また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1407256 全員に公開 山滑走八幡平・岩手山・秋田駒

和賀山塊−スキー縦走

日程 2018年03月17日(土) [日帰り]
メンバー
 PALOMON(記録)
, その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
貝沢集落の最終地へ車1台をデポ。
銀河高原ビール工場まで、もう1台の車で移動。
高下岳登山口(高畑口)までの林道は積雪のため通行不可。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間30分
休憩
50分
合計
9時間20分
S銀河高原ビール工場付近07:1008:06高畑登山口08:1210:55高下岳(北峰)11:0511:59根菅岳(ねすがだけ)12:0013:17大荒沢岳13:3614:10沢尻岳14:2215:11前山分岐15:22郡界分岐15:2315:47沢尻岳登山口15:4816:30貝沢集落G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪庇上部各所に見えない割れ目があり注意が必要。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

銀河高原ビール工場付近より入山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銀河高原ビール工場付近より入山。
1
先ずは高下岳を目指す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ずは高下岳を目指す。
2
高下岳登山口までショートカットする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高下岳登山口までショートカットする。
2
大荒沢川。
渡渉点を模索...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大荒沢川。
渡渉点を模索...
2
砂防ダムが見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂防ダムが見えてきた。
1
流木を利用して渡渉する。
スリリングな渡渉だった...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流木を利用して渡渉する。
スリリングな渡渉だった...
9
この沢を登れば高下岳の登山口へ到着する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この沢を登れば高下岳の登山口へ到着する。
2
高下岳登山口付近。
積雪で通行止めの林道の様子。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高下岳登山口付近。
積雪で通行止めの林道の様子。
2
雪庇は至る所で割れている。
上部の見えない割れ目には注意。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇は至る所で割れている。
上部の見えない割れ目には注意。
3
第一ピークはまだまだ先か...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一ピークはまだまだ先か...
1
滑走には良さそうな斜面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑走には良さそうな斜面。
1
雪も程良く滑りは楽しそうだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪も程良く滑りは楽しそうだ。
1
下界が見える場所。
下界は青空なのね。
目指す上部は白い...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界が見える場所。
下界は青空なのね。
目指す上部は白い...
3
ブナ林を抜けていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ林を抜けていく。
1
ダケカンバが現れると森林限界も近づく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケカンバが現れると森林限界も近づく。
2
樹林外へ脱出。
風があって寒かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林外へ脱出。
風があって寒かった。
3
ガリガリバーンに苦戦する。
新雪箇所を選んでシールで頑張る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガリガリバーンに苦戦する。
新雪箇所を選んでシールで頑張る。
3
高下岳南峰方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高下岳南峰方面。
1
高下岳、尾根上部。
山頂まであと僅か。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高下岳、尾根上部。
山頂まであと僅か。
2
高下岳山頂。(北峰)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高下岳山頂。(北峰)
8
シートラで山頂を根菅岳方面へ下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シートラで山頂を根菅岳方面へ下る。
4
高下岳北峰を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高下岳北峰を振り返る。
4
根菅岳、青空が映える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根菅岳、青空が映える。
4
ガリガリバーン。
シールを剥がして鞍部まで滑走。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガリガリバーン。
シールを剥がして鞍部まで滑走。
3
やせ尾根の雪庇が大きく割れていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やせ尾根の雪庇が大きく割れていた。
7
難所。
凍っており、左右に落ちないように注意。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
難所。
凍っており、左右に落ちないように注意。
9
縦走路を振り返る。
たまに明るくなるといい景色が広がる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路を振り返る。
たまに明るくなるといい景色が広がる。
7
大荒沢岳への急登。
クトー(シーアイゼン)は歯が立たず...
シートラで登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大荒沢岳への急登。
クトー(シーアイゼン)は歯が立たず...
シートラで登る。
5
大荒沢岳からの滑り。
サラリと雪が吹き溜りここは楽しい滑りだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大荒沢岳からの滑り。
サラリと雪が吹き溜りここは楽しい滑りだった。
5
先日の雨のせいか?
全層雪崩も見られる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先日の雨のせいか?
全層雪崩も見られる。
4
沢尻岳への登りで大荒沢方面を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢尻岳への登りで大荒沢方面を振り返る。
6
ダケカンバの霧氷が綺麗だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケカンバの霧氷が綺麗だった。
6
沢尻岳までもう少し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢尻岳までもう少し。
5
沢尻岳山頂は積雪も薄い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢尻岳山頂は積雪も薄い。
4
沢尻岳山頂。
ここまで7時間ほど。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢尻岳山頂。
ここまで7時間ほど。
12
大荒沢岳。
右奥に羽後朝日岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大荒沢岳。
右奥に羽後朝日岳。
7
沢尻岳から滑走。
直ぐにダケカンバ林に入る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢尻岳から滑走。
直ぐにダケカンバ林に入る。
1
郡界分岐からは楽しいブナ林ラン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
郡界分岐からは楽しいブナ林ラン。
2
一部、板を外すことになる。
ここで板を履き直し、その後は林道の渡渉点までを滑走できた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一部、板を外すことになる。
ここで板を履き直し、その後は林道の渡渉点までを滑走できた。
1
沢尻岳登山口の積雪具合。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢尻岳登山口の積雪具合。
1
最後の林道歩きはシールで30分程度。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の林道歩きはシールで30分程度。
1
無事、貝沢集落へゴール。
お疲れ様。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事、貝沢集落へゴール。
お疲れ様。
3

感想/記録

山行の感想はこんな感じです。

http://palomon.naturum.ne.jp/e3052384.html
訪問者数:437人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/10/7
投稿数: 42
2018/4/19 8:02
 怖そう!
お久しぶりです。
最初の渡渉点、巨大な雪庇や崩落個所、もっと優しいコースをイメージしていましたが、林道が開くまでまだまだ自分には無理なようです・・・記事大変参考になりました。
登録日: 2012/10/7
投稿数: 34
2018/4/21 10:50
 Re: 怖そう!
▼step1248さん
 渡渉点の難易度は積雪状況でだいぶ異なるようですね。
 今回は前日の雨で融雪が進み...結果、あそこしか渡れませんでした。
 高下岳から沢尻岳の縦走は夏道以上に雄大な景色です。 
 是非、残雪期に縦走してみてください。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ