また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1421714 全員に公開 ハイキング祖母・傾

本谷山、笠松山

日程 2018年04月07日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り、雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間9分
休憩
5分
合計
5時間14分
S尾平越トンネル06:2606:48尾平越06:4907:22丸山07:2308:24本谷山09:21笠松山09:2411:40尾平越トンネルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

前夜着で車中にて仮眠。
目覚めたら、登山口の尾平越トンネル横の広場は、
なんとも見事な桜で満開でした。
2018年04月07日 05:53撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前夜着で車中にて仮眠。
目覚めたら、登山口の尾平越トンネル横の広場は、
なんとも見事な桜で満開でした。
3
本谷古道と書かれた看板からスタート
2018年04月07日 06:25撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷古道と書かれた看板からスタート
1
起きぬけの身体で、いきなりの急登はずいぶんとこたえます。
2018年04月07日 06:34撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
起きぬけの身体で、いきなりの急登はずいぶんとこたえます。
1
ようやく稜線が見えてきました。雲はたれこめ、天気には恵まれない一日になるだろうと覚悟はしてますが、やはり祖母山の縦走露に乗ると思うと、気持ちは上がります。
2018年04月07日 06:54撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく稜線が見えてきました。雲はたれこめ、天気には恵まれない一日になるだろうと覚悟はしてますが、やはり祖母山の縦走露に乗ると思うと、気持ちは上がります。
1
ミツバツツジが稜線を吹く強風に耐えて、かれんに花をつけております。嗚呼かくありたし。
2018年04月07日 06:54撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジが稜線を吹く強風に耐えて、かれんに花をつけております。嗚呼かくありたし。
3
さあ、楽しい稜線歩きのはじまりはじまり
2018年04月07日 06:55撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、楽しい稜線歩きのはじまりはじまり
後方には古祖母が見えます。夏に登った時も天気にはそっぽ向かれたような記憶が…。
2018年04月07日 06:57撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後方には古祖母が見えます。夏に登った時も天気にはそっぽ向かれたような記憶が…。
これ、こういう道を歩きたくて、やってきたのです。
2018年04月07日 06:57撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これ、こういう道を歩きたくて、やってきたのです。
1
風はかわらず吹きすさびますが、心なしか雲が流れて青空が少しだけみえてきました。
2018年04月07日 07:03撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風はかわらず吹きすさびますが、心なしか雲が流れて青空が少しだけみえてきました。
1
さえぎるものが少ない道なので、横風でフラフラと身体が持ってかれそうになります。
2018年04月07日 07:27撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さえぎるものが少ない道なので、横風でフラフラと身体が持ってかれそうになります。
1
晴れ間と曇りが繰り返す中、ひたすらの一本道。誰もいないから大声で唄ったりなんかします。
2018年04月07日 07:43撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れ間と曇りが繰り返す中、ひたすらの一本道。誰もいないから大声で唄ったりなんかします。
2
ふりむけば雲の中、祖母が。古祖母や障子岳もみえます。
なんかうっすら白いのは、雪? そうです。このあとここいら一帯も真っ白な世界に突入することになるとは、まだこの時は知らず。
2018年04月07日 08:08撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふりむけば雲の中、祖母が。古祖母や障子岳もみえます。
なんかうっすら白いのは、雪? そうです。このあとここいら一帯も真っ白な世界に突入することになるとは、まだこの時は知らず。
2
本谷山へ到着。この日唯一の登山者とすれ違いました。同じ尾平越から、先に登っていった青年でした。どうやら彼はピストンで戻るところでした。
風強し。マイナス三度前後。吹きつける冷たい風で、顔がひん曲がりそうだ。
2018年04月07日 08:23撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷山へ到着。この日唯一の登山者とすれ違いました。同じ尾平越から、先に登っていった青年でした。どうやら彼はピストンで戻るところでした。
風強し。マイナス三度前後。吹きつける冷たい風で、顔がひん曲がりそうだ。
2
トクビ展望から傾山を見る。白いものがチラチラと舞い、寒さがかなりつらくなってきました。とっとと笠松山へタッチして引き返そう。
2018年04月07日 09:00撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トクビ展望から傾山を見る。白いものがチラチラと舞い、寒さがかなりつらくなってきました。とっとと笠松山へタッチして引き返そう。
1
あー着いた着いた。タッチ! よし帰るべ。
九十九越でラーメン作る計画は次回。
2018年04月07日 09:21撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あー着いた着いた。タッチ! よし帰るべ。
九十九越でラーメン作る計画は次回。
1
携帯電話の調子がおかしい。寒さのせいか? これがこの日最後の写真となり、GPSのログもここで切れる。
見る見る視界は白くなり、雪が顔にあたって目あけるのがしんどい。
2018年04月07日 09:53撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
携帯電話の調子がおかしい。寒さのせいか? これがこの日最後の写真となり、GPSのログもここで切れる。
見る見る視界は白くなり、雪が顔にあたって目あけるのがしんどい。
3

感想/記録

仕事をやっつけて、金曜の深夜に登山口へ入り、車中泊。
「てんきとくらす」サイトでの登山指数はC。
天気予報でも寒波がもどるとの事で、天気が荒れるのは織り込み済み。
とはいえ一縷の望みで、明日は晴れますように…と願いつつ
シュラフへもぐりこみ、そのまま撃沈爆睡。

明るくなってめざめると、空は曇天。なんとも中途半端な空です。
あたりを見渡すと、なんということでしょう。一面サクラが満開です。
なんかいいことありそうな…。
と、大分側からトンネルをこえて一台の車が入ってきました。
まだ若い成年です。さっさと支度してあっという間に登っていきます。
こりゃいかんな、時計は六時。遅れてしまう。
菓子パンをモグモグしつつ、着替えて靴はいて準備。

夏に(山の日)、ここから古祖母、障子へと登ったが、
今回は、反対方向の本谷、笠松、余力があれば九十九越の小屋で昼飯を
という計画で、本谷古道の案内のある側から、稜線(縦走路)へ上がりはじめた。
起き抜けに、いきなりの急登はこたえる。すぐに息があがった。
けれど、寒さに汗も出ない。息もなぜか白くならない。
「これってやばいヤツやん…」と経験上、
間違いなく寒さとの格闘になりそうやねと、心のフンドシを締め直す。キュ。

二十分ほどで稜線へ。明るいっちゃ明るいが、空は灰色、風強し。祖母は雲の中。
それでも気持ちは上がる。この登山道は好きなんだな。
スケール感といい、ほどよい高度感といい、なんかいいのですよ。
「俺、今祖母を歩いちょる!」て気持ちが高揚感につながるのですな。
この日は、けなげに花をつけたミツバのピンクにも心が癒されました。
道標を右へ。本谷まで1時間ちょいの歩きです。

ビュー、ゴーっと吹き付ける風で背中のザックかゆれてます。
何より冷たくて、顔が痛い。頭がカキ氷のキーン状態。手の指ジンジン。
すでに後悔。帰ろうか…。弱気の虫が顔を出す。
それでも、もっとこの道を歩いていたいという気持ちが強くて、
せめて本谷まではいこうぜと、弱気の虫に激をとばす。
ブナ広場、鹿ネット、アセビの集落…、寒くてもそれなりに楽しく歩けます。
気が付けば、雲が流れて青空も見えます。時には陽も射したりして、
なんか春気分も出てきました。
本谷山頂手前で、先行していた青年が下ってきた。
「寒いねえ」「山頂には寒くて居れませんでした」
確かに山頂は寒し。山頂のプレートが風でひっくり返ってます。
ちょっと裏側に回り込むと、風をよけられて長居できます。
ここでひとときの日向ぼっこ。小休止します。
よっしゃ、こりゃ行けますな。計画通り九十九越でお湯わかしてラーメンだ。

陽が陰り、雲が厚くなってきました。
いかんいかん、出発じゃあ。いざ笠松へ
ゆるやかに下りを進むと、樹林帯へ。
風もあたらず、緑の葉が生い茂り、なんとも気持ちよく。
やがてトクビ展望へ到着。
雲の中、うっすらと傾山が。おおカッコいいねえ。カタチがいいねえ。
と、見る見るあたりにガスがたちこめて、空はいよいよ暗くなってきました。
こりゃいかん、荒れる。
氷の粒が風に舞って、顔にバチバチと当たりはじめました。
寒さに筋肉が固まって、どうにも重たくなってきました。
ようやく笠松山へ立ったときには、足腰がズーンと重く固まっていました。
これは無理。九十九越しは、また今度。
さっさと山頂にタッチして、すたこらサッサと引き帰します。

見る見る足元は真っ白に。降り出しました。
顔にバチバチ当たって、目をあけるのもつらい。
帰宅後に鏡を見たら目が真っ赤になっちょりもした。
とにかく急がねば。ガンガン歩きたいとこですが、
寒さに固まった身体が言う事をきいてくれません。
疲労もあって、まるでロボコップのごとき歩みで進みます。
軍手一枚の指先が、感覚がなくなってきたので、
ポケットに手をつっこんで、グーパー運動。
温度を測ると、マイナス5度。そりゃ寒いわ。
おまけに強風で体感温度はもっと低いはず…。
ヤッケのフードで頭を覆っても、ビューっとひと吹きで
すぐにはずれもす。
急にスマホが再起動をして、バッテリー切れの表示を出して
そのまま動かなくなりました。温度のせいなのか?
こまったもんです。写真もとれず、GPSのログもとれなくなりました。
そんなこんなで、若干の(実はかなり)ドキドキ状態。
それでも二本の足は、止まることなく進んでくれて、
どうにか本谷山頂への登り返しを終え、(ここが一番きつかったでごわす)
さああとは下るのみ。一時間も歩けば稜線から下る分岐です。
ようやく気持ちにも余裕ができたせいか、
足取りも軽くなってきて、徐々に駆け足気味に。

ようやく分岐をすぎ、斜面を駆け降りて、登山口へ。
愛車の窓に映った姿は、ニット帽とザックは雪まみれ。
やっぱり登山指数Cでした。それに温度もマイナス9度と
表記があったのを甘く見てましたね。
Tシャツにフリースの上から薄いヤッケをはおっただけでしたから。
寒いはずです。四月だからという気持ちがあったからですね。
ちょっと反省。またひとつ経験。
まだまだ伸びしろありということで、反省は次回へ繋げまする。




訪問者数:165人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ