また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1405916 全員に公開 ハイキング近畿

篠山・三国岳508m 兵庫の中央分水界を縦走しよう1 

日程 2018年03月18日(日) [日帰り]
メンバー
 bucch(CL)
 takechan2(記録)
 kawamitu(SL)
, その他メンバー3人
天候くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
三宮駅北側9:00西宮北口8:45集合。下山口に車1台回送
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

奥原山11:30→11:50三国岳→13:35422P→14:40434P→14:50奥山峠→車回収
コース状況/
危険箇所等
県道702号が横断している奥山峠へ下る法面はロープが必要
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ロングスパッツ 簡易ハーネス用ソウンスリング ソウンスリング60cm ロープスリングφ6mm60cm 安全環つきカラビナx3 軍手(綿)
共同装備 wロープ50mx2(ハイキングロープ30mx2で足りる。) デジタル無線機x2

写真

登山口でロープワークのレッスン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口でロープワークのレッスン
1
いざ、出発!
倒木多し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いざ、出発!
倒木多し
おや、もう山頂?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おや、もう山頂?
1
点名三國ヶ岳の三等三角点
2018年03月18日 12:11撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
点名三國ヶ岳の三等三角点
2
登山口からわずか20分で三国岳508m山頂
この日の最高点
2018年03月18日 11:51撮影 by PHOTOfunSTUDIO 4.0, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口からわずか20分で三国岳508m山頂
この日の最高点
2
コンパスで進路確認
2018年03月18日 13:22撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コンパスで進路確認
422P(四等三角点・点名よが谷)
2018年03月18日 13:35撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
422P(四等三角点・点名よが谷)
2
馬酔木(アセビ)の花が満開
2018年03月18日 13:54撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬酔木(アセビ)の花が満開
マーキング?
ではなくて
2018年03月18日 14:53撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マーキング?
ではなくて
懸垂下降の下降地点
CLが最初に下る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
懸垂下降の下降地点
CLが最初に下る
SLがセットを点検
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
SLがセットを点検
県道702号への下降地点
2018年03月18日 14:56撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道702号への下降地点

感想/記録

兵庫の中央分水界の縦走に参加。参加条件として、「簡易ハーネスを装着できること、集合場所でチェック」と計画書にあり、同時にメールで「ムンターヒッチによる懸垂下降の仕方」まで送られてきたため、前日から緊張。
車3台の集合場所は過疎地の登山口だが、全員無事集合。下山口へ車1台を回送し、その間を利用してベテラン勢によるロープワークの研修、これが下山時の急坂に大いに役立つ!
車の回送に時間がかかったため、歩き始めてすぐに昼食。ルートは踏み跡もほとんどない状態、地図だけが頼りでSLの後を歩く。余り人が歩かないためかなり道は荒れており、どういうわけか木々もかなり腐っており、支えにした木が根元から折れることが数回あったほど。分水界の稜線って保水できないのだろうかと思われるほど、木が朽ちていた。
余り標高差はなかったが、2〜3日前の雨で急坂は滑りやすく、足元は極めて不安定。アップダウンを繰り返し漸く下山口らしきところに到着するも、とてもロープなしでは降りられない急坂のため、安全を優先し、集合場所で学習した懸垂下降で無事全員怪我なく下山。人数が多く懸垂下降に時間が掛かるため、その間に登山口に駐車した車をピックアップし時間を有効に利用)。
今後、全長70キロの分水界縦走が複数回に分けて予定されており、次回もぜひ参加したいと思わせる面白い企画でした。(TAN)
<コース状況>踏み跡がほとんどない状況でかなり荒れている。
<特記事項>地図が読めない私一人ではとても歩けないルート。
訪問者数:246人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ