また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1399718 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

聖峰〜高取山〜蓑毛〜大山〜三峰山縦走?

日程 2018年03月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
小田急鶴巻温泉駅からスタート。
帰りは、煤ヶ谷または、清川村役場前のバス停で、バスに乗車し、本厚木駅まで
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間18分
休憩
53分
合計
9時間11分
S鶴巻温泉駅07:2306:51神戸07:26登山口(ゲート)07:43聖峰不動尊07:4807:50聖峰08:14高取山08:1708:31不動越08:3209:06才戸入口09:27蓑毛09:2910:00蓑毛越分岐10:12蓑毛越分岐10:26かごや道分岐10:2810:4516丁目10:53富士見台11:0525丁目11:15大山12:02唐沢峠12:3713:04三峰山/不動尻分岐13:58七沢山/三峰山分岐14:24大山三峰山14:2915:24物見峠/煤ケ谷分岐15:56煤ヶ谷16:02清川村役場前G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

鶴巻温泉駅を出発
2018年03月11日 06:23撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶴巻温泉駅を出発
1
国道246に出て、右折し本厚木方向に進む
2018年03月11日 06:40撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道246に出て、右折し本厚木方向に進む
1
国道246の比々多の交差点を左折、道なりに進んで、東名の下をくぐると長閑な風景が広がります。奥の左側の山が聖峰?
2018年03月11日 06:56撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道246の比々多の交差点を左折、道なりに進んで、東名の下をくぐると長閑な風景が広がります。奥の左側の山が聖峰?
1
案内の地図。246からずっと道なり進んで、突き当たったら左折。あとは道標があるので見落さないように進みます。
2018年03月11日 07:04撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内の地図。246からずっと道なり進んで、突き当たったら左折。あとは道標があるので見落さないように進みます。
1
登山道に入ります。
2018年03月11日 07:26撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に入ります。
1
ゲートを抜けて登山道に入ったのですが、しばらくは舗装された歩道を歩きます。
2018年03月11日 07:27撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートを抜けて登山道に入ったのですが、しばらくは舗装された歩道を歩きます。
右は女坂、左(木の間の道)は男坂。参道九十九曲登り口の看板。男坂を選択、
2018年03月11日 07:34撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右は女坂、左(木の間の道)は男坂。参道九十九曲登り口の看板。男坂を選択、
登り切って男坂を見下ろすと、こんな感じ。
2018年03月11日 07:43撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り切って男坂を見下ろすと、こんな感じ。
3
聖峰不動尊。
2018年03月11日 07:43撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖峰不動尊。
1
聖峰の山頂はこの辺かなぁ。山頂標識は見当たりませんでした。
2018年03月11日 07:50撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖峰の山頂はこの辺かなぁ。山頂標識は見当たりませんでした。
2
高取山はあのピーク。
2018年03月11日 08:00撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高取山はあのピーク。
2
高取山山頂。
2018年03月11日 08:14撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高取山山頂。
4
不動越。
才戸入口までいったん下ります。
2018年03月11日 08:31撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動越。
才戸入口までいったん下ります。
2
下から人の話し声が聞こえると思ったらゴルフ場でプレーする人の声でした。
2018年03月11日 08:36撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下から人の話し声が聞こえると思ったらゴルフ場でプレーする人の声でした。
1
道が凸凹、石がゴロゴロ、していて歩きづらい。
2018年03月11日 08:36撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道が凸凹、石がゴロゴロ、していて歩きづらい。
橋に出ました。この橋を渡って左に曲がります。
2018年03月11日 08:51撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋に出ました。この橋を渡って左に曲がります。
集落の中をどんどん下る。
2018年03月11日 09:03撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
集落の中をどんどん下る。
バス通りにでた。右に登って行きます。
2018年03月11日 09:06撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス通りにでた。右に登って行きます。
阿夫利神社の鳥居がセンターライン上に。
蓑毛バス停はまだまだ先。
2018年03月11日 09:14撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿夫利神社の鳥居がセンターライン上に。
蓑毛バス停はまだまだ先。
1
やっと蓑毛バス停到着。
2018年03月11日 09:27撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと蓑毛バス停到着。
2
橋の手前を右に登っていく。
2018年03月11日 09:29撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋の手前を右に登っていく。
しばらく舗装道路を歩くと、登山道の入り口。右側にある階段を登っていく。
2018年03月11日 09:32撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく舗装道路を歩くと、登山道の入り口。右側にある階段を登っていく。
1
気の早いミツマタが一輪?咲いてました。これ以外はみんな蕾。
2018年03月11日 09:41撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気の早いミツマタが一輪?咲いてました。これ以外はみんな蕾。
10
舗装林道を少し歩くと、蓑毛越への道標が見えます。
2018年03月11日 09:49撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装林道を少し歩くと、蓑毛越への道標が見えます。
右にいくと蓑毛越から下社方向。左の尾根を行くと大山山頂。左に進む。
2018年03月11日 10:00撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右にいくと蓑毛越から下社方向。左の尾根を行くと大山山頂。左に進む。
蓑毛越から大山への登山道と合流。
2018年03月11日 10:12撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓑毛越から大山への登山道と合流。
まだ急登が続く
2018年03月11日 10:13撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ急登が続く
急登を登りきると、首なし地蔵が...
ちょっと怖い。
2018年03月11日 10:17撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を登りきると、首なし地蔵が...
ちょっと怖い。
平坦な道がしばらく続きます。
2018年03月11日 10:24撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平坦な道がしばらく続きます。
かごや道の分岐。もちろん山頂を目指します。
2018年03月11日 10:28撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かごや道の分岐。もちろん山頂を目指します。
1
岩がゴロゴロ。
2018年03月11日 10:34撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩がゴロゴロ。
悪路です。
表参道16丁目まで、ずっとこんな感じ。
2018年03月11日 10:38撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪路です。
表参道16丁目まで、ずっとこんな感じ。
山頂の様子。ガスってて寒い。ここで食事はつらいので早々に下る。
2018年03月11日 11:15撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の様子。ガスってて寒い。ここで食事はつらいので早々に下る。
5
先週も歩いた不動尻への道。まだ雪が若干残っていますが、アイゼンなしでも大丈夫でした。
2018年03月11日 11:33撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週も歩いた不動尻への道。まだ雪が若干残っていますが、アイゼンなしでも大丈夫でした。
1
目指す三峰山がガスで薄らとしか見えません。
2018年03月11日 11:38撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す三峰山がガスで薄らとしか見えません。
1
唐沢峠到着。ここで食事休憩。
2018年03月11日 12:02撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢峠到着。ここで食事休憩。
2
唐沢峠から少し下ったところ。
ここからバリルートで七沢山経由三峰山に行けますが、不動尻まで下って一般登山道で三峰山を目指します。
2018年03月11日 12:41撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢峠から少し下ったところ。
ここからバリルートで七沢山経由三峰山に行けますが、不動尻まで下って一般登山道で三峰山を目指します。
1
不動尻手前にミツマタ。まだ蕾ですね。
2018年03月11日 13:03撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動尻手前にミツマタ。まだ蕾ですね。
2
先週、ここで三峰山をあきらめ、谷太郎川沿いの道で煤ケ谷へ抜けました。
今週は、リベンジです。

2018年03月11日 13:04撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週、ここで三峰山をあきらめ、谷太郎川沿いの道で煤ケ谷へ抜けました。
今週は、リベンジです。

1
三峰山へ向かうルートも渓流(谷太郎川の上流部)が綺麗でした。
2018年03月11日 13:06撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰山へ向かうルートも渓流(谷太郎川の上流部)が綺麗でした。
4
鎖出現。水で濡れて、すべりやすくなってます。
ちょっと緊張しました。
2018年03月11日 13:06撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖出現。水で濡れて、すべりやすくなってます。
ちょっと緊張しました。
2
この鎖場、急登すぎ。疲れました。
2018年03月11日 13:12撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この鎖場、急登すぎ。疲れました。
2
沢を離れると急坂が続きます。足があがらなくなってきた。
2018年03月11日 13:18撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を離れると急坂が続きます。足があがらなくなってきた。
七沢山と三峰山の稜線と合流。三峰山まであと0.7km
2018年03月11日 13:58撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七沢山と三峰山の稜線と合流。三峰山まであと0.7km
1
痩せ尾根。
2018年03月11日 14:01撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せ尾根。
1
鎖がなくても登れますが、足がくたくたの時には鎖があると助かります。
2018年03月11日 14:05撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖がなくても登れますが、足がくたくたの時には鎖があると助かります。
1
三峰山山頂は、あのピークみたいです。
2018年03月11日 14:20撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰山山頂は、あのピークみたいです。
最後の急登。
2018年03月11日 14:20撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の急登。
1
山頂到着
2018年03月11日 14:24撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着
6
バス時間ぎりぎりなので、すぐ下山。
2018年03月11日 14:29撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス時間ぎりぎりなので、すぐ下山。
中峰かな?
2018年03月11日 14:33撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中峰かな?
三峰山というだけあってアップダウンが続きます。
2018年03月11日 14:35撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰山というだけあってアップダウンが続きます。
ここが北峰かな?
2018年03月11日 14:44撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが北峰かな?
また下り。
2018年03月11日 14:47撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また下り。
本日のベストショット。午後になって晴れてきた。
中央に見えるのは丹沢三峰。
左に見える、なだらかな高いピークが丹沢山。
奥に見えるピークの右側が蛭ヶ岳。
2018年03月11日 15:00撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のベストショット。午後になって晴れてきた。
中央に見えるのは丹沢三峰。
左に見える、なだらかな高いピークが丹沢山。
奥に見えるピークの右側が蛭ヶ岳。
10
一気に煤ケ谷バス停まで下りました。
先週のリベンジ成功!
写真はとなりの清川村役場前バス停。
煤ヶ谷バス停から、歩いて6分くらい。ベンチがあるので、こちらのバス停でバスを待ちました。
2018年03月11日 16:02撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一気に煤ケ谷バス停まで下りました。
先週のリベンジ成功!
写真はとなりの清川村役場前バス停。
煤ヶ谷バス停から、歩いて6分くらい。ベンチがあるので、こちらのバス停でバスを待ちました。
3
撮影機材:

感想/記録
by Nobu00

先週は大山北尾根から大山に登り三峰山を縦走する計画でしたが、時間が遅くなりそうで諦めました。今回、まだ歩いたことがない蓑毛から大山のルートを登るついでに不動尻から三峰山に登るルートに再挑戦してみました。
蓑毛までのルートも歩いたことない道を探して、聖峰を登山口から登り、不動越から才戸入口、才戸入口から蓑毛までを歩くことに。
結果的に、丹沢のまだ歩いたことがないルートをただ繋いで歩いてみましたという、普通の人には、何をしたいのか意味不明な山行になってしまいました。
縦走ではなく、聖峰〜高取山〜才戸入口の軽いハンキングコースと蓑毛〜大山〜三峰山〜煤ケ谷のちょっとキツイ登山を1日で歩いたというほうが理解しやすいかも。
(^^)
そうそう、ミツマタが1輪というか1房?花開いてました。そろそろミツバ岳にいく準備しなきゃ。
訪問者数:286人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/9/27
投稿数: 900
2018/3/13 10:59
 興味深いコース取り
Nobu00さん、こんにちは!

鶴巻温泉駅から大山、そして三峰山を歩いてみたいと思っていましたので
とても興味深く拝見いたしました。
前回の大山北尾根は考えたことも無かったので
いつかチャンスがあればチャレンジしてみたいです
中々面白そうなコース取りで私には楽しそうに感じます
登録日: 2013/9/12
投稿数: 82
2018/3/13 13:25
 意味わかりました(笑)
Nobu00さん、こんにちは。

最初に地図を拝見した時に、蓑毛へ迂回?と思いましたが、
赤線を意識してのことでしたか。お気持ちわかります
ロングコースにはすっかり驚かなくなってしまいましたが、不動尻に下山していることを考えると、ハイキングコース3つ分くらいではないでしょうか

天気はどんよりでしたが、後半は晴れてきたんですね。
こちらは同じ日に息子と二人で曽我丘陵へ向かいましたが、
直前に降った雨の水たまりと、どんよりした雲を見てUターンしてきました。(笑)
来週こそはリベンジです。
登録日: 2013/10/20
投稿数: 313
2018/3/13 22:33
 またまた歩きましたねー
Nobu00さん、こんばんはーっ
ロングでUPダウンもキツそうなコース、頑張って
歩きましたねー
拝見していて、水で濡れて滑り易いとか、この鎖場
急登すぎ等、ちと心配でしたが無事下山で良かったです。
ミツマタも咲き始めてもうホント春ですねー
因みに三峰山の眺望は木が邪魔であまり宜しくない
のでしょうか?
お疲れ様でしたーっ
ヽ(〃'▽'〃)ノ☆゜'
登録日: 2015/6/27
投稿数: 540
2018/3/14 17:32
 Re: 興味深いコース取り
wazaoさん、コメントありがとうございます。
このレコが、参考になったのなら、幸いです。
鶴巻温泉から大山だと、普通は、聖峰〜高取山または、吾妻山〜念仏山〜高取山と歩いて、高取山〜浅間山〜蓑毛越と縦走した後で、直接、山頂か、下社経由で山頂というのが一般的なルートですかね。
(^。^)
不動越から才戸入口、蓑毛を回るルートは、マニアックというか変わり者が歩くルートかなぁ?
登録日: 2015/6/27
投稿数: 540
2018/3/14 21:48
 Re: 意味わかりました(笑)
naotomo-pさん、コメントありがとうございます。
そうなんです。計画立てるとき、どうしても、未踏のピーク、ルート歩きたくなってしまい、一見すると?付きのルートになっちゃいますね。
次は、久しぶりに西丹沢の未踏ルートを探して見ようと思います。
(^。^)
登録日: 2015/6/27
投稿数: 540
2018/3/14 22:43
 Re: またまた歩きましたねー
moomin2013さん、コメントありがとうございます。
アップダウンを求めて、ロングコース歩いてみました。今回も累積標高2000m達成(^-^)v
三峰山は残念ながら展望はないですね。
鎖、痩せ尾根を楽しむ山です。
ミツマタの花がそろそろ咲きそうです。
西丹沢のミツバ岳にいつ行くか、ヤマレコで様子を注目してます。
(^。^)
登録日: 2013/12/21
投稿数: 1549
2018/3/15 11:34
 長っ!
Nobuさん、こんにちは!
 まあ、このコース取り、分かりますけど、長っ
健脚に磨きが掛かるばかりですなー  大山、ちょっと雪が降ったんですね。
 そうそう、Nobuさんの参考になるかもと思って、知り合いの凄いお人を紹介しますね。acchi1979さんです。彼のレコ&ブログ(青髭危機一髪、樽の中身は何だろう)も見てあげて下さい。
登録日: 2015/6/27
投稿数: 540
2018/3/16 18:36
 Re: 長っ!
f15eagleさん、コメントありがとうございます。
先週のf15eagleさん、tagamintさんのレコ見て、やっぱり三峰山登りたくなって、さっそく登っちゃいました。
(^。^)
ご紹介いただいたacchi1979さんも、ロングコース好きですね〜、私と同じで累積標高2000mを意識されているような気がしますね。
参考にさせていただきます。
(^-^)v

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ