また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1430634 全員に公開 ハイキング九州・沖縄

雲仙岳(妙見岳〜国見岳〜普賢岳)周回

日程 2018年04月13日(金) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口の仁田峠までは、雲仙温泉街から反時計回りの車道がある。(環境協力金100円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間42分
休憩
1時間5分
合計
3時間47分
S仁田峠10:3711:06妙見岳11:29国見岳12:1412:31鬼人谷口12:3213:02立岩の峰13:22雲仙岳13:3913:51紅葉茶屋13:5214:16仁田峠14:1714:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特にないが、国見岳へは一部鎖場があるが危険はない。
その他周辺情報雲仙温泉のよか湯(大人400円)にて入浴。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

対岸の小長井町あたりからの雲仙岳。
やはりあの山に登ろう!
2018年04月13日 08:12撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸の小長井町あたりからの雲仙岳。
やはりあの山に登ろう!
仁田峠の駐車場。
とても広い。無料。
2018年04月13日 10:32撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仁田峠の駐車場。
とても広い。無料。
駐車場脇の登山口。
2018年04月13日 10:33撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場脇の登山口。
仁田峠の看板。
2018年04月13日 10:35撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仁田峠の看板。
ロープウェイ駅。妙見岳経由の場合、登山道はこの駅より手前の分岐を行く。
2018年04月13日 10:35撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ駅。妙見岳経由の場合、登山道はこの駅より手前の分岐を行く。
駅脇から平成新山を望む。
2018年04月13日 10:36撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅脇から平成新山を望む。
案内地図。要所に設置してある。
2018年04月13日 10:36撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内地図。要所に設置してある。
登山開始。時計回りの妙見岳経由で行くことに。
すぐ展望が開ける。
2018年04月13日 10:49撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山開始。時計回りの妙見岳経由で行くことに。
すぐ展望が開ける。
左手に橘湾〜野母崎方面を望む。
雲仙温泉の鴛鴦ノ池も見える。
2018年04月13日 10:51撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に橘湾〜野母崎方面を望む。
雲仙温泉の鴛鴦ノ池も見える。
振り返ると、ロープウェイ山頂展望台を眼下に島原湾〜湯島〜天草方面の展望。
2018年04月13日 10:57撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、ロープウェイ山頂展望台を眼下に島原湾〜湯島〜天草方面の展望。
徐々に高度を稼ぐと多良岳連峰が見えてくる。
2018年04月13日 10:58撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に高度を稼ぐと多良岳連峰が見えてくる。
妙見神社。妙見岳の山頂。
2018年04月13日 11:03撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙見神社。妙見岳の山頂。
次第に平成新山、その脇から島原の深江方面の街が見える。
2018年04月13日 11:13撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次第に平成新山、その脇から島原の深江方面の街が見える。
左手に国見岳、右手に平成新山。
2018年04月13日 11:14撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に国見岳、右手に平成新山。
国見岳分岐。
2018年04月13日 11:21撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見岳分岐。
さほど距離はないが、急登である。
鎖場があるがさほど危険ではない。
2018年04月13日 11:26撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さほど距離はないが、急登である。
鎖場があるがさほど危険ではない。
ツツジのトンネル。
開花はまだまだ。
2018年04月13日 11:27撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジのトンネル。
開花はまだまだ。
国見岳山頂。静かな山頂だ。
バックには妙見岳。
2018年04月13日 11:31撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見岳山頂。静かな山頂だ。
バックには妙見岳。
北東方面は、国見町多比良港〜有明海はさんで長洲港。
2018年04月13日 11:28撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北東方面は、国見町多比良港〜有明海はさんで長洲港。
北西方面は、諫早、有明海をはさんで多良岳。
2018年04月13日 11:28撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北西方面は、諫早、有明海をはさんで多良岳。
南方面は、妙見岳と半島南部と天草灘。
2018年04月13日 11:34撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南方面は、妙見岳と半島南部と天草灘。
貸し切りのランチタイム!
2018年04月13日 11:55撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
貸し切りのランチタイム!
国見岳から一気に150mほど下ると、風穴方面への一方通行周回分岐。時計回りなので左手北方面へ。
2018年04月13日 12:28撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見岳から一気に150mほど下ると、風穴方面への一方通行周回分岐。時計回りなので左手北方面へ。
先ほど登った国見岳。
2018年04月13日 12:30撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほど登った国見岳。
風穴の一つ。昔は氷づくりの氷室として使われてきたらしい。
2018年04月13日 12:36撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風穴の一つ。昔は氷づくりの氷室として使われてきたらしい。
植物学的に貴重な常緑樹のヤマグルマ。
2018年04月13日 12:44撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植物学的に貴重な常緑樹のヤマグルマ。
風穴の中の柱状節理というらしい。
一部に残雪が。
ひんやりとした空気が漂っている。
2018年04月13日 12:46撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風穴の中の柱状節理というらしい。
一部に残雪が。
ひんやりとした空気が漂っている。
手前に九千部岳、その向こうは多良岳連峰。
次回はあの山に登りたい!
2018年04月13日 12:50撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前に九千部岳、その向こうは多良岳連峰。
次回はあの山に登りたい!
有明海の向こうは、熊本〜大牟田方面。
2018年04月13日 12:50撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有明海の向こうは、熊本〜大牟田方面。
しばらく登ると立岩の峰。
平成新山がすぐそこ。
ただしこれ以上は立ち入り禁止。
2018年04月13日 12:59撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく登ると立岩の峰。
平成新山がすぐそこ。
ただしこれ以上は立ち入り禁止。
噴火前は最高峰だった普賢岳。
2018年04月13日 13:04撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噴火前は最高峰だった普賢岳。
霧氷沢。厳冬期は手前の樹木にきれいな霧氷ができるらしい。
2018年04月13日 13:12撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷沢。厳冬期は手前の樹木にきれいな霧氷ができるらしい。
秩父宮殿下のご登頂記念碑らしい。
2018年04月13日 13:20撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秩父宮殿下のご登頂記念碑らしい。
普賢岳への分岐。
2018年04月13日 13:20撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
普賢岳への分岐。
ちょっとで山頂。
2018年04月13日 13:28撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとで山頂。
360度の展望!
2018年04月13日 13:24撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
360度の展望!
四方ながめて海が見える雲仙は、まさに島の山。
2018年04月13日 13:24撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四方ながめて海が見える雲仙は、まさに島の山。
平成新山。自然の驚異。
2018年04月13日 13:25撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平成新山。自然の驚異。
下山ルートはあざみ谷ルートで。
歩きやすい登山道だった。
2018年04月13日 13:44撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山ルートはあざみ谷ルートで。
歩きやすい登山道だった。
ロープウェイ駅の脇に到着。
2018年04月13日 14:15撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ駅の脇に到着。
帰りは、よか湯で汗を流す。
2018年04月13日 15:09撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは、よか湯で汗を流す。

感想/記録
by ogaya

九州へは毎年所用で来ているのだが、
今回は自家用車に自転車等を積み込んで、
島原半島〜天草を久しぶりの自転車キャンプのプチトリップを楽しんだ。
その後、所用を済ませ、再び雲仙へ戻ってきた。
当日夕方までに長崎市へ向かえばよかったので、有明海沿いを走行中
目の当たりにした雲仙岳を登ろうと決意。

3~4時間位で周回できそうなので、ちょうど良かった。
しかも絶好の登山日和。
雲仙はドライブするだけでもその良さを堪能できたが、
やはり登るべきであろう。
とにかく展望が良く、どこからでも海が見える。
まさに島原の「島の山」

時間があれば九千部岳や矢岳などに登り、雲仙岳を望みたかったが、
またの機会に。せっかくなのでじっくりとハイクしてきた。
有明海越しにみえた多良岳連峰も、雄大で次回はぜひ登りたい。

温泉も素晴らしく、島原雲仙のファンとなりました。
訪問者数:322人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ