また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1427758 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

きのこ山〜足尾山〜加波山 * 裏筑波の峯々を歩く *

日程 2018年04月14日(土) [日帰り]
メンバー
天候○ 天気 : 曇り。
○ 風速 : 弱め(5m/s程度)。
○ 気温 : 涼しめ(7℃くらい)。
○ 視程 : 短め。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
○ 往路(約28km)
 ・09:00 {自宅} - 09:45 つくばりんりんロード真壁休憩所駐車場

○ 復路(約28km)
 ・15:20 つくばりんりんロード真壁休憩所駐車場 - 16:10 {自宅}
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間9分
休憩
27分
合計
4時間36分
S旧真壁駅09:5211:05つぼろ台11:1011:30きのこ山11:3212:13足尾山12:2812:42男坂・女坂の標識12:4312:48一本杉峠12:4913:03丸山13:05ウィンドパワーつくば風力発電所13:0813:38加波山14:24加波山神社真壁拝殿14:28加波山三枝祇神社本宮および親宮14:13旧真壁駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
○ CT(標準) : 05時間05分 ※分県登山ガイドより
○ CT(実績) : 04時間00分 (休憩含まず)
コース状況/
危険箇所等
〇 所謂、危険箇所と呼ぶような場所はほとんど無いと思います。
〇 ただ、里山特有の入り組んだ林道や作業道に加え、道標がやや乏しく
  欲しい場所に無い場合もあるため、道迷いのリスクは比較的高いと思います。
〇 尤も、万一迷っても麓が近いので、生死に関るほどではないですが。
〇 自由之魁碑から加波山山頂の区間は、夏場は笹がやや煩くなります。
〇 全行程を通じて5名のハイカーとすれ違いました。
その他周辺情報(1) トイレ
  つくばりんりんロード真壁休憩所
  加波山三枝祇神社

(2) 登山ポスト
 見つけられませんでした。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 コンパス ヘッドランプ ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト カメラ

写真

分県登山ガイドに倣い、つくばりんりんロード真壁休憩所(旧真壁駅)の駐車場からスタート!
2018年04月14日 09:50撮影 by GR DIGITAL 4, RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分県登山ガイドに倣い、つくばりんりんロード真壁休憩所(旧真壁駅)の駐車場からスタート!
3
最初に登るきのこ山(528m)の登山口までのアプローチの風景がなかなか良かったです。真壁城址越しに、二週間前に登った筑波山(877m)(写真右奥)を仰ぎます。曇天ですが、緑が綺麗。
2018年04月14日 09:58撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初に登るきのこ山(528m)の登山口までのアプローチの風景がなかなか良かったです。真壁城址越しに、二週間前に登った筑波山(877m)(写真右奥)を仰ぎます。曇天ですが、緑が綺麗。
4
そして、これから登る裏筑波の峯々。やはり新緑が綺麗で、登るのが楽しみです。
2018年04月14日 10:02撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、これから登る裏筑波の峯々。やはり新緑が綺麗で、登るのが楽しみです。
3
道端にスミレ。スミレは種類が多すぎて名前は分かりません。きっと、「野山に咲く花は、スミレに始まってスミレに終わる」みたいな感じで言われてるんじゃないだろうか。
2018年04月14日 10:17撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道端にスミレ。スミレは種類が多すぎて名前は分かりません。きっと、「野山に咲く花は、スミレに始まってスミレに終わる」みたいな感じで言われてるんじゃないだろうか。
8
八重桜がちょうど見頃でした。
2018年04月14日 10:24撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八重桜がちょうど見頃でした。
9
やっと登山口に辿り着いた。。。ここまで地味に二度も道を間違え(笑)、途中、親切な方に道を教えてもらいました。ここの道標だって「きのこ山」じゃなくて「散策の森」だし、ちょっと難しいっす(汗)。
2018年04月14日 10:31撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと登山口に辿り着いた。。。ここまで地味に二度も道を間違え(笑)、途中、親切な方に道を教えてもらいました。ここの道標だって「きのこ山」じゃなくて「散策の森」だし、ちょっと難しいっす(汗)。
3
今季初のチゴユリ。木の階段の間に咲いてました。踏まれないように!
2018年04月14日 10:40撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今季初のチゴユリ。木の階段の間に咲いてました。踏まれないように!
10
一旦、舗装道路に出て、再びここから入っていきます。今度の道標は「恵みの森」です。きのこ山はあまりポピュラーじゃないみたいですね。
2018年04月14日 10:42撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦、舗装道路に出て、再びここから入っていきます。今度の道標は「恵みの森」です。きのこ山はあまりポピュラーじゃないみたいですね。
1
だいぶ登山道っぽくなってきました。新緑に癒されながら標高を稼ぎます。
2018年04月14日 11:03撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ登山道っぽくなってきました。新緑に癒されながら標高を稼ぎます。
2
途中「つぼろ台」という露岩の展望地に寄り道します。ここからの眺めが最高でした(個人的に今回のコースの中で一番好きな場所かも)。
2018年04月14日 11:06撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中「つぼろ台」という露岩の展望地に寄り道します。ここからの眺めが最高でした(個人的に今回のコースの中で一番好きな場所かも)。
3
正面に見えるのは、足尾山(あしおさん:628m)です。その手前の新緑と山桜のパッチワークが実に見事でした!
2018年04月14日 11:08撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に見えるのは、足尾山(あしおさん:628m)です。その手前の新緑と山桜のパッチワークが実に見事でした!
4
左の一番高いピークは、今日最後に登る予定の加波山(かばさん:709m)です。
2018年04月14日 11:08撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の一番高いピークは、今日最後に登る予定の加波山(かばさん:709m)です。
3
これは・・・。後で調べたところ、ツクバキンモンソウという珍しい花ということが分かりました。見られてラッキーでした。
2018年04月14日 11:17撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは・・・。後で調べたところ、ツクバキンモンソウという珍しい花ということが分かりました。見られてラッキーでした。
12
パラグライダーの離陸場を過ぎると、、、
2018年04月14日 11:28撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パラグライダーの離陸場を過ぎると、、、
1
きのこ山到着っ!東屋があって休めるようになっていますが、展望はあまり良くありません。
2018年04月14日 11:31撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きのこ山到着っ!東屋があって休めるようになっていますが、展望はあまり良くありません。
3
二座目の足尾山まではしばらく稜線沿いの林道(舗装道)を歩きます。この林道には山桜が沢山咲いていました。
2018年04月14日 11:41撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二座目の足尾山まではしばらく稜線沿いの林道(舗装道)を歩きます。この林道には山桜が沢山咲いていました。
4
なんか良い雰囲気。林道(舗装道)が無い時代は、本当に良いハイキングコースだったのが分かります。
2018年04月14日 11:49撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんか良い雰囲気。林道(舗装道)が無い時代は、本当に良いハイキングコースだったのが分かります。
1
山桜はちょうど見頃ですね。曇り空なのが残念。
2018年04月14日 11:57撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山桜はちょうど見頃ですね。曇り空なのが残念。
2
ハングライダーの離陸場(さっきのはパラグライダー)。
2018年04月14日 11:59撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハングライダーの離陸場(さっきのはパラグライダー)。
3
おおっ、やってるやってる。しばらく見てましたが、なかなか飛び立たないので、先を急ぎました。
2018年04月14日 12:02撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おおっ、やってるやってる。しばらく見てましたが、なかなか飛び立たないので、先を急ぎました。
2
ハングライダーの離陸場のすぐ先を右へ入ってほどなく、足尾神社の鳥居が見えてきました。拝殿の左わきにある約230段の石段を登り詰めると、、、
2018年04月14日 12:07撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハングライダーの離陸場のすぐ先を右へ入ってほどなく、足尾神社の鳥居が見えてきました。拝殿の左わきにある約230段の石段を登り詰めると、、、
足尾山の山頂でしたっ!眺めが良いので、ここでお昼にします。
2018年04月14日 12:14撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足尾山の山頂でしたっ!眺めが良いので、ここでお昼にします。
3
ここから見る筑波山は、三ノ塔(さんのとう:1205m)から眺める大山(おおやま:1252m)を彷彿させました。あー、丹沢の沢登りしたい。
2018年04月14日 12:14撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから見る筑波山は、三ノ塔(さんのとう:1205m)から眺める大山(おおやま:1252m)を彷彿させました。あー、丹沢の沢登りしたい。
2
最後に加波山を目指します。その途中、なんだこれ?な花(アオキ)が咲いてました。
2018年04月14日 12:36撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に加波山を目指します。その途中、なんだこれ?な花(アオキ)が咲いてました。
11
加波山の手前にある一本杉峠までは、舗装道と登山道のミックスです。ここを入っていきます。市の境を明確化するくらいなら、行先の道標を立ててほしいのですが・・・。
2018年04月14日 12:38撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
加波山の手前にある一本杉峠までは、舗装道と登山道のミックスです。ここを入っていきます。市の境を明確化するくらいなら、行先の道標を立ててほしいのですが・・・。
1
この道は林道(舗装道)が無かった時代からある旧登山道らしいです。意外と明るくてなかなか気持ち良い道でした。
2018年04月14日 12:40撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道は林道(舗装道)が無かった時代からある旧登山道らしいです。意外と明るくてなかなか気持ち良い道でした。
2
風力発電が二基建ってました。物凄い勢いでプロペラが回っていてちょっと怖かった(笑)。ってか、いつの間にか丸山(まるやま:576m)を巻いてしまったようです。
2018年04月14日 13:06撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風力発電が二基建ってました。物凄い勢いでプロペラが回っていてちょっと怖かった(笑)。ってか、いつの間にか丸山(まるやま:576m)を巻いてしまったようです。
2
風力発電のすぐ先に、自由之魁碑というアートな石碑がありました。その左の桜の木のたもとに湧き水の池があって、そこから流れ出る小川に、なんと、、、
2018年04月14日 13:09撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風力発電のすぐ先に、自由之魁碑というアートな石碑がありました。その左の桜の木のたもとに湧き水の池があって、そこから流れ出る小川に、なんと、、、
2
オタマジャクシが沢山いました!どうか、そのままの姿でいて下さい(カエル苦手なもので、笑)。
2018年04月14日 13:11撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オタマジャクシが沢山いました!どうか、そのままの姿でいて下さい(カエル苦手なもので、笑)。
5
ここから加波山への最後の急登が続きます。
2018年04月14日 13:13撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから加波山への最後の急登が続きます。
奇岩も出てきました。この辺は、去年の9月に加波山に登った後に、笹薮と蜘蛛が煩くて途中で引き返した場所です。今の季節は全然快適でした。
2018年04月14日 13:31撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奇岩も出てきました。この辺は、去年の9月に加波山に登った後に、笹薮と蜘蛛が煩くて途中で引き返した場所です。今の季節は全然快適でした。
3
加波山到着っ!この直後にトラブル発生。あろうことか、便意を催すはめに(汗)。加波山はかつての山岳信仰の中心地。間違ってもこんなところでする訳にはいきません。
2018年04月14日 13:36撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
加波山到着っ!この直後にトラブル発生。あろうことか、便意を催すはめに(汗)。加波山はかつての山岳信仰の中心地。間違ってもこんなところでする訳にはいきません。
2
下山の時間が永遠に感じました。初めて通った本宮道は意外にも良く踏まれていて良い道でした。が、写真を撮っている余裕はありません。不幸中の幸いで、10年くらい前に買った下痢ストッパが一粒あり、なんとか繋ぎました。
2018年04月14日 14:19撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山の時間が永遠に感じました。初めて通った本宮道は意外にも良く踏まれていて良い道でした。が、写真を撮っている余裕はありません。不幸中の幸いで、10年くらい前に買った下痢ストッパが一粒あり、なんとか繋ぎました。
2
僕は知ってました。加波山三枝祇神社の境内にトイレがあることを!間一髪、難を逃れました。(こんなときばかり)神に感謝っ!
2018年04月14日 14:32撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
僕は知ってました。加波山三枝祇神社の境内にトイレがあることを!間一髪、難を逃れました。(こんなときばかり)神に感謝っ!
3
下山後、田園風景と曾遊の山々を振り返りながら、車を拾いに行きます。途中、自転車に乗った女子高生に「こんにちは」と挨拶されました。真壁地区は良いところです。
2018年04月14日 14:38撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後、田園風景と曾遊の山々を振り返りながら、車を拾いに行きます。途中、自転車に乗った女子高生に「こんにちは」と挨拶されました。真壁地区は良いところです。
4
最後は正面に筑波山を眺めながらつくばりんりんロードを歩きました。自転車で風を切ったら気持ち良いでしょうね。曇天ながら、久しぶりにやや長めの山歩きが楽しめました。
2018年04月14日 15:04撮影 by GR DIGITAL 4 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は正面に筑波山を眺めながらつくばりんりんロードを歩きました。自転車で風を切ったら気持ち良いでしょうね。曇天ながら、久しぶりにやや長めの山歩きが楽しめました。
8
撮影機材:

感想/記録

今回歩いたコースのうち、きのこ山から足尾山までに掛けては、
かつて『山と渓谷』の創刊号(1930年)で、
「裏筑波の峯々」として紹介されたコースらしいです。

そのような栄えあるコースでしたし、つくば市民として
「裏筑波」という響きも前から気にはなっていたのですが、
ただでさえ標高が低い上にどうも地味な印象が拭えず、
昨年9月に登った加波山を最後に、先延ばしにしてしまっていた
山域でもあります。平たく言うと、、、

きのこ山って・・・。

という具合に、モチベーションが上がらなかったのであり、
今回ようやくその重い腰を上げた訳でした。ちなみに、久しぶりのソロです。

紅葉の秋とともに、芽吹きの春は、1年で最も里山の魅力を
味わうのに好適な季節だと思います。その追い風もあり、
曇天にも関らず、(予想に反して)清々しい気分で山歩きを楽しめました。

特に、足尾山の西側は、新緑が眩しい広葉樹と見頃を迎えた山桜とで
(紅葉とはまた違う)宝石を散りばめたかのようでした。
ってか、全然地味じゃないじゃないですか(笑)。

やはり林道の存在ですね。山の魅力を半減させているのは。
特に、北筑波稜線林道は決定的だと思います。

まだ林道に蹂躙されていない「裏筑波の峯々」が執筆された頃の
山を想像しながら、充実の一時を過ごしました。
訪問者数:472人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ