また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1395101 全員に公開 雪山ハイキング日光・那須・筑波

男鹿岳テント泊

日程 2018年03月03日(土) 〜 2018年03月04日(日)
メンバー
 kame3ma(CL)
, その他メンバー2人
天候両日ともに快晴無風。春山の陽射し。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ワイルドフィールズおじかのゲート前に駐車。
本来地元の方か工事関係の方が使うので駐車禁止でした。
1kmほど手前の少しある路肩スペースに駐車して欲しいと下山後お聞きしました。
3月21日からの釣り解禁に合わせてキャンプ場がオープンされるため、
それ以降は問題なく駐車出来るはずです。念のためお問い合わせください。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間5分
休憩
10分
合計
7時間15分
Sワイルドフィールズおじか07:5609:50桂沢橋10:0012:161200取付き13:301435稜線15:11男鹿岳
2日目
山行
5時間44分
休憩
33分
合計
6時間17分
男鹿岳05:3606:391730ピーク06:5710:17白滝橋10:3211:53ワイルドフィールズおじかG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
<林道歩き>
2ヶ所ほど崩れていますが、歩行は問題なしです。
紅藤橋(くどう)までは工事車両が入るため凍結場所あり。
白滝橋まではアイゼン・ワカン無くても歩けますが、その先は雪が深くなるのでワカンを付けました。
<沢〜尾根>
ログをご覧ください。渡渉点を探すポイントは、右岸を歩けるところ。林道は木がないので分かりやすいですが、終盤はその限りではありません。
<県境尾根〜ひょうたん峠北側1730ピーク>
県境尾根はまだ雪が締まっていないところが多く、ワカンでも踏み抜きあり。
男鹿岳から女鹿岳の間は雪庇が発達しており、今後融雪が進むと崩れて歩きにくそうです。
<1730ピーク〜白滝橋>
1550地点で誤って右側(北西側)の尾根に入ってしまい、1450〜1400にかけてトラバースしました。ログが乱れている場所です。要注意。
最後は渡渉して白滝橋まで出ますが、堰堤を歩けます。
ワカンを付けて歩くと靴が水没せず便利でした。

<テン場>
男鹿岳山頂にテント張りました。目の前の那須連峰が大きく、おススメです。北側以外は樹林のため、風も防げます。
他には女鹿岳も、西側と南側が開けていて良いですが、風が強い時は注意です。
その他周辺情報<麓のキャンプ場>
ワイルドフィールズおじか 0288(79)0088 http://www.wf-ojika.jp/

<日帰り温泉>
まじま荘 10:00〜20:00 500円 0287-32-4162

<コンビニ>
西那須野塩原IC降りてからセブン2、ファミマ1。最後は緑の看板ではないファミマ。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

ワイルドフィールズおじかから出発します。
2018年03月03日 07:56撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワイルドフィールズおじかから出発します。
2
最初は道路が凍結してましたが、下山時は解けていました。
今後は全く問題ないでしょう。
2018年03月03日 08:20撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は道路が凍結してましたが、下山時は解けていました。
今後は全く問題ないでしょう。
崩れている場所もあります。
2018年03月03日 09:07撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩れている場所もあります。
渡渉点を探しますが、早すぎたため
2018年03月03日 10:59撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉点を探しますが、早すぎたため
1
また戻りました
2018年03月03日 12:13撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また戻りました
2
その後、この二俣の右側を詰めました。
標高1,200m地点です。
2018年03月03日 12:16撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後、この二俣の右側を詰めました。
標高1,200m地点です。
1360m地点くらいで尾根に乗りました。
2018年03月03日 13:12撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1360m地点くらいで尾根に乗りました。
すっかり春山ですね〜
2018年03月03日 14:45撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すっかり春山ですね〜
1
南会津の山々です。
2018年03月03日 14:50撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南会津の山々です。
1
男鹿岳山頂の「栃木の山紀行」看板と
2018年03月03日 15:18撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男鹿岳山頂の「栃木の山紀行」看板と
5
「栃木百名山」の看板。
2018年03月03日 15:18撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「栃木百名山」の看板。
5
この景色を見ながらのテント泊。贅沢です♪
2018年03月03日 15:54撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この景色を見ながらのテント泊。贅沢です♪
6
2日目スタート。
2018年03月04日 05:32撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目スタート。
2
右が無名峰、左が大佐飛山。
2018年03月04日 05:43撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右が無名峰、左が大佐飛山。
4
女鹿岳への下りはこんな感じ。これから融雪が進み崩れそうです。
2018年03月04日 05:52撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女鹿岳への下りはこんな感じ。これから融雪が進み崩れそうです。
2
会津駒から丸山岳方面
2018年03月04日 05:58撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
会津駒から丸山岳方面
奥日光から尾瀬方面
2018年03月04日 05:58撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥日光から尾瀬方面
陽が昇ってきた
2018年03月04日 06:00撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽が昇ってきた
3
1730ピークを目指します
2018年03月04日 06:02撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1730ピークを目指します
1
1730ピークは樹林です。
2018年03月04日 06:39撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1730ピークは樹林です。
下り中、別の尾根に入ってしまったため、ここを南側にトラバースしました。
2018年03月04日 07:43撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り中、別の尾根に入ってしまったため、ここを南側にトラバースしました。
正解の尾根。木が多い。
2018年03月04日 09:01撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正解の尾根。木が多い。
最後沢へ下りますが、斜度は問題ないです。
2018年03月04日 10:04撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後沢へ下りますが、斜度は問題ないです。
堰堤を渡渉。
2018年03月04日 10:15撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤を渡渉。
1
戻ってきました。私は右手のUターンスペースに停めてしまいましたが、本来は駐車禁止です。
2018年03月04日 11:45撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻ってきました。私は右手のUターンスペースに停めてしまいましたが、本来は駐車禁止です。
撮影機材:

感想/記録

300名山の中でも登れる季節が限られる山。
記録が多いのは4月だが、雪がたっぷりあるこの時期にアタックをかけました。
事前にワイルドフィールズおじかさんに問い合わせたところ、キャンプ場周辺で50cmの積雪。例年より30cm多いそう。
3/21のオープンに向けて、また男鹿川の砂防工事の車両が入るために林道は除雪されていました。

男鹿岳へのルートは白滝橋から尾根に乗るか、栃ノ木橋の先、林道が大きく曲がっている地点辺りから沢地形を詰めるか。
今回は鹿又岳までの周回を計画していたため後者をとりました。
結果時間切れで1730ピークまでとなってしまいましたが。
雪の具合によって渡渉点は変わりますが、詰める場所は標高の緩いところ。
私達は1200地点でした。ログを参照下さい。
その後尾根に乗り、稜線を歩いて男鹿岳山頂へ。
山頂は北側だけ開けていて、眼前に那須連峰がドーーン。
決めた、ここにテントを張ろう☆

翌日はひょうたん峠北側の1730ピークからほぼ西の尾根を下る。
最初支尾根の分岐に注意を払っていましたが、もう一本道で大丈夫だろうと油断した1550地点で、ゆるやかに分岐した北側の尾根に入ってしまう。
気付いた時には100mほど下っていて、慌ててトラバース。ひやひや。

入山記録が少なく、ましてノートレースの雪山はけっこうルーファイの勉強になり、終わってみれば充実した山でした。
訪問者数:887人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ