また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1394457 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

北横岳-縞枯山-茶臼山 *碧は藍より青し*A,M*

日程 2018年03月04日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
茅野駅発7:55(アルピコ交通、往復割引2,200円)北八ヶ岳ロープウェイBS着8:50、山麓駅発9:00(往復割引1,700円)山頂駅着9:07
北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅発13:40、山麓駅着13:47北八ヶ岳ロープウェイBS発14:45、茅野駅着15:43
※茅野駅の階段は、最後部東京寄りに。バス停は東口2番乗り場、案内所の前に在る。
※ロープウェイのバス停は、山麓駅を出て左手に在る。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間38分
休憩
38分
合計
4時間16分
S北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅09:2009:28坪庭09:47三ツ岳分岐09:52北横岳ヒュッテ10:02北横岳(南峰)10:0310:05北横岳10:1210:15北横岳(南峰)10:1610:23北横岳ヒュッテ10:27三ツ岳分岐10:2910:44坪庭10:57縞枯山荘11:02雨池峠11:28縞枯山11:39縞枯山 展望台11:49縞枯茶臼鞍部12:02茶臼山12:05茶臼山展望台12:1212:15茶臼山、昼食12:3512:46縞枯茶臼鞍部13:04五辻13:36北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
軽アイゼンは必要。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

ロープウェイ山頂駅前の賑わいと、きつつき。
2018年03月04日 09:19撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ山頂駅前の賑わいと、きつつき。
5
アイゼン装着後、北横岳へ向かう。
2018年03月04日 09:19撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼン装着後、北横岳へ向かう。
3
山頂駅を振り返る。南アルプスが近い。
2018年03月04日 09:23撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂駅を振り返る。南アルプスが近い。
3
坪庭を離れる。
2018年03月04日 09:28撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坪庭を離れる。
4
南アルプスと南八ヶ岳が見え始めた。
2018年03月04日 09:41撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスと南八ヶ岳が見え始めた。
3
北横岳ヒュッテ前も賑わっている。
2018年03月04日 09:51撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳ヒュッテ前も賑わっている。
3
この景色を見に来た。これ以上何を望もう。
2018年03月04日 10:01撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この景色を見に来た。これ以上何を望もう。
9
南峰、いきなり風が強い。
2018年03月04日 10:02撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰、いきなり風が強い。
3
10時5分、北横岳北峰到達。
2018年03月04日 10:05撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時5分、北横岳北峰到達。
4
浅間山もはっきりと望める。
2018年03月04日 10:10撮影 by VR360,D760 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山もはっきりと望める。
6
ティアラを冠した女神、蓼科山。
2018年03月04日 10:11撮影 by VR360,D760 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ティアラを冠した女神、蓼科山。
9
美ヶ原も北アルプスの峰々。
2018年03月04日 10:12撮影 by VR360,D760 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美ヶ原も北アルプスの峰々。
4
素晴らしい碧。
2018年03月04日 10:15撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい碧。
7
南と南の競演。
2018年03月04日 10:17撮影 by VR360,D760 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南と南の競演。
4
素敵な樹林帯を下り、坪庭へ。
2018年03月04日 10:24撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素敵な樹林帯を下り、坪庭へ。
4
縞枯山荘が現れた。
2018年03月04日 10:55撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯山荘が現れた。
3
残念ながら今日は営業していない。
2018年03月04日 10:57撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残念ながら今日は営業していない。
3
11時、山荘と横岳を振り返る。
2018年03月04日 11:00撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11時、山荘と横岳を振り返る。
3
雨池峠を通過。
2018年03月04日 11:02撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨池峠を通過。
4
縞枯山へは北横岳の登りより急坂。
2018年03月04日 11:11撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯山へは北横岳の登りより急坂。
3
直下、空が広がる。
2018年03月04日 11:26撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直下、空が広がる。
4
縞枯山。
2018年03月04日 11:27撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯山。
3
縞枯山展望台。
2018年03月04日 11:39撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯山展望台。
3
重たそうな茶臼山と南八ヶ岳。
2018年03月04日 11:40撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
重たそうな茶臼山と南八ヶ岳。
4
12時、茶臼山に到達。
2018年03月04日 12:02撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12時、茶臼山に到達。
1
茶臼山展望台。
2018年03月04日 12:05撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山展望台。
2
茶臼山のいなくなった南八ヶ岳を望む。
2018年03月04日 12:06撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山のいなくなった南八ヶ岳を望む。
3
甲斐駒が霞んできた。
2018年03月04日 12:10撮影 by VR360,D760 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒が霞んできた。
3
茶臼山、縞枯山の鞍部より緩やかに下りる。
2018年03月04日 12:47撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山、縞枯山の鞍部より緩やかに下りる。
1
縞枯の中で。
2018年03月04日 12:49撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯の中で。
4
巻層雲のヴェールが広がり始めた。
2018年03月04日 12:51撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻層雲のヴェールが広がり始めた。
6
五辻で鋭角に進路を変える。ここからしばらくは緩い登りが待っている。
2018年03月04日 13:04撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五辻で鋭角に進路を変える。ここからしばらくは緩い登りが待っている。
2
素晴らしい眺望を与えてくれた横岳に感謝。
2018年03月04日 13:30撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい眺望を与えてくれた横岳に感謝。
4
ロープウェイ山頂駅に戻ってきた。4時間にも満たない歩行時間だったが、十分にその碧を堪能した。
2018年03月04日 13:33撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ山頂駅に戻ってきた。4時間にも満たない歩行時間だったが、十分にその碧を堪能した。
4
外し、仕舞い、整えて乗車する。
2018年03月04日 13:37撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外し、仕舞い、整えて乗車する。
2
久しぶりの〆。バス発車までの1時間、のんびり過ごせそうだ。
2018年03月04日 13:50撮影 by 304SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりの〆。バス発車までの1時間、のんびり過ごせそうだ。
7

感想/記録

 このところの低山歩きに少し飽きたので、八ヶ岳の碧を見に出かけた。例によって前夜に甲府入り、いつもの宿でいつものニュース番組を観ながら眠りに落ちた。
 コンビニエンスストアでコーヒーを調達、サーモスに注いだのち甲府駅に向かう。松本行き普通列車に揺られて茅野駅へ。7時55分発のバスに乗る。乗客はほぼ登山客。意外にも独りも多かった。車窓からの景色を懐かしく感じながら蓼科へ。
 ロープウェイ駅で、スキーヤーよりもボーダーの方が多いことを知る。100人乗りのそれは、静かに標高差400メートルを駆け上がり、雪の世界へといざなう。アイゼンを装着、ストックの石突きカバーを外し、青空を見上げる。今日はいつまでもこの碧さを感じていたい。
 坪庭をゆっくり進み、やがて離れて行く。白と緑と青の世界、十分に昂揚していた。思ったほど登山者の数は多くない。静かに、緩やかに登る。振り返れば雪を纏った坪庭と縞枯山。間もなく南と南も姿を現す。
 北横岳ヒュッテを過ぎて、最も見たかった景色と出会う。もう少し早ければもう少し白を堪能できたのだろうが、贅沢は言うまい。この眺望が得られれば、今回の山行は成功なのだ。急に風の速まった南峰を後にする。
 北峰からは、浅間山、蓼科山、北アルプス、御嶽山、南アルプス、南八ヶ岳の峰々。この素晴らしき瞬間に感謝の言葉しかない。風の強さは全く気にならなかった。名残惜しくも次なる峰を目指す。
 樹林帯の道を心地よく下る。雪は未だほどよい状態にあった。往復1時間半で坪庭に戻る。縦断したのち東進、雨池峠に向かうと懐かしき縞枯山荘が現れた。山荘前にはどこか長閑な時間が流れていた。
 縞枯山へは急坂が続く。木々から落ちる雪の音だけが響く中、ゆっくりと登った。息を整えようとした時、山頂に着いた。早速展望台へと向かう。眼前に重たそうな茶臼山が座っていた。
 一旦、鞍部に下りてから登り返す。茶臼山にはほどなく到着した。早速展望台へと向かう。南八ヶ岳がより近くに在った。そしてその東には奥秩父の山々、そろそろ向かわないと叱られそうだ。強風のせいにして視線を逸らした。
 軽く食事を取り、鞍部の分岐まで戻る。いつものように1本早いバスを意識し始めていた。間隔は2時間、中途半端は良くない。さっさと下りよう。いつしか薄雲が出始めていた。
 五辻までは20分ほど、やはり雪道の方が早い。縞枯れの光景が広がる中、後半の静かな山歩きに再び感謝した。そこからは緩やかな上り道が続く。トレースを外すと大きく踏み抜く。木道の上を通過していた。
 北横岳が見え始めると山頂駅は近い。今朝と同じ場所で空を見上げた。存分に碧さを感じられたひとときだった。
訪問者数:433人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ