また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1392757 全員に公開 ハイキング奥武蔵

イモリ山東北尾根〜浅見茶屋〜吉田山城址尾根

日程 2018年03月03日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車
西吾野
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間0分
休憩
2時間17分
合計
6時間17分
S西吾野駅08:3609:24イモリ山09:4910:07天寺十二丁目石11:10浅見茶屋12:1012:30小床峠12:56吉田山12:5813:10林道13:40朝日稲荷13:5014:03ロックガーデンカフェ14:4314:53西吾野駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大半が杉の植林なので花粉症の人は覚悟がいります。
その他周辺情報浅見茶屋のうどんは勿論甘味も旨い。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

今日は森坂峠へ向かう道の左の尾根を歩く。
2018年03月03日 08:47撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は森坂峠へ向かう道の左の尾根を歩く。
1
しっかり踏み跡がある。
2018年03月03日 08:55撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しっかり踏み跡がある。
1
あっけなく尾根に乗る。
2018年03月03日 08:57撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっけなく尾根に乗る。
なかなかいい尾根です。
2018年03月03日 08:58撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなかいい尾根です。
1
左の尾根と合流。
2018年03月03日 09:05撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の尾根と合流。
何か見覚えのある
2018年03月03日 09:10撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何か見覚えのある
以前間違えて降りたところまで来てしまったか。
2018年03月03日 09:13撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前間違えて降りたところまで来てしまったか。
え、もう破線ルートに突き当たってしまった。
2018年03月03日 09:21撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
え、もう破線ルートに突き当たってしまった。
イモリ山山頂を東から見る。
2018年03月03日 09:23撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イモリ山山頂を東から見る。
お賽銭がどんどん増えていく。
2018年03月03日 09:26撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お賽銭がどんどん増えていく。
1
今日は山頂の北側の広場で大休止。
2018年03月03日 09:29撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は山頂の北側の広場で大休止。
1
直登ルート側からの山頂。
2018年03月03日 09:51撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直登ルート側からの山頂。
1
十二丁目石
2018年03月03日 10:10撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十二丁目石
1
今日は時間つぶしに子の権現に近づくので無駄な直登ではない。
2018年03月03日 10:12撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は時間つぶしに子の権現に近づくので無駄な直登ではない。
車道には上がらず、直進する。
2018年03月03日 10:36撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道には上がらず、直進する。
浅見茶屋への一般道に突き当たり振り返る。
2018年03月03日 10:40撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅見茶屋への一般道に突き当たり振り返る。
1
久々に公的道標を見る。
2018年03月03日 10:50撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久々に公的道標を見る。
この祠は神輿。
2018年03月03日 10:57撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この祠は神輿。
素人細工で屋根が拡張してあります。
2018年03月03日 10:59撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素人細工で屋根が拡張してあります。
首がもげた。
2018年03月03日 11:03撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
首がもげた。
1
きつねうどん。
2018年03月03日 11:25撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きつねうどん。
1
黒蜜掛けのところてんと赤エンドウ寒天とクリーム蜜豆。
2018年03月03日 11:47撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒蜜掛けのところてんと赤エンドウ寒天とクリーム蜜豆。
4
福寿草。
咲き始めは透明感があって光って見えます。
2018年03月03日 12:16撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
福寿草。
咲き始めは透明感があって光って見えます。
1
吉田山の木の傷。
2018年03月03日 12:58撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吉田山の木の傷。
通せん棒を越えて城址後尾根へ。
2018年03月03日 13:02撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通せん棒を越えて城址後尾根へ。
築城の中心跡。
2018年03月03日 13:05撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
築城の中心跡。
武者溜りを見学しようと思いつつどんどん降りてします。
2018年03月03日 13:06撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武者溜りを見学しようと思いつつどんどん降りてします。
つまらない下り。
2018年03月03日 13:08撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つまらない下り。
林道に出ました。
2018年03月03日 13:20撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に出ました。
つまらない尾根なので突っ切るのやめて林道沿いに進みます。
2018年03月03日 13:25撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つまらない尾根なので突っ切るのやめて林道沿いに進みます。
御岳山からの下山道に合流しました。
2018年03月03日 13:35撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御岳山からの下山道に合流しました。
朝日稲荷の池。
大きな金魚が二匹いました。
彼らに取りこの世界は幸福か不幸かを3人で議論する。。
2018年03月03日 13:42撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日稲荷の池。
大きな金魚が二匹いました。
彼らに取りこの世界は幸福か不幸かを3人で議論する。。
朝顔形のトイレ
2018年03月03日 13:43撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝顔形のトイレ
三級の階段。
2018年03月03日 13:49撮影 by NIKON D800E, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三級の階段。
1
撮影機材:

感想/記録

九週連続の浅見茶屋ツアー。
今回は森坂峠への橋を渡りすぐに左手の尾根に取り付きました。
本陣山椚平尾根コースも主稜北尾根もとても良いコースですが、どちらも人様の住居敷地内が取付き地点なのが気が引けるところです。
しかしここはあまり気にしなくてよい取付き点なのが嬉しいです。
尾根に乗るまでもしっかり踏み跡があります。
気持ちい尾根ですが、あっという間にイモリ山についてしまいました。
山頂に9時半前についてしまい、このまま浅見茶屋に行くと1時間以上開店を待たなくてはなりません。
協議の結果まだ歩いたことのない小床峠から子の権現に延びる尾根を歩くことにしました。
この道も多くの人が歩いている割には感じのいい道でした。
但し我々は子の権現の舗装道路には上がらず、そのままトラバースを続けて、浅見茶に降りる道に直接出て浅見茶に向かいました。
途中、前回は通過した木製の祠に立ち寄りました。
建物は神輿をそのまま流用したものでした。
賽銭箱には鍵がかかっておらず、中をのぞくことができました。
おかげで賽銭箱の構造を理解できました。
この周辺の山には祠がたくさんあって、その都度賽銭を置いて拝み倒しています。
今回も3か所で賽銭を投入し拝みました。
期待した吉田山城址尾根は途中の武者溜りらしきところをじっくり確認しようと思いつつ、気が付いたらつまらない植林地帯の急斜面を先に急いでしまいました。
途中で廃道に近い林道にぶつかり、突っ切ろうかと思いましたが、面白みを感じなかったので、林道沿いに進みました。
案の定、御岳山から朝日稲荷への道にぶつかり、朝日稲荷の巨大金魚を見てロックガーデンカフェに急ぎました。
訪問者数:193人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/1/22
投稿数: 1006
2018/3/3 21:46
 山歩きでなく、浅見茶屋ツアーなんですね(^▽^)/
borav64m さん、こんばんは。

どうやって、狭いルーとの中で、毎回毎回、異なるルートを組み立てられるのでしょうか。じっと、地図とにらめっこしていても、なかなか、イメージが湧かない私としては、不思議で仕方ありません。天気も良くて、楽しそうでした。
だんだん、目的というか趣旨が変化しているのが、borav64m さんらしくなくて、かわゆいです。
お疲れさまでした。
登録日: 2014/4/2
投稿数: 718
2018/3/3 22:11
 Re: 山歩きでなく、浅見茶屋ツアーなんですね(^▽^)/
NUSICA001さん
こんばんは
今日、イモリ山に直接上がる尾根はとてもよかったのですが、時間が余ってしまい妙なルートの取り方になりました。
また下りの吉田山城址尾根はこの9週の中で最もつまらないコースでした。
次週は天気が良ければゆっくりどこかでコーヒーを立てる予定です。
そういえば見事に花粉症に侵され、歩きながらティッシュを3袋使い切りました。
今迄は花粉には罪がなく、都心に運ばれてばい煙と結合して悪さをするのかと思っていましたが、純粋に杉林の中でも人間の体に影響を与えるようです。いやまて、すぐ下の国道には石灰鉱山関係で大型トラックがひっきりなしに走っているから、その影響でしょうか。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 直登 廃道 道標 クリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ