また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1413619 全員に公開 雪山ハイキング白馬・鹿島槍・五竜

今年も強風の八方尾根【唐松岳】

日程 2018年03月18日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ(強風)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往路:遠見尾根から下山後、車で移動。五竜ゴンドラから八方ゴンドラまでは15分ほど。ゴンドラとリフト2本を乗り継いで八方池山荘へ。
復路:中央道は大月から先はいつもの渋滞。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間47分
休憩
33分
合計
6時間20分
S八方池山荘04:5006:40第三ケルン06:4508:10丸山08:1508:58唐松岳頂上山荘09:1809:47丸山09:5010:45第三ケルン11:10八方池山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
入山者が多いので、トレースも踏み固められていて全体的に歩きやすい。
頂上山荘手前、短いながら痩せ尾根があるので、強風時には注意。
その他周辺情報八方池山荘に宿泊(水不足のためシャワーのみ利用可でした)。夕食のバイキングはおすすめ。
下山後の温泉:みみずくの湯
下山後の食事:とんかつちとせ
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 12本爪アイゼン ピッケル(八方池まではストック) ハードシェル

写真

八方池山荘裏からの夕方の白馬三山
2018年03月17日 15:09撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池山荘裏からの夕方の白馬三山
日の出前に山荘を出発
八方山で日の出を迎える
2018年03月18日 05:55撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出前に山荘を出発
八方山で日の出を迎える
白馬三山モルゲンロート
2018年03月18日 06:05撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山モルゲンロート
五竜岳&鹿島槍も
2018年03月18日 06:06撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜岳&鹿島槍も
八方池はまだまだ雪の下
不帰險と手前の木立の柔らかな稜線の対比が良い
2018年03月18日 06:42撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池はまだまだ雪の下
不帰險と手前の木立の柔らかな稜線の対比が良い
なだらかな八方尾根の稜線
2018年03月18日 06:46撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なだらかな八方尾根の稜線
シュカブラと五竜、鹿島槍
2018年03月18日 07:15撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュカブラと五竜、鹿島槍
時々強風が吹きつける
2018年03月18日 07:26撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々強風が吹きつける
白馬三山も雪煙が上がる
2018年03月18日 07:14撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山も雪煙が上がる
丸山ケルンに到着
2018年03月18日 08:10撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山ケルンに到着
主稜線まであと少し
あの先の景色が早く見たい
2018年03月18日 08:19撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線まであと少し
あの先の景色が早く見たい
どっしりと五竜岳
2018年03月18日 08:38撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どっしりと五竜岳
最後の痩せ尾根は注意
風のタイミングを見計らって通過
2018年03月18日 08:51撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の痩せ尾根は注意
風のタイミングを見計らって通過
真っ白な剱岳、立山が目の前に
この景色が見たかった
2018年03月18日 09:17撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白な剱岳、立山が目の前に
この景色が見たかった
今年の剱岳は雪がたっぷり
2018年03月18日 08:59撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年の剱岳は雪がたっぷり
唐松岳山頂はすぐそこですが、ここからさらに強風が吹きつける
剱岳も見ることができて満足したので、ここで引き返します
2018年03月18日 08:59撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳山頂はすぐそこですが、ここからさらに強風が吹きつける
剱岳も見ることができて満足したので、ここで引き返します
シュカブラと白馬三山
2018年03月18日 09:24撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュカブラと白馬三山
八方尾根の向こうには北信の山々
2018年03月18日 09:14撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方尾根の向こうには北信の山々
ゴンドラの日帰り登山者が来る前なので、人気の八方尾根もとっても静か
山小屋に泊まった者だけの特権
2018年03月18日 09:42撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンドラの日帰り登山者が来る前なので、人気の八方尾根もとっても静か
山小屋に泊まった者だけの特権
富士山遠望
2018年03月18日 09:26撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山遠望
朝一のゴンドラの方たちが登ってきました
2018年03月18日 10:02撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝一のゴンドラの方たちが登ってきました
ゾロゾロ、行列
2018年03月18日 10:08撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゾロゾロ、行列
ここからの五竜岳、鹿島槍がお気に入り
薄雲が拡がってきました
2018年03月18日 10:20撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからの五竜岳、鹿島槍がお気に入り
薄雲が拡がってきました
楽しかった山行ももうすぐ終わり
それにしてもスノーボード担いで、強風の中を歩く人はすごい
2018年03月18日 11:01撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽しかった山行ももうすぐ終わり
それにしてもスノーボード担いで、強風の中を歩く人はすごい
リフトとゴンドラで、あっという間に下界に戻ります
スキーヤーが気持ちよさそう
2018年03月18日 11:31撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフトとゴンドラで、あっという間に下界に戻ります
スキーヤーが気持ちよさそう

感想/記録

 遠見尾根から八方尾根まで移動し、その日のうちに八方池山荘へ。4日前に週間予報で天気を確認してから空室を確認したら偶然取ることができました。
 唐松岳は朝いちのゴンドラでも日帰りできますが、八方池山荘に宿泊すると、朝夕の赤く染まった山が見ることが出来るのと、人が少ないうちに山頂に立てるので、利用価値は高いです。

 朝のモルゲンロートを八方池の先で見るべく、朝5時前に山荘を出発。
 しかし、八方山まで上がると強風が吹きつけて、自分もカメラも飛ばされてしまいそうだったので、少し下がったところで日の出を待ちます。
 モルゲンロートは思ったよりも赤くなりませんでしたが、朝日に染まる白馬三山と鹿島槍、五竜はやっぱり素晴らしい。

 強風のため、このまま下山しようかと思いましたが、あまりの天気の良さと若干風も弱まってきたので、行けるところまでと思い進みます。冬の八方尾根の風の強さはいつ来ても厳しい。

 丸山ケルンから先、痩せ尾根の通過は風のタイミングを見ながら進みました。
 
 主稜線の唐松岳頂上山荘の上に出ると、迫力のある剣岳、立山が目の前に姿を表します。この瞬間は何度来ても感動します。しかも今まで見た中で一番真っ白な剣岳と青空のコントラスト!
 しかし、西風がまともに吹きつけて、先程までとの比でない強風。この景色を見て満足なので、今回は頂上まで行かずにここで退散。

 雪山の下りはあっという間。しかも下の樺あたりまでは日帰りの人が上がって来る前だったので、人もまばらで静かな山を楽しむことができました。

 八方池までくると、登山の人、バックカントリーやボーダー、雪山観光の人たちで、賑やかになってきました。

 リフトとゴンドラであっという間に下界に降りて、お気に入りのみみずくの湯で汗を流し、行ってみたかったとんかつ店でお腹を満たして、帰路につきました。
訪問者数:48人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ