また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1422475 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

雲取山(三峰口ルート)

日程 2018年04月07日(土) 〜 2018年04月08日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候4/7霧 4/8快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間35分
休憩
3時間0分
合計
8時間35分
S三峯神社バス停07:3208:06木の鳥居08:0709:26霧藻ヶ峰09:5610:07お清平10:50前白岩山の肩10:5111:08前白岩山11:1711:37白岩小屋11:5612:21白岩山12:2313:06大ダワ13:35雲取山荘15:3315:51雲取山15:53雲取山避難小屋15:55雲取山16:07雲取山荘
2日目
山行
4時間23分
休憩
3時間59分
合計
8時間22分
雲取山荘05:1005:28雲取山05:3105:31雲取山避難小屋05:5906:01雲取山06:0306:20雲取山荘09:2909:44大ダワ10:45白岩山10:4911:01白岩小屋11:0211:22前白岩山11:34前白岩山の肩12:04お清平12:28霧藻ヶ峰12:3913:17木の鳥居13:29三峯神社バス停13:3013:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
二日目の早朝に雲取山山頂へ登ったとき、しばらくGPSをオフにしたままだった。
コース状況/
危険箇所等
白岩山の三峯側登山道に残雪・凍結あり
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも サンダル ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ

写真

ガスッガスの中スタート
二日目に掛けてるから、ガスっててもいいんです
2018年04月07日 07:30撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスッガスの中スタート
二日目に掛けてるから、ガスっててもいいんです
登山ポストは奥之宮鳥居をくぐったところにある
2018年04月07日 07:42撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山ポストは奥之宮鳥居をくぐったところにある
霧藻ヶ峰のレリーフ
2018年04月07日 09:42撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧藻ヶ峰のレリーフ
良い雰囲気
2018年04月07日 10:32撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い雰囲気
視界が開けた
2018年04月07日 11:08撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界が開けた
1
苔には霧が似合う
2018年04月07日 13:15撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔には霧が似合う
雲取ヒュッテ
2018年04月07日 13:25撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取ヒュッテ
幕営して遅い昼食を摂ったら、山頂を目指す。
2018年04月07日 15:46撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幕営して遅い昼食を摂ったら、山頂を目指す。
雲取山山頂
2018年04月07日 15:51撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山山頂
1
ガスッガスの石尾根
2018年04月07日 15:53撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスッガスの石尾根
夜の雲取山荘
暖かそう
2018年04月07日 18:48撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜の雲取山荘
暖かそう
うぎゃーすげー
…肉眼ではここまで見えません。
2018年04月07日 20:30撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うぎゃーすげー
…肉眼ではここまで見えません。
1
肉眼で見えるのはこのくらい。とは言っても、十分すぎる。
飛行機か何かが写ってる。
2018年04月07日 20:33撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肉眼で見えるのはこのくらい。とは言っても、十分すぎる。
飛行機か何かが写ってる。
1
ガスってたのがウソのように晴れた
2018年04月07日 20:38撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスってたのがウソのように晴れた
2
雲取山荘と星空
2018年04月07日 20:44撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山荘と星空
1
星空と我が家
2018年04月07日 20:58撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
星空と我が家
早朝の雲取山山頂
2018年04月08日 05:28撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝の雲取山山頂
1
山頂からの朝日
2018年04月08日 05:29撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの朝日
1
富士山もくっきり
2018年04月08日 05:30撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山もくっきり
2
早朝の石尾根
2018年04月08日 05:35撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝の石尾根
3
富士山アップ
2018年04月08日 05:51撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山アップ
2
ホントにいい天気!
2018年04月08日 05:57撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホントにいい天気!
霧藻ヶ峰からの展望
昨日とは大違い
2018年04月08日 12:28撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧藻ヶ峰からの展望
昨日とは大違い
両神山と、その後ろの雲の中にうっすらと浅間山
2018年04月08日 12:28撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両神山と、その後ろの雲の中にうっすらと浅間山
1
撮影機材:

感想/記録

テントを担いで雲取山へ。石尾根側からしか登ったことがなかったので、今回は三峰口ルートで登った。

一日目はずっとガスの中。しかし、苔むした原生林と霧が相まって、八ヶ岳のような雰囲気の中、静かな山歩きが楽しめた。

雲取山荘の水場で水を補給するつもりだったが、まだ出ていなかったので、山荘のスタッフさんに聞いてみると、今日から出せるかもしれない、とのこと。その後、スタッフさんが作業してくださり、無事水の確保ができた。感謝。

15時頃からどんどん気温が下がり始め、夜は手持ちの温度計で氷点下-6℃だった。
夜からは昼と打って変わって星空、翌日は雲一つない快晴。霧と快晴と、一度で二度おいしい山行となった。

石尾根の開放的な登山道も魅力的だが、こちらも神秘的な原生林を楽しめ、アップダウンが多いので鴨沢ルートよりもタフなルートだとは思ったが、人も少なく静かでとても良いルートだった。


訪問者数:598人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ