また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1423699 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

三ツ峠(笹子駅からピストン)

日程 2018年04月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴。ただし強風
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間19分
休憩
0分
合計
11時間19分
Sスタート地点08:3819:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
凍結なし。若干のぬかるみあり。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

登山口。今日はここからスタート。
2018年04月08日 08:55撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口。今日はここからスタート。
いったん林道に出て左へ。
2018年04月08日 09:39撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いったん林道に出て左へ。
ここから再度登山道へ。そしてこの急登である。
2018年04月08日 09:40撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから再度登山道へ。そしてこの急登である。
写真ではわかりづらいが、とにかく先が見えない。
2018年04月08日 10:10撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真ではわかりづらいが、とにかく先が見えない。
はい登頂。この時点で、標高600mの笹子駅から777m登った計算となる。いきなりこれはキツイ。
2018年04月08日 10:27撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい登頂。この時点で、標高600mの笹子駅から777m登った計算となる。いきなりこれはキツイ。
最終目標の三ツ峠(御巣鷹山)の電波塔。意外と近く見えるが…
2018年04月08日 10:41撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終目標の三ツ峠(御巣鷹山)の電波塔。意外と近く見えるが…
大菩薩嶺方面。手前の山は笹子雁ヶ腹摺山?
2018年04月08日 10:43撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺方面。手前の山は笹子雁ヶ腹摺山?
南アルプスその1。霞んでていまひとつ。
2018年04月08日 10:45撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスその1。霞んでていまひとつ。
富士山その1。雲隠れ中。
2018年04月08日 11:24撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山その1。雲隠れ中。
1
はい登頂。この山頂が360度のパノラマで、景観抜群。ただし、天気による。
2018年04月08日 11:28撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい登頂。この山頂が360度のパノラマで、景観抜群。ただし、天気による。
奥秩父方面。空気が済んでいれば、八ヶ岳やぼんやりとではあるが、北アルプスも見えなくはない。
2018年04月08日 11:29撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥秩父方面。空気が済んでいれば、八ヶ岳やぼんやりとではあるが、北アルプスも見えなくはない。
1
南アルプスその2。さっきより近づいているはず。
2018年04月08日 11:29撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスその2。さっきより近づいているはず。
1
富士山その2。道標と。
2018年04月08日 11:31撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山その2。道標と。
1
富士山その3。そろそろ雲が取れかかってきた。
2018年04月08日 11:51撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山その3。そろそろ雲が取れかかってきた。
1
南アルプスその3。あの鋭角的な山は何だろうか。黒岳?
2018年04月08日 12:01撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスその3。あの鋭角的な山は何だろうか。黒岳?
はい登頂。
2018年04月08日 12:14撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい登頂。
富士山その4。清八山の松の間から。個人的には、このルートでは、ベストフォトスポットのひとつ。
2018年04月08日 12:15撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山その4。清八山の松の間から。個人的には、このルートでは、ベストフォトスポットのひとつ。
1
頂上が見えない急登で突如表れる電波塔。長かった登りももうすぐ。
2018年04月08日 13:49撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上が見えない急登で突如表れる電波塔。長かった登りももうすぐ。
はい登頂。そして富士山その5。またしても雲が…
2018年04月08日 14:11撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい登頂。そして富士山その5。またしても雲が…
1
富士山その6。木無山への道すがらで。指が映っとる…
2018年04月08日 14:31撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山その6。木無山への道すがらで。指が映っとる…
1
一応、三ツ峠のうちのひとつなので、踏んでおく。
2018年04月08日 14:50撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応、三ツ峠のうちのひとつなので、踏んでおく。
富士山その7。帰り際の清八山で。西日を浴びて日陰のコントラストがくっきりとしてきた。
2018年04月08日 16:36撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山その7。帰り際の清八山で。西日を浴びて日陰のコントラストがくっきりとしてきた。
1
ようやく戻ってきた。すでに日が傾きかけている。ここから777mを激下り。
2018年04月08日 18:12撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく戻ってきた。すでに日が傾きかけている。ここから777mを激下り。
もはやすっかり夜の気配。当然、ヘッデンをつけてナイトハイク。
2018年04月08日 19:01撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もはやすっかり夜の気配。当然、ヘッデンをつけてナイトハイク。
ようやく本日の登山が、実質的に終了。
2018年04月08日 19:45撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく本日の登山が、実質的に終了。

感想/記録

※今回、GPSの調子が悪く、通過地点のタイムが表示されません。

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1354091.html
↑前回、未達に終わった笹子駅から三ツ峠へのピストンを達成するべく、最後の18きっぷを握りしめ、笹子駅に降り立つ。

ただ、前回よりもスタートが1時間強遅いという舐めプにしたのがそもそもの誤り。結局、久しぶりにナイトハイクをするハメに…

【ルート状況】
■笹子駅から角研山
・林道でトレランの方4人に抜かれる。まさか、あの急登からの岩が多い稜線を走るんだろうか?それとも、他にもルートが?
・登山口からは、前回も苦戦した急登。単純標高差にして777mをいきなり登ることになる。
・開始早々、足首が硬い人にとっては、フラットフィッティングもままならない傾斜の急登は、脚力はもとより、精神に負担がかかる。
・間違いなく、ここがこのコースの体力的核心部。

■角研山〜本社ヶ丸
・若干の岩場とヤセ尾根があるものの、それほど難しくはない。
・木々の間からは富士山、逆方向には大菩薩嶺、本社ヶ丸の右側からは南アルプスがお目見え。

■本社ヶ丸山頂
・富士山、南アルプス、奥秩父山塊、冬の空気が澄んでいる時期は、八ヶ岳や北アルプスも見える。

■本社ヶ丸〜清八山
・岩場・ヤセ尾根が連続する。
・おそらく、このコースでは、技術的核心部。

■清八山山頂
・松の間から富士山が見える。
・南アルプスも一望できる。

■清八山から三ツ峠
・序盤は緩やかなアップダウンで、小ピークを踏破していく。
・何気に三ツ峠までの最後の登り返しがキツイ。
・ルートの都合や傾斜が急なため、頂上が見えない急登を延々と繰り返すことに。
・所々泥で滑りやすくなっている。

■三ツ峠(開運山)山頂。
・こちらも本社ヶ丸に負けないくらい景観は抜群。
・正面に富士山、右を向けば南アルプス、振り返れば奥秩父山塊、八ヶ岳、北アルプスが見える(ただし、天気がよければ)。
・公衆トイレは5月から使用開始(凍結のため)。
・一応、木無山も踏んでおく。

■三ツ峠から笹子駅
・あとは笹子駅まで戻るだけ。
・危険箇所は、清八山から本社ヶ丸の稜線のヤセ尾根と岩場。
・角研山を下り始めてスグに日没。ナイトハイクへ。
・なんとか、無事下山。

【まとめ】
・今回、2回めにして、(やや無理やりではあるものの)笹子駅からの三ツ峠のピストンを踏破してみました。
・このルートのレコが少ないのは、単純に時間がかかるのと、笹子駅からの急登が敬遠されるためだと思われます。
・最初からあの急登では、脚力はもとより、精神的にイヤになります(ドM向け?)。
・個人的には、本社ヶ丸山頂の景観は抜群なので、本社ヶ丸だけのピストンか、三ツ峠までつなげて別の下山ルートにすると、景観(特に富士山)重視の方には、いいルートだと思います。
訪問者数:512人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ