また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1434184 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

残雪と岩場 編笠山

日程 2018年04月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
富士見高原ゴルフ場に駐車
(観音平開通は4/26なのでまだ使えません)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち97%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間36分
休憩
54分
合計
7時間30分
S富士見高原リゾート駐車場07:3007:50五叉路分岐07:5208:05盃流し08:40臼久保岩小屋08:4111:36編笠山12:2714:09臼久保岩小屋14:31盃流し14:38五叉路分岐15:00富士見高原リゾート駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
岩場である2400Mから上はかなりのスローペース(たぶん2倍ぐらいかかってる)
コース状況/
危険箇所等
2200〜2400M付近に残雪あり
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ハードシェル(Northface Starlight Jacket) 予備ダウン(Uniqlo Ultra Light Dawn) 下着/予備用シャツ/トレーナー類 手袋(BlackDiamond Crag Gloves) ザック(Deuter Futura Pro 36) ペットボトル(Nalgene 0.5L) 水(Platypus Platy 2L) ライト(BlackDiamond Spot 300l/Petzl Tikka) トレッキングポール(Whole Earth TREK SHOCK 120) バーナー(Jetboil Flash) 携帯(Apple iPhone 7) 食器類 タブレット(Apple iPad mini 4) カメラ(Sony A7II) レンズ(CarlZeiss Loxia 2/35) カメラザック(PaaGo WORKS FOCUS) 予備バッテリー(Anker Astro M3) チェーンスパイク(Mont-bell) 行動食 食料 予備食料 サバイバルシート 時計/高度計(SUUNTO Core)
備考 行動食のカロリー不足

写真

B-1駐車場はゴルフ場の奥です
2018年04月21日 07:28撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
B-1駐車場はゴルフ場の奥です
登山道入り口までは数百M
2018年04月21日 07:30撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道入り口までは数百M
ゲートの脇を通過
2018年04月21日 07:32撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートの脇を通過
ここから登山道開始
2018年04月21日 07:33撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登山道開始
1
1900Mぐらいまでは歩きやすい緩やかな登山道
2018年04月21日 07:38撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1900Mぐらいまでは歩きやすい緩やかな登山道
丸太橋は崩壊してるので迂回したほうがいいです
2018年04月21日 07:40撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸太橋は崩壊してるので迂回したほうがいいです
朽ちた看板
2018年04月21日 07:47撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朽ちた看板
220分ってのがコースの長さを物語りますね...
2018年04月21日 07:51撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
220分ってのがコースの長さを物語りますね...
残り3時間45分!頑張る
2018年04月21日 08:04撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残り3時間45分!頑張る
1
朝の光
2018年04月21日 08:38撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の光
1900。ここから急になります
2018年04月21日 08:52撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1900。ここから急になります
1
苔の森と光
2018年04月21日 08:53撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔の森と光
2
光を見つけるとカメラを構えてしまう
2018年04月21日 09:03撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光を見つけるとカメラを構えてしまう
1
登山道は迷いやすいので目印を確認
2018年04月21日 09:03撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は迷いやすいので目印を確認
1
がんばる
2018年04月21日 09:26撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
がんばる
1
2100。ここいらで休憩したほうがいいです
2018年04月21日 09:27撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2100。ここいらで休憩したほうがいいです
1
良いフォント
2018年04月21日 10:19撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良いフォント
1
流石にチェーンアイゼン履きました
2018年04月21日 10:26撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流石にチェーンアイゼン履きました
氷の道
2018年04月21日 10:28撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷の道
更に上へ
2018年04月21日 10:42撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に上へ
2400Mで一気に視界が開け ハイマツに変わります
2018年04月21日 11:01撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2400Mで一気に視界が開け ハイマツに変わります
1
残り100Mは岩場
2018年04月21日 11:02撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残り100Mは岩場
1
すでに絶景
2018年04月21日 11:06撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すでに絶景
1
チキンハートなので三点支持を徹底してゆっくり登ります...
2018年04月21日 11:29撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チキンハートなので三点支持を徹底してゆっくり登ります...
3
応援看板
2018年04月21日 11:31撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
応援看板
2
富士山
2018年04月21日 11:37撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山
2
富士見、原村が一望できますね
2018年04月21日 12:25撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見、原村が一望できますね
下山中にもパシャリ
2018年04月21日 12:43撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山中にもパシャリ
午後には外界はかなりの気温に
2018年04月21日 14:12撮影 by ILCE-7M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午後には外界はかなりの気温に
撮影機材:

感想/記録

たまにはキツい山登りをしてみたい!と思ったのでそろそろ雪も溶けてきた八ヶ岳最南峰の編笠山に行ってみることにしました。通常、編笠山へは観音平(1600M)から登るそうなんですが、まだ冬季閉鎖中のため富士見高原(1350M)から登り上がることに。ま、キツめにしたかったのでこっちのが良かったです。

1900Mぐらいまでは緩やかで気持ちのよいユル登山道が続きますが、1900Mから上は急になってきます。2200Mあたりから残雪が出てきて、2400Mぐらいまでは下が凍っていたので、チェーンアイゼンで。めちゃくちゃ急ではないので、アイゼン付けてない人もいましたが、一応あったほうが良いと思いますね。

2400Mから頂上までは岩場続きなので慎重に。2月の北横岳でも感じましたが、このあたりから空気が薄く感じてきて、休憩をかなり多めに取らないとキツかったです。おまけにそこそこの岩場で筋力も使うのでココらへんのペースはかなり落ちていたと思います。

更に、いつもの登山ペースだと3時間ぐらいでお昼にしていたので、だいたいそこでエネルギー補給してたんですが、今回は朝から行動食だけで登りっぱなしだったので若干バテ気味で、それもペースに拍車をかけていたのかなと思います。普段の行動食はチョコだけだったんですが、4時間ぐらい登りとかになると朝食だけでは流石に持たないですね...頂上でお昼を食べてからはエネルギーが補給できたので問題なかったです。

とりあえず登れたは良いものの、下界に着く頃にはすっかり脚の疲労が限界に近くなってました。以前塔ノ岳に行った時も思いましたが、やはり標高差が1200M近くになってくるとだいぶ脚にきだすので、このあたりが今の所日帰りでできる限界かな?という感じ。そして、体力的なマージンを考えるともうちょっと行動時間は少なめの方が安心ですね。

そんなわけでそろそろテン泊とかも考えてみたいですね。
訪問者数:925人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ