また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1401437 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳 天狗岳〜硫黄岳縦走

日程 2018年03月10日(土) 〜 2018年03月12日(月)
メンバー
天候10日 曇り後晴れ
11日 晴れ
12日 晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
■往路
新宿駅より、スーパーあずさで茅野駅。
茅野駅より、渋の湯行きのバス(片道/1,150円)で、渋の湯。
http://www.alpico.co.jp/access/suwa/

■復路
美濃戸口より、茅野駅行きのバス(片道/930円)で、茅野駅。
http://www.alpico.co.jp/access/suwa/
茅野駅より、スーパーあずさで、新宿駅。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間12分
休憩
13分
合計
2時間25分
S渋御殿湯10:4511:47八方台方面・渋の湯方面分岐12:0012:20渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐13:10黒百合ヒュッテ
2日目
山行
5時間10分
休憩
1時間3分
合計
6時間13分
黒百合ヒュッテ06:1006:20中山峠07:33東天狗岳07:5008:13白砂新道入口08:21根石岳08:3508:52箕冠山09:08夏沢峠09:2009:20山びこ荘09:20ヒュッテ夏沢10:55硫黄岳11:1511:15赤岩の頭12:10大同心沢(大同心ルンゼ)分岐12:23赤岳鉱泉
3日目
山行
1時間43分
休憩
37分
合計
2時間20分
赤岳鉱泉07:5008:30堰堤広場08:4509:13美濃戸山荘09:3509:40赤岳山荘09:40やまのこ村10:10八ヶ岳山荘10:10美濃戸口10:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■登山ポスト
渋の湯の登山口にあり。

■渋の湯〜黒百合ヒュッテ
雪道。始めの方は凍結してる箇所、多々。
チェーンスパイク&ストックで、登りました。

■黒百合ヒュッテ〜東天狗岳
12本アイゼン&ピッケル。
前回もそうでしたが、
山頂前の岩場でルートが不明瞭な箇所が1ヶ所あり。
あれ?と、思ったので、直ぐ戻ってクリアしました。

■東天狗〜根石岳
東天狗から直ぐの下りがヤセ尾根ですが、
そこから先は問題無いです。
雪が風と飛ばされてしまって、岩と雪とのミックス。

■根石岳〜夏沢峠
根石岳山荘の辺りのコルは、強風地帯。
樹林帯を下ると夏沢峠。
ここから先の硫黄岳に向けても強風地帯になるので、
夏沢峠で装備の確認と行動食の摂取が良いかと思われます。

■夏沢峠〜硫黄岳
樹林を抜けると、西風に煽られます。
標高を上げるに従って強くなっていきます。
山頂手前の爆裂火口際のルートも西風に煽られるので、
滑落しないように注意。

■硫黄岳〜赤岳鉱泉
赤岩の頭からの急下降が雪崩注意箇所なので、
休憩はせずトレースの上を速やかにぬけるのがベターかと思います。

■赤岳鉱泉〜美濃戸口
林道になると土が露出した部分もありますが、
日陰で凍った箇所もあるので、最後までチェーンスパイクを履いていました。

その他周辺情報美濃戸口にある八ヶ岳山荘に、入浴施設あり。(日帰り入浴、500円)
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 着替え 予備靴ひも ザック サブザック アイゼン ピッケル スコップ 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ

写真

10日 9:20
スーパーあずさ1号で、茅野駅。
茅野駅より、満車の渋の湯行きのバスにイン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10日 9:20
スーパーあずさ1号で、茅野駅。
茅野駅より、満車の渋の湯行きのバスにイン。
10:45
途中チェーンを装着したりしながら、
やや遅れて、久々の渋の湯に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:45
途中チェーンを装着したりしながら、
やや遅れて、久々の渋の湯に到着。
登山ポストに計画書を投函して、
いよいよ山にイン!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山ポストに計画書を投函して、
いよいよ山にイン!
キラキラと、針葉樹やらに積もった雪。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キラキラと、針葉樹やらに積もった雪。
11:47 八方台分岐にて、ひとやすみ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:47 八方台分岐にて、ひとやすみ。
12:20 唐沢鉱泉分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:20 唐沢鉱泉分岐
13:10 想定よりも早く、黒百合ヒュッテ到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:10 想定よりも早く、黒百合ヒュッテ到着。
我が家、設営。
今季初の冬用テント(エスパース・ソロ ウィンター)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
我が家、設営。
今季初の冬用テント(エスパース・ソロ ウィンター)。
1
冬晩飯は大抵鍋なのですが、
とうふ...外せないです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬晩飯は大抵鍋なのですが、
とうふ...外せないです。
陽が落ちて、20:30にはzzzzzzzz
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽が落ちて、20:30にはzzzzzzzz
11日 6:00過ぎ 撤収&出発。
何気に、今季初アイゼン&ピッケル。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11日 6:00過ぎ 撤収&出発。
何気に、今季初アイゼン&ピッケル。
八ヶ岳ブルーの稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳ブルーの稜線。
山梨県側には、雲海。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山梨県側には、雲海。
いよいよ、ピッケルの出番。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ、ピッケルの出番。
東天狗山頂、見えて来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗山頂、見えて来ました。
南には、これから向かう硫黄。
その向こうに赤岳(中央) 阿弥陀(右)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南には、これから向かう硫黄。
その向こうに赤岳(中央) 阿弥陀(右)
ワイワイと、山頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワイワイと、山頂。
1
今回は、西天狗を登らずに、南。まずは根石岳へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は、西天狗を登らずに、南。まずは根石岳へ。
8:13 白砂新道分岐。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:13 白砂新道分岐。
双児峰の天狗を振り返る。
南側は、雪が飛ばされるせいか山肌がだいぶ見えて来ています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双児峰の天狗を振り返る。
南側は、雪が飛ばされるせいか山肌がだいぶ見えて来ています。
8:52 箕冠山 山頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:52 箕冠山 山頂。
気持ち良い樹林を下って...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ち良い樹林を下って...
9:08 夏沢峠
ここで、身支度を整えて...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:08 夏沢峠
ここで、身支度を整えて...
いざ、硫黄岳へ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いざ、硫黄岳へ!
標高を上げると...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高を上げると...
本日は、風がやや強い模様。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日は、風がやや強い模様。
1
凍り付いたエビの尻尾が付着した、ケルンを越えて...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍り付いたエビの尻尾が付着した、ケルンを越えて...
10:55 硫黄岳山頂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:55 硫黄岳山頂
姿を現した横岳(左) 赤岳(中央) 阿弥陀(右)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姿を現した横岳(左) 赤岳(中央) 阿弥陀(右)
冬の爆裂火口の断面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬の爆裂火口の断面。
1
北には、歩いて来た天狗からの稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北には、歩いて来た天狗からの稜線。
横岳(左) 赤岳(中央) 阿弥陀(右) 2
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳(左) 赤岳(中央) 阿弥陀(右) 2
1
横岳(左) 赤岳(中央) 阿弥陀(右) 3
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳(左) 赤岳(中央) 阿弥陀(右) 3
赤岩の頭方面へ。
冬の八ヶ岳、また来シーズンに!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩の頭方面へ。
冬の八ヶ岳、また来シーズンに!
黒百合ヒュッテもそうだったのですが、
テン泊者にも水が提供されまして、非常に助かりました。
ありがとうございます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテもそうだったのですが、
テン泊者にも水が提供されまして、非常に助かりました。
ありがとうございます。
読んだな、コレ。
あれは確か...南アの赤石小屋だったなぁ。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
読んだな、コレ。
あれは確か...南アの赤石小屋だったなぁ。。。
テン場より、阿弥陀。
登ったなぁ、あそこも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場より、阿弥陀。
登ったなぁ、あそこも。
鉱泉からの、染まる横岳。
21:00にはzzzzzzzzzz

つづく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉱泉からの、染まる横岳。
21:00にはzzzzzzzzzz

つづく
12日 7:50
のんびりと、撤収。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12日 7:50
のんびりと、撤収。
9:13 美濃戸
この看板を見ると、八ヶ岳を思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:13 美濃戸
この看板を見ると、八ヶ岳を思います。
のんびり、まったり。
ここにも、色んな思い出あり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のんびり、まったり。
ここにも、色んな思い出あり。
10:10 美濃戸口
ゴール&風呂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:10 美濃戸口
ゴール&風呂
あちゃー。登山で靴擦れは、初。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちゃー。登山で靴擦れは、初。
貸し切りマンデー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貸し切りマンデー。
茅野にて、下界の食。旨い!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茅野にて、下界の食。旨い!
茅野駅の駅ビルにて。
「小津安二郎記念・蓼科高原映画祭」に関連して、
小津安二郎監督の遺品の展示。

晩年を蓼科高原で過ごされたご様子。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茅野駅の駅ビルにて。
「小津安二郎記念・蓼科高原映画祭」に関連して、
小津安二郎監督の遺品の展示。

晩年を蓼科高原で過ごされたご様子。
そりゃ、熱くなりますよね、茅野市。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そりゃ、熱くなりますよね、茅野市。
スーパーあずさにて、東京。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スーパーあずさにて、東京。
1

感想/記録

晴れ間を狙って、雪の八ヶ岳へ。
5ヶ月振りのテン泊縦走でしたが、
何とか歩き通せまして、素晴らしい景色を堪能出来ました。

東日本大震災から7年。
復興にはまだまだ掛かりますが、
こうやって平和に山を歩ける事の喜びを噛み締めました。

また来ます、八ヶ岳。
訪問者数:319人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ