また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1405509 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

有戸山をめぐる尾根歩き

日程 2018年03月16日(金) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間29分
休憩
10分
合計
1時間39分
Sスタート地点15:5716:24有戸山16:2916:47380m級ピーク16:5217:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
しぼれさん、あにねこさんの記事が参考になりました。
ありがとうございます。
しぼれさんが出合った登山者は、有戸山のことを「ありんどさん」と呼ばれていたそうです。

【関連レコ】
多田駅から氷室山まで尾根を歩き通してみました。
◎多田駅から白岩柿平林道への尾根歩き
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1407771.html
◎大鳥屋山から新栃木線巡視路までの尾根歩き
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1408271.html
◎氷室山 ~祠を探しながら尾根歩き~
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1411083.html
コース状況/
危険箇所等
宇都宮神社〜有戸山〜主稜線ピークは、歩きやすいほぼ登山道と言っていい道。
マーキングはありますが指導標は一切ありません。
本日、山名板・三角点の類はひとつも見かけませんでした。
その他周辺情報お食事処ふじ
https://tabelog.com/tochigi/A0902/A090202/9002176/
生姜焼き、くっそ旨かったっす。
ファイル waypoint_2018.03.16-18,25.gpx 3/17,18,25の山行のウェイポイントをひとまとめにしてみました。多田駅から氷室山までです。 (更新時刻:2018/03/31 20:07)
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

秋山川右岸から望む諏訪岳と絹ヶ丘(跡)。
今日も田沼にやってきました。
2018年03月16日 13:25撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋山川右岸から望む諏訪岳と絹ヶ丘(跡)。
今日も田沼にやってきました。
3
旗川沿いに北上する。
画面左の愛宕山は2等三角点「船越」350.6mのピーク。
出発前に蓬莱山に寄り道してウロウロしてきた。
2018年03月16日 13:51撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旗川沿いに北上する。
画面左の愛宕山は2等三角点「船越」350.6mのピーク。
出発前に蓬莱山に寄り道してウロウロしてきた。
2
遅くなっちゃったなー、って時刻に北から有戸山(298p)に近づく。
2018年03月16日 15:56撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遅くなっちゃったなー、って時刻に北から有戸山(298p)に近づく。
田沼町御神楽農村公園の駐車場からスタート。
トイレあり。
2018年03月16日 17:34撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田沼町御神楽農村公園の駐車場からスタート。
トイレあり。
1
尾根先にある宇都宮神社。
2018年03月16日 17:35撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根先にある宇都宮神社。
2
その裏手、フェンスの切れ目から取付く。
2018年03月16日 16:00撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その裏手、フェンスの切れ目から取付く。
出だしから踏跡&マークあり。
2018年03月16日 16:02撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出だしから踏跡&マークあり。
1
尾根先の小ピークに到着。
3基の石祠がある。
南西(約240°)向き。
2018年03月16日 16:05撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根先の小ピークに到着。
3基の石祠がある。
南西(約240°)向き。
1
奥の2基は近年置かれた量産品。
手前の、向拝柱がわりに枝が差し込まれたものは風化が著しい。
左面に「惣村中」右に「〜三?辰年 一?月建替」の銘。
近年だと明治13年(1880)が辰年。
2018年03月16日 16:06撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の2基は近年置かれた量産品。
手前の、向拝柱がわりに枝が差し込まれたものは風化が著しい。
左面に「惣村中」右に「〜三?辰年 一?月建替」の銘。
近年だと明治13年(1880)が辰年。
1
では、有戸山へ。
画像右のピークが有戸山。
2018年03月16日 16:13撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では、有戸山へ。
画像右のピークが有戸山。
1
道はずっと明瞭に続く。
おそらく参道である。
2018年03月16日 16:17撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道はずっと明瞭に続く。
おそらく参道である。
有戸山に到着。
崩れた石祠や灯篭が幾つもある。
画面左の倒壊物は石灯籠で、右の樹陰に隠れた、立ったまま残った灯篭と対になって、この参道を見守っていた模様。
奥の石宮はこの参道に正対していない。
2018年03月16日 16:24撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有戸山に到着。
崩れた石祠や灯篭が幾つもある。
画面左の倒壊物は石灯籠で、右の樹陰に隠れた、立ったまま残った灯篭と対になって、この参道を見守っていた模様。
奥の石宮はこの参道に正対していない。
2
火袋以外は完品の石灯籠。
「奉納 山神宮 / 願主 葛生町 内田甚右エ門 / 嘉永六丑正月吉日」銘あり。1853年。
倒壊して散乱しているもう一対の灯篭は文久元年銘。願主葛貫?孫右エ門。
2018年03月16日 16:25撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火袋以外は完品の石灯籠。
「奉納 山神宮 / 願主 葛生町 内田甚右エ門 / 嘉永六丑正月吉日」銘あり。1853年。
倒壊して散乱しているもう一対の灯篭は文久元年銘。願主葛貫?孫右エ門。
2
そして石宮と、竿から上が崩落した石灯籠。
南西(約230°)向き。
石祠は「明治24年5?月再建」(1891)の銘。
2018年03月16日 16:26撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして石宮と、竿から上が崩落した石灯籠。
南西(約230°)向き。
石祠は「明治24年5?月再建」(1891)の銘。
2
竿には「奉納 根本山」の文字があった。
嘉永4年(1851) / 氏子中銘。
2018年03月16日 16:26撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竿には「奉納 根本山」の文字があった。
嘉永4年(1851) / 氏子中銘。
2
ここまでの2つのピークで祠の拝する方角を望む。
根本山や氷室山の方角を向いているわけではない。
2018年03月16日 16:28撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでの2つのピークで祠の拝する方角を望む。
根本山や氷室山の方角を向いているわけではない。
1
どちらかというと出流方面を向いている。
この翌日歩いた不動岳・石尊山・浅間山の尾根と、遠くに見える出流の尾根。
2018年03月16日 16:28撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どちらかというと出流方面を向いている。
この翌日歩いた不動岳・石尊山・浅間山の尾根と、遠くに見える出流の尾根。
2
では、有戸山を出発。
東斜面を下りながら、例の赤い石が露出していることに気付いた。
ヨジヌキ山から北で見かけた岩質だ。
長くは続かない。
2018年03月16日 16:31撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では、有戸山を出発。
東斜面を下りながら、例の赤い石が露出していることに気付いた。
ヨジヌキ山から北で見かけた岩質だ。
長くは続かない。
1
あっという間に主稜線の名もないピークに到着。
この翌日、多田駅からここを通過し、白岩柿平林道まで尾根歩きした。
2018年03月16日 16:47撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に主稜線の名もないピークに到着。
この翌日、多田駅からここを通過し、白岩柿平林道まで尾根歩きした。
1
このピークに石祠あり。
地震のためだろうか、ずいぶんズレている。
2018年03月16日 16:47撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このピークに石祠あり。
地震のためだろうか、ずいぶんズレている。
1
礎石の示す方角も明確なので、復帰しといた。
基礎にも屋根にも、向拝柱のホゾ穴が穿ってある。
「世話人 立川忠蔵 石川紋蔵 落合沢右エ門」嘉永2年(1849)銘、北東(約40°)向き。
2018年03月16日 16:51撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
礎石の示す方角も明確なので、復帰しといた。
基礎にも屋根にも、向拝柱のホゾ穴が穿ってある。
「世話人 立川忠蔵 石川紋蔵 落合沢右エ門」嘉永2年(1849)銘、北東(約40°)向き。
2
修正後の状態で、この祠は南西側を拝する向きに立つことになるわけだ。
樹間からそちらを透かして眺めて見ると、大岩山・行道山方面だった。
牧集落の拝所なのだろうか。
2018年03月16日 16:51撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
修正後の状態で、この祠は南西側を拝する向きに立つことになるわけだ。
樹間からそちらを透かして眺めて見ると、大岩山・行道山方面だった。
牧集落の拝所なのだろうか。
1
ここからは道を外れて、尾根を下った。
2018年03月16日 16:53撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは道を外れて、尾根を下った。
下りながら416pを望む。
画面右の、妙に存在感のある双耳型のピーク。
2018年03月16日 16:59撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りながら416pを望む。
画面右の、妙に存在感のある双耳型のピーク。
2
また赤い岩発見。
すぐ消えた。
2018年03月16日 17:04撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また赤い岩発見。
すぐ消えた。
このまま沢を越えます。
2018年03月16日 17:08撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このまま沢を越えます。
下りきった地点で見渡すと、取水口の跡があった。
往時はここまでの水量があったものと思われる。
久しく使われた形跡がない。
2018年03月16日 17:10撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りきった地点で見渡すと、取水口の跡があった。
往時はここまでの水量があったものと思われる。
久しく使われた形跡がない。
1
面白いので、水路をたどってみた。
どこに出るかな〜。
2018年03月16日 17:13撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
面白いので、水路をたどってみた。
どこに出るかな〜。
1
え、まさかの暗渠化。
諦めて引き返す。
2018年03月16日 17:14撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
え、まさかの暗渠化。
諦めて引き返す。
1
楽に徒渉できる水量だった。
対岸には手入れされた梅林と、荒れた篠藪がある。
2018年03月16日 17:15撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽に徒渉できる水量だった。
対岸には手入れされた梅林と、荒れた篠藪がある。
2
掻き分けたら、篠の中に道があった。
助かりました。
2018年03月16日 17:17撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
掻き分けたら、篠の中に道があった。
助かりました。
1
ガボッと作業道に出た。
あら、ごめんなさい…。
2018年03月16日 17:17撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガボッと作業道に出た。
あら、ごめんなさい…。
人家を避け、頭上の車道に登ります。
2018年03月16日 17:18撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人家を避け、頭上の車道に登ります。
1
車道際に立っていた火の見櫓。
2018年03月16日 17:19撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道際に立っていた火の見櫓。
登ってきた、どなたかの美林。
2018年03月16日 17:20撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた、どなたかの美林。
花曇る梅の枝をくぐり抜け…
2018年03月16日 17:22撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花曇る梅の枝をくぐり抜け…
4
スタート地点まで車道を歩きます。
2018年03月16日 17:24撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタート地点まで車道を歩きます。
2
画面中央やや右の尖ったピークが有戸山。
その右にやや遠く、丸いピークが愛宕山(2等船越)。
2018年03月16日 17:23撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
画面中央やや右の尖ったピークが有戸山。
その右にやや遠く、丸いピークが愛宕山(2等船越)。
2
最後まで名前の分らなかった小沢を渡ってゴールです。
旗川に近づくと、やはり伏流してました。
2018年03月16日 17:32撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後まで名前の分らなかった小沢を渡ってゴールです。
旗川に近づくと、やはり伏流してました。
お食事処「ふじ」にて、生姜焼き定食1250円。
昨夜の夜勤中からずっと食べたかったんだよ、生姜焼き。
このまま蓬莱山で車中泊だい。
2018年03月16日 18:04撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お食事処「ふじ」にて、生姜焼き定食1250円。
昨夜の夜勤中からずっと食べたかったんだよ、生姜焼き。
このまま蓬莱山で車中泊だい。
6

感想/記録

田沼を2日半歩いた、その初日の記録です。

この山行の前に蓬莱山を歩いてきたのですが、気楽にサンダルで取り付いたらおっかない目に遭いました。
どこか切りのいい場所に祠か何かがあるだろうから、それを見てから下ろうと考えて登り始めたのですが、いくつかの石造物を経て、その道はいきない東蓬莱山への急斜面になっちゃっていたのでした。登るのは楽しいからつい足を進めたら、ガチ斜面をサンダルで下る羽目に陥りました。
土斜面のサンダルはやばいっす。

この夜は蓬莱山の近くで車中泊。翌日そこから多田駅まで自転車で下り、主稜線を北上しようという趣向なのですが、どうなりますことやら。
訪問者数:243人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ