また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1439435 全員に公開 山滑走増毛・樺戸

暑寒別岳

日程 2018年04月28日(土) [日帰り]
メンバー
天候高曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間43分
休憩
22分
合計
6時間5分
S暑寒荘05:3407:11暑寒コース5合目07:55暑寒コース8合目(屏風岩)07:5608:49コース分岐08:5008:59暑寒別岳09:1911:00暑寒コース8合目(屏風岩)11:08暑寒コース5合目11:39暑寒荘11:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
直下でアイゼン使用
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

晴れそうで晴れない、春の陽気はPM2.5。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れそうで晴れない、春の陽気はPM2.5。
最後はアイゼン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はアイゼン。
増毛の山は、ええなぁ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
増毛の山は、ええなぁ。
3
でっかい斜面をでっかく滑る。
成長したmochi。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でっかい斜面をでっかく滑る。
成長したmochi。
2
下山はのんびりと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山はのんびりと。
1

感想/記録

GW1本目は増毛の暑寒別岳。

早朝にmochiを拾ってオロロンラインを北上する。
天気は高曇りで、青い日本海は望めないが雪質は悪くないだろう。
暑寒荘に着くと、朝の5時というのに10台ほど車が並んでいる。人気の山だ。

テキパキ準備して「いざ入山」という時に、凍った路面の上ですっ転んだ。
日本海は青くないが、僕の心は一気にブルーに染まった。
気を取り直して入山するが、アスファルトに打ち付けた右肘がジンジンする。

最初はスキーコースをつないで行くだけ。
稜線に上がると風が強いが、裏側を巻けば問題なし。
最後の直登はスキーではしんどいので、素直にアイゼンを履く。

大地に這い上がると、夏道上はハイマツが露出している。
やはり今年の雪融けは早い。

山頂に着くなりスキー準備。今日のメインディッシュは東面のでっかい斜面。
スロープにBだかCだか名前がついているはずだが、細かいことは忘れて一番広そうなところを滑る。

東面は太陽ビームのおかげで、良い感じのザラメが仕上がっている。
もう迷いはない。この斜面をどこまでも滑ろう。
重力に従い体を傾ければ、魔法のように板が走る。最高。

山スキー1年生のmochiだが、スキーの腕はずいぶんと上達している。
快調な滑りで、暑寒の大斜面を楽しんでくれたようで嬉しい。

200mほど登り返し、トラバースして暑寒荘コースに復帰。
来たみちを戻ればあっという間。アスファルト撤収は快適でした。

暑寒別岳は今シーズン3回目となるが、何回登っても良い山だ。
また来シーズン登りに行こう。

さて、あしたも頑張ります。

動画は後ほど。

感想/記録

穏やかな天気でのんびりしてても寒くなく、雪質も良くとても楽しかったです。
先週までスキーで苦戦していたので、今日の滑りやすさには驚きました。
残雪期が好きになりました。

道中、思い出深い黄金山を見られてよかったです。
訪問者数:474人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン ハイマツ 山スキー 直登
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ