また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1438895 全員に公開 雪山ハイキング北海道

ホロホロ山〜オロオロ山縦走

日程 2018年04月27日(金) [日帰り]
メンバー
 siraneaoi(CL)
, その他メンバー1人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間3分
休憩
24分
合計
6時間27分
Sパーキング四季彩休憩場07:2610:17ホロホロ山10:2811:16オロオロ山11:2413:47パーキング四季彩休憩場13:5213:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ホロホロ山南側斜面はクラック箇所が数か所あり、下を通るときは要注意です 樹木の付近を歩くならば安全です
その他周辺情報白老〜大滝線 開通に伴い展望台駐車場からホロホロ山〜オロオロ山に掛けては残雪がまだ十分あり、10日くらいは迄くらいは登れそう
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

登り始めてすぐにダケカンバの林に入り、心配していた残雪がまだ十分残っていた
2018年04月27日 07:35撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めてすぐにダケカンバの林に入り、心配していた残雪がまだ十分残っていた
登り始めて15分で白老大滝線の道路が見えてきた
2018年04月27日 07:44撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めて15分で白老大滝線の道路が見えてきた
1
9時53分 ガスが薄くなり、徳舜瞥岳が見えてきた
2018年04月27日 09:53撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9時53分 ガスが薄くなり、徳舜瞥岳が見えてきた
9時53分 天気も良くなり、あと10分ちょいでホロホロ山頂上に近づき展望がよくなった
2018年04月27日 09:53撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9時53分 天気も良くなり、あと10分ちょいでホロホロ山頂上に近づき展望がよくなった
10時10分 ホロホロ山頂上到着 徳舜瞥岳がくっきり見えていた
2018年04月27日 10:10撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時10分 ホロホロ山頂上到着 徳舜瞥岳がくっきり見えていた
3
ホロホロ頂上の標識がきれいにフレッシュグリーンに塗り替えられていた
2018年04月27日 10:15撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホロホロ頂上の標識がきれいにフレッシュグリーンに塗り替えられていた
6
ホロホロ山頂上から下山を開始してすぐにオロオロ山を撮影してみた
2018年04月27日 10:56撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホロホロ山頂上から下山を開始してすぐにオロオロ山を撮影してみた
11時18分 オロオロ山頂上到着
2018年04月27日 11:18撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11時18分 オロオロ山頂上到着
4
オロオロ山頂上から撮影 後ろ左が徳舜瞥岳、右がホロホロ山

2018年04月27日 11:20撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オロオロ山頂上から撮影 後ろ左が徳舜瞥岳、右がホロホロ山

7
頂上は風もなく晴れており、パノラマを見ることができた
2018年04月27日 11:21撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上は風もなく晴れており、パノラマを見ることができた
4
山頂標識を裏から見ると、縦書きのオロオロ山の文字が書いてあった。
2018年04月27日 11:27撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標識を裏から見ると、縦書きのオロオロ山の文字が書いてあった。
2
オロオロ山から下山開始してすぐに撮影 徳舜瞥岳とホロホロ山がばっちり見え迫力もあった
2018年04月27日 11:31撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オロオロ山から下山開始してすぐに撮影 徳舜瞥岳とホロホロ山がばっちり見え迫力もあった
3
ホロホロ山の稜線と迫力ある北尾根の断崖絶壁の崖が迫力満点だった 下山ルートはこの尾根の下(最大高度300m距離600m位)を通って迫力ある崖を見ることができた。各所でクラックが入っており、雪崩の危険から、林に隠れるようにして歩いた
2018年04月27日 11:52撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホロホロ山の稜線と迫力ある北尾根の断崖絶壁の崖が迫力満点だった 下山ルートはこの尾根の下(最大高度300m距離600m位)を通って迫力ある崖を見ることができた。各所でクラックが入っており、雪崩の危険から、林に隠れるようにして歩いた
1
14時00分 展望台駐車場に到着 下山後は用意した昼食を食べた
2018年04月27日 13:49撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14時00分 展望台駐車場に到着 下山後は用意した昼食を食べた

感想/記録

23日に白老〜大滝線開通 天候に恵まれず、4日遅れで登る 心配していた残雪だったが、登り始めたらまだ十分残っていた 登りはじめはガスっており、景色が今一透明感がなく ホロホロ山頂上のピストンで終わるかとあきらめ半分で登り始めたが、1000mを超えるあたりから天気が良くなり、徳舜瞥岳が見えだしたときはうれしかった 2時間30分でホロホロ山頂上にたどり着く ここまではスノーシュウを外すこともなく一気に頂上へたどり着いた 
山頂標識は背景色がフレッシュグリーンで、文字は白く書き換えられており、くっきりとさわやかな感じになっていた。 頂上からは徳舜瞥岳が見え、周りの山々が見え 風もなく穏やかな暖かさだった
簡単な休憩と水分補給・おやつなど行動食で空腹を癒し、オロオロ山に向かうも
途中から雪がなくなっており、スノーシュウからアイゼンに履き替えるもすぐに残雪が続いており、再びスノーシュウに履き替える(損した気分)
ホロホロから見えるオロオロ山の登りは結構きつそうだったが、いざ登り始めると意外とあっさりと登れ、藪漕ぎもなくすんなり頂上につくことができた。 頂上は3年くらい前に登った時は山頂標識は確認できなく、コーステープだけの簡単ものだったが、今回は標識が2個もついていたので前回が見落としたのか?・・・うれしかった
記念写真を撮影後は今回の目玉であるホロホロ山の尾根下の断崖絶壁約200mの壁を見ながら700m尾根下に沿って歩く・・・ワクワクする計画だったが、歩き始めてすぐに尾根壁の途中途中で大きなクラックを発見! 雪崩の危険から断崖直下のルートをあきらめ、木が生えている場所を選んでトラバースしながら途中から尾根にとりつく それでも十分な迫力はあった。700mくらい歩くと尾根壁が200m位に狭くなり、そこから尾根へとりつくも、スノーシュウ(MSR)では滑る為。アイゼンに履き替える。相棒は最後までスノーシュウで登りきった(同じMSRでも型が違うと差が大きいのか?)
トータル時間6時間20分の登山だったが、天候に恵まれ、ちょっとしたスリリングな気持ちで歩けて楽しかった。 この日の登山者は私と相棒の2名しかいなく消えかかったトレースとGPS軌跡をもとに下山するもコーステープがしっかりついており、ホロホロ山までは間違うことはない しかしオロオロ山〜ホロホロ山尾根下コースはマニアックなのかコーステープは全くついていなかった 興味のある人はぜひ このルートを登ってみることをお勧めしたい 天候に恵まれれば、ホロホロ尾根斜面の迫力に十分満足できるとルートだと思う
訪問者数:363人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ