また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1392830 全員に公開 雪山ハイキング東海

能郷白山

日程 2018年03月03日(土) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク
うすずみ温泉。道の駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間39分
休憩
4分
合計
8時間43分
Sスタート地点05:3606:35能郷谷林道ゲート07:48能郷谷登山口07:4908:35能郷谷旧登山口09:43前山09:4510:44能郷白山10:4510:53能郷白山神社奥宮12:07前山13:05能郷谷登山口13:51能郷谷林道ゲート14:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
土場の先、橋を渡ったところで除雪が終わっている。そこから終始雪上歩行。途中雪が切れて洗い越しが何か所かある。
その他周辺情報うすずみ温泉
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 スキー スノーシュー シリセード用ソリ ストック
備考 アイゼンは持参しなかったが凍った前山頂上付近と本峰最後の急斜面ではスノーシューの爪を効かせて登った。またピッケルは持たずストックだけだったが、結果的にはそれで済んだが、もっと凍てついていたらピッケルアイゼンは持参した方が無難。

写真

橋を渡った所で除雪終了。出発して10分ほどしてサングラスを忘れたことに気づき、車に戻り、ついでにスキーとブーツも運ぶことにする。かなり時間をロスした。
2018年03月03日 05:36撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡った所で除雪終了。出発して10分ほどしてサングラスを忘れたことに気づき、車に戻り、ついでにスキーとブーツも運ぶことにする。かなり時間をロスした。
左岸に渡る橋から。
2018年03月03日 07:24撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸に渡る橋から。
登山口手前の小さなデブリ
2018年03月03日 07:38撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口手前の小さなデブリ
左の斜面の亀裂。
2018年03月03日 08:43撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の斜面の亀裂。
お迎えブナ。手前の岩は雪の下
2018年03月03日 08:48撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お迎えブナ。手前の岩は雪の下
老ブナ坂
2018年03月03日 08:54撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
老ブナ坂
前山の南斜面
2018年03月03日 09:32撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前山の南斜面
前山から白山
2018年03月03日 09:45撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前山から白山
3
磯倉と蕎麦粒山
2018年03月03日 09:46撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
磯倉と蕎麦粒山
2
最後の急斜面の先行者と飛行機雲
2018年03月03日 10:34撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の急斜面の先行者と飛行機雲
2
京都からの先行者と撮り合う。
2018年03月03日 10:46撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京都からの先行者と撮り合う。
2
三角点付近から奥の院
2018年03月03日 10:47撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点付近から奥の院
1
吊り尾根から振り返る。
2018年03月03日 12:04撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り尾根から振り返る。
2
登山口。ここでスキーに替える。
2018年03月03日 13:06撮影 by SC-02G, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口。ここでスキーに替える。

感想/記録

今年最初の能郷白山初詣。一番乗りしたが、サングラスを忘れて戻ったりスキーを持っていくことにしたりもたついた。自分の技術体力からして頂上まで担ぎ上げて滑ることは諦めて、前山にデポしようかと思っていた。しかし、ゲートまでもいい加減歩き疲れ、ようやくいつものコース。ザックの中のテレマークブーツが重い。雪道はかってこになっているのでツボ足で十分だが、スノーシューもスキーもザックに付けているので重い。さて登山口にようやく着くと、分解した案内板はまだ法面の雪の下で見当たらない。しかも案内板の支柱すら雪の下。あるいは雪崩で倒れているの頭も見えていない。これ以上スキーを背負って登るのはやめようと思っていると後続者3人が来る。スキーと靴をデポして、身軽になって後続者とともに郡界尾根を登るが、古いトレースが残っている。お迎えブナも大岩は雪の下で、標識も見えない。「ももすり石」は完全に雪の下。前山は今まで経験したことのないほど凍結していてストックしかないためスノーシューを付けてその爪を効かせて行く。京都の若者が少し先を歩いているがかなりの健脚。吊尾根の鞍部で彼は最後の急斜面に備えてアイゼンを着けたが、こちらはスノーシューでけり込みながら登る。山頂でお互い写真を撮り合うが山頂標識は完全に雪の下。奥の院の床下も堅い雪に埋もれていてレスキューボックスはまったく埋もれて見えない。京都の若者は磯倉へ。あとの二人は下山時にすれ違うように到着。急斜面はスノーシューを外してツボ足で下り、途中からシリセード用ソリを使用。日中は予想通りかなり雪が緩んでくるのでアイゼンは要らない。郡界尾根から「お迎えブナ」の上を西に進み、谷沿いの斜面に入りこみ、シリセード用ソリで豪快に滑るが、昨年デブリが出ていたし、天候によっては底雪崩が心配な斜面でもある。腐った雪なのでやはり下手なスキーではどうしようもないだろう。登山口からの長い林道は苦労して担ぎ上げたスキーがおおいに役に立った。雪が切れた箇所はその度に脱着したが苦にならない。途中ですれ違った人がうらやましがっていたが、担ぎ上げたご褒美。本来なら山の斜面を豪快に滑るためのスキーなのだが、長い林道の下りを楽にこなすためには有用だった。特に午後の下山時はは雪が緩んで落とし穴状況だった。関西方面からの登山者が多かった。
訪問者数:1098人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ