また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1418282 全員に公開 雪山ハイキング 東海

雷倉《奥美濃の小津三山》

情報量の目安: B
-拍手
日程 2018年03月30日(金) ~ 2018年03月31日(土)
メンバー , その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・目的地周辺-国道157号線、本巣市根尾大井の八谷集落。
・駐車場-八谷集落入口の八谷橋前の路肩。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10時間13分
休憩
27分
合計
10時間40分
Sスタート地点10:2014:27雷倉14:5016:07奥ツルベ16:1117:07ツルベ岳21:00ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・登山ポスト-なし
・道の状況
 (登山口〜林道出合)急坂の連続、殆ど平坦な道なし。
 (林道出合〜雷倉)残雪の雪道で歩きやすい。稜線まで急坂。
 (雷倉〜奥ツルベ岳)雷倉山頂からの下りは藪道。
  登りは広い雪道で歩きやすい。
 (奥ツルベ岳〜ツルベ岳)残雪の道は歩きやすいが、
  殆どが細尾根の藪道で進みにくい。
 (ツルベ岳〜標高600m)ザレ場の急坂の下り。
  それから先は踏み跡が明確でないので地図、GPSを活用。
 (525m〜317m沢出合)踏み跡なし。最後の急坂滑り易い。
 (沢〜登山口)登山口まで標高差50m位で水量が少ない。
  暗いが歩きやすい。
その他周辺情報・登山後の温泉・食事
 四季彩館 0581-38-3678
 道の駅ふじはし 0585-52-2020
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

登山口のある八谷集落から見える奥美濃の山。
2018年03月30日 22:29撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口のある八谷集落から見える奥美濃の山。
1
八谷橋を渡り登山口に向かう。
2018年03月30日 22:30撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八谷橋を渡り登山口に向かう。
2
樹に取り付けられた雷倉登山口標示板。登山ポストなし。
2018年03月30日 22:34撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹に取り付けられた雷倉登山口標示板。登山ポストなし。
1
ミツバツツジ。
2018年02月27日 16:21撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジ。
5
急坂の岩稜尾根が続く。
2018年04月02日 13:26撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂の岩稜尾根が続く。
1
イワウチワ。
2018年04月02日 14:24撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワウチワ。
6
登山口から2時間20分、林道出合に到着。
出合いから伸びる雷倉の稜線。
2018年04月02日 13:29撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口から2時間20分、林道出合に到着。
出合いから伸びる雷倉の稜線。
1
林道出出合にて、雷倉から奥ツルベ岳への稜線。
2018年04月02日 13:28撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道出出合にて、雷倉から奥ツルベ岳への稜線。
2
林道出出合にて、奥ツルベ岳を望む。
2018年04月02日 13:29撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道出出合にて、奥ツルベ岳を望む。
1
林道出出合にて、奥美濃の山脈。
2018年04月02日 13:30撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道出出合にて、奥美濃の山脈。
4
稜線出合い直前、前山と能郷白山が姿を現す。
2018年03月31日 00:12撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線出合い直前、前山と能郷白山が姿を現す。
2
稜線直前の雪尾根を行く。
2018年04月02日 13:41撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線直前の雪尾根を行く。
2
ブナ林の広い稜線に到着。
2018年04月02日 13:42撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ林の広い稜線に到着。
1
雷倉に向かう雪尾根にて、磯倉・能郷白山・前山が美しい。
2018年04月02日 13:34撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷倉に向かう雪尾根にて、磯倉・能郷白山・前山が美しい。
3
能郷白山をアップ。
2018年04月02日 13:33撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
能郷白山をアップ。
2
雷倉山頂が見えてきた。
2018年04月02日 13:43撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷倉山頂が見えてきた。
1
登山口から約4時間、漸く雷倉山頂に到達。山頂はポカポカ陽気で暖かい。
2018年04月02日 13:45撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口から約4時間、漸く雷倉山頂に到達。山頂はポカポカ陽気で暖かい。
5
雷倉山頂標示板。
2018年04月02日 13:47撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷倉山頂標示板。
10
能郷白山。
2018年04月02日 13:39撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
能郷白山。
5
遠方に白山が輝く。
2018年04月02日 13:38撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠方に白山が輝く。
2
雷倉山頂にて記念撮影。
2018年04月02日 13:51撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷倉山頂にて記念撮影。
8
雷倉を後に奥ツルベ岳に出発。
2018年04月02日 13:50撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷倉を後に奥ツルベ岳に出発。
7
奥ツルベ岳山頂直下を行く。
2018年04月02日 13:51撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥ツルベ岳山頂直下を行く。
4
奥ツルベ岳からツルベ岳へ。残雪と藪の連続。
2018年04月02日 13:56撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥ツルベ岳からツルベ岳へ。残雪と藪の連続。
2
振り返へると奥ツルベ岳。
2018年04月02日 14:03撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返へると奥ツルベ岳。
2
ツルベ岳山頂。
2018年04月02日 14:04撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツルベ岳山頂。
1
ツルベ岳山頂から、急坂のザレ場を下る。
2018年04月02日 14:06撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツルベ岳山頂から、急坂のザレ場を下る。
2
大きな樹。
2018年04月02日 14:04撮影 by E-PL3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな樹。
2

感想/記録

奥美濃の小津三山(小津権現山・花房山・雷倉)の残された山である雷倉に初挑戦する。奥美濃の山は殆どが藪山が多く、残雪期に登る山が多い。
そのなかで雷倉は登る人が最も少ない山でもある。

登ってみて初めて、解ることがあまりにも多すぎた。
登山口から雷倉までは道は急坂の連続だが、踏跡は明確でテープ等があり判り易い。
雷倉からのツルベ岳を通る周遊コースは、殆どが藪道で踏み跡が不明確で
人が入っていないので荒れている。特に今年は暖かい日が続き雪が少なく藪道で体力が消耗する。

山を簡単に思い込んではならない。
年齢を重ねた人間の体力を理解したら、それ相応の余裕のある計画が当然だ。出発があまりにも遅く、最後は危険な夜間山行となってしまった。
夜間2.5時間を含む10.5時間の山行で身体は疲労困憊、クタクタだ。
最後まで4人の知恵で、何とか無事下山出来てホッとする。
同じことを繰り返さないよう肝に銘じる。
大反省の山行になった。

それでもなお、脳裏に残るのは雷倉山頂や稜線から見る能郷白山や白山連峰の美しい映像だ。
奥美濃は自然が残る静かで美しい場所。そしてどこまでも奥深い。
だから、懲りずにまた登り挑戦するのかもしれない。
ありがとうの気持ちでいっぱいです。
またまた、記憶に残る一つの山になりました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:597人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ