また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1409404 全員に公開 山滑走尾瀬・奥利根

三岩岳(葭ヶ平スノーシェルターから)

日程 2018年03月24日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
葭ヶ平スノーシェルターの南会津方に3台、桧枝岐側に1台駐車可能です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間39分
休憩
19分
合計
4時間58分
Sスタート地点08:1412:16三岩岳12:3513:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
スノーシェルター〜三ツ岩沢渡渉部(標高900m付近):雪はしまっており、歩きやすいです。3月22日の雨は標高が低いところは雨だったようで、新雪もありませんでした。最初、左岸を詰める予定で考えていましたが、少しいったところで雪が途切れており、渡渉せざる得ない状況でしたので、一度引き返し、今度は右岸を詰めました。途中1箇所、雪が切れそうなところがあり、賞味期限間近という状況でした。渡渉部は、それほど幅もなく渡れますが、渡った先のスノーブリッジがもうギリギリの状況で、帰りに私が乗ったら割れてしまいました。今年は少し雪が少ないのかもしれません。
三ツ岩沢渡渉部〜尾根取り付き部(標高1080m付近):沢の開口部はありませんでした。ただ、この先雨等で割れ等が発生することもあるかもしれません。
尾根取り付き部〜稜線部(標高1800m付近):尾根の登りは結構急です。今回は雪も緩んできており、22日の雪が若干残っていることもあり、スノーシューではズルっといきそうで、少し蹴りこみながら登りましたが、これ以上雪が緩ければアイゼンじゃないと厳しそうです。
稜線部〜頂上:三つ岩付近までは、やや急な箇所もありますが、特に問題ないと思います。上部に行くと雪質はクラスト気味になってきます。三つ岩を回り込むところは、右側が急斜面になっていることもあり、雪が硬ければアイゼンがあったほうが良いかもしれません。
その他周辺情報桧枝岐に道の駅が出来ていました。
尾瀬檜枝岐・山旅案内所:トイレも24時間使用可能なようです。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック ビーコン スコップ ゾンデ 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ アイゼン スノーシュー

写真

スノーシェルターの南会津方に駐車し、出発します。
駐車スペースが少ないのが難点です。
2018年03月24日 08:05撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーシェルターの南会津方に駐車し、出発します。
駐車スペースが少ないのが難点です。
1
スノーシェルターのすぐ横を進みます。
2018年03月24日 08:14撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーシェルターのすぐ横を進みます。
1
三ツ岩沢の全景。この先左岸は雪が切れます。
2018年03月24日 08:19撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ岩沢の全景。この先左岸は雪が切れます。
右岸を少し進むと渡渉ポイントです。手前の岩は滑りやすいので注意が必要です。
2018年03月24日 08:45撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸を少し進むと渡渉ポイントです。手前の岩は滑りやすいので注意が必要です。
渡渉ポイントから少し進むと開けてきます。
2018年03月24日 09:18撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉ポイントから少し進むと開けてきます。
1
右手の尾根に取り付きます。
2018年03月24日 09:31撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手の尾根に取り付きます。
少しずつ樹間が広くなってきます。
2018年03月24日 10:14撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しずつ樹間が広くなってきます。
1
三ツ岩沢にはデブリが見えます。三ツ岩沢を落とす予定でしたが予定を変更します。
2018年03月24日 10:22撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ岩沢にはデブリが見えます。三ツ岩沢を落とす予定でしたが予定を変更します。
少しずつ展望がひらけてきます。
2018年03月24日 11:02撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しずつ展望がひらけてきます。
上部は樹木もほとんどなく、広い尾根です。
2018年03月24日 11:20撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部は樹木もほとんどなく、広い尾根です。
三つ岩と三岩岳が見えて来ました。
2018年03月24日 11:34撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三つ岩と三岩岳が見えて来ました。
三つ岩を1個越えたところです。
2018年03月24日 12:03撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三つ岩を1個越えたところです。
頂上は少し盛り上がったところにあります。
標柱も三角点も見当たりませんでした。
2018年03月24日 12:11撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上は少し盛り上がったところにあります。
標柱も三角点も見当たりませんでした。
1
頂上から大戸沢岳、会津駒ケ岳
2018年03月24日 12:14撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上から大戸沢岳、会津駒ケ岳
1
頂上から三ツ岩沢ではなく、1つ左の沢を滑ります。頂上からドロップしますが、ノールとなっているので、少し左に巻きながら様子を見て滑ります。
2018年03月24日 12:15撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上から三ツ岩沢ではなく、1つ左の沢を滑ります。頂上からドロップしますが、ノールとなっているので、少し左に巻きながら様子を見て滑ります。
上部はパック気味でしたが滑る良い雪でした。
2018年03月24日 12:31撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部はパック気味でしたが滑る良い雪でした。
一定の斜度で落ちていきます。面ツル&滑る良い雪で最高です。
2018年03月24日 12:34撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一定の斜度で落ちていきます。面ツル&滑る良い雪で最高です。
最高の一言です。
2018年03月24日 12:36撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高の一言です。
三ツ岩沢との合流ポイントが見えて来ました。まだまだ良い斜面が続きます。
2018年03月24日 12:36撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ岩沢との合流ポイントが見えて来ました。まだまだ良い斜面が続きます。
広々ターンで一定のリズムで落としていきます。
2018年03月24日 12:38撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広々ターンで一定のリズムで落としていきます。
デブリは、右手に溜まっているため、左手を滑るには支障ありません。
2018年03月24日 12:39撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デブリは、右手に溜まっているため、左手を滑るには支障ありません。
三ツ岩沢下部は、デブリもなく綺麗で、雪も悪くなく、良かったです。
2018年03月24日 12:39撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ岩沢下部は、デブリもなく綺麗で、雪も悪くなく、良かったです。
一気に滑ってしまいましたが、とにかく広いですね。
2018年03月24日 12:41撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一気に滑ってしまいましたが、とにかく広いですね。
下部にくると少し、足がとられるようになって来ましたが、気になるほどではありません。
2018年03月24日 12:42撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下部にくると少し、足がとられるようになって来ましたが、気になるほどではありません。
下部も十分に楽しめます!
2018年03月24日 12:44撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下部も十分に楽しめます!
渡渉ポイントまで来ました。今回は、雪がやわらかくなっており、若干苦戦しましたが何とか渡れました。
2018年03月24日 12:53撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉ポイントまで来ました。今回は、雪がやわらかくなっており、若干苦戦しましたが何とか渡れました。
スノーシェルターのところまで滑りきりました。ここで、スノーシェルターのところで三ツ岩沢を渡り、駐車場所へ戻ります。
2018年03月24日 13:00撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーシェルターのところまで滑りきりました。ここで、スノーシェルターのところで三ツ岩沢を渡り、駐車場所へ戻ります。
無事に戻ってこれました。
2018年03月24日 13:03撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に戻ってこれました。
スノーシェルターから少し南会津方に行ったところにステップが作成されていて、ここだと昇り降りが楽ですね。
2018年03月24日 13:05撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スノーシェルターから少し南会津方に行ったところにステップが作成されていて、ここだと昇り降りが楽ですね。
訪問者数:302人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ