また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1392417 全員に公開 ハイキング奥武蔵

河又名栗湖BSからバリ・ルート色々 落ちると思った

日程 2018年03月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
起点:飯能駅→河又名栗湖BS
終点:吾野駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間0分
休憩
1時間16分
合計
7時間16分
S河又名栗湖入り口08:4909:04尾須沢鍾乳洞09:0609:48仁田山峠09:5610:23鉄塔46号10:2410:29鉄塔45号10:3010:30滝ノ入山10:33鉄塔44号10:4210:49八幡坂ノ頭10:58竹寺11:1411:36豆口山11:3712:07天王山12:0812:30中沢バス停12:33権五郎神社12:4113:29堂平山13:3513:54高反山14:4114:58前坂15:21りゅうがい山15:4416:05吾野駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
07:49着 飯能駅 08:00バス発

08:39 河又名栗湖入口BS 08:49
↓0:15(標準0:30)
09:04 尾須沢鍾乳洞 09:06
↓0:42(自己予定0:45)
09:48 仁田山峠 09:56
↓0:27(0:30)
10:23 鉄塔46号
↓0:10(0:15)
10:33 鉄塔44号 10:42
↓0:16(0:20)
10:58 竹寺 11:14
↓0:22(0:40)
11:36 豆口山 11:37
↓0:30(0:30)
12:07 天王山 12:08
↓0:22(0:25)
12:30 中沢
↓0:59(0:45)
13:29 堂平山 13:35
↓1:06(0:40)
14:41 祠
↓0:05(0:15)
14:46 前坂入口
↓0:12(0:20)
14:58 前坂
↓0:23(0:40)
15:21 龍崖山 15:44 ルートを捜して時間ロス
↓0:21(0:30)
16:05 吾野駅 16:18発
コース状況/
危険箇所等
登山道が崩落・消失していると思われる箇所やどうしても発見できない道もあった。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 グローブ 防寒着 雨具 帽子 靴紐 サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ゼリー飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 免許証 メガネ スマホ スマホ充電池 時計 サングラス 熊鈴 タオル ストック 折畳み傘 ツェルト チェーンスパイク トイレットペーパー

写真

河又名栗湖BSよりスタート。名郷方向へちょっと歩くと
2018年03月03日 08:41撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河又名栗湖BSよりスタート。名郷方向へちょっと歩くと
2
尾須沢鍾乳洞入口が登山口
2018年03月03日 08:50撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾須沢鍾乳洞入口が登山口
2
これが鍾乳洞。洞窟
2018年03月03日 09:04撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが鍾乳洞。洞窟
5
岩盤全体図。この後踏み跡を少し進んで右の急登の斜面を這い上がる。直進してもロープ場を経て行ける
2018年03月03日 09:06撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩盤全体図。この後踏み跡を少し進んで右の急登の斜面を這い上がる。直進してもロープ場を経て行ける
ここを左から来たが、前述のロープ場経由の道と合流する
2018年03月03日 09:11撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを左から来たが、前述のロープ場経由の道と合流する
急登を登って
2018年03月03日 09:19撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を登って
平坦地に出た
2018年03月03日 09:21撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平坦地に出た
最初のピークはスルーして
2018年03月03日 09:29撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初のピークはスルーして
次のピークを左に進むと仁田山峠方向。右に進むと楢抜山方向
2018年03月03日 09:34撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次のピークを左に進むと仁田山峠方向。右に進むと楢抜山方向
なかなか良い道だ
2018年03月03日 09:45撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか良い道だ
1
舗装路に出るとここが
2018年03月03日 09:48撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路に出るとここが
仁田山峠。この看板、以前は無かったし、良く見ると左上に
2018年03月03日 09:48撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仁田山峠。この看板、以前は無かったし、良く見ると左上に
1
ウサギ?リス?が乗っていた
2018年03月03日 09:49撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウサギ?リス?が乗っていた
3
そしてすぐ目の前の手摺付き階段を登って嶺方面へ
2018年03月03日 09:57撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてすぐ目の前の手摺付き階段を登って嶺方面へ
ここで左右に分かれるが
2018年03月03日 09:58撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで左右に分かれるが
右の道にこの案内があり右へ進むが結局左と合流するし、やや遠回りになるので左の方がお薦めだ
2018年03月03日 09:59撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の道にこの案内があり右へ進むが結局左と合流するし、やや遠回りになるので左の方がお薦めだ
東電ポール。鉄塔47号へと進む
2018年03月03日 10:01撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東電ポール。鉄塔47号へと進む
ヒノキとスギの落葉。幸い今日はまだ花粉症が発症していない
2018年03月03日 10:08撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒノキとスギの落葉。幸い今日はまだ花粉症が発症していない
ここで47号へは行かずに46号を目指す
2018年03月03日 10:13撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで47号へは行かずに46号を目指す
鉄塔46号
2018年03月03日 10:23撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔46号
このような写真は、撮っている自分が恥ずかしくなりあまり好きではない
2018年03月03日 10:23撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このような写真は、撮っている自分が恥ずかしくなりあまり好きではない
1
眺望抜群!棒ノ嶺が見えた
2018年03月03日 10:24撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺望抜群!棒ノ嶺が見えた
5
川苔山
2018年03月03日 10:25撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川苔山
4
蕎麦粒山
2018年03月03日 10:25撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山
5
三ツドッケか?
2018年03月03日 10:25撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツドッケか?
1
鳥居観音
2018年03月03日 10:25撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居観音
鉄塔45号
2018年03月03日 10:29撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔45号
伐採地を進んで
2018年03月03日 10:30撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伐採地を進んで
鉄塔44号。ここからの眺望良しと詳細図に載っているのだが
2018年03月03日 10:33撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔44号。ここからの眺望良しと詳細図に載っているのだが
電線が邪魔である
2018年03月03日 10:33撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電線が邪魔である
牛頭の峰とある。八幡坂ノ頭のこと?到達時刻的にもそう思う
2018年03月03日 10:49撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛頭の峰とある。八幡坂ノ頭のこと?到達時刻的にもそう思う
竹寺が見えて来た
2018年03月03日 10:56撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竹寺が見えて来た
1
そして蝋梅発見
2018年03月03日 11:08撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして蝋梅発見
いいねェ
2018年03月03日 10:58撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いいねェ
2
透けている
2018年03月03日 10:58撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
透けている
2
次はフクジュソウ(福寿草)
2018年03月03日 10:59撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次はフクジュソウ(福寿草)
ピカピカ光っている
2018年03月03日 11:00撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピカピカ光っている
5
開きかけも微妙に美しい
2018年03月03日 11:00撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開きかけも微妙に美しい
1
ツバキ(椿)もお見事
2018年03月03日 11:01撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツバキ(椿)もお見事
3
横顔も可憐
2018年03月03日 11:01撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横顔も可憐
1
ミツマタはこれから
2018年03月03日 11:02撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツマタはこれから
竹寺にこんな多重鳥居があったっけ?
2018年03月03日 11:03撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竹寺にこんな多重鳥居があったっけ?
1
紅梅も満開
2018年03月03日 11:04撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅梅も満開
2
茅の輪くぐりをして竹寺を後にする
2018年03月03日 11:05撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茅の輪くぐりをして竹寺を後にする
鐘撞堂からの道との合流点。ここを右側の急登へ進む
2018年03月03日 11:25撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鐘撞堂からの道との合流点。ここを右側の急登へ進む
トップに出た。赤杭が目印
2018年03月03日 11:29撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トップに出た。赤杭が目印
豆口山到着。八王子尾根へ進路を取る
2018年03月03日 11:36撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豆口山到着。八王子尾根へ進路を取る
1
ここは最重要迷い所。このテープがなかったら絶対間違えていたと思う。左手にちゃんとした踏み跡のある道があるが、これはけもの道と書いてある。それで木の左へ回り込むと
2018年03月03日 11:44撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは最重要迷い所。このテープがなかったら絶対間違えていたと思う。左手にちゃんとした踏み跡のある道があるが、これはけもの道と書いてある。それで木の左へ回り込むと
1
中沢はこの方向と示しているが
2018年03月03日 11:44撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中沢はこの方向と示しているが
1
一見、馬酔木が覆っていて道がない。近づいて見ると道が向こうに続いているのが見えた。テープがなければ完全に見落とす所だった
2018年03月03日 11:45撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一見、馬酔木が覆っていて道がない。近づいて見ると道が向こうに続いているのが見えた。テープがなければ完全に見落とす所だった
1
あれ?崖で行き止まり?いや、Uターンして下へ降りる道があった
2018年03月03日 11:56撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれ?崖で行き止まり?いや、Uターンして下へ降りる道があった
降りて右折して振り返る。右上が登山道の続き
2018年03月03日 11:58撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りて右折して振り返る。右上が登山道の続き
天王山に到着
2018年03月03日 12:07撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天王山に到着
2
スペースは四畳半程か
2018年03月03日 12:07撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スペースは四畳半程か
うわーぁ!熊か?!違った、朽ちた木だった
2018年03月03日 12:14撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うわーぁ!熊か?!違った、朽ちた木だった
2
熊の足跡のような物を時々見かけていたのでさっきは驚いた
2018年03月03日 12:15撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊の足跡のような物を時々見かけていたのでさっきは驚いた
粉砕している廃屋の横を通って
2018年03月03日 12:28撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
粉砕している廃屋の横を通って
舗装路に出て来た。ここを左に行くと
2018年03月03日 12:29撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路に出て来た。ここを左に行くと
権五郎神社。その右手を見ると
2018年03月03日 12:33撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権五郎神社。その右手を見ると
1
登山道らしき道があったと思ったのは束の間で
2018年03月03日 12:34撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道らしき道があったと思ったのは束の間で
すぐに道がなくなった。落ち枝とザレ場でズルズルの斜面を、立木はもちろん根っ子や細い枝、掴める物は何でも掴んで登った。西へ西へと調整していたら
2018年03月03日 12:49撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに道がなくなった。落ち枝とザレ場でズルズルの斜面を、立木はもちろん根っ子や細い枝、掴める物は何でも掴んで登った。西へ西へと調整していたら
綺麗な道が現れた。詳細図のように神社の右から入らずに左(西)の方から登る道があるんだろうな
2018年03月03日 13:03撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な道が現れた。詳細図のように神社の右から入らずに左(西)の方から登る道があるんだろうな
1
歩きやすい。ここは P434
2018年03月03日 13:12撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい。ここは P434
堂平山に到着。ここは来た道から右折するように進む
2018年03月03日 13:35撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂平山に到着。ここは来た道から右折するように進む
3
スルギからの道に合流するが、堂平山方向には通せん棒が置いてあった
2018年03月03日 13:46撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スルギからの道に合流するが、堂平山方向には通せん棒が置いてあった
高反山への分岐。通せん棒が置いてあるが進入する
2018年03月03日 13:52撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高反山への分岐。通せん棒が置いてあるが進入する
すぐに高反山。そのまま直進
2018年03月03日 13:54撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに高反山。そのまま直進
2
ピンクテープが短い間隔で巻いてある
2018年03月03日 13:56撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンクテープが短い間隔で巻いてある
詳細図の「岩」。この左を通過する
2018年03月03日 13:58撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
詳細図の「岩」。この左を通過する
1
見晴らしのよい所に出た。南方向。向こうは登戸ルートかな?
2018年03月03日 14:03撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らしのよい所に出た。南方向。向こうは登戸ルートかな?
ここで道がなくなった。落ち枝とザレで滑り台状態の急坂を無理矢理下って来た。手は真っ黒になっている
2018年03月03日 14:05撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで道がなくなった。落ち枝とザレで滑り台状態の急坂を無理矢理下って来た。手は真っ黒になっている
下りた所から見上げる。写真だと道に見えるかもしれないが、かなり急で酷かった
2018年03月03日 14:14撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りた所から見上げる。写真だと道に見えるかもしれないが、かなり急で酷かった
詳細図の「丸太」ってこれ?これを渡るの?
2018年03月03日 14:16撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
詳細図の「丸太」ってこれ?これを渡るの?
そんな訳ない。少し行くとこの丸太があった。緑色は苔ではなく緑色のマットが乗せてある。ここで舗装路に出る
2018年03月03日 14:17撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そんな訳ない。少し行くとこの丸太があった。緑色は苔ではなく緑色のマットが乗せてある。ここで舗装路に出る
1
舗装路から登山道に入り直す。テープがある。やばいぞ!ちょっと進んだ所で右脚が攣り始めた
2018年03月03日 14:24撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路から登山道に入り直す。テープがある。やばいぞ!ちょっと進んだ所で右脚が攣り始めた
すぐさま芍薬甘草湯を飲む。するとあ〜ら不思議、痙攣が止まった
2018年03月03日 14:27撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐさま芍薬甘草湯を飲む。するとあ〜ら不思議、痙攣が止まった
5
スルギからの道と再び合流
2018年03月03日 14:34撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スルギからの道と再び合流
お地蔵様を通過して
2018年03月03日 14:37撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お地蔵様を通過して
1
祠を下ると舗装路に出る
2018年03月03日 14:41撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠を下ると舗装路に出る
しばらく歩くと前坂への入口の道標があった
2018年03月03日 14:46撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく歩くと前坂への入口の道標があった
前坂到着。自分の予定より20分位早いので
2018年03月03日 14:57撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前坂到着。自分の予定より20分位早いので
龍崖山にも寄って行こう
2018年03月03日 15:09撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍崖山にも寄って行こう
2
龍崖山に到着。この後北側のバリ・ルートで下山しようとしたが道が分からない。東の斜面から西へと移動しながら道を捜したが、傾斜がキツくこれ以上動くと落ちると思ったので、必死の思いで山頂へ戻り元の道を引き返した
2018年03月03日 15:20撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍崖山に到着。この後北側のバリ・ルートで下山しようとしたが道が分からない。東の斜面から西へと移動しながら道を捜したが、傾斜がキツくこれ以上動くと落ちると思ったので、必死の思いで山頂へ戻り元の道を引き返した
2
登山道入口。いつの間にか墓になっている
2018年03月03日 15:59撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道入口。いつの間にか墓になっている
1
吾野湧水を頂く。顔と真っ黒な手を洗う
2018年03月03日 16:01撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吾野湧水を頂く。顔と真っ黒な手を洗う
1
トンネルを抜けると
2018年03月03日 16:03撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルを抜けると
吾野駅にゴール
2018年03月03日 16:05撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吾野駅にゴール
1
帰り道。ジンチョウゲ(沈丁花)の蕾を発見
2018年03月03日 17:10撮影 by SO-04J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道。ジンチョウゲ(沈丁花)の蕾を発見
1

感想/記録

 今回、天王山という山の名前が気になって、ここを通るルートを含めてバリ・ルートメインで計画を立ててみた。結果、堂平山への取り付きが良く判らなかった事、高反山からの終盤で登山道が多分崩壊していた事、龍崖山からの北側バリ・ルートが分からなかった事で随分タイムロスしてしまった。
〈河又名栗湖BS→仁田山峠〉
 このルートは、以前道間違いをして擁壁から飛び降りるという危険を冒してしまった経験がある。今回検証を兼ねていたが、やはり尾須沢鍾乳洞から稜線に乗るまでの区間が、知っていないと分かりづらいと思う。
〈仁田山峠→竹寺〉
 この区間は問題ないと思われる。鉄塔を目指せばよいので分かりやすい。
〈竹寺→豆口山〉
 鐘撞堂からの道との合流点のすぐ近くから急登を登れば良い。登ってしまえば後は一直線だ。
〈豆口山→天王山→中沢〉
 豆口山からの進路はすぐ分かると思うが、少し進むと詳細図に北東への尾根分岐部があるが、樹木に張ってあるテープを見逃さなければ大丈夫である。テープを見逃すと自分では道を見つけられないと思う。
〈中沢→堂平山〉
 権五郎神社からの本当の取り付きが分からなかったため廃道なのか?と思いつつ道なき道を這い上がった。地形図のみんなの足跡では、神社の西側から取り付いている道もあるのでこちらが正解なのか?
〈堂平山→スルギ尾根〉
 堂平山からの進行方向に注意が必要だ。来た道を右折する感覚で進む。直進道にもはっきりした踏み跡があるので間違えやすい。
〈スルギ尾根→高反山→林道〉
 高反山ルートの終盤部分で登山道が消失していのだと思う。無理矢理下って行くと墓地のような場所に出るのだが、そこからは道がはっきりしている。そしてそこから見上げてみても、正規の登山道と思われる道には太い倒木が何本もあり通れなくなっている。
〈林道→スルギ尾根→前坂〉
 このルートはほぼ一般登山道に準じているので問題はない。
〈前坂→龍崖山〉
 龍崖山に登るだけなら道標はしっかりあるので問題はない。その後詳細図の北側ルートから下山しようとしたがとうしても道が分からなかった。30m程下ってみて東側に進んでいる事がGPSで判ったので西側に寄せつつ進んだが、かなりの急勾配で岩も突出しており、落ちたらまちがいなく死ぬなと思い、尚且つこのまま無理をすれば必ず落ちるであろうと確信して、えらい苦労して山頂へ引き返したため、結局正規ルートらしき道は発見できなかった。残念!
〈龍崖山→吾野駅〉
 来た道を引き換えし、一般登山道を行ったので問題なし。

 今回ある意味無謀だった場面もあったと思うが、龍崖山で最後まで突っ込まないで引き返したという事に関しては、今となっては良い決断だったと安堵している。





 本日の総歩数(door to door) 27,508歩
総歩行距離 18.70km
消費カロリー 928kcal
訪問者数:283人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ