また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1394468 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

花粉と戦う北高尾山稜

日程 2018年03月04日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
JR高尾駅北口より西東京バス『八王子城跡』行きで八王子城跡へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち39%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間50分
休憩
25分
合計
6時間15分
S八王子城跡バス停07:2607:48八王子城山08:06八王子城天守閣跡08:0808:21富士見台08:24杉沢ノ頭(峰ドッケ)08:38高ドッケ08:3908:53板当山08:5408:58板当峠09:04狐塚峠09:31黒ドッケ09:36湯ノ花山09:49大嵐山10:06三本松山10:0710:11関場峠10:44堂所山11:0011:23景信山11:52小仏峠11:5412:07城山12:0912:22一丁平12:38もみじ台12:45高尾山13:12大山橋13:26琵琶滝13:38高尾山・清滝駅13:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道上に雪はなし。堂所山までは人も少なく、泥濘もない。
高尾陣場縦走路に入ると圧雪の残りの泥濘あり。
その他周辺情報高尾山温泉極楽湯はやはり混む。食事の提供に時間がかかった。

写真

JR高尾駅から八王子城跡へのバスは、土日のみ運行。
手前の霊園前まで行くバスは多数あるのでアクセスは良い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR高尾駅から八王子城跡へのバスは、土日のみ運行。
手前の霊園前まで行くバスは多数あるのでアクセスは良い。
八王子城跡付近から登山道へ入るまでが若干分かりづらい。
同バスの登山者は3人ほどだったが、慣れてそうなのでついていった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八王子城跡付近から登山道へ入るまでが若干分かりづらい。
同バスの登山者は3人ほどだったが、慣れてそうなのでついていった。
九合目である。ここまで来たらもう勝ったも同然である。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九合目である。ここまで来たらもう勝ったも同然である。
そんな訳はなく、ただの八王子城山だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そんな訳はなく、ただの八王子城山だった。
井戸があった。ここからは富士見台への道標の方へ。
アップダウンの始まりである。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
井戸があった。ここからは富士見台への道標の方へ。
アップダウンの始まりである。
写真で高さを写すのは難しい。
いきなり高尾とは思えない感覚の登り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真で高さを写すのは難しい。
いきなり高尾とは思えない感覚の登り。
城関係の何かであるが、何もない。何かがあったのだろう。
このあたりからすでにくしゃみがヤバイ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城関係の何かであるが、何もない。何かがあったのだろう。
このあたりからすでにくしゃみがヤバイ。
草花の知識はないのでタンポポでないことしかわからない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草花の知識はないのでタンポポでないことしかわからない。
トレランの二人組が走っていった。
ベンチに人影はなく、高尾とは思えない静かな道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレランの二人組が走っていった。
ベンチに人影はなく、高尾とは思えない静かな道。
古き良きボロボロの標識。
朽ちても誰かが作り直し続けていきそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古き良きボロボロの標識。
朽ちても誰かが作り直し続けていきそう。
登っては下る。下っては登る。
高尾陣馬の歩きやすい道の隣とは思えない、奥多摩ぐらいの感じの道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登っては下る。下っては登る。
高尾陣馬の歩きやすい道の隣とは思えない、奥多摩ぐらいの感じの道。
1
景色もほとんどなく、ひたすら山道と向き合うのだ。
しかしそれが、ふとした自然を見つけることもある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色もほとんどなく、ひたすら山道と向き合うのだ。
しかしそれが、ふとした自然を見つけることもある。
2
二度ほど林道に出るも一瞬でトレイルに戻る。
しばし林道脇を並走。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二度ほど林道に出るも一瞬でトレイルに戻る。
しばし林道脇を並走。
花粉症の皆様を代表して怒りを叩きつけておいた。
花粉が舞った。
くしゃみがでた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花粉症の皆様を代表して怒りを叩きつけておいた。
花粉が舞った。
くしゃみがでた。
岩の登り。高尾なのに高尾じゃない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の登り。高尾なのに高尾じゃない。
2
急登、そして登りきれば同じだけ下る。
人生と山登りは似ているなぁ、とよくわからないことを考え始める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登、そして登りきれば同じだけ下る。
人生と山登りは似ているなぁ、とよくわからないことを考え始める。
もはや名前まで杉。
今日のくしゃみは30発を超えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もはや名前まで杉。
今日のくしゃみは30発を超えた。
このあたりから少し見晴らしがいい区間。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりから少し見晴らしがいい区間。
しかもアップダウンが緩み、わりと気持ちがいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかもアップダウンが緩み、わりと気持ちがいい。
1
強そうな名前だけど地味。
北高尾山稜、地味。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強そうな名前だけど地味。
北高尾山稜、地味。
鉄塔と送電線は地図上での目印になるのでチェックしておこう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔と送電線は地図上での目印になるのでチェックしておこう。
ひと登りで三本松山。松があるかはわからない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひと登りで三本松山。松があるかはわからない。
そしてまた下り、関場峠。
下ればもちろん、また登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてまた下り、関場峠。
下ればもちろん、また登る。
久々の登山に足が攣りそうになるも、ラストスパート!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久々の登山に足が攣りそうになるも、ラストスパート!
1
そして間もなく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして間もなく。
堂所山に到着。北高尾の終焉である。
チャーハンおむすびを補給して、10分ぐらい休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂所山に到着。北高尾の終焉である。
チャーハンおむすびを補給して、10分ぐらい休憩。
3
花粉が舞ってるのが目視できるほどにヤバイ。
花粉症なのにノーガードで来た自分がヤバイ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花粉が舞ってるのが目視できるほどにヤバイ。
花粉症なのにノーガードで来た自分がヤバイ。
1
達成感より安心感の縦走路を高尾山へ向けて歩を進める。
景信山ではコーラを飲み、茶屋の犬を撫でまくっておいた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
達成感より安心感の縦走路を高尾山へ向けて歩を進める。
景信山ではコーラを飲み、茶屋の犬を撫でまくっておいた。
1
いつものアイツ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつものアイツ。
1
城山を過ぎると人も多すぎてすれ違い挨拶も皆しなくなる。代わりに響くは木道の足音。人混みの寂寥感。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城山を過ぎると人も多すぎてすれ違い挨拶も皆しなくなる。代わりに響くは木道の足音。人混みの寂寥感。
1
はいよ。
下りは6号路をちゃちゃっと降りて。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はいよ。
下りは6号路をちゃちゃっと降りて。
混雑の高尾山温泉極楽湯で汗を流し、ハイボール。
一杯飲みきるまでに注文した蕎麦はこなかった。二杯目を飲んだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
混雑の高尾山温泉極楽湯で汗を流し、ハイボール。
一杯飲みきるまでに注文した蕎麦はこなかった。二杯目を飲んだ。
1

感想/記録
by si_tya

冬眠から目覚めた久しぶりの山歩き。
高尾エリアの中でも人気(にんき)も人気(ひとけ)もなく、あるのはアップダウンだけと噂の北高尾山稜へと足を伸ばしてみた。

噂に違わぬアップダウンっぷりは鈍った足に喝を入れるには過ぎた苦行となったが、都心から行きやすいわりにきついルートなのでトレーニングにはいいかもしれない。人も少なく歩きやすい。
細かすぎて累計標高はわからないが1000m以上は確実。
更に南高尾に繋げる人もいるが、いつか挑戦してみたいものである。

スマホアプリでのGPSログの試しを兼ねて、今年最初の山行となった。
訪問者数:330人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 林道 GPS コーラ 山行 道標 木道 目印
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ