく堰堤を高巻いて引き続き左岸を前進します。
徐々に左岸の斜面が迫ってきてこのまま進むと急斜面のトラバースを
強いられそうなため登れそうな斜面を探しながら尾根に向かって直登しました。
雪が緩んでいるため両斜面からの雪崩、足元も沢の転落に注意が必要です。
沢から高低差60mほど潅木に摑まりながら斜面にへばりついて攀じ登ると
標高450m付近で突然に広いスペースに飛び出します。
ここから支尾根に乗って高低差300mほど登り760で立柄山から延びる尾根と
合流すると同時に周囲の眺望が開けます。
この辺りの雪質は悪くなく、順調に標高を上げることができました。
760を過ぎると東側に雪庇の張り出した尾根歩きに変わって、
1回アップダウンすると811へと至り、
岩原スキー場からダイレクトに延びる尾根と合流します。

●811〜飯士山
811を過ぎると尾根は細くなり、リッジになった箇所も時折現れ、
少しずつ緊張感が高まる雪稜歩きになっていきます。
930からは左右が切れ落ちたリッジ高低差100mほど登ると南峰へと至り、
鋸尾根と合流します。
南峰から鞍部まで下ってさらに高低差100mほど登り返すと飯士山山頂に到着です。
最後の登りは周囲が切れ落ちていて高度感がとても高くて、
剥き出しの雪壁を登っていきます。
気温が上がって雪が腐り気味でアイゼン団子が付きやすい状態だったため、
特に下りでは滑落に要注意でした。
山頂は意外と広いですが東側に雪庇が発達しているのでこちらも気をつける必要あり。

●飯士山〜岩原スキー場
山頂少し下から派生する尾根を使いましたが、尾根上部は行きと同様に高度感があり、
一歩滑るとアウトが続くため、傾斜の緩む1000m付近までは
尾根の南側をトラバースして下りました。
970m付近でスキー場に出てここからスキー場の末端まではゲレンデの端を下りました。
スキー場を出ると駐車スペースまでは4kmほどの車道歩き。


過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

出発前。月がとっても青いから
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発前。月がとっても青いから
6
駐車スペースからワカンを着けてスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車スペースからワカンを着けてスタート
1
穴沢の左岸を進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穴沢の左岸を進みます
1
しばらくすると堰堤が現れます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくすると堰堤が現れます
1
堰堤を高巻くと広々スペース
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤を高巻くと広々スペース
これ以上沢沿いには進みたくないなぁ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これ以上沢沿いには進みたくないなぁ
ということでこのあたりから尾根に向かって直登します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ということでこのあたりから尾根に向かって直登します
5
komemameはピッケルに変更
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
komemameはピッケルに変更
1
標高450m付近で突然に広いスペースに飛び出します。ここで再び装備を戻します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高450m付近で突然に広いスペースに飛び出します。ここで再び装備を戻します
1
この辺りの雪質は悪くありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りの雪質は悪くありません
1
順調に標高を上げていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
順調に標高を上げていきます
沈み込みもあまりありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沈み込みもあまりありません
標高520m付近から明瞭な尾根となるため、尾根筋に向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高520m付近から明瞭な尾根となるため、尾根筋に向かいます
1
徐々に雪が増えてきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に雪が増えてきます
1
先週歩いた谷を挟んだお向かいに先週歩いた鋸尾根と南峰が見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週歩いた谷を挟んだお向かいに先週歩いた鋸尾根と南峰が見えます
5
こちらは標尾ノ頭
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは標尾ノ頭
2
立柄山から延びる稜線の先から日が昇ってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立柄山から延びる稜線の先から日が昇ってきました
朝日が雪庇を照らします
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日が雪庇を照らします
1
振り返って立柄山と奥に左から仙ノ倉山〜タカマタギ〜日白山〜東谷山〜白板山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って立柄山と奥に左から仙ノ倉山〜タカマタギ〜日白山〜東谷山〜白板山
8
ワシワシ登ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワシワシ登ります
1
760で立柄山から延びる尾根と合流すると同時に周囲の眺望がズドーンと開けます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
760で立柄山から延びる尾根と合流すると同時に周囲の眺望がズドーンと開けます
7
谷川連峰主脈。右から仙ノ倉山〜エビス大黒ノ頭〜万太郎。眼下には関越道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川連峰主脈。右から仙ノ倉山〜エビス大黒ノ頭〜万太郎。眼下には関越道
11
谷川連峰主脈。右は谷川岳、左は朝日岳。右手前のトンガリは荒沢山と足拍子、左手前のトンガリは大源太山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川連峰主脈。右は谷川岳、左は朝日岳。右手前のトンガリは荒沢山と足拍子、左手前のトンガリは大源太山
2
奥に上越国境稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に上越国境稜線
苗場山と眼下に越後湯沢駅
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山と眼下に越後湯沢駅
6
雪庇の先には巻機山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇の先には巻機山
3
ここからは東側に雪庇の張り出した尾根歩きに変わります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは東側に雪庇の張り出した尾根歩きに変わります
1
アップダウンを繰り返します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップダウンを繰り返します
1
南峰とゲレンデトップ。「あそこから登ればいいじゃん」ってのはなしね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰とゲレンデトップ。「あそこから登ればいいじゃん」ってのはなしね
3
鞍部で早めに足元をアイゼンに変更します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部で早めに足元をアイゼンに変更します
ゲレンデが動き始めました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデが動き始めました
尾根が細くなってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根が細くなってきました
1
キレイなラインです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレイなラインです
3
隣には鋸尾根と南峰(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隣には鋸尾根と南峰(photo komemame)
2
先週はこのギザギザで撤退。こりゃ改めて無理だったな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週はこのギザギザで撤退。こりゃ改めて無理だったな
1
南峰とこれから向かう稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰とこれから向かう稜線
こちらは標尾ノ頭
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは標尾ノ頭
1
ホイップクリーム
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホイップクリーム
3
ズボズボ下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズボズボ下ります
1
鞍部は心地よい樹林帯
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部は心地よい樹林帯
1
このあたりから南峰に向けて急斜面になり始めます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりから南峰に向けて急斜面になり始めます
2
空がとっても青いから
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空がとっても青いから
4
見れば見るほど険しいお隣の鋸尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見れば見るほど険しいお隣の鋸尾根
南峰が目の前に近づきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰が目の前に近づきました
1
この辺りは西側に雪庇が張り出していました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは西側に雪庇が張り出していました
ゲレンデトップの高さに近づいてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデトップの高さに近づいてきました
2
谷川連峰主脈。平標〜仙ノ倉〜エビス大黒ノ頭
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川連峰主脈。平標〜仙ノ倉〜エビス大黒ノ頭
7
谷川連峰主脈。エビス大黒ノ頭〜万太郎〜大障子〜小障子〜オジカ沢ノ頭〜茂倉〜一ノ倉
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川連峰主脈。エビス大黒ノ頭〜万太郎〜大障子〜小障子〜オジカ沢ノ頭〜茂倉〜一ノ倉
谷川〜武能〜朝日岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川〜武能〜朝日岳
朝日岳〜巻機山まで続く上越国境稜線が手に取るように見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳〜巻機山まで続く上越国境稜線が手に取るように見えます
1
雪が深くなってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が深くなってきました
930の夏道が付いている尾根との合流地点でひと休み。ってかkomemameスイスイdanyamaズボズボ問題が再燃してよゆーのkomameme
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
930の夏道が付いている尾根との合流地点でひと休み。ってかkomemameスイスイdanyamaズボズボ問題が再燃してよゆーのkomameme
6
さぁ、あのトンガった山頂に向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ、あのトンガった山頂に向かいます
2
カッコよすぎでしょ、飯士山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カッコよすぎでしょ、飯士山
3
まずは右上に見えている南峰を目指します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは右上に見えている南峰を目指します
1
雪庇の発達した稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇の発達した稜線
2
飯士山山頂と山頂からのびる下りに使用予定の尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯士山山頂と山頂からのびる下りに使用予定の尾根
しかし、山頂までの道のりはなかなか険しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、山頂までの道のりはなかなか険しい
2
細いリッジ。左右ともに切れ落ちています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細いリッジ。左右ともに切れ落ちています
3
南峰に向かって最後の登り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰に向かって最後の登り
あーシンド(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あーシンド(photo komemame)
4
木が疎らになり…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木が疎らになり…
南峰より(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰より(photo komemame)
8
いよいよここからは本峰に向けてのファイナルアプローチ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよここからは本峰に向けてのファイナルアプローチ
1
本峰を正面に捉えました。なにこれかっこいいぞ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本峰を正面に捉えました。なにこれかっこいいぞ!
3
さて向かいますよ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて向かいますよ〜
5
軽く本峰と南峰の鞍部まで下った後に…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
軽く本峰と南峰の鞍部まで下った後に…
4
動物トレースを追いかけます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
動物トレースを追いかけます
4
山頂直下は樹林がなくなり高度感と露出感の強い雪壁を登っていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下は樹林がなくなり高度感と露出感の強い雪壁を登っていきます
青と白だけの世界が広がります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青と白だけの世界が広がります
1
動物はキワドイとこ歩くね〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
動物はキワドイとこ歩くね〜
2
山頂まであと少し!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まであと少し!
飯士山山頂に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯士山山頂に到着
6
danyamaも到着(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
danyamaも到着(photo komemame)
9
山頂は思ってたよりも広い。そして360度の大展望に腰抜かします
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は思ってたよりも広い。そして360度の大展望に腰抜かします
5
山頂より。ドーンと魚沼平野(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。ドーンと魚沼平野(photo komemame)
6
山頂より。越後三山。左から八海山〜越後駒ヶ岳〜中ノ岳。右奥は兎岳か。手前は金城山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。越後三山。左から八海山〜越後駒ヶ岳〜中ノ岳。右奥は兎岳か。手前は金城山
6
八海山と越後駒ヶ岳アップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八海山と越後駒ヶ岳アップで(photo komemame)
12
上越国境稜線が一望。巻機山〜鞍部を挟んで米子頭山〜柄沢山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上越国境稜線が一望。巻機山〜鞍部を挟んで米子頭山〜柄沢山
7
巻機山アップで。隣のトンガリは割引山(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻機山アップで。隣のトンガリは割引山(photo komemame)
12
柄沢山アップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柄沢山アップで(photo komemame)
3
山頂より。柄沢山〜檜倉岳〜大烏帽子山〜朝日岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。柄沢山〜檜倉岳〜大烏帽子山〜朝日岳
3
山頂より。左奥は朝日岳〜笠ヶ岳〜白毛門。正面右のトンガリは武能岳。右奥は茂倉〜一ノ倉
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。左奥は朝日岳〜笠ヶ岳〜白毛門。正面右のトンガリは武能岳。右奥は茂倉〜一ノ倉
4
朝日岳アップで。手前は大源太(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳アップで。手前は大源太(photo komemame)
5
山頂より。茂倉&一ノ倉〜オジカ沢ノ頭〜小障子〜大障子〜万太郎
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。茂倉&一ノ倉〜オジカ沢ノ頭〜小障子〜大障子〜万太郎
2
武能と茂倉〜一ノ倉アップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武能と茂倉〜一ノ倉アップで(photo komemame)
4
山頂より。万太郎〜エビス大黒ノ頭〜仙ノ倉〜平標
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。万太郎〜エビス大黒ノ頭〜仙ノ倉〜平標
2
山頂より。仙ノ倉山〜平標山〜日白山〜東谷山。平標の手前にちょこんとタカマタギ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。仙ノ倉山〜平標山〜日白山〜東谷山。平標の手前にちょこんとタカマタギ
5
平標山と仙ノ倉山アップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標山と仙ノ倉山アップで(photo komemame)
6
山頂より。佐武流や白砂山方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。佐武流や白砂山方面
3
山頂より。苗場山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。苗場山
3
苗場山アップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山アップで(photo komemame)
1
山頂より。奥はもしかして妙高と火打か
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。奥はもしかして妙高と火打か
1
(おそらく)妙高と火打アップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(おそらく)妙高と火打アップで(photo komemame)
5
山頂より。歩いてきた稜線と奥に立柄山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。歩いてきた稜線と奥に立柄山
2
山頂より。先週目指した鋸尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。先週目指した鋸尾根
鋸尾根アップで。この雪の付き方とアップダウンはヤバイっしょ!もう少し雪が落ちないと難しそうだな(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸尾根アップで。この雪の付き方とアップダウンはヤバイっしょ!もう少し雪が落ちないと難しそうだな(photo komemame)
4
山頂より。前の写真の続きで標尾ノ頭
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。前の写真の続きで標尾ノ頭
1
動物はあんなとこ歩いているのに人間は近づけません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
動物はあんなとこ歩いているのに人間は近づけません
4
下山もすごい景色
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山もすごい景色
4
しかし、お昼近くになって気温上がりまくり。アイゼン団子で下りの難易度がアップ。転んだら一発アウト
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、お昼近くになって気温上がりまくり。アイゼン団子で下りの難易度がアップ。転んだら一発アウト
1
ゲレンデ方面に延びる尾根から下るつもりでしたが、雪庇で下り口が分からない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデ方面に延びる尾根から下るつもりでしたが、雪庇で下り口が分からない
1
ということで傾斜の緩む1000m付近までは尾根の南側の樹林の生えた斜面をトラバースして下りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ということで傾斜の緩む1000m付近までは尾根の南側の樹林の生えた斜面をトラバースして下りました
2
ゲレンデトップが近づきました。あそこまで戻れば安全圏
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデトップが近づきました。あそこまで戻れば安全圏
2
この付近も慎重に下る必要がありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この付近も慎重に下る必要がありました
1
こちらから見る飯士山も男前
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらから見る飯士山も男前
2
南峰を横目に見ながら下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰を横目に見ながら下ります
飯士山この角度からはこれで見納め
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯士山この角度からはこれで見納め
3
ゲレンデトップに下りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデトップに下りました
3
ここからは大展望を眺めながらゲレンデの端を下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは大展望を眺めながらゲレンデの端を下ります
ゲレンデから飯士山を振り返ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデから飯士山を振り返ります
1
正面は荒沢&足拍子。この山も背は低いくせに存在感ありあり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面は荒沢&足拍子。この山も背は低いくせに存在感ありあり
3
そして存在感では言わずもがなの大源太
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして存在感では言わずもがなの大源太
1
それにしても岩原スキー場って大絶景
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしても岩原スキー場って大絶景
2
あちーなー(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちーなー(photo komemame)
スキー場末端まで下りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場末端まで下りました
1
ここから4kmほどの車道歩き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから4kmほどの車道歩き
1
立柄山を横目に見ながら
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立柄山を横目に見ながら
穴沢公園緑地の除雪スペースに戻ってきました。お疲れ様でした!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穴沢公園緑地の除雪スペースに戻ってきました。お疲れ様でした!
2
撮影機材:

感想/記録

いや〜、やっぱり飯士山はサイコーでした。
眺めて良し、登ってよしとはこのこと。
背は低いくせにやたら風格があるような、
そんな惹きつけられる見た目を持つだけでなく、
小粒ですがルートは変化に富んでおり、とりわけ山頂周辺はピリリと辛くて。
そのためかこの時季は誰も入っておらず、それがなおさらいいんだよなぁ。

先週は無謀にも鋸尾根からトライしてあっけなく跳ね返されましたが、
今週は鋸尾根から谷を挟んで一つ東側の尾根からチャレンジしてみました。
先週引き返す時に実際に目視して、
この尾根なら狙えるかな、という手応えを持ったからです。

今回のルートも尾根に乗るまでに手こずり、
尾根の上部はある程度の緊張感は強いられます。
でも、開放感は鋸尾根以上にあるのではないかと思います。
そして、1111メートルしかない山頂からの360度の大展望にはまさに驚きのひと言。

この日は夕方から予定がありましたが、早めに下山できたため、
いつもの酒屋さんに立ち寄ってお酒を買い込んでから、
関越スキー渋滞に巻き込まれることもなく余裕の帰宅。
しかし、用事を済ませた後はその流れで夜中の2時過ぎまで飲み続けてしまい…。
飯士山のようにギュッと圧縮された長い一日となりました。

それにしても…今シーズンは人が入らない山やルートばかりを選んでいて、
山頂まで達することができないことも多く、
同じ山に2週連続登るということが今回で3度目になってしまいました。


 

感想/記録

先週に撤退していたので、今週もあらためて
飯士山へというのは決まっていました。

先週登った鋸尾根、離れたところから改めて見ると
今にも崩れそうな尾根、、
あんなとこ、登れなかったよなぁという感じ。

今回登った尾根は、すぐそこにスキー場があって、
滑っている人がよく見えるほど。
スキーヤーはきっと「あんなところに人が」と思ったことでしょう。
雪庇もすごいし、かなり高度感があるうえ、
雪がゆるみはじめていたため緊張するところもあったけど、
ちゃんと山頂に行けて、よかった。
さいご、ちゃんと楽しげなスキー場に戻れてよかった。

雪の飯士山、最高でした。

おしまい。




訪問者数:664人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ