また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1438115 全員に公開 雪山ハイキング蔵王・面白山・船形山

後白髪山_20180421

日程 2018年04月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
定義山林道入口 駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.4〜1.5(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち36%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター マフラー ネックウォーマー 毛帽子 ザック サブザック 輪カンジキ アイゼン スノーシュー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

大倉大橋より望む後白髪山。今からあそこに行くかと思うと萌えます。
2018年04月21日 07:56撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉大橋より望む後白髪山。今からあそこに行くかと思うと萌えます。
1
定義林道起点。
2018年04月21日 08:36撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定義林道起点。
ロープが張られ車の侵入不可。ここに車を止め登山開始。
2018年04月21日 08:37撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープが張られ車の侵入不可。ここに車を止め登山開始。
定義林道起点。
2018年04月21日 08:37撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定義林道起点。
定義林道起点。
2018年04月21日 08:37撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定義林道起点。
ここが第一の分岐点。看板があります。
2018年04月21日 09:03撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが第一の分岐点。看板があります。
第2の分岐点。ここは一旦通り過ぎそうになるが真横を見て?と思い気づく。危ない危ない。
2018年04月21日 09:13撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2の分岐点。ここは一旦通り過ぎそうになるが真横を見て?と思い気づく。危ない危ない。
分岐を右に登っていきます。
2018年04月21日 09:13撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐を右に登っていきます。
カタクリ
2018年04月21日 09:15撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリ
イワウチワ
2018年04月21日 09:19撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワウチワ
1
広葉樹林の道が明るく気持ちいい。
2018年04月21日 09:30撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広葉樹林の道が明るく気持ちいい。
登山道も手入れがいい。
2018年04月21日 09:45撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道も手入れがいい。
4Km地点。
ここは定義林道と登山道のクロスポイント。
いわゆる後白髪コース登山口。
2018年04月21日 09:49撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4Km地点。
ここは定義林道と登山道のクロスポイント。
いわゆる後白髪コース登山口。
ここまで車で来れたらだいぶ楽だろうね。
10台ほど駐車可能とガイドブックにはある。
2018年04月21日 09:49撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで車で来れたらだいぶ楽だろうね。
10台ほど駐車可能とガイドブックにはある。
進みます。
2018年04月21日 09:50撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進みます。
わさび沢。
2018年04月21日 09:54撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わさび沢。
看板があるもそれらしきものは確認せず。
2018年04月21日 09:54撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板があるもそれらしきものは確認せず。
このあたりから雪が残ってます。
2018年04月21日 10:12撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりから雪が残ってます。
トイレでは無い。
2018年04月21日 10:13撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレでは無い。
そう。ロボット雨量計です。
2018年04月21日 10:13撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そう。ロボット雨量計です。
ここから雪庇までフラフラのラインどりで進みます。
この先にあるはずの「水茶屋」は見つけることはできなかったのである。
2018年04月21日 10:15撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから雪庇までフラフラのラインどりで進みます。
この先にあるはずの「水茶屋」は見つけることはできなかったのである。
こういう藪をかき分け進みます。
結果不正解の進み方。
2018年04月21日 10:34撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういう藪をかき分け進みます。
結果不正解の進み方。
雪庇のある稜線に出ます。もう安心。
2018年04月21日 11:01撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇のある稜線に出ます。もう安心。
この登山のハイライト。
2018年04月21日 11:08撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この登山のハイライト。
1
ブナ林と雪庇の稜線がパラダイス。
2018年04月21日 11:17撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ林と雪庇の稜線がパラダイス。
もう後白髪山が見えてきます。
2018年04月21日 11:25撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう後白髪山が見えてきます。
3
正面真ん中に見える白い斜面を目指します。
2018年04月21日 11:42撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面真ん中に見える白い斜面を目指します。
先ほどの
白い斜面のふもと。
2018年04月21日 12:01撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどの
白い斜面のふもと。
1
取り付きます。
2018年04月21日 12:01撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り付きます。
1
先に歩いた足跡を利用しながら、キックステップで登ります。
2018年04月21日 12:26撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先に歩いた足跡を利用しながら、キックステップで登ります。
1
振り返ると絶景が。
2018年04月21日 12:27撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると絶景が。
ここで本日唯一の別パーティーの方とすれ違う。
後になってこの白い急登で下山しておけばと後悔する事となる。
2018年04月21日 12:33撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで本日唯一の別パーティーの方とすれ違う。
後になってこの白い急登で下山しておけばと後悔する事となる。
1
大倉ダムを見下ろす。だいぶ登ってきたなと実感。
2018年04月21日 12:48撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉ダムを見下ろす。だいぶ登ってきたなと実感。
山頂手前の肩を超えると斜度のないダラとした登り道。
体力&精神的にいっぱいっぱいに。中途半端なタイミングでランチをとります。
2018年04月21日 12:48撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前の肩を超えると斜度のないダラとした登り道。
体力&精神的にいっぱいっぱいに。中途半端なタイミングでランチをとります。
ご飯を無理やり喉に通して再出発。
2018年04月21日 13:46撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご飯を無理やり喉に通して再出発。
急に雪がなくなります。
2018年04月21日 13:49撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急に雪がなくなります。
山頂が見えます。俄然気分が良くなる。
2018年04月21日 13:50撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が見えます。俄然気分が良くなる。
はい到着!山頂です。
2018年04月21日 13:53撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい到着!山頂です。
泉ヶ岳&北泉ヶ岳
2018年04月21日 13:55撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泉ヶ岳&北泉ヶ岳
白髪山方面
2018年04月21日 13:56撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白髪山方面
そそくさと下山開始。
2018年04月21日 14:00撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そそくさと下山開始。
登りでは通っていないポイント。
これを遠目に見つけ寄ってきました。
2018年04月21日 14:14撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りでは通っていないポイント。
これを遠目に見つけ寄ってきました。
1
なるほど横川コースね。って事で地図の登山道をトレースすることに決めます。
2018年04月21日 14:18撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なるほど横川コースね。って事で地図の登山道をトレースすることに決めます。
泉ヶ岳がいい感じです。
2018年04月21日 14:29撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泉ヶ岳がいい感じです。
登山道に沿って気持ち良く歩けたのはここまで。
ここからブナ林の雪庇ゾーンまで不明瞭な藪漕ぎ地獄となります。
2018年04月21日 14:30撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に沿って気持ち良く歩けたのはここまで。
ここからブナ林の雪庇ゾーンまで不明瞭な藪漕ぎ地獄となります。
上空沢出合。。のあたり
2018年04月21日 15:07撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上空沢出合。。のあたり
綺麗な沢ですが、気分は滅入ってます。
2018年04月21日 15:07撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な沢ですが、気分は滅入ってます。
やっとも思いでブナ林雪庇ゾーンに戻ります。
このあとほぼルート的に不安な要素はないのでホッとする。
2018年04月21日 15:21撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとも思いでブナ林雪庇ゾーンに戻ります。
このあとほぼルート的に不安な要素はないのでホッとする。
1
またまた気分はアゲアゲ♪
2018年04月21日 15:25撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた気分はアゲアゲ♪
振り返る。あの白い急登を降りてくればなぁ。
2018年04月21日 15:29撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る。あの白い急登を降りてくればなぁ。
1
ああきてよかったと思う風景。
2018年04月21日 15:32撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ああきてよかったと思う風景。
1
もう気分はノリノリ。
2018年04月21日 15:54撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう気分はノリノリ。
さよならロボット。
2018年04月21日 16:09撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さよならロボット。
4KM地点。登山道も安定しているので下山も楽なもんです。
2018年04月21日 16:24撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4KM地点。登山道も安定しているので下山も楽なもんです。
黄昏の登山道が美しい。
2018年04月21日 16:41撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄昏の登山道が美しい。
カタクリを見納める。
2018年04月21日 16:45撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリを見納める。
はい。怪我なく下山。お疲れ様でした!
2018年04月21日 17:08撮影 by ILCE-6500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい。怪我なく下山。お疲れ様でした!
1

感想/記録

後白髪山。登山を始めて6年目になりますが、始めた当初から登りたかった山。
仙台平野から望むどっしりと座った山が仙台人の私を誘うのです。
でも不明な情報が多く経験を積んでからと思って先延ばしにしてきましたが、冬季登攀の道具も揃いそこそこ経験も積んだのでいざ!
緑本とヤマレコのレポをもとに向かいましたが道が不明瞭な残雪期、晴れていましたが判断が難しい。下空沢出合の稜線に出るまで国土地理院1/25000地図の登山道をトレースしながら歩いたので無駄な藪漕ぎに体力を無駄使い。
その後気持ちの良いブナ林の雪庇歩きの後、横川コース分岐あたりまでは雪の急斜面をキックステップで登ります。相当怖い。ピッケルを持って来ればよかったと後悔する場面。残雪期ならではのショートカットコースですがなかなか脚にきます。
急登を超え、山頂までのだらっとした稜線登りが自分の想像より長くHPが急速に削られ残り200mぐらいで完全に足が止まる。山頂でと思っていたランチそこで。まさかの喉に通らないパターン。弁当箱の半分ほどでやめ、気持ちが落ち着いたところで再出発。
なんとか山頂に立つも午後2時。風景を楽しむのもそこそこに下山開始。
下山は急登を避け地図の登山道に沿ってと思いルートを変えたのがまた裏目に。国土地理院1/25000地図の登山道をなぞるとここもまた不明瞭な為笹薮をこうで進むことに。ブナ林の雪庇歩きゾーンに出るまでに辛い思いをする。そこからは快調に足が進み体力も戻ってきたのでなんとか17:00ほどに下山が出来た。
やはり手強いねー。
古寺鉱泉⇄大朝日岳と距離感、標高差は似ているかも。もちろんアップダウンの多い朝日岳の方がきつい気がするが、後白髪山は水場が無い分切迫感が上でしょうね。
期待以上で気に入ったので秋あたりにまた来ようと思う。
訪問者数:292人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ