また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1399951 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲信越

浅草岳ピストン

日程 2018年03月11日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候雲ひとつない晴天
アクセス
利用交通機関
車・バイク
県道385号線の除雪終点、ホテル大自然館の道路沿いに停車。朝6時の時点で数台だったが正午過ぎの下山時点では10台以上の駐車あり。
最終コンビニは最寄りの関越道小出ICを下りてから「セブン-イレブン 魚沼広神下田店」、トイレは「道の駅入広瀬」、いずれも24時間営業。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間33分
休憩
4分
合計
6時間37分
S冬期除雪終点06:0406:40林道終点06:4108:59嘉平与ポッチ09:0009:19前岳09:30浅草岳10:24前岳12:06林道終点12:0712:40冬期除雪終点12:4112:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
朝方は雪面は固くクラストしていたが気温が上がり下山時には標高900m以下は踏み抜きしやすく、スノーシュー等浮力の有る装備が必要。斜面にはところどころ亀裂の入った箇所があるため、雪庇も含めコース取りに注意。
その他周辺情報源泉かけ流しを求めて17号バイパス先の道の駅小千谷チヂミの里(タオル込み900円)にて入浴。その他、小出IC〜登山口までいくつか日帰り温泉施設あり。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター マフラー ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー サブザック アイゼン ピッケル ビーコン スコップ ゾンデ 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ ヘルメット

写真

都心を早めに出て5時半に到着したので、駐車車両はまだ数台だけでした。日の出が6時頃なので、それ以前に登山されてるわけですが、先行者の方3名はBCスキーヤー・スノーボーダーでした。
2018年03月11日 05:56撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
都心を早めに出て5時半に到着したので、駐車車両はまだ数台だけでした。日の出が6時頃なので、それ以前に登山されてるわけですが、先行者の方3名はBCスキーヤー・スノーボーダーでした。
6時頃夜明けと共に登山開始。雪面は固く締まっていて、アイゼンでも十分歩けます。
2018年03月11日 06:05撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6時頃夜明けと共に登山開始。雪面は固く締まっていて、アイゼンでも十分歩けます。
朝焼けの守門岳方面
2018年03月11日 06:42撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼けの守門岳方面
2
時々斜面に深い亀裂のある箇所があります。怖い怖い。
2018年03月11日 07:33撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々斜面に深い亀裂のある箇所があります。怖い怖い。
1
嘉平与ボッチと雪庇と朝日。ここからだとピークに見えました。
2018年03月11日 08:14撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嘉平与ボッチと雪庇と朝日。ここからだとピークに見えました。
嘉平与ボッチを超えるとさらに前岳。BCスノーボーダーの方が前岳から滑走始められてました。
2018年03月11日 08:51撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嘉平与ボッチを超えるとさらに前岳。BCスノーボーダーの方が前岳から滑走始められてました。
前岳を登り切るとようやくラスボス、浅草岳の山頂が。山頂の標識が見えます。
2018年03月11日 09:19撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前岳を登り切るとようやくラスボス、浅草岳の山頂が。山頂の標識が見えます。
浅草岳山頂着。この日は4着。他2名の方は早々にスキーで山滑走へと出発されていきました。
2018年03月11日 09:31撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅草岳山頂着。この日は4着。他2名の方は早々にスキーで山滑走へと出発されていきました。
2
浅草岳山頂より守門岳
2018年03月11日 09:42撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅草岳山頂より守門岳
3
浅草岳山頂より早坂尾根方面
2018年03月11日 09:42撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅草岳山頂より早坂尾根方面
1
浅草岳山頂より北側稜線
2018年03月11日 09:42撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅草岳山頂より北側稜線
浅草岳山頂より眼下に田子倉湖が見えます。
2018年03月11日 09:42撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅草岳山頂より眼下に田子倉湖が見えます。
1
浅草岳山頂より遠くに燧ヶ岳や日光の山々
2018年03月11日 09:42撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅草岳山頂より遠くに燧ヶ岳や日光の山々
1
浅草岳山頂を後にします。山頂より前岳方面。
2018年03月11日 10:14撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅草岳山頂を後にします。山頂より前岳方面。
1
荒々しい鬼の面山の斜面。
2018年03月11日 10:15撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒々しい鬼の面山の斜面。
4
嘉平与ボッチと雪庇。
2018年03月11日 10:33撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嘉平与ボッチと雪庇。
2
嘉平与ボッチより守門岳
2018年03月11日 10:36撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嘉平与ボッチより守門岳
1
登ってきた稜線を下っていきます。後続の方々が続々と登って来ていました。
2018年03月11日 10:38撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた稜線を下っていきます。後続の方々が続々と登って来ていました。
1
下りきって林道の橋に積もり積もった積雪。バウムクーヘンみたい。
2018年03月11日 12:32撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りきって林道の橋に積もり積もった積雪。バウムクーヘンみたい。
2
出発地点の自然館が見えてました。
2018年03月11日 12:36撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発地点の自然館が見えてました。
1
登山口帰着、駐車してる車の数がかなり増えてました。
2018年03月11日 12:39撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口帰着、駐車してる車の数がかなり増えてました。
1

感想/記録

なんとなく今年は例年より雪解けが早い気がして、先週に続いてスノーシュー活用のため、雪深い新潟の浅草岳に登頂してきました。昨年同じ3月に対面の山、守門岳に登山していましたので、その時同行した後輩一名を連れての山行です。浅草岳山頂は風もほとんどなく、360度の雪山だらけの眺望を楽しむことが出来ました。
登山道は早朝出発した登りは雪面がほどよくクラストして登りやすかったものの、下りで標高を下げると、アイゼンではやはり踏み抜きの連発でスノーシューがないとダメですね。慌てて途中で履き替えるハメになりました。汗ばむような温かい気温も含め、雪山とは言え残雪期、もうすっかり春なんですねぇ…。
訪問者数:500人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ