また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1424392 全員に公開 ハイキング富士・御坂

笹子駅から本社ヶ丸・三つ峠へ

日程 2018年04月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車
往路)JR中央線「笹子駅」
復路)富士急行線「河口湖駅」 ホリデー快速「富士山2号」
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間56分
休憩
37分
合計
7時間33分
S笹子駅08:0908:28林道終点08:2909:34ヤグラ09:4109:57角研山10:09新道分岐10:1010:31石切山10:51本社ヶ丸11:0811:33清八峠11:37清八山11:3811:48大幡八丁峠12:05大幡山12:0612:15茶臼山13:09御巣鷹山13:35三ッ峠山13:3713:42四季楽園13:4313:47展望ポイント-113:4814:04三角点峰「木山」14:28送電鉄塔14:2914:37霜山14:3814:52湖畔分岐14:5315:09天上山15:17天上山展望台15:1915:22カチカチ山ロープウェイ富士見台駅15:29ナカバ平展望広場15:34天上山公園入口15:42河口湖駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
標高1,000mを越えた地面は霜柱がありました。
北側は凍ったまま、日の当たるところでは一部で泥んこ状態。
本社ヶ丸〜清八峠には急な岩登りがあります。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

JR中央線「笹子駅」
今日は10数人下車。
滝子山でしょうか?笹子雁が腹摺山でしょうか?
2018年04月08日 08:13撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR中央線「笹子駅」
今日は10数人下車。
滝子山でしょうか?笹子雁が腹摺山でしょうか?
3
駅前の案内板。
山梨100名山には、「滝子山」「笹子雁が腹摺山」のほか「本社ヶ丸」「高川山」が名を連ねています。
2018年04月08日 08:13撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅前の案内板。
山梨100名山には、「滝子山」「笹子雁が腹摺山」のほか「本社ヶ丸」「高川山」が名を連ねています。
2
オオシマザクラが満開。
2018年04月08日 08:14撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオシマザクラが満開。
2
林道を進みます。
2018年04月08日 08:24撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を進みます。
1
雪解けでしょうか?いつもより水量が多く、渡渉に気を使います。ここは登山道入り口からすぐの場所。
2018年04月08日 08:32撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪解けでしょうか?いつもより水量が多く、渡渉に気を使います。ここは登山道入り口からすぐの場所。
3
2回目の渡渉。
2018年04月08日 08:45撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2回目の渡渉。
林越しですが、線路の反対側にそびえる「滝子山」。
向こうの方が迫力あります。
2018年04月08日 08:54撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林越しですが、線路の反対側にそびえる「滝子山」。
向こうの方が迫力あります。
谷筋を離れてからはずっと急登が続きますが、送電鉄塔を抜けると、急登もあと少しです。
2018年04月08日 09:07撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷筋を離れてからはずっと急登が続きますが、送電鉄塔を抜けると、急登もあと少しです。
アカヤシオ
2018年04月08日 09:11撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカヤシオ
いったん林道に出てからは、反対側の梯子を上ります。
2018年04月08日 09:15撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いったん林道に出てからは、反対側の梯子を上ります。
1
林道からは比較的緩やかな登りで稜線に到着。
鶴ヶ鳥屋山がすぐかと思い、いったん左方向へ進みましたが、5分ほどでUターン。あとで地図で確かめると、標準コースタイムで往復2時間とのこと。
2018年04月08日 09:40撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道からは比較的緩やかな登りで稜線に到着。
鶴ヶ鳥屋山がすぐかと思い、いったん左方向へ進みましたが、5分ほどでUターン。あとで地図で確かめると、標準コースタイムで往復2時間とのこと。
2
本社ヶ丸への稜線は、短い間隔でアップダウン。
2018年04月08日 10:00撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本社ヶ丸への稜線は、短い間隔でアップダウン。
2
広葉樹はまだ芽吹いたばかり。なかなか本社ヶ丸が見えてきません。
2018年04月08日 10:10撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広葉樹はまだ芽吹いたばかり。なかなか本社ヶ丸が見えてきません。
再び送電鉄塔。
都留・宝の山ふれあいの里からの道を合わせます。
2018年04月08日 10:12撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び送電鉄塔。
都留・宝の山ふれあいの里からの道を合わせます。
都留市の方向。
2018年04月08日 10:14撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
都留市の方向。
いくつのも峰を越えても本社ヶ丸に着きません。
左に三つ峠山と富士山が見えるようになって、やっと最後の登りになります。
2018年04月08日 10:51撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いくつのも峰を越えても本社ヶ丸に着きません。
左に三つ峠山と富士山が見えるようになって、やっと最後の登りになります。
2
直前の短い急登をこなして「本社ヶ丸」。大月市が立てた「秀麗富嶽12景」の看板。
2018年04月08日 11:13撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直前の短い急登をこなして「本社ヶ丸」。大月市が立てた「秀麗富嶽12景」の看板。
4
山頂には雲がかかっていますが「富士山」。
目指す「三つ峠山」は左の電波塔がある山です。
2018年04月08日 11:12撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂には雲がかかっていますが「富士山」。
目指す「三つ峠山」は左の電波塔がある山です。
3
奥には北岳、鳳凰三山などの南アルプスが見えます。
2018年04月08日 11:11撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥には北岳、鳳凰三山などの南アルプスが見えます。
1
中央奥に甲武信ヶ岳、手前に大菩薩嶺、その右奥は雲取山でしょうか?
2018年04月08日 11:11撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央奥に甲武信ヶ岳、手前に大菩薩嶺、その右奥は雲取山でしょうか?
1
疲れがたまってきたのですが、清八峠の4差路では登りを取るしかなさそうです。
2018年04月08日 11:37撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れがたまってきたのですが、清八峠の4差路では登りを取るしかなさそうです。
清八山。ここも秀麗富嶽十二景。
2018年04月08日 11:42撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清八山。ここも秀麗富嶽十二景。
3
清八山からの富士山。少し雲が取れてきました。
2018年04月08日 11:42撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清八山からの富士山。少し雲が取れてきました。
1
またまた、送電鉄塔。
もう少し下ります。
2018年04月08日 11:59撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた、送電鉄塔。
もう少し下ります。
三つ峠山が近づいてきましたが...。
その手前には標高差300mの急登が。
2018年04月08日 12:16撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三つ峠山が近づいてきましたが...。
その手前には標高差300mの急登が。
急登に耐え切れず、休憩すること3回。
ようやく1つ目の電波塔に到着。
2018年04月08日 13:13撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登に耐え切れず、休憩すること3回。
ようやく1つ目の電波塔に到着。
1
三つ峠山は3つのピークがあり、それぞれに電波塔があります。あと2つ。
2018年04月08日 13:14撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三つ峠山は3つのピークがあり、それぞれに電波塔があります。あと2つ。
1
コルの登山道は泥濘地。
2018年04月08日 13:17撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルの登山道は泥濘地。
1
ようやく三つ峠山山頂(開運山)。逆光なのが残念ですが、ここから富士山を眺めることができるのも久しぶりです。
2018年04月08日 13:30撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく三つ峠山山頂(開運山)。逆光なのが残念ですが、ここから富士山を眺めることができるのも久しぶりです。
4
四季楽園とその向こうの広場。今日はその奥の尾根を河口湖まで下ります。ちょっとだけ河口湖の水面が見えています。
2018年04月08日 13:30撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四季楽園とその向こうの広場。今日はその奥の尾根を河口湖まで下ります。ちょっとだけ河口湖の水面が見えています。
1
左奥に南アルプス、中央奥に八ケ岳。
2018年04月08日 13:34撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左奥に南アルプス、中央奥に八ケ岳。
1
富士山側。
2018年04月08日 13:34撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山側。
1
山頂下は歩きやすくなっていました。
2018年04月08日 13:41撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂下は歩きやすくなっていました。
四季楽園。
2018年04月08日 13:46撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四季楽園。
2
広場から三つ峠山頂を振り返ります。
2018年04月08日 13:47撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場から三つ峠山頂を振り返ります。
1
ちょっと雲がね...。
左奥の湖は「山中湖」。
2018年04月08日 13:49撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと雲がね...。
左奥の湖は「山中湖」。
送電鉄塔の真下から。
2018年04月08日 14:31撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電鉄塔の真下から。
こちらは富士急・富士吉田市の方向です。
2018年04月08日 14:31撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは富士急・富士吉田市の方向です。
鉄塔下からは絶景の眺めでえす。
2018年04月08日 14:31撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔下からは絶景の眺めでえす。
3
もう少しで新緑の時期を迎えますね。
眺めは一番いい時期ですね。
2018年04月08日 14:56撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しで新緑の時期を迎えますね。
眺めは一番いい時期ですね。
天上山山頂。
2018年04月08日 15:13撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天上山山頂。
1
天上山からの富士山。
やっと雲が取れました。
2018年04月08日 15:14撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天上山からの富士山。
やっと雲が取れました。
5
さくらと富士山。
2018年04月08日 15:17撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さくらと富士山。
4
かちかち山展望台。
外人で大賑わいです。
2018年04月08日 15:19撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かちかち山展望台。
外人で大賑わいです。
2
展望台からの河口湖。
2018年04月08日 15:20撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からの河口湖。
1
真ん中の橋が「河口湖大橋」。
ロープウエイはかなりの待ち時間のようですので、歩いて下ります。もともとその予定ですが(笑)。
2018年04月08日 15:25撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中の橋が「河口湖大橋」。
ロープウエイはかなりの待ち時間のようですので、歩いて下ります。もともとその予定ですが(笑)。
4
天上山ハイキングコースの起点。ここから駅までは、7-8分ってところでしょうか?
2018年04月08日 15:37撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天上山ハイキングコースの起点。ここから駅までは、7-8分ってところでしょうか?
3
撮影機材:

感想/記録

 かみさんと花見を兼ねて「三つ峠」の予定でしたが、ドタキャン。一人で行くなら、ちょっと歯ごたえがある方が、ということで、笹子駅からのコース。前回は三つ峠駅へ降りたので、本日は河口湖駅へと稜線を下ることにしました。
****************
 快晴でしたが、寒気に覆われて肌寒い1日でした。稜線に取り付くまでは、快調なペース。まあ、1回目は道迷いで途中で帰ってきたので、それよりはいいペースで登れますがね。なので、ちょっと足を延ばして「鶴ヶ鳥屋山」にも寄っていこうと思いましたが、実際に歩いてみるとピークはかなり先ということがわかり、元の道へUターン。
*****************
 本社ヶ丸への登りは、前回よりはかなり堪えていました。この日は眺めも良く、あそこが本社ヶ丸かなと思って登っていくと、まだ先に...。いくつもの偽ピークを登り切り、ようやく富士山が見るようになるまで、疲労困憊。しゃりばての兆候もあったのですが、とりあえず本社ヶ丸まではと無補給で頑張り通しました。
 本社ヶ丸山頂はまさに絶景。360度とは言いませんが、富士山のみならず、南アルプス、八ケ岳、甲武信ヶ岳をはじめとする奥武蔵の山々...。昨年秋に歩いた、大菩薩嶺から滝子山までの「甲州アルプス」が一望できました。ちょっとアプローチが長いですが、絶好のビューポイントですね。
****************
 本社ヶ丸からは一旦下ります。最低地点は標高1,400mちょっとから、三つ峠への登りはきつかった。前回は休憩なく登ったのですが、今回は昼食を含めて3回の休み。本社ヶ丸でエネルギーを補給したはずでしたが、ペースを上げることができずに疲労困憊。脚にはあまりきていなかったので、やっぱり補給のミスが原因かもしれません。
 それにしても三つ峠への登り返しは強烈。反対側からやってきた自衛隊の方々とすれ違いましたが、やっぱり健脚向けのコースなのでしょう。
****************
 三つ峠からはほぼほぼ下り道。思たよりも向かるんだ道は少なく、富士山の絶景を楽しみながら降りることができました。天上山の展望台は4回目でしたが、河口湖がはっきり見えるのを初めて発見しました。それにしても外人の観光客の多いこと、多いこと。最後に「ホリデー快速富士山2号」で座って帰ることができたのも、ラッキーでした。
訪問者数:586人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ