また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1433249 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

伊吹山

日程 2018年04月21日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候快晴
※雲なし、熱中症注意のコンディション。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
富山IC〜長浜ICまで高速を利用して、富山市街から約3時間30分目安で問題なし。2回コンビニ、1回サービスエリアに立ち寄ってます。
長浜ICから登山口までは20分以内、コンビニも複数あります。

駐車場は、三ノ宮神社周辺にまばらにあります。
路地の道幅が狭く傾斜がきついところもあり、高齢者も歩いていましたので、駐車場までの運転に気を使いました。
9時頃の到着で、どこの駐車場も空いてなさそうに感じましたが、三ノ宮神社の左脇の坂を少し上がったところの駐車場(1台400円)がちょうど1台空いていて、そこにいた親切なおばちゃんが誘導してくれました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち32%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
1合目までの樹林帯を抜けると、ほぼ日陰がない、上り坂が続きます。
熱中症対策で、こまめに水分補給をしました。
連れが8合目付近から熱中症のような症状が表れた模様。
1合目、5合目に自動販売機があるので、手持ちの飲料に不安がある時は、そこで補給することもできます。
5号目辺りから山頂が見え、モチベーションも上がりました。
立山の一ノ越から、雄山山頂を眺めているような感覚でした。
そこから先は勾配は急になり、九十九折りのガレ場を登ることになります。
登りは特に気をつけることはないですが、下りは滑りやすいので、ストックがあると便利です。また、大きな岩もあり、後ろに転倒すると、重大な事故に繋がる可能性もあるかもしれないので、慎重に歩きました。
8合目まで来ると、山頂が近くに感じました。
まもなく山頂に登頂。
山頂に若干の雪がありましたが、登山道にはいっさいの雪はなく、ぬかるみも数メートルあるくらいでした。
その他周辺情報登山口から離れていますが、帰路の途中に女形谷Pで福井の油揚げの老舗谷口屋の油揚げを購入。
1つ550円と少々お高いですが、県外からも訪れる人が多い谷口屋の油揚げを、パーキングエリアで気軽に購入できるのは、有難いです。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 飲料 常備薬 日焼け止め 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

おばちゃんが立っていて誘導してくれました。
途中下山した父が、車のところで(鍵は渡していましたが、操作が良く分からない車のエンジンをかけるのは不安と)待っている間も含めて、いろいろ親切にしてくださいました。
2018年04月21日 09:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おばちゃんが立っていて誘導してくれました。
途中下山した父が、車のところで(鍵は渡していましたが、操作が良く分からない車のエンジンをかけるのは不安と)待っている間も含めて、いろいろ親切にしてくださいました。
上り始めの樹林帯。
この日は、最高気温28度と、4月の気温にしてはかなり高めでしたが、登りも下りもこの中は心地よく感じました。
2018年04月21日 09:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上り始めの樹林帯。
この日は、最高気温28度と、4月の気温にしてはかなり高めでしたが、登りも下りもこの中は心地よく感じました。
ムラサキケマン。
樹林帯に群生。
2018年04月21日 09:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムラサキケマン。
樹林帯に群生。
タチツボスミレ。
2018年04月21日 09:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タチツボスミレ。
ヤマブキ。
2018年04月21日 09:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマブキ。
瑞々しい新緑。
2018年04月21日 09:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瑞々しい新緑。
1
ツルニチソウ。
2018年04月21日 09:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツルニチソウ。
ゲレンデを上がっていきます。
2018年04月21日 10:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデを上がっていきます。
ホオジロ。
囀りが、春を感じます。
2018年04月21日 10:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホオジロ。
囀りが、春を感じます。
キジムシロ?
2018年04月21日 10:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キジムシロ?
振り返ると広大な景色に癒されます。
2018年04月21日 10:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると広大な景色に癒されます。
2
ヤマザクラから、眼下を見下ろせるポイントを通過。
2018年04月21日 10:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマザクラから、眼下を見下ろせるポイントを通過。
2
登ってきたみちすじを確認できます。
2018年04月21日 10:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきたみちすじを確認できます。
ヤマブキ。
2018年04月21日 10:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマブキ。
山頂が見え始めました。
2018年04月21日 10:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が見え始めました。
2
フデリンドウ。
2018年04月21日 10:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フデリンドウ。
3
ここからが正念場。
2018年04月21日 10:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからが正念場。
1
ニリンソウ。
2018年04月21日 11:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニリンソウ。
5合目。
自動販売機あり。
売り切れは、3割程度でした。
ゴミ箱はありませんので、空き缶はお持ち帰りに鳴ります。
2018年04月21日 11:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5合目。
自動販売機あり。
売り切れは、3割程度でした。
ゴミ箱はありませんので、空き缶はお持ち帰りに鳴ります。
1
小屋がありましたが、混雑していたのでスルー。
その先に6合目があります。
2018年04月21日 11:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋がありましたが、混雑していたのでスルー。
その先に6合目があります。
九十九折りの急坂が続きます。
2018年04月21日 11:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九十九折りの急坂が続きます。
2
8合目。
山頂が近くに感じられました。
2018年04月21日 11:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8合目。
山頂が近くに感じられました。
分岐。
山頂までもう少しです。
2018年04月21日 12:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐。
山頂までもう少しです。
1
その前に寄り道。
天気が良すぎて、湖の上は霞がかかっていますが、奥に見えるのは琵琶湖です。
2018年04月21日 12:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その前に寄り道。
天気が良すぎて、湖の上は霞がかかっていますが、奥に見えるのは琵琶湖です。
2
何のための柵でしょう??
2018年04月21日 12:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何のための柵でしょう??
知ると知らないで、登頂の達成感が大きく変わる現実です。
山頂まで車で車で来ることができます。
2018年04月21日 12:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
知ると知らないで、登頂の達成感が大きく変わる現実です。
山頂まで車で車で来ることができます。
うっすら白い頂が見えました。
白山??
2018年04月21日 12:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっすら白い頂が見えました。
白山??
2
山頂到着です。
いろいろなものが充実していました。
飲食店複数店舗あります。
カレーライス、ラーメン、おでん、アイスクリーム、etc。
トイレもあります。
飲料も補給できます。
2018年04月21日 12:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着です。
いろいろなものが充実していました。
飲食店複数店舗あります。
カレーライス、ラーメン、おでん、アイスクリーム、etc。
トイレもあります。
飲料も補給できます。
2
山頂は広く、短く周回できるようになっていました。
2018年04月21日 12:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は広く、短く周回できるようになっていました。
2
登頂祈念。
2018年04月21日 12:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂祈念。
4
野外卓やベンチも多く、広々していました。
2018年04月21日 12:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野外卓やベンチも多く、広々していました。
2
山頂手前の駐車場。
気軽に楽しめる日本百名山です。
2018年04月21日 12:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前の駐車場。
気軽に楽しめる日本百名山です。
登って来た時より、かすみが薄れていましたが、写真で撮ってもなかなか琵琶湖が分かりません。
実際は、写真よりはもう少し琵琶湖が分かる程度は見えていました。
2018年04月21日 13:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登って来た時より、かすみが薄れていましたが、写真で撮ってもなかなか琵琶湖が分かりません。
実際は、写真よりはもう少し琵琶湖が分かる程度は見えていました。
無事に下山。
2018年04月21日 16:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に下山。
1

感想/記録

登山道に雪がなく、日帰りで行けそうな百名山へ行こうと思い、
富山から行ける範囲内で探したところ、息吹山に決定しました。
月初に登った西穂高岳とは打って変わって、春の装いがわずかに残る、夏山登山となりました。
暑さをどう乗り切るか、まだ、体が慣れていない状況でしたが、予想したほど暑苦しさは感じず、山頂は気持ちの良い風が抜けて、だからと言って、汗冷えすることもなく快適でした。
若干、下り途中で、標高が下がってくると蒸し暑さは感じましたが。
でも、1合目から山頂まではほとんど日陰がないので、盛夏には上りたくない山だと思いました。
山野草は、4月の終わりということで、いろいりな草花が見られました。
ひっそり隠れるように咲く花を探しながら、楽しく歩けました。
野鳥の囀りも印象的でした。
関西方面の山はほとんど登ったことがないので、どんな野鳥がいるのか全く分かっていない状況でしたが、地元より夏鳥の到来の早いよう。
ホオジロ、ウグイス、コゲラ、キジ、カラス、トビ、シジュウカラ。
野鳥も賑わっていました。
下り途中には、オオルリの囀りも確認。
姿は確認できず。
さらに、下に下るとヤブサメも消え入りそうに鳴いていました。
草花、生き物、いろいろ楽しませてくれた山行でした。

ただ1つ残念だったのは、大学の新歓か会社の新歓か、経験者そうでない人間含めて20名くらいの若い団体がいて、最前列と最後尾の間が極端に空いているのに、全員で連なって、他の登山者が間に入れないように動いていたこと。最前の人間はスニーカーで走ってガレ場を下るし、後ろの人間はマイペースに歩いているのに前後にできたスペースに他の登山者が入れないような空気があって、ストレスが溜まりました。一番楽しい年代だからと思って、大目に見たけど!!
まず、主催者は、団体で動いている時は、前後のスペースは極端に空かないようにすること。他の登山者の進路を妨害しないこと。何度も20名の団体を追い越し、追い越されは、非常に迷惑。そして、ガレ場で走って下る人間がいたら、それを抑制すること。レンタカーの返却時間を気にしていたけど、余裕のない時間配分がしないこと。
守ってほしい。
そして、私は、登山道を走る人間は基本的には否定派。
訪問者数:275人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ