また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1427914 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

春の御岳山 御岳山・大岳山から奥多摩へ

日程 2018年04月14日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇のち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間14分
休憩
1時間2分
合計
7時間16分
S古里駅07:3607:47御岳山登山口07:5409:13中ノ棒山09:28大塚山09:3010:02長尾平分岐10:0310:33奥の院(甲籠山)10:4110:51鍋割山11:0111:12鍋割山分岐11:52大岳山12:0413:02鋸山13:1413:21天地山分岐14:03天聖神社14:0714:31愛宕山14:3614:47町営氷川有料駐車場14:4814:52奥多摩駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
特に大岳山前後にはしご・くさりが多い。
コース状況/
危険箇所等
御岳山から大岳山へ行くまでの間にある鍋割山、大岳山周辺、鋸尾根に、はしご、鎖場、よじ登る箇所が複数ある。難易度は高く無く、身の危険を感じることも無く、一般登山道で見かける起伏が数多くある感じ。
ただし切れ落ちているので、落ちると重症・死亡の可能性がある。起伏ある道を安全に通行出来ない状態ならば、止めておいた方が良い。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ヘッドランプ ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

天気と暮らすで見たところ、コンディションは芳しくない。
天気予報を見ると関東南部の天気が悪く、北部が崩れるのが遅そう。コンディションも風が理由で、低山は風の影響を受けにくい。御岳山のロープウェイエスケープもあるし、GWに向けた体の再起動登山を決行。今シーズンの開幕。
駅についたときは雲が多め。悪くなると雨降りそうなぐらい。
2018年04月14日 07:37撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気と暮らすで見たところ、コンディションは芳しくない。
天気予報を見ると関東南部の天気が悪く、北部が崩れるのが遅そう。コンディションも風が理由で、低山は風の影響を受けにくい。御岳山のロープウェイエスケープもあるし、GWに向けた体の再起動登山を決行。今シーズンの開幕。
駅についたときは雲が多め。悪くなると雨降りそうなぐらい。
八重桜でしょうか。
まだ咲いていて、これからの山行が期待できる。
2018年04月14日 07:37撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八重桜でしょうか。
まだ咲いていて、これからの山行が期待できる。
2
登山道までにツツジや桜が多数咲いている。
この季節ならではの風景。
2018年04月14日 07:47撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道までにツツジや桜が多数咲いている。
この季節ならではの風景。
御岳山まで歩いて登る。
人が少ないのに、極めてよく整備されており、好きな登山道の一つ。最初のピークの大塚山山頂まで、誰とも会わず。
2018年04月14日 07:53撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御岳山まで歩いて登る。
人が少ないのに、極めてよく整備されており、好きな登山道の一つ。最初のピークの大塚山山頂まで、誰とも会わず。
人工林の中も花がちらほら。もう少し早かったら山桜も咲いていた感じ。
2018年04月14日 08:01撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人工林の中も花がちらほら。もう少し早かったら山桜も咲いていた感じ。
途中にあるカエルの祠。
姿は見えないけど、声が聞こえてくる。去年も聞こえたので、カエルが住んでいるらしい。
2018年04月14日 08:29撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中にあるカエルの祠。
姿は見えないけど、声が聞こえてくる。去年も聞こえたので、カエルが住んでいるらしい。
尾根に到着。
進行方向右側は自然林。遠目に山桜が咲いているのが見える。
きれいだけど、写真にはちょっと残せない。直接見ると、木々の間から見える花も楽しめるので、目の機能に驚かされる。
2018年04月14日 08:52撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に到着。
進行方向右側は自然林。遠目に山桜が咲いているのが見える。
きれいだけど、写真にはちょっと残せない。直接見ると、木々の間から見える花も楽しめるので、目の機能に驚かされる。
ツツジもよく咲いていました。
天然もので花は控えめ。
2018年04月14日 09:14撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジもよく咲いていました。
天然もので花は控えめ。
途中にある笹が生えているところ。
標高は高くないけど、開けた感じで気持ちがいい。
低い笹原の景色は気持ちがいい。
2018年04月14日 09:15撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中にある笹が生えているところ。
標高は高くないけど、開けた感じで気持ちがいい。
低い笹原の景色は気持ちがいい。
1つ目のピーク。
去年もシーズン開始でここに来たが、すでに死亡気味だった。
今回はかなり余裕がある。やっぱり去年はコンディション悪かったか。
2018年04月14日 09:28撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1つ目のピーク。
去年もシーズン開始でここに来たが、すでに死亡気味だった。
今回はかなり余裕がある。やっぱり去年はコンディション悪かったか。
大塚山から御岳山方面に花が多数。
人がいないですが、超オススメエリアです。
2018年04月14日 09:29撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大塚山から御岳山方面に花が多数。
人がいないですが、超オススメエリアです。
ツツジまつり状態。
2018年04月14日 09:38撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジまつり状態。
3
色鮮やかなツツジも。
2018年04月14日 09:39撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色鮮やかなツツジも。
3
桜も残っていました。
歩みが遅くなる。
2018年04月14日 09:41撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜も残っていました。
歩みが遅くなる。
1
御岳山にも桜。
2018年04月14日 09:53撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御岳山にも桜。
1
今回は何時もパスしていた鍋割山にも立ち寄る。
立派な杉並木。
御岳山の道は本当に良く整備されている。
2018年04月14日 10:13撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は何時もパスしていた鍋割山にも立ち寄る。
立派な杉並木。
御岳山の道は本当に良く整備されている。
アセビかな。
咲き始めでした。
2018年04月14日 10:47撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アセビかな。
咲き始めでした。
鍋割山に到着。
アップダウン激しく、体力消耗しました。ここらへんから風が抜ける場所があり、強めの風が吹くことも。流石に強い風を受けると、まだ肌寒い。
ここから先は過去2回歩いた道なので、写真を撮らずに黙々と歩く。今回の山行は前半で花を楽しみ、後半はアスレチックで、終盤は鋸尾根にやられていました。
2018年04月14日 10:54撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山に到着。
アップダウン激しく、体力消耗しました。ここらへんから風が抜ける場所があり、強めの風が吹くことも。流石に強い風を受けると、まだ肌寒い。
ここから先は過去2回歩いた道なので、写真を撮らずに黙々と歩く。今回の山行は前半で花を楽しみ、後半はアスレチックで、終盤は鋸尾根にやられていました。
大岳山山頂。
遠くが見渡せて、そこそこ広い。天気も回復して、いい景色が見られました。人もまあまあ居ました。天気予報良かったら、こんなものでは無かったでしょう。
2018年04月14日 11:52撮影 by NIKON D5600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳山山頂。
遠くが見渡せて、そこそこ広い。天気も回復して、いい景色が見られました。人もまあまあ居ました。天気予報良かったら、こんなものでは無かったでしょう。
2
鋸山に到着。
かなり疲れ気味。ここからが長い下り。
2ヶ月以上のブランクのため、鋸尾根の後半は少々辛かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸山に到着。
かなり疲れ気味。ここからが長い下り。
2ヶ月以上のブランクのため、鋸尾根の後半は少々辛かった。

感想/記録

古里から御岳山までは人が少なく、御岳山付近のツツジも見られて、オススメのコース。ツツジはロープウェイからも近いはず。
大岳山へ鍋割山を経由して行ってみた。思った以上に本格的に登った感じ。
鋸尾根はやはり手強い。休憩込みでほぼコースタイムの1時間38分かかっている。

前半は花が楽しめ、後半はちょっとした岩場を楽しめ、天気も持ってくれ、いい負荷かけられた。良いシーズンスタートでした。
訪問者数:313人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ