また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1401684 全員に公開 アルパインクライミング八ヶ岳・蓼科

阿弥陀岳北稜 尾根下部から取り付き踏み抜き地獄で敗退(行こう!歯科健診登山部)

日程 2018年03月14日(水) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間16分
休憩
1時間41分
合計
9時間57分
S美濃戸口05:5206:35やまのこ村06:42美濃戸山荘07:0308:02中ノ行者小屋跡08:0509:09行者小屋09:3909:51阿弥陀岳分岐10:0212:39行者小屋13:0313:39中ノ行者小屋跡13:4214:57美濃戸山荘15:0615:10赤岳山荘15:49美濃戸口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

最初に結論を書くと、敗退理由は「日本のクラシックルート。アルパインクライミング・ルート集」の阿弥陀岳北稜箇所を読み「中岳沢をつめて上部から取り付くより、下から取り付いて尾根を登っていく方が面白そう」と、今ではほぼ使われなくなったルートを選んだことが原因です...
股までの踏み抜き地獄で、ジャンクションピークにすらたどり着けませんでした。ワカンを持っていけば多少は違ったかもしれませんが...
 
https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E2%80%95%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E9%9B%86-%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E5%B1%B1%E3%81%A8%E6%B8%93%E8%B0%B7%E7%A4%BE/dp/4635180069/ref=sr_1_6?ie=UTF8&qid=1521098818&sr=8-6&keywords=%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0
2018年03月14日 16:38撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初に結論を書くと、敗退理由は「日本のクラシックルート。アルパインクライミング・ルート集」の阿弥陀岳北稜箇所を読み「中岳沢をつめて上部から取り付くより、下から取り付いて尾根を登っていく方が面白そう」と、今ではほぼ使われなくなったルートを選んだことが原因です...
股までの踏み抜き地獄で、ジャンクションピークにすらたどり着けませんでした。ワカンを持っていけば多少は違ったかもしれませんが...
 
https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E2%80%95%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E9%9B%86-%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E5%B1%B1%E3%81%A8%E6%B8%93%E8%B0%B7%E7%A4%BE/dp/4635180069/ref=sr_1_6?ie=UTF8&qid=1521098818&sr=8-6&keywords=%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0
診療後にそのまま八ヶ岳へ。
午前3時談合坂SAにて起床。
車で八ヶ岳に行く時の恒例、伝説のすた丼で朝食。
2018年03月14日 03:05撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
診療後にそのまま八ヶ岳へ。
午前3時談合坂SAにて起床。
車で八ヶ岳に行く時の恒例、伝説のすた丼で朝食。
お湯をわかしてテルモスへ。
積雪期だと、大体1日1リットル程度。
2018年03月14日 05:21撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お湯をわかしてテルモスへ。
積雪期だと、大体1日1リットル程度。
早朝の行動用、ペツルの350ルーメンのヘッドランプ。
今まではモンベルの160ルーメンでした。
この日は使いませんでした。
2018年03月14日 05:43撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝の行動用、ペツルの350ルーメンのヘッドランプ。
今まではモンベルの160ルーメンでした。
この日は使いませんでした。
いつものリブズ・フロントバッグ(緑色)。
腰痛持ちの私は、前後に荷物を振り分けたほうが楽なのです。
2018年03月14日 05:44撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつものリブズ・フロントバッグ(緑色)。
腰痛持ちの私は、前後に荷物を振り分けたほうが楽なのです。
5時45分、出発。
今シーズンは八ヶ岳にだいぶ通いました。夜が明けるのが早くなると、春の訪れを感じます。
2018年03月14日 05:44撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5時45分、出発。
今シーズンは八ヶ岳にだいぶ通いました。夜が明けるのが早くなると、春の訪れを感じます。
美濃戸口パノラマ画像。
2018年03月14日 05:52撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸口パノラマ画像。
出発時の気温は−7度。
2018年03月14日 05:54撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発時の気温は−7度。
林道は凍結箇所有り。
2018年03月14日 05:57撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道は凍結箇所有り。
毎度のことながら、長い林道歩き。
4WDの車を買えば、ここをすっとばせるのですが...お金が...
2018年03月14日 06:15撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毎度のことながら、長い林道歩き。
4WDの車を買えば、ここをすっとばせるのですが...お金が...
やまのこ村到着。雪無し。先日の雨で溶けた模様。
2018年03月14日 06:34撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やまのこ村到着。雪無し。先日の雨で溶けた模様。
美濃戸山荘手前のアイスバーン。
2018年03月14日 06:38撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘手前のアイスバーン。
南沢ルート、凍結多し。
チェーンスパイクを装備。
2018年03月14日 07:04撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南沢ルート、凍結多し。
チェーンスパイクを装備。
天然スケートリンク。
2018年03月14日 07:21撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天然スケートリンク。
南沢小滝、大滝への分岐。
2018年03月14日 07:54撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南沢小滝、大滝への分岐。
橋の上に残った雪。
2018年03月14日 07:59撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋の上に残った雪。
氷の溝?
2018年03月14日 07:59撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷の溝?
本日の最低気温、−10度。
2018年03月14日 08:11撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の最低気温、−10度。
左は行者小屋へ。
右は阿弥陀岳北西稜への踏み跡?
2018年03月14日 08:34撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左は行者小屋へ。
右は阿弥陀岳北西稜への踏み跡?
横岳西壁が見えてきました。
2018年03月14日 08:49撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳西壁が見えてきました。
1度。
一気に気温が上がります。
2018年03月14日 08:50撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1度。
一気に気温が上がります。
行者小屋到着。
2018年03月14日 08:59撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋到着。
撤退用のロープ、ハーネス、ダブルアックス、アイゼンを装備します。
2018年03月14日 09:13撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撤退用のロープ、ハーネス、ダブルアックス、アイゼンを装備します。
取り付き前に腹ごしらえ。
2018年03月14日 09:14撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り付き前に腹ごしらえ。
不要な装備はデポ。
ただ、ここでワカンもデポしたのは失敗でした。
ワカンを持っていけば、踏み抜き地獄を抜けられたかも…
2018年03月14日 09:20撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不要な装備はデポ。
ただ、ここでワカンもデポしたのは失敗でした。
ワカンを持っていけば、踏み抜き地獄を抜けられたかも…
ファイントラック のドライレイヤー。
これは買って正解でした。汗をかいても、蒸れた感じがほとんどありませんでした。
2018年03月14日 09:22撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ファイントラック のドライレイヤー。
これは買って正解でした。汗をかいても、蒸れた感じがほとんどありませんでした。
便座の蓋を閉めると、湿気でビチョビチョになるので蓋は開けておいてね、とのこと。
ウンコからでる湯気…なんだろうなあ。
2018年03月14日 09:23撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
便座の蓋を閉めると、湿気でビチョビチョになるので蓋は開けておいてね、とのこと。
ウンコからでる湯気…なんだろうなあ。
我、阿弥陀岳北稜に尾根下部から突入す!
2018年03月14日 09:41撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
我、阿弥陀岳北稜に尾根下部から突入す!
1
気温はプラス8度。
2018年03月14日 09:46撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温はプラス8度。
尾根に直接取り付くはずが、阿弥陀岳分岐まで進んでしまいました。少し戻って、登山道から東側にトラバース捨て尾根に取り付きます。
2018年03月14日 09:56撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に直接取り付くはずが、阿弥陀岳分岐まで進んでしまいました。少し戻って、登山道から東側にトラバース捨て尾根に取り付きます。
当然トレースなし。
2018年03月14日 10:07撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
当然トレースなし。
時折鹿?カモシカ?の足跡とウンコが。
2018年03月14日 10:09撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折鹿?カモシカ?の足跡とウンコが。
カモシカ?のトレース。
2018年03月14日 10:09撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カモシカ?のトレース。
表面の15センチ程クラスト、その下はザラメ雪になっており、ピッケルが効きません。。。
2018年03月14日 10:59撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表面の15センチ程クラスト、その下はザラメ雪になっており、ピッケルが効きません。。。
再三股まで踏み抜きます。一度踏み抜くと、脱出に時間と体力を消耗します。
2018年03月14日 10:59撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再三股まで踏み抜きます。一度踏み抜くと、脱出に時間と体力を消耗します。
1
積雪は1m前後のようでした。
2018年03月14日 11:28撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪は1m前後のようでした。
立木に掴まりながら、踏み抜き地獄の急登を登ります。
2018年03月14日 11:37撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立木に掴まりながら、踏み抜き地獄の急登を登ります。
1
時折固く締まった雪面も有りましたが、5mも進まぬうちに再度の踏み抜き地獄...
2018年03月14日 11:42撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折固く締まった雪面も有りましたが、5mも進まぬうちに再度の踏み抜き地獄...
時間は12時。2時間かけて200mしか進みません。
このまま阿弥陀岳まで抜けれたとしても、中岳のコルに降りる雪壁が午後の日差しで緩み、危険です。
2018年03月14日 11:54撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間は12時。2時間かけて200mしか進みません。
このまま阿弥陀岳まで抜けれたとしても、中岳のコルに降りる雪壁が午後の日差しで緩み、危険です。
振り返ると横岳西壁。
本日はここで敗退とします。
2018年03月14日 11:59撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると横岳西壁。
本日はここで敗退とします。
下りは加速度のせいか、気温が上がり雪が緩んでいるせいか、登りでは踏み抜かなかった箇所まで踏み抜くように。
2018年03月14日 12:01撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは加速度のせいか、気温が上がり雪が緩んでいるせいか、登りでは踏み抜かなかった箇所まで踏み抜くように。
掴んだ枯れ木がへし折れました。スマン。
2018年03月14日 12:02撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
掴んだ枯れ木がへし折れました。スマン。
1
自分のトレースを戻り、登山道に復帰しました。
2時間かけて登り、下りは30分。
2018年03月14日 12:35撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分のトレースを戻り、登山道に復帰しました。
2時間かけて登り、下りは30分。
行者小屋に戻りました。
2018年03月14日 12:38撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋に戻りました。
お昼ご飯。
2018年03月14日 12:52撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お昼ご飯。
1
気温はプラス5度。暑いくらいです。
2018年03月14日 13:00撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温はプラス5度。暑いくらいです。
小屋開けは6月からとのこと。
2018年03月14日 13:01撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋開けは6月からとのこと。
行者小屋前パノラマ画像。
横岳西壁のバリエーションルートも、無雪期に挑戦してみたいものです。
2018年03月14日 13:03撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋前パノラマ画像。
横岳西壁のバリエーションルートも、無雪期に挑戦してみたいものです。
朝通った箇所の氷の溝が、更に溶けていました。
2018年03月14日 13:44撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝通った箇所の氷の溝が、更に溶けていました。
沢は、1m程の厚みで凍結していたようです。
2018年03月14日 13:44撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢は、1m程の厚みで凍結していたようです。
帰りに立ち寄った南沢小滝。
2018年03月14日 13:53撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに立ち寄った南沢小滝。
1
南沢小滝と自撮り。
2018年03月14日 13:55撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南沢小滝と自撮り。
1
こちらは南沢大滝。
2018年03月14日 14:01撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは南沢大滝。
南沢大滝と自撮り。
2018年03月14日 14:04撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南沢大滝と自撮り。
帰り道、チェーンスパイクのシリコン部分が破損。
2018年03月14日 14:43撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道、チェーンスパイクのシリコン部分が破損。
転んだ際、シリコンがちぎれたようです。
2018年03月14日 14:43撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
転んだ際、シリコンがちぎれたようです。
結束バンドで補修して無事下山。
2018年03月14日 15:00撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結束バンドで補修して無事下山。
1
インターそばにあるハルピンラーメンでちょっと早い夕食。
2018年03月14日 16:30撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
インターそばにあるハルピンラーメンでちょっと早い夕食。
1
ハルピンラーメンは美味しゅうございました。
2018年03月14日 16:37撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハルピンラーメンは美味しゅうございました。
ハルピンラーメンの二郎系でハル二郎、だそうです。
今度はこっちにしよう。
2018年03月14日 16:31撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハルピンラーメンの二郎系でハル二郎、だそうです。
今度はこっちにしよう。

感想/記録

最初に結論を書くと、敗退理由は「日本のクラシックルート。アルパインクライミング・ルート集」の阿弥陀岳北稜箇所を読み「中岳沢をつめて上部から取り付くより、下から取り付いて尾根を登っていく方が面白そう」と、今ではほぼ使われなくなったルートを選んだことが原因です...

股までの踏み抜き地獄で、ジャンクションピークにすらたどり着けませんでした。ワカンを持っていけば多少は違ったかもしれませんが...
 
https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E2%80%95%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E9%9B%86-%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E5%B1%B1%E3%81%A8%E6%B8%93%E8%B0%B7%E7%A4%BE/dp/4635180069/ref=sr_1_6?ie=UTF8&qid=1521098818&sr=8-6&keywords=%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0

今考えると行者小屋に引き返してワカンを装備するか、中岳沢をつめてジャンクションピークに取り付くという、一般的なルートに転身すればよかったのですが、踏み抜き地獄のなかで登っていくのが実に楽しく、引き返すことを忘れてしまいました。

踏み跡がついていないルートを行く楽しさでしょうか。

ヤブ山を好んで行く人の気持ちがわかりました。

山の楽しみは、登山道を通って山頂を目指すだけではないのですね。
訪問者数:350人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ