また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1407007 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走蔵王・面白山・船形山

蔵王、春山

日程 2018年03月20日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ、風弱い
アクセス
利用交通機関
電車バス
東京都区内から山形まで新幹線
山形から蔵王温泉までバス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間29分
休憩
40分
合計
3時間9分
S地蔵山頂駅10:5210:52蔵王地蔵尊10:5611:05地蔵山11:0511:16ワサ小屋跡分岐11:1611:35熊野岳11:4011:42蔵王山11:4211:48馬の背分岐11:4911:57馬の背11:5712:12蔵王レストハウス内避難小屋12:1612:19刈田岳12:4012:59馬の背12:5913:10馬の背分岐13:1013:16熊野岳避難小屋13:1613:21熊野十字路分岐13:2213:37ワサ小屋跡分岐13:3813:50地蔵山13:5514:00地蔵山頂駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
新雪、アイスバーン、夏道、腐れ雪、泥道、全ての条件を経験。基本的に、アイゼン装着が良い。夏道部分は爪が岩に引っかからないように注意が必要。

写真

ロープウェイから。もう樹氷はない。
2018年03月20日 10:35撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイから。もう樹氷はない。
地蔵岳。月山と朝日連峰。
2018年03月20日 11:04撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵岳。月山と朝日連峰。
熊野岳。まだ、曇ってる。
2018年03月20日 11:04撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊野岳。まだ、曇ってる。
1
鳥海山も見える
2018年03月20日 11:05撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥海山も見える
1
エビのシッポ
2018年03月20日 11:13撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビのシッポ
熊野岳の登り。
2018年03月20日 11:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊野岳の登り。
2
熊野岳頂上。
2018年03月20日 11:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊野岳頂上。
2
熊野岳とお釜。
2018年03月20日 12:22撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊野岳とお釜。
4
地蔵岳手前から熊野岳。硫黄の匂い。
2018年03月20日 13:43撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵岳手前から熊野岳。硫黄の匂い。
2
ロープウェイ山頂駅から地蔵岳。
2018年03月20日 14:00撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ山頂駅から地蔵岳。
1
撮影機材:

感想/記録

東京は雨でした。
新幹線に乗って山形を目指しました。
福島でも雨でした。
諦めかけましたが、米沢辺りから少し晴れ間が。
山形に着いたら青空が覗いていました。

昨夜、最後まで悩んで、準備をしました。
天気図を見ても、高気圧の端で、
どうしても自信が持てませんでした。

2年前の吹雪で撤退が頭を過ぎります。

朝は目覚まし一発で起きれました。
とにかく行ってみようと出かけました。

ロープウェイで山頂駅まで登るにつれて、
北側から晴れ間が広がってきました。
熊野岳方面は曇っていましたが、
西側から晴れてくる予感がしました。

山頂駅で準備をして出発です。
地蔵岳の登りからアイゼン装着しました。
地蔵岳頂上からの眺めは素晴らしかった。
朝日連峰、月山、鳥海山。
熊野岳も存在感がありました。

晴れ間も広がり、蔵王上空は青空です。

地蔵岳から下ると夏道が出ていました。
南斜面は解けるのが早いですね。
北斜面と熊野岳の登りは新雪と氷のミックス。
それでもアイゼンの威力は素晴らしい。
グングン高度を上げて熊野岳頂上です。

頂上から刈田岳方面。晴れてます。
吾妻連峰も雲の上に見えました。
地蔵岳は黒い石が前面に出ていました。
三角点も頭だけ見えていました。
二年越しの登頂でした。嬉しかった。

ここから刈田岳を目指します。
馬の背目指して一旦下ります。
斜面は新雪の風紋が綺麗でした。

夏道で岩が出ていたので、
アイゼンの歯が欠けないかと心配しましたが、
なんとか刈田岳に到着しました。

なんか人が多いとも思ったら、
雪上車ツアーがあるんですね。
ロシア人もいました。
写真を撮ってもらいました。
ありがとう。


刈田岳岳から、お釜と熊野岳を見ながらお昼。
風も全くなくなり、座って食べました。
テルモスのお茶も温かく美味しかった。
でも天気が心配なので、腰きりしました。

帰りは熊野岳の避難小屋まで一直線。
途中馬の背で出会った人も笑顔でした。
静岡から来られた方達、良かったですね。

地蔵岳でアイゼンを脱ぎ、尻パッド。
あっと言う間に山頂駅。

ありがとう、蔵王と独り言を言ってました。
休暇消化の為に休暇を取りましたが、
思いもかけずに、嬉しい登山でした。
訪問者数:345人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ