また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1404996 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

鹿島槍ヶ岳ナイトハイク〜鎌尾根往復〜

日程 2018年03月18日(日) [日帰り]
メンバー
天候3月18日:快晴下山後曇
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大谷原は冬期閉鎖のため車で入ることができなかった。大谷原手前約1キロ地点にゲートがされており、そこから歩きである。往復で約2キロといったところか。少しの差ではあるが意外と長く感じる。とはいえ、もうそろそろ開放されそうではあるが。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間48分
休憩
1時間12分
合計
9時間0分
Sスタート地点00:2000:30大谷原 登山口01:19西俣出合01:2502:00鎌尾根取付02:4506:00稜線06:15鹿島槍ヶ岳06:3406:45鎌尾根08:30鎌尾根取付08:38西俣出合08:4009:11大谷原 登山口09:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
鎌尾根取付地点でソフトシェルジャケットが無いことに気付いた。落としたらしい。ザック本体と雨蓋の間に挟んで歩いていたが、それでも落ちるらしい。出だしからヤル気を失う。しばらく引き返して探すも見つからない。とりあえず鎌尾根取付まで戻って気持ちを落ち着かせるためにコーヒーを飲む。間髪を入れずコーヒーのペットボトルが掌から放たれた。ペットボトルはボブスレーの如く北俣本谷を滑走しだした。なんというスピードだ。しばし見惚れてしまった。ペットボトルは瞬く間に北俣本谷の闇の中へ消えていった。ふと我に返る。本日の飲み物を失ったことに気付いた。今すぐに帰りたくなった。だが登った。そこに鹿島槍があるから。稜線の景色は絶景であった。だがベースレイヤー1枚+ハードシェル1枚の稜線は寒く凍えた。劔がこちらを見てほくそ笑んでいた。水分補給のために雪を食べた。鹿島槍の雪はほろ苦くて甘くてしょっぱくて美味しかった。北峰に行く気にもならず即撤退した。ソフトシェルジャケットは西俣出合に落ちていた。カモシカが微笑んだ。今日は良い日だ。
コース状況/
危険箇所等
【スタート〜西俣出合】
大谷原1キロ手前のゲートよりスタート。ここから西俣出合まで林道歩きである。始終雪道である。所々デブリあり。落石もあるため注意。雪は締まっており歩きやすい。雪上のため、林道のヘアピンはショートカットして歩けた。また、林道には新しいトレースがあった。そのトレースは赤岩尾根方面へ続いていた。鎌尾根を歩いている時に冷池山荘方面に明かりを見掛けたため、登山者が居たのだろう。

【西俣出合〜鎌尾根取付】
西俣出合より赤岩尾根側を見上げて右上の谷、北俣本谷を歩く。ちなみに左上の西沢は大きなデブリが西俣出合まで及んでいた。一方北俣本谷のデブリは少なめであったが、堰堤がほとんど露出していた。乗っ越すためには堰堤側部より向かう。側部のみ上部まで雪が繋がっていた。しかしながらそれも時間の問題か。また、この一帯は雪崩多発地帯である。早急な通過が求められる。本日は雪が締まっており安定していた。

【鎌尾根〜稜線】
鎌尾根は鋭いナイフリッジが連続する雪稜である。この尾根歩きのみで標高を1,000m以上稼ぐこととなる。いわゆるバカ尾根で、度々ダガーポジションが必要な急登が続いている。往路は深夜に通過したため、雪が締まっており快適であった。しかしながら、暗闇と相まって雪庇の見極めが難しい。右にも左にも張り出しがあった。地形の全体像をよく見極め確認することが求められる。途中シュルンド多数あり。高度感よりシュルンドの踏み抜きが怖かった。2,200m程から上部はモナカ雪でストレスが溜まる。稜線に出るための雪庇乗っ越しは多少の工作が必要。本日は雪庇の張り出しがそこまで大きくなかったため、すぐに稜線へ乗れた。下山時はモナカ雪をガシガシ破壊しながら下りた。7時〜に下山できたため、まだ雪が腐っておらず安心して歩けた。もう少し遅い時間になると相当気を遣うだろう。

【稜線〜鹿島槍南峰】
特に危険地帯は無いが、富山側の突風と、長野側に張り出した雪庇には注意。
その他周辺情報温泉、スキー場、道の駅、お土産屋、コンビニ、西友等大概揃っている。

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー アイゼン ピッケル 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具
備考 今回道中でソフトシェルジャケットを落としてしまった。ザック本体と雨蓋の間に挟んで歩いていた結果である。横着するもんじゃない。普段からよくやっていたが、落としたことはなかった。落ちないと思っていた。だがしかし、落ちることが判明。この教訓は次回の登山から活かそう。ちなみにソフトシェルは往路で拾った。ラッキー!

写真

大谷原まで行けず。1キロ手前よりスタート。
2018年03月18日 00:22撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大谷原まで行けず。1キロ手前よりスタート。
黙々と歩く。
2018年03月18日 00:29撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黙々と歩く。
大谷原到着。
2018年03月18日 00:34撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大谷原到着。
あれ、奥のゲート開いてる。
2018年03月18日 00:37撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれ、奥のゲート開いてる。
暗いが西俣出合。赤岩尾根へ続くトレースと、西沢のデブリ。
2018年03月18日 01:20撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暗いが西俣出合。赤岩尾根へ続くトレースと、西沢のデブリ。
今日は北俣本谷へ向かう。ウサギのトレース。心強い。
2018年03月18日 01:26撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は北俣本谷へ向かう。ウサギのトレース。心強い。
堰堤は出ている。
2018年03月18日 01:43撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤は出ている。
側部から上段へ進む。
2018年03月18日 01:43撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
側部から上段へ進む。
鎌尾根取付。すでに悲劇は始まっていた。
2018年03月18日 02:07撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌尾根取付。すでに悲劇は始まっていた。
1
鎌尾根。暗いから高度感が皆無。
2018年03月18日 02:46撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌尾根。暗いから高度感が皆無。
1
どんどん高度を稼ぐ。
2018年03月18日 02:53撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん高度を稼ぐ。
シュルンド多数。
2018年03月18日 03:25撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュルンド多数。
自分のトレースを振り返る。大町市の夜景が見える。
2018年03月18日 04:20撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分のトレースを振り返る。大町市の夜景が見える。
1
素敵です。
2018年03月18日 05:02撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素敵です。
1
かなり登り詰めたところで明るくなる。
2018年03月18日 05:26撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり登り詰めたところで明るくなる。
3
もうすぐ稜線。
2018年03月18日 05:45撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ稜線。
1
爺ヶ岳方面
2018年03月18日 05:46撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳方面
5
雪庇を越えたら稜線。
2018年03月18日 06:02撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇を越えたら稜線。
3
登頂直前で昇ってくる朝日。
2018年03月18日 06:03撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂直前で昇ってくる朝日。
5
立山劔も染まってくる。
2018年03月18日 06:11撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山劔も染まってくる。
4
爺ヶ岳方面もスバラシイ。
2018年03月18日 06:11撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳方面もスバラシイ。
4
山頂より、北峰方面。
2018年03月18日 06:30撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より、北峰方面。
7
五龍方面は大分岩肌が露出している。
2018年03月18日 06:30撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五龍方面は大分岩肌が露出している。
3
良い天気だ。
2018年03月18日 06:30撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い天気だ。
1
今日の相棒
2018年03月18日 06:32撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の相棒
6
別アングル
2018年03月18日 06:32撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別アングル
4
爆風で自撮りすらできないため、とりあえず標識と影を撮影。
2018年03月18日 06:43撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爆風で自撮りすらできないため、とりあえず標識と影を撮影。
5
名残惜しいが雪が腐る前に下りることにする。何よりもソフトシェルの行方が気になるし。
2018年03月18日 06:59撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しいが雪が腐る前に下りることにする。何よりもソフトシェルの行方が気になるし。
2
また鎌尾根に戻ってきた。
2018年03月18日 07:01撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また鎌尾根に戻ってきた。
2
稜線から雪庇を越えて尾根に乗る
2018年03月18日 07:03撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線から雪庇を越えて尾根に乗る
どんどん下る。
2018年03月18日 07:05撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん下る。
1
下りは速い。
2018年03月18日 07:11撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは速い。
2
明るくなると高度感が出てくる。
2018年03月18日 07:19撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るくなると高度感が出てくる。
4
ガシガシ下りる。
2018年03月18日 07:27撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガシガシ下りる。
2
稜線がどんどん遠くなる。
2018年03月18日 07:27撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線がどんどん遠くなる。
2
鋭い。夜はこの鋭さがあまり分からなかった。
2018年03月18日 07:32撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋭い。夜はこの鋭さがあまり分からなかった。
6
赤岩尾根。素敵な尾根
2018年03月18日 07:33撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩尾根。素敵な尾根
4
東尾根。入山者が居るかもしれない。
2018年03月18日 07:34撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東尾根。入山者が居るかもしれない。
2
稜線が遠い。
2018年03月18日 07:37撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線が遠い。
1
もうすぐ取付点。
2018年03月18日 07:37撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ取付点。
1
こんなにデブリあったかな。
2018年03月18日 08:15撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなにデブリあったかな。
1
あっという間に下りてきてしまった。
2018年03月18日 08:26撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に下りてきてしまった。
1
・・・!?
2018年03月18日 08:28撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・・・!?
3
落としたコーヒー発見!ここでがぶ飲み!!人生で10位以内に入る美味しいコーヒーだった。
2018年03月18日 08:28撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落としたコーヒー発見!ここでがぶ飲み!!人生で10位以内に入る美味しいコーヒーだった。
11
・・・?!
2018年03月18日 08:46撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・・・?!
4
歓喜のvサイン。今日はスバラシイ一日だ。
2018年03月18日 08:47撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歓喜のvサイン。今日はスバラシイ一日だ。
13
西俣出合まで戻ってきた。赤岩尾根と西沢。
2018年03月18日 08:52撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西俣出合まで戻ってきた。赤岩尾根と西沢。
1
赤岩尾根へ続くトレース。
2018年03月18日 08:52撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩尾根へ続くトレース。
あとは林道を歩くだけ。
2018年03月18日 09:14撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは林道を歩くだけ。
こんにちは
2018年03月18日 09:18撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんにちは
6
大谷原まで戻ってきたがもう一息。
2018年03月18日 09:23撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大谷原まで戻ってきたがもう一息。
1
ただいま。
2018年03月18日 09:44撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ただいま。

感想/記録

今回の山行はアクシデントが続いた。心が強くなった。身も強くなった気がした。最後は全てが報われた。カモシカも微笑んでくれた。ありがとう鹿島槍。また来るよ。
訪問者数:714人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/8/18
投稿数: 335
2018/3/20 20:07
 「怪物のような凄い人」
kagoru-dakeさん 初めまして。
冒頭から失礼なことをすみません。
実は、18日の5:32に爺ヶ岳中峰に着き、鹿島槍の中腹に見えるヘッデンを
眺めていました。あんな壁のような斜面にヘッデン??と下山してからも気になっていましたがkagoru-dakeさんだったんですね。
凄いです!! レコを拝見し またまたビックリ!! 
コーヒーとハードシェルが下山中に落っこちていたのには笑えました。
凄くてユニークなレコ。楽しませていただきました。
ありがとうございました。 

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ