また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1433442 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

御池岳、土倉岳、頭陀ヶ平(周回)

日程 2018年04月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴 (遠望は霞みぎみ)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道306号線 藤原簡易パーキング利用。トイレあります。登山届のポストはありません。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
[山口〜(丸尾経由)〜冷川岳(荷ヶ岳)〜白瀬峠]
道標はないが、マーカーテープはある。尾根の痩せた部分もあります。注意点としては「寒山」での登り方向左転換、「寒山」先、直下の崩壊地、P906尾根に合流後の転換(下りで)。県境稜線と合流後の白瀬峠までは問題なし。
[白瀬峠〜真の谷〜御池岳]
真の谷までは落ち葉が多いものの、道はあります。真の谷はそのまま詰めてコグルミ谷道8番と合流しても良いですし、谷を途中で右手にとってカタクリ峠に行くもよしですが、近年ルートは不明瞭です。山頂台地直登ルートは適当に取りつきます。基本、緩急無しの連続急登です。登りやすいところを登っていると、いつの間にかマーカーテープが出てきます。
[山頂台地〜土倉岳〜P944〜(巡視路経由)〜下部鉄塔]
特に問題なく、ルートも明瞭です。通常の歩行注意は必要です。
[下部鉄塔〜真の谷〜頭陀ヶ平]
基本ルートは無いのと同じ。テープも、踏み跡もなしで、地図が頼り。
真の谷の際は崖と滝が多い。着地点は土倉谷出合いを目指したほうがよさそうです。(自分はミスしました)
真の谷からの登り返しの取りつきは、少し先(上流)から。早く取りつく(電線に沿うように)と滑り台のようなガレ場に出ます。視界が効けば見えてるから絶対行かないと思いますけど。登り返しの道はふわふわの土と浮石で極めて歩きにくい。お猿さんがガラガラ落としています。湿潤時はおそらくかなりの難行苦行でしょう。
行くなら自己責任で。
[頭陀ヶ平〜(木和田尾)〜山口]
道標は新しいものが多数。ペイントマーカーも多数。危険個所無し。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

本日は距離がありそうなので、早出。
簡易パーキングです。スタートします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日は距離がありそうなので、早出。
簡易パーキングです。スタートします。
1
丸尾の取り付き点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸尾の取り付き点。
1
寒山。左方向に転換。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒山。左方向に転換。
直下の崩壊地。反対側も結構切れているので、注意してください。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直下の崩壊地。反対側も結構切れているので、注意してください。
4
P906尾根に合流。登りで右方向に転換です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P906尾根に合流。登りで右方向に転換です。
ちょっと気が抜けるいいところ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと気が抜けるいいところ。
県境稜線と合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県境稜線と合流。
冷川岳は合流部からすぐ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷川岳は合流部からすぐ。
真の谷。
良いところです。
山頂台地の直登に取り付きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真の谷。
良いところです。
山頂台地の直登に取り付きます。
3
上部で御池っぽくなってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部で御池っぽくなってきました。
1
山頂台地へ上陸します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂台地へ上陸します。
1
P1241。
さすがにこの辺から大勢の登山者が。
人気ありますねえ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1241。
さすがにこの辺から大勢の登山者が。
人気ありますねえ。
2
土倉の下降点へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土倉の下降点へ。
1
土倉からP944尾根に入ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土倉からP944尾根に入ります。
P944の上部鉄塔。ここから左手に下降します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P944の上部鉄塔。ここから左手に下降します。
1
天狗岩方向を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩方向を望む。
3
東のボタンブチを望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東のボタンブチを望む。
1
登り返しはこんな感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り返しはこんな感じ。
1
頭陀ヶ平直下の下部鉄塔。
正面奥の尾根に取り付きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頭陀ヶ平直下の下部鉄塔。
正面奥の尾根に取り付きます。
1
ココは広くて、いい感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ココは広くて、いい感じ。
2
この辺でいきなり体調不良。
軽い熱中症のようだ。
日陰で昼寝付き大休憩。
ヤバいなあ、治らんと帰れんぞ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺でいきなり体調不良。
軽い熱中症のようだ。
日陰で昼寝付き大休憩。
ヤバいなあ、治らんと帰れんぞ。
1
体調不良が尾を引いて、ペースが上がらない。泣きが入る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
体調不良が尾を引いて、ペースが上がらない。泣きが入る。
1
立休みばっかり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立休みばっかり。
2
林道冷川線に合流。
周回終了です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道冷川線に合流。
周回終了です。
駐車地に到着。
久しぶりに長時間の行動になりました。
結構フラフラ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車地に到着。
久しぶりに長時間の行動になりました。
結構フラフラ。
3

感想/記録
by patho

丸尾・真の谷へ行きたくて周回コースを予定。
コースが長くなりそうなので、早出。
土倉〜P944尾根巡視路経由で真の谷へ降りたが、下部鉄塔下でルートを失い着地点手前で5mほどの崖の上。登り返しも考えたが、補助ロープと木の根を使って何とか着陸。浮石だらけで、久しぶりにかなり怖かった。
頭陀ヶ平への登り返しは路面が悪いのは承知していたが、上方でお猿さんが右往左往し、そのたびに小石が落ちてくる。無断でお邪魔しているのは俺の方だけど、勘弁してください。ヘルメットを持ってこなかったことを強く反省。
その後やや斜度が緩んだにもかかわらず突然の体調不良。ふらつきがあり、眠くなり、足に力が入らない。「なんだなんだ」と思ったが、ふと「熱中症ではないか?」ということで日陰を探して昼寝付き大休憩。何とか回復して帰れました(ヤレヤレ)。前日の睡眠や水分・塩分補給は十分気を付けたつもりなんですが・・・・。
自分だけかもしれませんが、これからの時期、体調には十分ご注意ください。
御池山頂台地では大勢の方をお見かけしましたが、それ以外ではだれにもお会いしませんでした。それにしても色々あった一日でした。
訪問者数:286人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ