また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1431741 全員に公開 ハイキング奥秩父

両神山(八丁尾根)1723m

日程 2018年04月20日(金) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
地元役場と道路管理者に問い合わせたら、4月27日まで付近の林道が通行止め。南から行く場合、上落合橋まで行けるとのこと。要注意。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間33分
休憩
1時間13分
合計
5時間46分
S上落合橋登山口05:5006:27八丁峠06:3307:12行蔵峠07:19西岳07:2007:35龍頭神社奥宮08:1808:41東岳08:57前東岳の岩場09:11両神山09:1209:41前東岳の岩場09:53東岳09:5410:08龍頭神社奥宮10:1510:26西岳10:2710:30行蔵峠10:3611:04八丁峠11:1111:36上落合橋登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
05:47 スタート(0.00km) 05:47 - その他(2.75km) 08:18 - 休憩(2.76km) 08:19 - 休憩(3.08km) 08:44 - 山頂(3.84km) 09:11 - その他(4.73km) 09:54 - その他(4.79km) 09:57 - その他(5.44km) 10:31 - ゴール(7.25km) 11:39
コース状況/
危険箇所等
鎖場多数。落ちたら怪我では済まない。
鎖場では軍手は滑るので、ゴム引きの手袋を使うのがいいと思う。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル グローブ 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図 ヘッドランプ(2個) 予備電池 GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 ストック カメラ 熊除け鈴
備考 下山時、ちょっとナイフリッジな場所で小走りで飛び移るように移動したら、腰ベルトのポケットに入れていた500mlのペットボトルを北側の谷に落としてしまった。音からすると軽く100メートルはおちてしまったようだった。結果として山にごみを残してしまいすみませんでした。

写真

5,6台が止められそうな駐車場。
前夜から車中泊したが、午前6時前、自分の車1台だけ
2018年04月19日 05:54撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5,6台が止められそうな駐車場。
前夜から車中泊したが、午前6時前、自分の車1台だけ
八丁峠コース登山口
2018年04月19日 05:54撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁峠コース登山口
八丁峠コース登山口
2018年04月19日 05:54撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁峠コース登山口
『初心者向けではありません』と警告
2018年04月19日 05:54撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『初心者向けではありません』と警告
皆さん守りましょう!
2018年04月19日 05:55撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆さん守りましょう!
沢沿いに作業道があるらしい・・・
2018年04月19日 05:58撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いに作業道があるらしい・・・
木の根に躓かないように歩く
2018年04月19日 06:01撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の根に躓かないように歩く
杉林の中を九十九折りに進む・・・
2018年04月19日 06:11撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉林の中を九十九折りに進む・・・
ピンぼけ
至る所に、道を示す『ピンクテープ』がある。
ありがとうございます。
2018年04月19日 06:17撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンぼけ
至る所に、道を示す『ピンクテープ』がある。
ありがとうございます。
緑の植物は何なんだろう?
この辺りに沢山生えていた
2018年04月19日 06:18撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑の植物は何なんだろう?
この辺りに沢山生えていた
岩も少しある。
躓かないように歩く
2018年04月19日 06:18撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩も少しある。
躓かないように歩く
大きな岩
2018年04月19日 06:28撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな岩
落ち葉がたくさんあった。
膝には優しい
2018年04月19日 06:37撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉がたくさんあった。
膝には優しい
登山口から30分ほどで八丁峠に到着!
2018年04月19日 06:37撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口から30分ほどで八丁峠に到着!
八丁峠から少し下って両神山に向かう
2018年04月19日 06:38撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁峠から少し下って両神山に向かう
たぶんアカヤシオ。
可愛らしい花だった
2018年04月19日 06:41撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たぶんアカヤシオ。
可愛らしい花だった
朽ち果てた工作物
石灰でも採掘するのに使ったのだろうか?
2018年04月19日 06:41撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朽ち果てた工作物
石灰でも採掘するのに使ったのだろうか?
岩の尾根を進む
2018年04月19日 06:43撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の尾根を進む
尾根を進む
2018年04月19日 06:46撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を進む
一個目の鎖
まだ全然大したことない
2018年04月19日 06:49撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一個目の鎖
まだ全然大したことない
『鎖場は安全を確認して登ろう』
2018年04月19日 06:49撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『鎖場は安全を確認して登ろう』
遠くに北アルプス???
2018年04月19日 06:52撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに北アルプス???
一番高いピークが両神山かな・・・
2018年04月19日 07:00撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番高いピークが両神山かな・・・
1
可愛らしい
2018年04月19日 07:00撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
可愛らしい
1
一応鎖場
2018年04月19日 07:04撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応鎖場
一旦コルに降りる
2018年04月19日 07:05撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦コルに降りる
また登る
2018年04月19日 07:07撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また登る
登山道はどこにあるんだ?
2018年04月19日 07:07撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道はどこにあるんだ?
伐採跡が痛々しいが、ちゃんと計画的に管理されているんだろうね
2018年04月19日 07:07撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伐採跡が痛々しいが、ちゃんと計画的に管理されているんだろうね
『滑落事故が発生。慎重に!』
2018年04月19日 07:08撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『滑落事故が発生。慎重に!』
鎖場。高さ3メートルくらい?
2018年04月19日 07:09撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場。高さ3メートルくらい?
木の根がたくさん
2018年04月19日 07:12撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の根がたくさん
鎖場。慎重に下る
2018年04月19日 07:16撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場。慎重に下る
祠。
ここで道を間違えて、破線ルートの方に進んでしまった。
失敗!
登山道上にトラロープも張ってあったのに、潜って進んでしまった・・・
2018年04月19日 07:50撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠。
ここで道を間違えて、破線ルートの方に進んでしまった。
失敗!
登山道上にトラロープも張ってあったのに、潜って進んでしまった・・・
トラロープ
ここを進むと、別の登山口に下山してしまいます。
注意してください
2018年04月19日 08:23撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラロープ
ここを進むと、別の登山口に下山してしまいます。
注意してください
1
東岳。
休憩できるようにベンチとテーブルがある。
奥には両神山
2018年04月19日 08:48撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東岳。
休憩できるようにベンチとテーブルがある。
奥には両神山
1
両神山山頂に到着!
2018年04月19日 09:17撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両神山山頂に到着!
1
頂上にいらっしゃった
警察官3名と談笑し、30分ほど休憩して下山。
2018年04月19日 09:17撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上にいらっしゃった
警察官3名と談笑し、30分ほど休憩して下山。
奥に両神山
2018年04月19日 10:36撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に両神山
足が短いせいで、この鎖場を登るときに
ステップを探すのに慎重になった。
とにかく『三点支持』を意識すれば、滑落は避けられるだろう・・・
2018年04月19日 10:47撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足が短いせいで、この鎖場を登るときに
ステップを探すのに慎重になった。
とにかく『三点支持』を意識すれば、滑落は避けられるだろう・・・
八丁峠に戻ってきた
2018年04月19日 11:12撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁峠に戻ってきた
ゴールは目と鼻の先
2018年04月19日 11:39撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールは目と鼻の先
駐車場には自分の車を含めて5台
2018年04月19日 11:44撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場には自分の車を含めて5台
1

感想/記録

この山は昨年8月に北アルプス五竜岳に登った際、山頂付近で知り合った男性2人組に『迫力満点。八峰キレットと五竜岳周辺の岩場より怖いかもしれない』と紹介されたルートで、両神山に登る場合は、絶対に八丁尾根経由と心に決めていた。

頂上で3人組の埼玉県警山岳救助隊の方とお会いした。
プライベートだったとのことで、作業道を登ったとのことだった。
楽しくお話していただいてありがとうございました。

登りに1回(100mほど下ったところで山頂とは離れていったのと高度計の高さでおかしいと気づいた。こちらは破線ルートだった)、帰りに1回(東岳山頂から西に下ってしまった。5メートルほど下って、ふみ跡がないのに気づいた)道を間違えた。
いずれも同じような景色に気を取られ、あまり地図を確認せずに行ってしまったからだ。少しでもおかしいと感じたら、立ち止まって地図を確認することが大切だと思った。

岩場ではとにかく『三点支持』をしっかり意識して慎重にいけば
、そんなに難しい感じはしなかったです。
訪問者数:579人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ